2016年06月07日

【朝日新聞】北海道男児置き去り事件は平成の「劉連仁事件」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

劉連仁・穴の中の戦後
劉連仁・穴の中の戦後

当該事件知りませんでしたのでその点は感謝します。
つらつら読みますに、日本国の中国人強制連行は事実認定するが当時の中国人民に国家賠償請求権はないので一部敗訴。つまり本件裁判で原告に賠償すると結果的に中国政府が迷惑するという大人の事情。とはいえ北海道男児行方不明と共通するのは「北海道」だけ。

森羅万象、全ての事件事故を旧日本軍の拉致、レイプ、殺人と紐付け中韓朝へご注進〜謝罪と賠償をコンシェルジュするのは朝日新聞のお仕事なので仕方ありませんね。

上丸洋一
@jomaruyan
じょうまる・よういち。元高校球児。朝日新聞記者。連載「新聞と9条」担当。著書『新聞と憲法9条』(朝日)『諸君!正論の研究』(岩波)『原発とメディア』(朝日)、共著書『新聞と戦争』(同)など。投稿は朝日新聞を代表せず。フォロー/RTは必ずしも賛意を意味せず。



劉連仁事件のあらまし - 中国人戦争被害者の要求を支える会
2004年9月 1日

劉連仁さんは、山東省の青島から車で1時間半ほどの高密県草泊村(現在の地名)で、両親と弟4人、妹1人、それに妻を含めて9人の家族で、地主から土地を借りて、細々と農業を営んでおりました。 当時劉連仁さんは32歳で妻は妊娠9ヶ月でした。

1944年8月頃(旧暦)、自宅を出たところで、中国かいらい軍(偽軍)4人に銃を突きつけられ拉致されました。当時、付近の村でも拉致事件が起きてお り、お金を払えば釈放されるという噂もありましたが、貧しいためにお金を払う余裕もなく、高蜜の駅から青島に連行されてしまいます。ここから800人ぐら いの中国人とともに、門司港に移送され、行き先も知らされないまま、北海道の明治鉱業所昭和鉱業所(沼田町)に連行されました。

ここでは、石炭の掘削と運搬が主な仕事で、昼夜2交替の12時間労働、食事時間以外に休憩時間も与えられず、その食事も1回に饅頭1個というひどいものでした。

その上、仕事のノルマが達せられない時は、そばにある棒くい、鉄棒、シャベルなどで暴力の制裁を受けました。あるとき、暴力で殺されるという危機を感じて、仲間4人とともに逃亡しました。

逃亡後は、北海道の山野をさまよい歩きますが、仲間も捕まりたった一人になってしまいます。劉連仁さんは、捕まれば殺されると思い、人に会うことを恐れて ほら穴を堀り、「穴から穴へ」の生活を続け、冬になれば極寒の地になる北海道の山奥で、日本の敗戦も知らずに13年も生き抜きました。しかし、劉連仁さん は絶望して、2回も自殺を図ったそうです。1958年1月末、当別町の山奥の洞穴に隠れていたところを、うさぎ猟にきた人に発見されました。

当時の政府(総理大臣は強制連行を実行した東条内閣の商工大臣であった岸信介)は、劉連仁さんを不法入国者、不法残留者として扱い、強制連行・強制労働の事実を認めませんでした。ところが帰国の前日、愛知官房長官から、手紙と十万円が届けられました。劉連仁さんは、拉致し虐待した事実も認めず、謝罪もない金銭の受取りを拒否し、「日本政府に対する賠償を含む一切の請求権を留保する」という声明を出して、白山丸で帰国しました。

戦後50年になる1996年、再三にわたる謝罪と賠償の要求を無視してきた日本政府を相手に、劉連仁さんは東京地裁に提訴しました。2001年7月、請求 金額全額を認めさせる勝利の判決を得ましたが、劉連仁さんはこのことを知ることなく、前年の9月に病気のため87歳で亡くなりました。いま、妻の趙玉蘭さ ん、長男の劉煥新さん、長女の劉萍さんが訴訟を引継ぎ、劉煥新さんが原告代表として何度も来日して、裁判を闘っております。  

東京地裁で画期的勝利!

2001年7月12日、東京地裁で被告国に対して勝利の判決を勝ち取りました。

《判決のポイント》

・戦前の強制連行・強制労働の事実を明確に認定し、劉連仁さんの被害の実態を克明に認定した。
・不当な奴隷労働に耐えかね、脱出して山中に逃げた劉連仁さんに対し、これを発見し救出すべき義務が政府にあったとし、戦後救済義務違反を認めた。
・「時の壁」(除斥期間の適用)によって逃げようとする政府に対し、「正義・公平の理念に反する」として戦後の責任を認めた。
・以上の認定の上にたって、「劉連仁が被った精神的損害を慰謝するための金額は、2000万円を下ることはない」と請求全額を認めた。
この判決は、戦前の強制連行・強制労働の法的責任を認めるものではなかったのですが、中国人の戦後補償裁判では初めての勝利でした。 勝利判決後、直ちに 首相官邸への面会要請、内閣府、外務省、法務省、厚生労働省などへ控訴を断念するよう要請行動を行ないましたが、不当にも国は判決を不服として、控訴をし ました。

しかし、この判決の成果は、福岡地裁判決の企業への勝利、新潟地裁での国と企業への勝利と繋がってくるだけでなく、他の戦後補償裁判の闘いに生かされてきています。

控訴審のたたかい

私たちは、2002年1月に控訴審を支援するために、また全国の強制連行訴訟のたたかいと連帯するために、「中国人強制連行・劉連仁裁判勝利実行委員会」 を結成いたしました。 この実行委員会は、毎回の法廷への傍聴や報告集会の呼びかけ、ニュースの発行などを行い、来日した原告のお世話などをやってきまし た。 また、劉連仁国際署名ネット事務局にも加わり、100万人国際署名にも取組みました。

原告代表の劉煥新さんは、ほとんどの控訴審に来日して参加し、東京都内だけでなく全国各地の労組や団体を回って署名の要請をしてきました。 この署名運動 は、中国の方でも広範な支持を受けて、2003年11月には100万筆(日本373,439、中国629,162)を突破することができ、裁判所に提出い たしました。 

また、2004年3月には、劉連仁さん発見の地・北海道当別町の山奥や強制労働をさせられた沼田町の明治鉱業所跡での雪の中での自主「現場検証」を行い、 法廷で上映することも出来ました。 控訴審は11回開かれ、10月26日には結審を終え、来春の判決が予想されます。

劉連仁事件逆転敗訴/賠償請求を棄却/東京高裁 強制連行の事実は認定 しんぶん赤旗
2005年6月24日(金)

 戦時中に日本へ強制連行・強制労働させられ脱走、戦後十三年間、北海道の山中で逃走生活をしていた中国人・故劉連仁さんの遺族三人が、国に二千万円の賠償を求めた劉連仁事件控訴審判決が二十三日、東京高裁でありました。西田美昭裁判長は賠償を命じた原告勝訴の一審判決を取り消し、請求を棄却しました。

 西田裁判長は一審判決を踏まえ、原告側弁護団が主張してきた劉連仁事件の背景にもなる中国人強制連行の歴史を事実として認定しました。さらに、劉連仁さん個人について、中国からの強制連行や日本での強制労働、その後十三年間に及ぶ逃走生活、発見、中国への帰国と提訴に至るまでの一連の事実経過を認めました。また戦後、国が劉さんを保護する義務を怠ったことは「違法行為」と認定しました。

 しかし、「逃走当時、中国には国家賠償法がなく、原告に請求権はない」として、原告の請求を退けました。

 「極めて不当な判決だ」と訴えた長男で原告の劉煥新さんは、判決後の会見で「父は勇気を持ってたたかってほしいといい残して逝った。父の言葉の実現のため団結してたたかいたい。八十四歳の母には、自信を持ってたたかい続けようと話したい」と語りました。

 原告弁護団は「事実は判決によって不動のものと示された。国は真摯(しんし)に受け止め、謝罪と弔意を表明し、同問題を判決の結果によらずに政治解決すべきだ」と訴えました。

 二〇〇一年七月の一審判決は、強制連行・強制労働が国策としておこなわれたことを初めて認め「過酷な体験を強いられた劉さんの救済義務を怠った」として原告請求の全額二千万円の賠償を命じました。それに対し国側は控訴していました。

 劉連仁裁判 劉連仁さんは一九四四年に日本へ強制連行されました。北海道の炭鉱で強制労働させられていたとき、非人道的な扱いに耐えかねて逃亡。終戦を知らず十三年間も山中に隠れ、五八年に地元の人に発見されました。同年、中国に帰国。九六年に提訴し、二〇〇一年七月の一審の勝訴判決を聞くことなく、前年九月に八十七歳で亡くなりました。

しかしアカウントプロフィールでわざわざ「発言内容と朝日新聞は関係ない」と明記するんだったら最初から朝日新聞記者とか書かず草莽の市民として発言すればいいのに。社会的肩書や権威を発言内容の担保って、なんか寂しい人。

北海道探検記 (1984年)北海道探検記 (1984年)
本多 勝一

朝日新聞社 1984-02
売り上げランキング : 650637

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
穴にかくれて14年―中国人俘虜劉連仁の記録穴にかくれて14年―中国人俘虜劉連仁の記録
欧陽 文彬 三好 一

新読書社 2002-07
売り上げランキング : 1181082

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
劉連仁・穴の中の戦後劉連仁・穴の中の戦後
野添 憲治

三一書房 1995-11-01
売り上げランキング : 1282988

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
生きる: 劉連仁の物語生きる: 劉連仁の物語
森越 智子 谷口 広樹

童心社 2015-07-05
売り上げランキング : 19666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
劉連仁(りゅうりぇんれん)物語―当別の山中から劉連仁(りゅうりぇんれん)物語―当別の山中から
しみず みきお おおさわ つとむ

響文社 2009-09
売り上げランキング : 978917

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
文筆を生業とする者として恥ずかしくないのでしょうかね。
Posted by 名無し at 2016年06月07日 10:01
連想ゲームとして無理があるw
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年06月07日 10:10
強制連行と言う言葉が好きなようだが、大抵は単なる募集。
中間業者がどのような話をしているかは想像はつくよな。
で無給と言うのは戦後のどさくさで支払われなかった分だけだよ。
それをこういう話に仕立てるのも簡単だろうが、今回の事件に結びつけるのは無理がないかい?
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年06月07日 10:48
 >偽軍(かいらい軍)

 つまり原告は「お仲間」に売られた可能性が高いのか?
 特亜は平気で仲間を敵対勢力に売る性癖があるから、あるいは・・・
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年06月07日 12:32
認めた!認めた!
Posted by んんー at 2016年06月07日 14:10
>中国かいらい軍(偽軍)4人に銃を突きつけられ拉致されました。

国民党軍か中共軍に強制徴兵されたってことかコレw?
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年06月07日 16:30
本気で統合失調症を疑うレベル
まぁ大抵のパヨクに当て嵌まる事だが
マジで病院逝った方がいい
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年06月07日 17:37
  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。