2016年11月10日

【映画評】七人の侍(デジタル・リマスター 4K版)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

七人の侍 [Blu-ray]
七人の侍 [Blu-ray]

「君の名は」祭りの影に隠れていますが、2016年秋の映画興収チャートでちらちら顔を覗かせていた作品がこちら。
映画館で七人の侍は20年前位?に観た記憶がありますが今回のは凄かった。雨粒の雫、髪の毛一本までしっかり見えました。

「七人の侍」上映作品詳細   午前十時の映画祭7

イントロダクション
巨匠・黒澤明監督が約1年の歳月をかけて撮影、空前絶後のスケールで描く最大最高のアクション時代劇。日本のみならず世界の映画人・映画監督に衝撃を与えた。徹底した時代考証と緻密な脚本、人物設定による映画のリアリズム、大迫力のアクションシーンは勿論のこと、厳寒の中で大殺陣を繰り広げる俳優陣の熱演も見逃せない。本作で初めて採用されたマルチカム方式(複数のカメラを用いた同時撮影)はその後の黒澤作品の特徴となった。ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞。

ストーリー
戦国時代――野武士たちは野盗と化し、ある農村を狙う。農民たちは野盗に対抗するため「侍を雇う」ことを思いつく。農民・利吉(土屋嘉男)は侍を探し始めるが、金も出世もない仕事に誰も寄りつかない。ある日、利吉は勘兵衛(志村喬)に出会う。初めは断る勘兵衛だったが、農民の心情を思い量り、手を貸すことを決める。勘兵衛の手伝いもあり侍が集う。最後に粗野な男・菊千代(三船敏郎)も仲間に加えてようやく集まった侍七人。野盗撃滅に向け綿密な策が立てられる。

こぼれ話
本作の音楽を担当したのは、黒澤作品を多数手がけた早坂文雄である。彼は当時、肺結核を患っており、他の仕事を断って本作に専念し、60日かけて300ものスコアを用意した。本作の撮影中、黒澤が早坂を訪ねた時に、早坂は20曲ほど用意した「侍のテーマ」をピアノで弾いた。しかし、そのどれにも「違う」と言われてしまい、困った早坂は「もう一つある」と、屑籠から丸めた紙を拾い上げて弾いた。それを聴いたとたんに黒澤は「これ!これ!」と声をあげ、あの勇壮な「侍のテーマ」が誕生した。

備考
インターミッションあり。本作品は「4K素材」です。上映時期や上映スクリーンによって、4K上映が出来ない場合もありますので、ご覧になる前に各劇場にお問合せください。


※下記添付動画並びに貼付アフィBDは4Kリマスター版ではありません。



あちこちの映画評で書かれていますが、雨描写を精緻に再現した映像も凄いですが音が凄い。モゴモゴしていた三船敏郎のセリフが一字一句鮮明に聞き取れます。しかし左卜全のセリフは何言っているのかさっぱり分かりませんでした。

先日観た「男と女」、数年前に観た「シェルブールの雨傘」やイングマール・ベルイマン一連の作品など、往年名作デジタル・リマスターが続々劇場公開されておりまして、引き続き可能な限り鑑賞させて頂く所存です。いずれにせよ4K「七人の侍」が死ぬまでに鑑賞できてよかった。そういうレベルの話です。円盤化されたら売れそう。

満足度(5点満点)
☆☆☆☆☆

七人の侍 [Blu-ray]七人の侍 [Blu-ray]

東宝 2009-10-23
売り上げランキング : 1810

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)映画 
Edit








コメント
>しかし左卜全のセリフは何言っているのかさっぱり分かりませんでした。

超笑った。
ジュビジュバー♪
Posted by 老人 at 2016年11月10日 18:02
同じく。
左卜全のセリフは解らなかった。
ちなみのこの頃何歳なんですかね。
70過ぎにしか見えないけどw
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年11月11日 15:22
>「モゴモゴしていた三船敏郎のセリフが」
公開当時もそれなりにもごもごしてたんでしょうから、
海外人気が日本より高いのもわかるような
日本語字幕で日本映画を見るなんてのは、最近始まったことですし
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年11月12日 13:56
  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。