2017年04月18日

【独禁法違反】読者局より重要なお知らせ「沖縄タイムスの販売店主・ネットワークランナーが八重山日報の配達をすることは禁止です。配達したらその社は終わりだから」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

論点解説 実務独占禁止法
論点解説 実務独占禁止法

言論の自由を護るためなので多少の不自由は仕方ないのです。

C8xMiv-V0AA6kSt

よくある質問コーナー(独占禁止法):公正取引委員会

Q1 公正取引委員会が運用する独占禁止法の目的は何ですか。

A. 独占禁止法の正式名称は,「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」といい,公正かつ自由な競争を促進し,事業者が自主的な判断で自由に活動できるようにすることを目的としています。
 独占禁止法により公正かつ自由な競争が確保される市場においては,事業者は,自らの創意工夫によって,消費者から選ばれる魅力的な商品を供給しようと競争します。ライバルとの競争を勝ち抜いた事業者は,売上げを伸ばして成長し,日本経済の活性化・発展に寄与することになります。また,消費者は,誰もがより良い商品やサービスを求めています。その消費者を顧客として獲得するため,事業者はより安くて優れた商品を提供することで競争を行います。その結果,市場には豊富な商品が提供され,消費者はそれらの中から,より自分の欲しいものを選べるようになります。このように,事業者間の競争によって,消費者の利益が確保されているといえます。

Q15 メーカーが,小売店に競争者の商品の取扱いを禁止することは,独占禁止法に違反しますか。

A. 自己の商品だけを取り扱い,他の競争者との取引を禁止することは,それが競争業者の販路(取引の機会)を奪ったり,新規参入を妨げるおそれがある場合には,不公正な取引方法(排他条件付取引)として禁止されています。
 例えば,市場における有力なメーカー(一応の目安として,当該市場におけるシェアが20%を超えること。詳しくはQ17を御覧ください。)が,流通業者に対して競争品の取扱いを制限することは,これによって新規参入者や既存の競争者にとって代替的な流通経路を容易に確保することができなくなるおそれがある場合には,違法となります。

Q16 メーカーが販売店の営業地域をテリトリー制によって制限することは,独占禁止法に違反しますか。

A. 取引相手の事業活動を不当に拘束するような条件を付けて取引することは,不公正な取引方法(拘束条件付取引)として禁止されています。
 例えば,市場における有力なメーカー(一応の目安として,当該市場におけるシェアが20%を超えること。詳しくはQ17を御覧ください。)が,流通業者に対して,一定の地域を割り当て,地域外での販売や地域外顧客からの求めに応じた販売を制限することは,これによって当該商品の販売価格が維持されるおそれがある場合には違法となります。また,メーカーが,流通業者の販売方法の一つである広告・表示の方法について,店頭・チラシ等で表示する価格を制限し,又は価格を明示した広告を行うことを禁止することは,これによって価格が維持されるおそれがあるため,原則として不公正な取引方法に該当し,違法となります。

Q17 メーカーが,販売店の営業地域をテリトリー制によって制限することや小売店に競争者の商品の取扱いを禁止することなどを行う場合には,いかなるメーカーも違反とされるのでしょうか。

A. 流通・取引慣行ガイドラインでは,メーカーが流通業者の取扱商品,販売地域,取引先等を制限する行為(非価格制限行為)を行う場合であっても,いかなるメーカーも違反とされるわけではなく,市場における有力なメーカーが流通業者の競争品の取扱いを制限し,それによって,新規参入者や既存の競争者にとって代替的な流通経路を容易に確保することができなくなるおそれがある場合や,営業地域について厳格な制限を課し,それによって,その商品の価格が維持されるおそれがある場合などには,不公正な取引方法に該当し,違法となるとしています。この場合において,市場における有力なメーカーであるかどうかを判断するための目安として,メーカーの市場シェアが20%を超えることを挙げています。すなわち,市場におけるシェアが20%以下である事業者や新規参入者が競争品の取扱い制限を行う場合には,違法とはならないことを明らかにしており,このように,法の規定が適用されないものとして具体的な数値をもって示される範囲のことを「セーフハーバー」と呼ぶことがあります。(流通・取引慣行ガイドライン第2部の3(3)及び第二の2(2)参照)

どう見ても独禁法違反です。本当にありがとうございました。

朝毎読日経 VS 地方紙のシェア争い:FACTA ONLINE

200707_084_1

【関連エントリー】
しばき隊安田浩一著書「沖縄の新聞は本当に偏向しているのか」フェイク取材を我那覇真子から暴露報道された途端「iPhoneのツイッターが壊れました」

沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか
安田浩一

朝日新聞出版 2016-06-20
売り上げランキング : 32133

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
論点解説 実務独占禁止法論点解説 実務独占禁止法
山 恒

商事法務 2017-02-28
売り上げランキング : 67898

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
当局に告発すべき事案じゃないの、これ?
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年04月18日 11:02
あとは公正取引委員会が仕事するかだな
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年04月18日 11:13
来年以降、
安倍政権に近く、戦争賛美の著作のある公共放送の経営委員である人物が沖縄の主要紙は偏向していると批判し続けた結果、主要紙の販売部数が落ち込むなど報道圧力を疑われる事例があった。
とか、何とか報告書に書かれるんですね、わかります。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年04月18日 13:06
公式には、「ネトウヨ」の私ですが、伝統ある旧帝国軍第三師団の関係で代々親戚を含め、シベリア抑留の影響から、ごく普通に社会党支持者・・・ここ30年日教組加入率90%以上を誇る唯一の県三重人民共和国(朝日新聞より左寄りの)中日新聞購読者からしても、民進党や岡田屋は糞だと思う
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年04月18日 13:18
沖縄は治外法権
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年04月18日 15:48
つーか、
通報する窓口教えてくださいよ。独禁法とかなんでもいいんで。
Posted by んんー at 2017年04月18日 17:11
大阪では朝日と産経のシェアが互角www

2007年のデータで、その後、朝日の“ダブル吉田虚報”もあったから、今ごろ逆転してたりして?
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年04月18日 22:07
地方紙首位の(公称)ェ・・・
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年04月18日 23:39
この独占は良い独占ニダ‥この画像データが本物なら普通に訴訟物でしょ。
Posted by 五月雨祭 at 2017年04月19日 19:49
  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。