2016年10月18日

エッセイ本「夫のちんぽが入らない」2017年1月発刊

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

夫のちんぽが入らない
夫のちんぽが入らない

勃たなかったことは数あれど、入らなかった経験はありません。
よくよく考えるとかなり切実ですね。しかも20年。

夫のちんぽが入らない|書籍詳細|扶桑社
本文より抜粋

いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。
何も知らない母は「結婚して何年も経つのに子供ができないのはおかしい。一度病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいことじゃないんだから」と言う。けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。医師は私に言うのだろうか。「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあることですよ」と。そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。子供もいらない。ちんぽが入らない私たちは、兄妹のように、あるいは植物のように、ひっそりと生きていくことを選んだ。









夫のちんぽが入らない夫のちんぽが入らない
こだま

扶桑社 2017-01-16
売り上げランキング : 24484

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
わけわからん。
1)ペニスがデカすぎて入らない(巨根症)
2)ワギナが狭すぎて入らない(膣閉塞)
3)インポなのではいらない

どれなの?
Posted by セックスカウンセラーまがい at 2016年10月18日 16:33
緊張とか精神的なもので勃たないってのは聞いた事あるけど

>夫は最近よその方から菌をいただき性病になってしまいました。

ここで台無し
さっさと離婚すればよかったのに
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年10月18日 17:31
社民党の又市センセーみたいに中折するのでしょうか?
Posted by 名無し二等卒 at 2016年10月18日 17:35
それを含めて「恥ずかしがらずに相談しなさい」と言っているのに
「いまだかつて見たことがない」とはどういうことなんだろう。
専門家ならこういう例を見たことがあっても何らおかしくないし、
この人が専門家でない以上、見たことがあるはずもない。
Posted by すしさしみんはデマに苦しんでいます at 2016年10月18日 18:30
口には入るだろう。
終了。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年10月18日 18:36
あーあ子供作る意思があるなら、完全に閉塞してるんでも無い限り、ちんちんが入らずとも生殖医療も使わずとも妊娠する方法はあるのに。ちょっとは頭を使え。
Posted by aikobros at 2016年10月18日 18:50
結婚するときにはまず下半身の相性をよく確かめること。これ重要。
Posted by くれくれ鱈子 at 2016年10月18日 19:07
書店で買うのはエロ本より恥ずかしいw
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年10月18日 19:30
えげつないタイトルで話題づくり…
しょーもない…
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年10月18日 21:43
藤圭子さんがこれだったみたいです。
実は知り合いの女性にもいました。
膣口が狭い膣狭窄症とか膣閉鎖症とか処女膜強靭症とかいろいろあるそうです。
知り合いの女性は膣口を拡げる手術が成功し、無事結婚妊娠出産しました。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年10月18日 23:42
極左活動家がよくやる性教育と同じ臭いがする。
公序良俗に対するテロでしょう。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年10月18日 23:58
 必要以上に怖がって、まーなんだ・・・膣けいれんみたいなのを起こす子は居たね・・・指すら入らない。だから、「処女なの?」て聞いたら「灰色」ってさ。今まで付き合った彼氏とやろうとして、この本のタイトルみたいな状態だったそうで・・・・頭の良い子(最近はそうでも無いけれど)は、大学でヤられ、頭の悪い子は、暴走族にヤられ・・・普通の子は、処女ってのは想像以上に多いよ。頑張れば、入らない、ち○ぽは無いと思うけれどね。赤ちゃんが出てくる穴なんだから、赤ちゃんの頭よりデッカイチン○は無いだろ?
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年10月19日 03:33
真相をぼかしたあらすじを見ると、本の虫である俺は購入するかどうかの見極めとしての
立ち読みを禁じ得ないわけですが、ここまでビブリオマニアの読書欲をそそらないタイトル・あらすじも珍しいと思いました。
夫婦生活改善の努力すらせず静かに老いていきたいという自由は尊重しますが
そういう無気力人生って上梓するほどの内容か?
俺自身無気力絶望生活中なので余計に食指が動きません。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年10月19日 23:07
タイトルのセンセーショナルさはともかく、
夫婦生活としては問題は切実ですよ。

人伝で聞いた話では、
コメント欄上記にもある以外に、
変形
というのもありますね。
その方の場合は入口すぐに骨の奇形があって、
まっすぐな通路になり得ない、って感じ。
Posted by んんー at 2016年10月20日 11:32
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。