2017年02月12日

【清水富美加 出家騒動】芸能事務所レプロの猛抗議に屈した朝日新聞系列紙「女性タレント不当労働行為告発」記事より「奴隷契約」文言削除「月給5万円」は「月給制」へ歪曲報道

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

真実 私は「捏造記者」ではない
真実 私は「捏造記者」ではない

こちらの続き。
【幸福の科学】女優清水富美加さん(22)所属事務所契約を一方的に解除し在宅出家宣言

報道機関の基本中の基本は事の善悪を論ずる前に事実(この場合幸福の科学代理人が何を争点に据えているのか)を伝えることだと言われますが、この報道はある意味、沖縄サンゴ事件より悪質。何がアベシンゾーの圧力に屈しないだよ。何が言論の自由を守りたいだよ。フェイクニュースならぬオトコ芸者新聞。

ビフォー

日刊スポーツ

アフター

日刊スポーツ

他メディアが報じた「回答全文」には「人肉を食べる役柄」などの文章もありまして、青臭い正義の朝日新聞は伝えたくないだろうね。捏造メディアはもうアタシ、アベしちゃえよ。

清水富美加、「人肉を食べる人種」役や水着仕事に不快感 「幸福の科学」が出家理由明かす - ねとらぼ

幸福の科学からの回答全文

清水富美加氏の出家について、以下の通りご回答いたします。

1)清水富美加氏の出家の事実、その時期、経緯について。

事実です。清水氏は、熱心な信者であり、子供のころから折々に大川隆法総裁の御法話拝聴会などの宗教行事には欠かさず参加し、宗教的価値観のもと、「見て下さる方に元気や励ましを届けたい」という利他愛他の思いで芸能活動に打ち込んでこられました。しかし、最近は、人肉を食べる人種の役柄など、良心や思想信条にかなわない仕事が増え、断ると所属事務所から干されてしまう恐怖心との葛藤のなかに置かれていました。仕事を選択する自由も無い、一種の“苦役”(憲法で禁じられています)ともいえる就労環境のなかで、ついには心身の不調をきたすまでになりました。この2月には、医師による診断の結果、休養が必要となり、現在は芸能活動を中断しています。

こうした動きと相前後して、同氏の「守護霊霊言」が収録公開され、『女優 清水富美加の可能性 守護霊インタビュー』として刊行されました。この収録・発刊をきっかけに清水氏は、自らの天命が「暗黒の海を照らす灯台の光となり、一人でも多くの人を救済していく」ことにあると確信し、「魂の救済のために24時間を捧げる」宗教者となるべく、出家を決意されるに到りました。

問題の背景にあるのはタレント業界の暗黒とも言える「奴隷的な契約形態」であると考えています。清水氏の場合、13才時の契約当初は歩合制だったものの、所属事務所の営業などは何もない状態で、本人自ら応募した「仮面ライダー」のオーディションに合格し、女優の道を歩み始めました。撮影は連日朝から深夜に及んだものの、所属事務所側から送迎などのサポートは行われませんでした。

漸く稼げるようになった2010年、15歳の時に、意に反して月額5万円を給与とする契約書に一方的にサインさせられました。契約締結前に「あまりに内容がひどい」と父親が抗議し、しばらく契約締結を見送っていたところ、クライアント側は継続を望んでいるにもかかわらず、事務所から断るという形で、見せしめに干されてしまいました。

“事務所が持ってきた仕事を断ると干される”という恐怖の下で、望まない仕事であって受けざるをえず、一種の“苦役”を強いられていたのです。清水氏にとって、嫌な仕事の典型だったのは、水着DVDの仕事だったといいます。彼女は、自身が性的対象にされるのが耐えられず、「水着の仕事はしたくない」と事前に伝えていたにもかかわらず、無理矢理に入れられてしまったといいます。

このあたりから、彼女は自分を切り売りさせられているようで、しばしば「死にたい」と家族などに漏らしはじめました。月に1回は、ご両親に「死にたい」と相談していたようで、マネージャーには、「あまり言うとほんとに死んじゃうんじゃないかと思うので、もう言わないでほしい」と口止めされ、それからは内に秘めているといいます。

こうした経緯から弁護士を通して、契約解除を行い、円満に仕事を整理する話し合いをしていたところ、契約続行を求める事務所側の強硬な姿勢に合わせようとして、遂には心身に異常をきたし、仕事を休まざるを得なくなってしまい、現在に至っています。当教団としては、清水氏に対する緊急的な救済という意味でも出家者として受け入れを決めました。

2)今後の清水さんの活動に関して。

予定されていた映画等の仕事については、心身の著しい不調というやむを得ない事由により、全うできなくなりました。また、体調回復後は、宗教家としての活動に移ることになります。


真実 私は「捏造記者」ではない真実 私は「捏造記者」ではない
植村 隆

岩波書店 2016-02-27
売り上げランキング : 440728

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
安倍政権にひれ伏す日本のメディア安倍政権にひれ伏す日本のメディア
マーティン・ファクラー

双葉社 2016-02-20
売り上げランキング : 20986

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
安倍政治と言論統制 (テレビ現場からの告発!)安倍政治と言論統制 (テレビ現場からの告発!)
『週刊金曜日』編

金曜日 2016-03-24
売り上げランキング : 273522

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
自分たちで報道の自由を拘束しながら、自由度ランキングでは低く採点するというマッチポンプぶり。まあ、彼らの得意技ですな。

しかし、事務所に搾取されて(っちゅうのが本当だとしてだけど)頼るのがカルト宗教とは、何とも救いようがない話だね。
まあ、いずれにせよ、自己責任っちゅうことで、どうなろうが知ったこっちゃないわ。
Posted by 大川隆法の生霊 at 2017年02月12日 22:12
月給5万円ボーナス無しって事は年収60万か
そこらの底辺アニメーターより低いんじゃねーの
そらカルト教団にでも身投げしたくなるわ
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年02月12日 23:42
芸能事務所も朝日も庇いはしないけれど、
例えば私が他人様をクソミソにこき下ろした、
裏付け一切なしの一方的な文があるとして、
そのままアップするのか、どうすべきなのか、という話で。

(以下は片方の側の発表・原文ママであり、内容の正確性は現時点では未検証です)
とだけ書いておけばいいのに。
Posted by んんー at 2017年02月12日 23:56
仮面ライダーフォーゼの時の事務所の取り分が知りたいね。
どれだけ搾取していたんだ?

事務所よりもでかい存在が出家先。
普通の人だったら頼る先がない!

この先、彼女はどうなってしまうのか?
Posted by 日本社会はおかしなところがいっぱい at 2017年02月13日 01:04
ブラック企業から逃れる方法がブラック宗教というのはいかがなものか
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年02月13日 05:20
おいおい自己責任はないやろ
まだ判断力に乏しい少女時代からこの仕事してたみたいやし
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年02月13日 07:48
>まだ判断力に乏しい少女時代からこの仕事してたみたいやし
そこは保護責任者の問題だろう。親は何やってんだって話。

いずれにせよ、すでに成人してるんだから自己責任で好きにやれや、ってことだ。過去のことを言ってるんじゃない。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年02月13日 10:03
自己責任なんだろうけど、他人様が「自己責任だ」と上から粗く言うような事でもないだろう?
Posted by 名無し at 2017年02月13日 12:54
能年の騒動で着目して、信者である清水から内情を聴いて利用できると思ったんでしょうね
事務所も改めれば良かったものを、成功体験が足を引っ張るってホントですね…
Posted by 傍観 at 2017年02月13日 13:26
>他人様が「自己責任だ」と上から粗く言うような事でもないだろう?

カルト宗教にはまってる芸能人には、上から目線でそう言うしかないだろう?
「広告塔にされて可哀想だけど、頑張ってね」なんてぬるいことは言えないし、
違法じゃないんだからヤメロとも言えない。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年02月13日 15:36
「自己責任」なんて言ったから何かが解決するわけでなし、何をそんなに拘ってるのかな?
Posted by 名無し at 2017年02月13日 19:32
受けた仕事を綺麗に終わらせてから
広告塔にすればいいものを
幸福側もやり方が下手くそだな
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年02月14日 00:11
父親に5000万の借金があって教団が肩代わりしたんじゃないかというニュースが出てきたね。本当だとすれば自己責任と突き放せない気もしないでもないぞw
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年02月14日 17:30
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。