2016年03月03日

【映画評】ヤクザと憲法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

暴力団のタブー (宝島SUGOI文庫)
暴力団のタブー (宝島SUGOI文庫)

本作のルールは下記の3つだったそうです。
・謝礼は払わない
・収録テープなどを事前に見せない
・モザイクは原則かけない

先のシールズ映画化のエントリーでも申し上げましたが、社会派ドキュメンタリーってのは「提灯持ち」が作ってはいけないんですよ。それはドキュメンタリーでなく「広報」といいます。
提灯持ち:サヨク団体の手先に使われ、その長所を吹聴して回ったりすること。頼まれもしないのに活動家を誉めたり宣伝したりすること。また、それをするマスメディアのこと。
映画「わたしの自由について〜SEALDs 2015〜」 5月公開決定

映画『ヤクザと憲法』公式サイト

イントロダクション

実録じゃなくて、これは本物 ヤクザの世界でキャメラが回る
暴力団対策法、暴力団排除条例が布かれ、ヤクザは全国で6万人を割った。この3年で2万人が組織を離脱した。しかし数字だけでは実態はわからない。ヤクザは、今、何を考え、どんな暮らしをしているのか? 大阪の指定暴力団「二代目東組二代目清勇会」にキャメラが入る。会長が15年の実刑判決を受けた殺人事件は暴対法のきっかけだとも言われる。組員の生い立ちとシノギ、部屋住みを始めた青年と実の子のように可愛がるオジキ、そして、組員の逮捕、家宅捜索の瞬間がやってくる…。会長は「ヤクザとその家族に人権侵害が起きている」と語りはじめた。ヤクザと人権…。一体、何が、起きているのか?

「脅威」を排除するためなら、 ちょっとくらい憲法に触れたって…。 あれ?? どこかで聞いた話じゃないか!
銀行口座がつくれず子どもの給食費が引き落とせないと悩むヤクザ。金を手持ちすると親がヤクザだとバレるのだ。自動車保険の交渉がこじれたら詐欺や恐喝で逮捕される。しかし、弁護士はほとんどが「ヤクザお断り」…。日本最大の暴力団、山口組の顧問弁護士が、自ら被告になった裁判やバッシングに疲れ果て引退を考えている。「怖いものは排除したい」。気持ちはわかる。けれど、このやり方でOKなのだろうか? 社会と反社会、権力と暴力、強者と弱者…。こんな映像、見たことない!? 強面たちの知られざる日常から、どろりとしたニッポンの淵が見えてくる。




暴力団は必要悪か?という議論は留保するとして、暴力団に人権はないのか?に関する議論からほとんどの良心的地球市民が逃げまわっているのが現状。護憲派を自認しながら「在特会に自分の人権を主張する権利はない」というスローガンで世間を煙に巻く民主党有田芳生一派がその典型。

私見として「麻薬、殺傷兵器、人身の各売買及び、殺人、強姦、強盗、恐喝の各しのぎ」と直に接する面でのヒト・モノ・カネ全面排除は理解出来ますが、ご子息の入園入学を学校側が排除したり、私的銀行口座が作れない、健康保険に加入できない、食品購入の禁止ってそれは明らかに人権侵害で憲法違反。しかし護憲派諸氏は見て見ぬ振り。暴力団事務所への仕出し弁当止めたらどういう抑止効果があるの?

例えば在日系チンピラの安心できる居場所、あるいは表現発露のステージ代替に位置付けられる「しばき隊」の功罪について、その「功」を賞賛するメディアや進歩的文化人、良心的ジャーナリスト、良心的政治家は列挙に暇ありませんが、「罪」に言及しているマスコミなんて見たこともない。身内を批判可能な空気が一切ない。だからカルト扱いされる。というか、右翼=在特会系も、人権団体=しばき隊系も、共産党も暴力団も過激派も朝鮮総聯も等しくドロップアウトしたマイノリティの居場所として、昔からきちんと機能しているんですけどね。つまりしばき隊も在特会も同じジンケンリーグに所属するライバルチームなんですよ。選手間トレードもあるそうですし。
ジンケンよいとこ一度はおいで。酒は旨いし姉ちゃんは綺麗だ。
【動画】元暴力団員リーダーしばき隊「男組」ドキュメンタリー番組 韓国テレビ局で密かに放映される

そんな似非人権活動家が跋扈する昨今、国内最大規模の指定暴力団員を抱える福岡県で先月条例案が提出された「元暴力団員就労支援条例」は試金石としてその先を注目したいですね。県警生活安全部絡みの民活スタッフとか適任と思われます。
暴力団離脱後押し 就労支援へ条例案提出 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

とまれ、愚直なヤクザは組織に残り面子に拘り抗争続け共倒れ、怜悧な悪人は組織の体を有しない半グレと化し姿を消す。愚直な箱モノ風俗は相変わらず摘発され、LINE系を媒介とする無店舗素人援交は外人ギャングしのぎとなり商品を守る者もいなくなり、香山リカは喜び指立て回り、辛淑玉はこたつで丸くなる。

満足度(5点満点)
☆☆☆

暴力団のタブー (宝島SUGOI文庫)暴力団のタブー (宝島SUGOI文庫)
溝口 敦 鈴木 智彦 盛力 健児 工藤 明男

宝島社 2014-01-09
売り上げランキング : 31670

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
溶けていく暴力団 (講談社+α新書)溶けていく暴力団 (講談社+α新書)
溝口 敦

講談社 2013-10-22
売り上げランキング : 205398

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)映画 
Edit








コメント
しばきナントカと街道はどちらも一緒。
松本龍センセイみたいになるかやっと玄界灘に帰った鷹の黒い真ん中高目になるか捨てるのかそれだけの事。
>商品を守る者もいなくなり
個人のプライバシー()を守る為に居なくなれと言ったのは世間とジンケン(白目
男を使い捨てにするから今度はアンタが使い捨てみたいな落語のオチ。
Posted by 五月雨祭 at 2016年03月03日 19:07
 日頃から憲法に基づく法律に違反する事ばっかりやりたい放題鵜やっておいて、都合が悪くなると「俺たちに人権はないのか」と逆切れするヤクザどもに同情の余地は全く無い。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2020年02月14日 20:37
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。