2017年02月20日

購読者相手の寸借詐欺を続けてきた「科学雑誌Newton」民事再生法適用を申請し事実上倒産

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

Newton(ニュートン) 2017年 03 月号 [雑誌]
Newton(ニュートン) 2017年 03 月号 [雑誌]

こちらの続き。
科学雑誌「Newton」定期購読者300人相手に架空の科学教材投資話を持ちかける寸借詐欺〜被害総額7億円

偽前田敦子さんが騙し取った金は110億円でしたが、Newtonは僅か7億円。やり方もせこいが、被害規模もせこい。

科学雑誌Newton(ニュートン)   HOME   ニュートンプレス

2017年2月17日


各 位

株式会社ニュートンプレス

代表取締役社長 高森 康雄


当社前社長の逮捕について


本日、2017年2月17日、当社前社長である眇昂讐雉擇單社と別会社である株式会社ニュートンの社員1名が、出資法違反の容疑で山口県警察に逮捕されました。

当社は、科学雑誌『Newton』等を発行する会社として、多くの購読者の皆様からご愛顧をいただきながら、前代表者の逮捕という事態に至ったことにつきまして、心よりお詫び申し上げます。

当社は、今般、債権者の皆様に対する借入金元本及び利息の返済を一時停止させて頂いておりましたが、昨年12月より、外部の弁護士及び公認会計士の協力の下で、事実・法律関係の調査、並びに当社の経営改善計画及び債権者の皆様に対する返済計画の策定を進め、本年1月末に金融機関を対象とするバンクミーティングを、本年2月に株主総会をそれぞれ開催し、関係者の皆様にご説明してまいりました。

また、当社は、昨日、個人の債権者の方全員に対し、当社の返済計画は、5年間余にわたるものの元金全額及び一定の利息をお支払いする計画である旨を記載した上で、詳細は全国7か所で開催する説明会の場でご説明したい旨のご案内を発送させて頂いたばかりでした。

今回の事態は、このような当社の再建手続の中での出来事となり、債権者の皆様、株主の皆様、取引先の皆様、そして多くの購読者の皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、改めまして深くお詫び申し上げます。

当社としましては、今般の事態に至った責任の重大性を厳粛に受け止めるとともに、多くの購読者の方に支えられている雑誌『Newton』を維持・存続させることが、当社に課された社会的使命と考え、引き続き全力で再建に臨みたいと考えております。

関係者の皆様におかれましては、多大なご迷惑をおかけいたしますが、当社再建につきまして、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

以上

2017年2月20日

各 位

株式会社ニュートンプレス
代表取締役 高森 康雄


民事再生手続開始の申立てについて


本日、当社は東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行い、同裁判所より添付のとおり弁済禁止の保全処分及び監督命令を受けました。

当社は、今般、債権者の皆様に対する借入金元本及び利息の返済を一時停止させて頂いておりましたが、昨年12月より、外部の弁護士及び公認会計士の協力の下で、当社の経営改善計画及び債権者の皆様に対する返済計画の策定を進め、本年1月末に金融機関を対象とするバンクミーティングを、本年2月に株主総会をそれぞれ開催し、関係者の皆様にご説明してまいりました。

しかしながら、前代表者の逮捕を含め、当社を取り巻く様々な状況をふまえると、裁判所及び監督委員の指導・監督を受けながら経営改善を進めていくことが、当社の再建にあたり最良の手段であると判断し、やむを得ず民事再生手続開始の申立てを行うに至りました。

債権者の皆様、株主の皆様、取引先の皆様、そして多くの購読者の皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、改めまして深くお詫び申し上げます。

当社としましては、今般の事態に至った責任の重大性を厳粛に受け止めるとともに、多くの購読者の方に支えられている雑誌『Newton』を維持・存続させることが、当社に課された社会的使命と考え、引き続き全力で再建に臨みたいと考えております。具体的には、債権者の皆様や裁判所及び監督委員のご理解を頂くことを前提として、弊社に対する債権の元本につき、全額弁済することを目指しております。

関係者の皆様におかれましては、多大なご迷惑をおかけいたしますが、当社再建につきまして、ご理解ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

以上

倒産速報 | 株式会社 帝国データバンク[TDB]

科学雑誌「Newton」で知られる中堅出版社業
民事再生法の適用を申請
TDB企業コード:982675867

負債20億円

「東京」 (株)ニュートンプレス(資本金4億9000万円、渋谷区代々木2-1-1、代表高森康雄氏、従業員35名)は、2月20日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令および監督命令を受けた。

 申請代理人は三村藤明弁護士(港区元赤坂1-2-7、アンダーソン・毛利・友常法律事務所、電話03-6894-6099)。監督委員は長島良成弁護士(千代田区五番町5、長島良成法律事務所、電話03-5276-1321)。

 当社は、1974年(昭和49年)10月に設立。81年に月刊科学雑誌「Newton(ニュートン)」を創刊以降、同誌に特化した経営を行っていた。「Newton」は国内でも数少ない科学をテーマにした雑誌として、主に取次業者を介して販売。豊富なイラスト、分かりやすい説明を特徴に、男性を中心とした幅広い年齢層の読者から支持され、反響のあったテーマは別冊ムックとして出版していた。また、アジアを中心に海外でも版権収入を得るなど、2011年9月期には年売上高約17億600万円を計上していた。

 しかし、近年の出版不況のほか、ヒット企画に恵まれなかったこともあり販売部数は減少。販売先を絞ったこともあって、2016年9月期の年売上高は約12億2800万円にダウン、約1600万円の最終赤字を計上していた。さらに同期より関連会社が販売しているタブレット向け「英語版および日本語版Newton」や「Newton理科教材」の開発向け貸付金(約23億6000万円=販売不振により返済凍結状態)が仮払金として計上されたほか、前代表の高森圭介氏が12月27日で代表を辞任し(同時に子息で取締役の高森康雄氏に代表権が付与)、動向が注目されていた。そうしたなか、2月17日に学習教材の開発名目で許可無く出資を募り、定期購読者に現金を送らせたとする出資法違反容疑で高森圭介氏と当社管理部長の2名が山口県警に逮捕される事態が発生、自主再建を断念した。

 負債は債権者約600名に対し約20億円だが、現在調査中であり、その後に変動している可能性が高い。

Newton(ニュートン) 2017年 03 月号 [雑誌]Newton(ニュートン) 2017年 03 月号 [雑誌]

ニュートン・プレス 2017-01-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
昔、ちょっとだけ記事づくりの手伝いをしたことがあるので残念。
これでエントリーレベルの総合科学雑誌は絶滅しちゃった...

啓蒙の役割を果たしたというのなら悪くはない話だけど、科学に対する好奇心の後退ということなら、ちと悲しい。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年02月20日 14:42
破産じゃなく民事再生法なので、続刊目的ですよ。経営権譲渡するのでは?
Posted by bob at 2017年02月20日 15:10
まぁ科学立国なんて言ってもこれが実態って感じですな
IT土方やら高学歴就職難民やらいっぱいいますし
というか売れないなら売れないで相応に規模縮小して
細々とやればいいのに何で詐欺働かないとダメなレベルまで
借金作っちゃったんですかねぇ・・・
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年02月20日 16:51
Newton高すぎますし、(犯罪以外は)デフレと不景気が悪いってことで。
(ほんとかいな。)

コンビニで手に入るので、購入再開していたんですが、残念です。
新刊が出たら買いますが、これからどうなるんだろう。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年02月20日 17:53
その昔、ウータンというニュートンのライバル紙があって、毎月楽しみに見ていたなあ。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年02月20日 20:55
借金切り捨てですな。

ヤフーやメディアどうのあたりが買いそう。
雑誌カラーが赤だからミッキーが買うってのはどうだろう?
楽天Newton
Posted by んんー at 2017年02月20日 22:06
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。