2016年10月28日

【チェスンシル・ゲート】ある女性の回顧によると、朴槿恵とチェ・スンシル父親が絡み合った翌日の朝、寝室には各種避妊器具、変態的性玩具が散らばり吐き気がする程だったという

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

絶望は私を鍛え、希望は私を動かす【朴槿恵自叙伝】
絶望は私を鍛え、希望は私を動かす【朴槿恵自叙伝】

今朝のあさチャンだったっけ、チェ・スンシルが平昌に広大な個人資産を有しているって報じていたので統一教会ビンゴ。

国政介入:崔順実氏と統一教会系「世界日報」の奇妙な関係-Chosun online 朝鮮日報
2016/10/28 09:33

 ドイツに滞在中の崔順実(チェ・スンシル)氏が26日、世界基督教統一神霊協会維持財団(統一教会財団)系の新聞「世界日報」の単独インタビューに応じ、崔氏と統一教会の関係に関する指摘が相次いでいる。

 世界日報は2014年11月にも崔氏の元夫、鄭允会(チョン・ユンフェ)氏が韓国大統領府で通称「十常侍」と呼ばれる秘書官らと秘密会合を持つなど国政に介入していたと単独で報じたことがある。崔氏の娘、チョン・ユラ氏は統一教会財団が運営するとされる景福初等学校、ソンファ音楽英才アカデミーに通った。

 在米ジャーナリストのアン・チヨン氏は同日、ブログで消息筋の話として、「崔氏が朴槿恵(パク・クンヘ)政権発足後、統一教会の元欧州総責任者で、新聞社社長を務めたS氏を駐イタリア大使に推薦したが、当時の趙応天(チョ・ウンチョン)大統領府公職紀綱担当秘書官(現・共に民主党国会議員)の反対で実現しなかった」と指摘した。

 アン氏はS氏について、「1975年から統一教会に心酔し、統一教会の創始者である文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁の最側近とされた人物。鄭允会氏とは同郷で、統一教会の欧州総責任者を長く務め、世界日報社長を歴任した人物で、ドイツに長く住んでいた。崔順実・鄭允会夫婦と親しい」と説明。「消息筋によれば、世界日報のインタビュー記事はS氏が仲介したものだった」と主張した。

 これについて、趙議員はフェイスブックで「記者から電話が殺到しているが、それぞれ応対できず申し訳ない」とした上で、「わたしが質問に応じれば、内容は大統領府在任当時に経験した事柄に当たるため、(大統領府が)機密漏えい罪に当たると問題視するのは確実だ」と述べた。この記述をめぐっては、アン氏が指摘した疑惑を趙議員が事実上認めたのではないかとの見方が出ている。

 しかし、統一教会財団は「S元社長は現在、妻の病気介護のため韓国におり、ドイツを離れてから10年以上たつ」と反論した。インタビュー記事を作成した世界日報のR記者も「ドイツで研修中に知り合った韓国人の紹介で崔氏のインタビューを行った」と説明した。

 世界日報編集局も同日、「崔氏のインタビューは困難なチャレンジの末、緊迫した状況で実現した。報道されるまでの経緯とより詳細な状況について続報を準備している」とコメント。その上で、「世界日報編集局は2年前、大統領側近の『秘線』(影の実力者)による国政独占疑惑を最初に報じて以降、外部の圧力やさまざまな波紋を経験したが、言論と報道の本領を守る意志と苦労を放棄せずにいる。今回の崔氏のインタビューも重大な疑惑の中心人物の一方的な主張ではあるが、国民が当事者の考えを直接聞くことを望む状況でそれを伝えることがメディアの役割だという点で報じたものだ」とした。

李竜洙(イ・ヨンス)記者

チェ・スンシルの実父崔太敏は猟奇的性行為及び呪術的洗脳手法を弄し40歳年下の朴槿恵(当時20代前半)の若き肉体と精神を意のままにしていた説は根強く、性奴隷云々は別としても親子以上に歳が離れた男女の常軌を逸した関係が朴正煕テロ殺害起因説もあって、それが真ならば今回の疑獄は韓国初女性大統領が元情夫の令嬢に強請された構図とも写ります。

下記写真は左より朴正煕、朴槿恵、崔太敏

o-12412-570

国政介入:駐韓米国大使館「崔順実氏の父・崔太敏氏は韓国のラスプーチン」-Chosun online 朝鮮日報
2016/10/28 10:15

 駐韓米国大使館は2007年、本国への報告書の中で「故・崔太敏(チェ・テミン)牧師はこれまで朴槿恵(パク・クンヘ)候補を支配し、またその子息らは莫大(ばくだい)な富を蓄積したとのうわさが広まっている」などと指摘していた。崔太敏牧師は崔順実(チェ・スンシル)氏の父だ。

 内部告発サイト「ウィキリークス」が27日に公表した過去の機密文書によると、2007年7月16日に当時のスタントン駐韓米国副大使は韓国大統領選挙の見通しに関する報告書を作成し、バーシュボウ大使がこれを機密に分類した上で本国に送付していたことが分かった。当時は朴大統領が李明博(イ・ミョンバク)前大統領とハンナラ党大統領候補の座をめぐって激しく競争をしていた時期だ。

 スタントン氏は報告書の中で「朴槿恵候補は、35年前に陸英修(ユク・ヨンス)氏(朴大統領の母)が死去した後、ファーストレディーを務めていた彼女を崔太敏氏が支配したとの説をはじめとして、過去について説明すべき状況に置かれている」「朴候補の反対勢力は崔太敏氏を『韓国のラスプーチン』と呼んでいる」などと指摘していた。ラスプーチンとは19世紀の帝政ロシアで皇太子の病気を祈祷(きとう)で治すとして政策に介入し、亡国に導いた祈祷僧だ。

 スタントン氏はさらに「カリスマ性のある崔太敏氏は人格形成期にあった若い朴候補の身心を完全に支配していた。その結果、崔太敏氏の子息が莫大な富を蓄積したといううわさが広まっている」とも記載しており、朴候補と崔太敏氏については「特別な関係」と明記している。

 李明博候補陣営は当時「朴候補が大統領になれば、鄭允会(チョン・ユンフェ)氏(崔順実氏の元夫)をはじめとする崔太敏氏の家族が職権を乱用する恐れがある」などとして朴候補を批判していたが、米大使館の報告はその内容について調べたもののようだ。スタントン氏は「李明博候補は自らの財産蓄積過程が疑問視されているため、朴候補も道徳的には問題があるとの点を強調したかったようだ」とも指摘した。

イム・ミンヒョク記者

朴正煕(パク・チョンヒ)も降参した、朴槿恵(パク・クネ)の猟奇的な私生活 かつての日本は美しかった:【気持ち悪い!!】

朴正煕(パク・チョンヒ)も降参した、朴槿恵(パク・クネ)の猟奇的な私生活

 70年代、朴槿恵(パク・クネ)と崔太敏(チェ・テミン)の不適切な関係は、すでに知られていた。当時、20代だった朴槿恵(パク・クネ)を、父より5歳年上の崔太敏(チェ・テミン)が弄んだ事は、朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領の女遊びと同じ位、猟奇的だ。

 ウィキリークスが暴露した通り、元駐韓米大使バーシュボウは「チェ・テミンが、人格形成期に朴槿恵(パク・クネ)の肉体と魂を完全に支配した」とし、崔太敏(チェ・テミン)を『韓国のラスプーチン』と評した。ラスプーチンは、帝政ロシア末期の修道士で、巨大な性器と、天性の精力で、ニコライ2世の皇后アレクサンドラを誘惑、国政を壟断し、帝政ロシアを没落に導いた世紀の原因である。

 当時、大統領府に勤務していた、とある女性の回顧によると、朴槿恵(パク・クネ)と崔太敏(チェ・テミン)が性交渉を持った(絡み合った)翌日の朝、寝室には各種避妊器具、変態的性玩具が散らばり、吐き気がする程だったと言う。老人が、若い女性、それも『ファーストレディー』の肉体と魂を完全に支配するには、恐らく極めて特別な能力が必要だったのだ。朴槿恵(パク・クネ)が、『7人の会』の高齢者に執着するのは、政治的理由の為で無く、崔太敏(チェ・テミン)への懐かしさや高齢者だけに興奮する変態的な性的指向のせいかも知れない。

 朴槿恵(パク・クネ)が、崔太敏(チェ・テミン)に溺れたのは、彼女の不幸な過去とも関係している。2007年、ハンナラ党の大統領選候補予備選挙で議論になった様に、朴槿恵(パク・クネ)は、陸英修(ユク・ヨンス)の娘では無い。朴正熙(パク・チョンヒ)の最初の妻は、キム・ホナムだ。朴正熙(パク・チョンヒ)は、キム・ホナムを馬鹿だと、とても嫌がり、離婚する前に、梨花女子大学出身のイ・ヒョンランと同居を始めた。朴議員は、イ・ヒョンランとの間に生まれた婚外子だ。婚外子問題で、チェ・ドンウクを排除した朴槿恵(パク・クネ)の基準を、1970年代に遡り適用すれば、朴正煕(パク・チョンヒ)も弾劾の対象になるのだ。2007年の党内選挙当時、朴槿恵(パク・クネ)は、DNA検査を要求する李明博(イ・ミョンバク)の圧力は倫理に反するとし、玉虫色で済ませたのは、事実だったからだ。

 こんな出生の秘密の為に、朴議員は、大統領府に、情を寄せる所は無かった。夜ごと若い女と寝ている朴正熙(パク・チョンヒ)を憎んだ陸英修(ユク・ヨンス)が、朴槿恵(パク・クネ)を可愛いがるはずも無かった。だから、朴槿恵(パク・クネ)は崔太敏(チェ・テミン)に、益々溺れていった。

 朴正熙(パク・チョンヒ)は、朴槿恵(パク・クネ)と崔太敏(チェ・テミン)の関係に頭を悩ませたと言う。10.26当時、大統領秘書室長だった金桂元(キム・ゲウォン)は「あいつ、崔太敏(チェ・テミン)が、クニャン(朴槿恵)を魅了した。」「崔太敏(チェ・テミン)と朴槿恵(パク・クネ)に関する報告書が上がって来ると思うと、胸が張り裂けそうだ」と朴正熙(パク・チョンヒ)の心情を述懐した。金載圭(キム・ジェギュ)は、控訴理由書で、崔太敏(チェ・テミン)問題を、朴正煕(パク・ジョンヒ)殺害の理由の1つに挙げた。朴槿恵(パク・クネ)の猟奇的な私生活が、結局、自らの父親を殺した事になる。

 結局、朴正熙(パク・チョンヒ)は、ソン・ウヨン公報秘書官に、崔太敏(チェ・テミン)の性器を切り落とし、救国奉仕団関連団体を全て解体した後、崔太敏(チェ・テミン)が、朴槿恵(パク・クネ)の近くに、現れる事の無い様に指示した。すると、朴議員は、落ち込んだ表情で涙を流したと言う。

(中略)

 正常な生活が不可能な変態一族の偏屈なオールドミスが、大統領府を横取りし、席に付いた事で、今後国がどうなるのか考えると嘆かわしい。ラスプーチンに溺れたアレクサンドラが帝政ロシアを崩壊させた様に、崔太敏(チェ・テミン)の様な老人に溺れた朴槿恵(パク・クネ)が、最終的に大韓民国を肥溜めに落とす事になるかも知れないからである。もはや国が破綻するのは時間の問題かも知れない。

絶望は私を鍛え、希望は私を動かす【朴槿恵自叙伝】絶望は私を鍛え、希望は私を動かす【朴槿恵自叙伝】
朴槿惠 横川まみ

晩聲社 2016-05-30
売り上げランキング : 4655

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘―ジュネーブ国連派遣団報告国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘―ジュネーブ国連派遣団報告
藤岡 信勝 編著

自由社 2016-05-29
売り上げランキング : 158973

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(7)韓国 | カルト
Edit








コメント
いやー驚いたなあ。
ウソか本当かなんかどうでもよく、最初に言い出したら勝ちのあの国でこんな話がでたら、これから驚天動地・阿鼻叫喚のすごく面白いことに何じゃないの?
おらーワクワクしてきたぞ!
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年10月28日 16:52
クネ支持率が危険水域をとうに越えていて沈没寸前
本来カンフル剤であるはずの反日も就任当初から限界値まで投与済みで
今更大した効果も期待出来ず外交経済内政何れもガタガタ
後は政権をほっぽり出して海外逃亡か、一か八か北のカリアゲに喧嘩売るか
どっちにせよ日本は高みの見物を決め込むべし
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年10月28日 18:02
クネクネの兄弟は薬物中度と詐欺師なんだろ
マッマは在日に拳銃で暗殺されてるし
さもありなん
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年10月28日 18:55
不覚ながら勃起した・・・
Posted by 匿名 at 2016年10月28日 20:38
クネたんは鉄の処女じゃなかったんですかやだー
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年10月28日 22:32
あんなに韓国人の言うように反日外交に勤しんだのに悪く言われて気の毒。歴代みたいに用日から反日にすれば正しかっただろうけど、明博のドーピング国家運営と解りやすい反日のせいで無理な空気だったのに・・。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年10月29日 05:05
政党同士の足の引っ張り合いなのに、
どうしてこうも下品な方向へ話が進むのか。
Posted by んんー at 2016年10月30日 01:11
  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。