2016年03月19日

【NTRちんこ切断裁判】調教妻「夫は3匹目の猫。ペットのようなモノなので腹も立たない」「シャキン!と音がした。ああ。やっぱり(ちんぽ)切っちゃった」寝取られ夫恥辱で顔面紅潮

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

痴人の愛 (宝島社文庫)
痴人の愛 (宝島社文庫)

こちらの続き。
小番 site:http://birthofblues.livedoor.biz/ - Google 検索

邪推しますと、息苦しいので実家を出たい。しかし厳格な家庭なので理由がない限り無理。そうだ。どうでもいい小番 と精神的偽装結婚しよう。だけど結婚したら今度は小番から拘束された。もう嫌。誰か私を抱きしめて。という流れと思われ。こういう自由奔放の人が早婚という互いの不幸。事の是非は置いといて全ての起因は多淫妻家庭環境の様ですね。

局部切断の元ボクサー 公判に妻供述「シャキン!切っちゃった」 ― スポニチ Sponichi Annex 社会

 昨年8月に、男性の局部を切断したなどとして傷害と銃刀法違反の罪に問われた元プロボクサーで、元慶大法科大学院生の小番一騎(こつがい・いっき)被告(25)の第4回公判が18日、東京地裁で開かれた。

 検察が作成した、小番被告の妻の供述調書などが新たに証拠採用された。「左フック、右ストレートが顎に入り(男性が)けいれんしていた」「「シャキン!と(はさみの)音がした。ああ。やっぱり切っちゃった」などと、妻が見た犯行の様子を検事が読み上げた。妻は小番被告との結婚生活を「実家を窮屈に思い、結婚した」「一騎もペットのようなものと思えば腹も立たないと考えるようになった」とも語っており、小番被告は顔を紅潮させて聞き入っていた。次回公判は4月14日。

弁護士陰茎切断裁判「夫は3匹目の猫」被告妻が証言 - 社会 : 日刊スポーツ

 男性弁護士(42)の陰茎を切り取ったとして、傷害などの罪に問われた元法科大学院生・小番一騎(こつがい・いっき)被告(25)の第4回公判が18日、東京地裁で行われ、検察側の証拠調べが行われた。

 男性と不倫関係だった被告の妻の供述調書が読み上げられ、12年に被告と結婚したことについて「実家にいるのが窮屈で逃げたかった。被告が大学生で収入がないが、ペットの猫が3匹いると考えればいいと思った」と証言。自身の収入だけで家計をやりくりすることに不満がたまっていたという。14年から男性の弁護士事務所で働き始めた後、仕事を失いたくないため、上司でもある男性と不倫関係になったことが説明された。次回の公判は4月14日で、被告人質問が行われる予定。

局部切断事件、不倫妻が「夫はペットだと思えばいい」赤裸々に吐露 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

妻は結婚当初、学生で収入のない小番被告に対して不満を抱くようになった。実家で家族と折り合いが悪かったという妻は「早く家を出たい」と考え、2012年2月に被告と同棲を始め、同年6月に結婚。だが、自身の収入のみの夫婦生活は、経済的に困窮していった。結婚して1年もたたないうちに「結婚なんて紙っぺら1枚出せばいい。(実家で)飼っていた猫を里親として引き取るためには結婚した方がいい」などと軽い気持ちで結婚したことを反省したという。ところが、14年5月に被害男性の事務所で事務職員として働き始めると、仕事が楽しくなり、被告に対して「猫と同じようにペットだと思えばいい。自分が働いて支えていく」と考えるようになった。

 供述調書には、妻の反省の弁はなかった。小番被告は、法廷で検察側が調書を読みあげる様子を、時折顔を赤らめながら聞いていた。

 妻は現在、「結婚前からの夢で一度はあきらめた海外の美術学校に行きたい」と考え、「(小番の)名字を変え、人生をリセットしたい」などと離婚を示唆しているという。

痴人の愛 (宝島社文庫)痴人の愛 (宝島社文庫)
谷崎 潤一郎

宝島社 2016-02-19
売り上げランキング : 137253

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
カルメン (新潮文庫 (メ-1-1))カルメン (新潮文庫 (メ-1-1))
メリメ 堀口 大学

新潮社 1972-05-23
売り上げランキング : 272397

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
チンカスブログの典型
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年03月19日 12:12
やはり嫁は二次元に限る。
Posted by 名無し二等卒 at 2016年03月19日 12:32
いやー‥男も散々なクズが居るのは知っているけれどこんな女子()には相応の罰と24時間監視が必要だろという案件。
どこまでも罪の意識がない己しか考えないナニカには社会の為にある意味の制限を掛けるのが人の道。
Posted by 五月雨祭 at 2016年03月19日 15:30
小番くんも報われないなあ
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年03月19日 16:19
切った方も切られた方も気の毒に思える。
「海外の美術学校に行きたい」……言葉が出ない。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年03月19日 21:02
登場人物全員クズw
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年03月19日 21:17
この発言に対して名誉棄損で訴えられたらねぇ
Posted by んんー at 2016年03月20日 00:31
田舎に生まれ育つと、「人の怖さ」をたたき込まれる。こんな自由な発想は無理。自分は、騙される事はあっても、人に親切にして、感謝される人生を送りたい。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年03月20日 05:39
女陰に焼火箸はよ
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年03月20日 09:47
夫はヒモだったのねw
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年03月21日 02:30
小番は妻を訴えたらええんでないかい
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年03月22日 15:30
  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。