2016年05月24日

【映画評】あまくない砂糖の話

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか

本作の結論は、低脂肪加工品を避けると低糖で腹持ちがよくなるから太らないよ。みたいな感じでした(低脂肪=高糖という前提)。アイゼンハワー死亡以降、食品業界は脂肪vs砂糖の闘いだとか。一介の消費者として何が正しのかよく分かりませんが、詳しくは映画館で。

あまくない砂糖の話

イントロダクション
オーストラリア映画史上(ドキュメンタリー部門)最高の動員記録を樹立し、社会現象に!

かつて『マッドマックス』(79)や第69回アカデミー賞Rで主演男優賞を受賞した『シャイン』(96)などの名作を生み様々な映画人を輩出するオーストラリアで、自国製のドキュメンタリーとして史上最高の動員を記録し大きなニュースになったのが本作だ。15年2月の公開当初はたった8館でひっそりと公開されたものの評判は口コミでどんどん広がり、4週目には48館にまで増えるという驚異的な大ヒットを記録した。肥満が社会問題化しつつあるオーストラリアで高い関心を持って受け入れられた画期的映画だ。

60日間砂糖を食べ続けたらどうなる?砂糖版『スーパーサイズ・ミー』!

俳優のデイモン・ガモーは、人間は平均で1日にティースプーン40杯もの砂糖を取っていることを知る。角砂糖やコーヒーシュガーだけが砂糖ではない。今や砂糖は形を変えて様々な食品に入り込み、加工食品の80%には砂糖が含まれているのだ。そこでガモーは自らの体を使い、一日にティースプーン40杯分の砂糖を60日間にわたって摂取するという実験に乗り出した。『スーパーサイズ・ミー』(04)では明らかに体に悪そうなマクドナルド商品だけを30日間食べるという生活だったが、本作では“ヘルシー”と宣伝されながら実際には大量の砂糖が隠されている食品に焦点を当てる。『スーパーサイズ・ミー』よりもはるかに身近な現実の恐怖、あまい砂糖に隠されたあまくない真実に迫る!

衝撃の結果が次々と!

ガモーは、低脂肪ヨーグルト、穀物バー、ジュース、シリアルといった、ヘルシーと信じられているが実際には大量の砂糖が潜んでいる食品を60日間食べ続けるという無謀な実験をスタートさせた。医師や栄養士などの管理の元、摂取カロリーは変えず、実験前から続けている運動もそのまま継続。変わったのは食生活だけなのに、実験開始12日目ですでに3.2キロも体重が増えてしまった!実験が半ばを過ぎた頃、国民の3人に1人が肥満になっているという世界一の“砂糖大国”アメリカへ飛ぶ。早速注文したスムージーには、“ヘルシー”と表示されているにもかかわらずスプーン34杯分もの砂糖が入っていた。ケンタッキー州では幼い頃から毎日マウンテンデューを飲み続けているという虫歯だらけの少年に出会い、“食”をめぐる教育に疑問を抱く。ニューヨークでは、『フード・インク』(08)でも描かれていたような政治と癒着する巨大食品企業の陰謀が次々と明らかに。さらに、砂糖を摂り続けているガモーの体にも異変が起こり始める…。前代未聞の実験の驚きの結果とは?

日本でも糖質オフは重要なキーワード!

こんなにも身近で、毎日食べている砂糖。だが、その砂糖について私たちは何も知らなかった。世界中で異常な肥満の増加が社会問題になっている今、日本でもその危険性は高まっていくと言われている。昨今話題になることが多い糖質制限の必然性をガモーの体験や医師、科学者の研究をもとに実証。

食事をカロリーだけで判断するのは間違っていた!?「ヘルシー」や「低脂肪」にだまされてはいけない!目に見える砂糖はもちろん、目に見えない甘味料がどのように食品の中に含まれているのかも分かりやすく解説。

砂糖が消化されていく体内の仕組みも、エンタメ要素満載でわかりやすくポップに描く。観れば必ず誰かに教えたくなる。あなたの食事はきっと変わる。これは、私たちと子供たちの未来のために必要な映画だ!

監督の言葉
健康に関する話題ほど人々が熱く意見を交わし、こぞって話題にあげるトピックはないでしょう。注目度が高い半面、情報が交錯し矛盾に満ちており、パンは味方なのか敵なのか、安全な乳製品はあるのか、正しい答えを出すのは困難です。何を食べるべきで、何を食べてはならないか、みんなが異なった意見を持つ中、あらゆる議論の中で好んで取り上げられている食材が1つ存在します。そう、砂糖です。

私は、第1子が生まれる前に砂糖と健康に関する確かな答えがほしいと思いました。論文を読んだり他人の意見に耳を傾けたりしても、砂糖が人に与える影響についての見解はバラバラです。そこで、最終的に信用できるのは自分の経験だけと思い、実験に乗り出しました。本作は、砂糖に関する私の体験を、みなさんと共有するための映画です。

私はこの映画の中で、オーストラリアの成人が1日に摂取している量と同じ、ティースプーン40杯分の砂糖を60日間欠かさず摂取しました。しかも清涼飲料水、アイスクリーム、チョコレートなどの菓子類を避け、多くの人が砂糖は入っていないと信じヘルシーだと宣伝されている食品だけを食べたのです。低脂肪ヨーグルト、穀物バー、シリアル、フルーツジュース、スポーツドリンク、スムージーなど、ヘルシーに見えるこれらの食べ物には、実は大量の砂糖が隠されています。これらの食品を摂取しながら、私の体調を医師と科学者からなるチームにモニターしてもらいました。

これは、人々に砂糖を摂るのをやめさせようとする映画ではありません。今や加工食品の80パーセント前後に含まれている”砂糖”という成分について、考えるキッカケを与えるための映画です。

砂糖と果糖の危険性が囁かれはじめた今、啓発活動とエンターテインメントとが融合したこの映画は、大人だけでなく子供たちの将来を、よりよいものにするために欠かせない情報です。どんな結果になるのか分からないままに、私はこの冒険に旅立ちました。学んだことの中には非常に恐ろしい事実もあり、それは私だけでなく、私の子供の人生をも変えました。この作品が、あなたの人生を変える手助けとなることを願っています。

「砂糖は悪ではないが、砂糖が少ないほうが人生ははるかによくなる」 ―キャスリーン・デメゾン!

エクスペリメント
実験のルールは5つ

1.1日にティースプーン40杯分の砂糖(160g)を消費すること
2.ソフトドリンクやアイスクリーム、チョコレートなどのお菓子の類は避ける
3.低脂肪ヨーグルトやシリアル等の「実は砂糖が多い食品」から摂る
4.必ず「低脂肪」の食品を選ぶこと
5.ジョギングや筋トレなどの運動習慣は続けること

before

after





真贋不明ながら代謝体質改善は砂糖摂取量を減らせとか。以下、「映画評」というより雑感、雑談ですが、砂糖を過剰摂取すると脳内から「恋愛ホルモン」が分泌されるとか何とか。

劇中では朝食のみで一日の砂糖摂取ノルマ達成していました。多くの日本人の定番朝食であられる「グラノーラ」「ヨーグルト」は見直した方がいいみたいですね。
ググりましたが、グラノーラ・シェアナンバーワンのカルビー公式サイトはこんな感じ。

Q A   カルビーのシリアル   カルビー株式会社

プレーンヨーグルトで人気のグリコBifiXについても、公式サイト色々調べたけど加糖含量については記述見つからず。
挙句に、主力アイテムの加糖プレーンタイプ「詳しい情報はこちら」ページはデッドリンク。なんといういい加減さ。
マイルドプレーン|商品紹介|朝食BifiX(ビフィックス)|グリコ

404   Glico


ということで本エントリー、まったく映画評になりませんでした。オーストラリアの先住民族がどうとかやっていましたが正直テキスト起こしする内容ではありません。正直すまんかった。

いずれにせよ、「スーパーサイズ・ミー」の無能原田破壊効果は今思うに凄まじく。

満足度(5点満点)
☆☆☆

劇中BGMで「シュガータウン」流れていましたがナンシー・シナトラではありません。



健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
佐藤 健太郎

春秋社 2016-02-18
売り上げランキング : 256328

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ドラッグ食: あなたを蝕む食依存と快楽ドラッグ食: あなたを蝕む食依存と快楽
幕内 秀夫

春秋社 2015-12-14
売り上げランキング : 74983

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(7)映画 | ヘルス
Edit








コメント
1月に血液検査をしてコレステロール値が高かったので
妻の薦めに従って糖質を減らしてみたところ・・・
体重で10kg減少、BMI値は20、体脂肪率は15佑魍笋蠅泙靴拭
いろいろと複雑な話ですので難しいところですが・・・
Posted by すしさしみんはデマに苦しんでいます at 2016年05月24日 11:49
> 劇中では朝食のみで一日の砂糖摂取ノルマ達成していました。多くの日本人の定番朝食であられる「グラノーラ」「ヨーグルト」は見直した方がいいみたいですね。

 単純に糖質だけで計算しても良い物なの?例えば、グラノーラみたいな物は、確かに糖質も多いが、消化時に繊維質が、消化を「鈍化させる効果がある」ので、単純に糖質だけでは計れないと思うのだが?これみたく単純に含有量云々で言うのなら、消化吸収率が悪い牛乳のカルシウムが過大評価されているのも・・・と言う気が。大工が釘咥えていたら、鉄分取れるのかよってのもあるか
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年05月24日 13:45
希少糖使えばええんでないの?
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年05月24日 19:25
日本語で読める書籍では「やせたければ脂肪をたくさんとりなさい」が良かったです。
タイトルが宜しくないですが、中身はいたって真面目な、米国の事療法・体重管理・健康管理の第一人者であるジョンブリファ博士が著者です。

著者の主張を一言で言うならば「ヒトの体には原始食があっている」というものですが、最新の論文を紹介しつつ最先端の栄養学、実験結果を元に体に良い食事とは何かの解説が分かりやすく書かれています。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年05月24日 21:19
糖尿病も3ヶ月で完治するダイエット
で検索。

高脂肪食は、死亡リスクを上げます。

あたりまえですが、健康的に痩せたければ、運動+低脂肪食です。
Posted by 低炭水化物で高脂肪はダメ at 2016年05月24日 23:33
糖質制限をやるとくさいバカになります
で検索も。
Posted by 低炭水化物で高脂肪はダメ at 2016年05月24日 23:43
食事制限だけで痩せられるほど簡単なモンじゃ無いよな。まずは「運動しろ」そして、「量を減らせ」
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年05月25日 08:50
  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。