2016年02月24日

【朝鮮新報】日本軍性奴隷制をめぐる南朝鮮と日本政府による合意が波紋を呼ぶ昨今、性奴隷制の被害実体を視覚化した映画「鬼郷」は南社会にどれほどの衝撃を与えるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

真実 私は「捏造記者」ではない
真実 私は「捏造記者」ではない

着眼すべきは、若き将軍様よりご裁可された表記の刷新
×従軍慰安婦問題 
○日本軍性奴隷制問題

尚、NGワード「朝鮮独立軍」

「朝鮮独立軍」は白頭山神話の否定に繋がるので不可。(先々南北統一したら偽史からも抹消予定)
「従軍慰安婦問題」がNGワードに指定された理由は、友軍たる朝日新聞の捏造露呈から余儀なくされた共和国側の戦術変更。ここ大事ですよ。

論破された「軍強制」に未だに拘っているのは世界広しといえどもAP通信程度です。時代は「性奴隷制問題」
頑迷に「性奴隷」固執するAP通信女性記者「わたしは正義。がんばる」「正しい記者の心を全否定するツイートはやめろ」「報道の善を見棄てた日本社会はおかしい」

以下、新聞記事を模した南朝鮮人民へのメッセージ。淡々としながら日韓不可逆的合意にお困りの共和国の苦渋が滲み出て、酸味が効いたイケズさも素敵な文章です。

日本軍性奴隷制描いた注目作/横浜で、映画「鬼郷」試写会 | 朝鮮新報

日本軍性奴隷制描いた注目作


(前略)

作品からは、日帝の植民地支配によるすさまじい暴力、性奴隷とされた少女たちの絶望と怒りが、圧倒的な映像の力で迫ってくる。だが映画を通し、被害者らの傷を癒やし、歴史を二度と繰り返すまいとする製作者たちと多くの支援者らの人間らしい営みに一筋の希望を見出すことのできる、優しさあふれる映画となっている。

南での劇場公開に先立って、ロサンゼルスやニューヨークなど米国各地の劇場や大学でも試写会が催され、会場を席巻した。観客らは、「衝撃的だった」「性奴隷制問題がいかに深刻な問題であるか、映画を通して痛感した」「他人事のようにして接してきたことが、あまりにも恥ずかしい」と口を揃えたという。

13日の試写会では上映に先立って、監督・出演者らの映画に込める思いが語られた。

チョ・ジョンレ監督は、「この映画はただ単に日本批判や反日感情により作られたものではない。戦争という悲しい歴史のなかで他郷で犠牲になった朝鮮の少女たちへの供養を込めた映画だ。在日同胞や日本の方々の協力なしにこの映画の完成はなかった。改めて感謝の意を表す」と話した。

映画には、「慰安婦」として連行される主人公チョンミンを勇敢に演じきった姜河那さんをはじめ多数の在日同胞も出演している。

「自分は在日朝鮮人だが、日本の学校に通っため、朝鮮や韓国の人々との交流が今までなかった。映画に参加したことにより、改めて自分は朝鮮民族だということに気づかせてもらった」と話すのは日本兵役として出演した朴聖烈さん。「これからも朝鮮民族としての誇り、自信を強く持って一生懸命生きていきたい」と思いを語った。

同じく日本兵役の趙守顕さん(神奈川中高卒)は、「意義深い作品に在日朝鮮人として参加することができたことを光栄に思う。映画が高く評価され、広く普及されることを願う」と話した。

主人公を務めた姜河那さんは、大阪・ソウル間を往復し、学校生活と両立しながら撮影に臨んだ。主人公が「慰安所」で初めて性暴力を受けるシーンの撮影時に感じた恐怖心を今も鮮明に記憶していると話す。河那さんは「慰安婦」ハルモニを演じたことによって、教科書では知ることのできないハルモニたちの生について学び、深く考えるようになったという。「これからも無関心にならず、この問題についてひたむきに学んでいきたい」と話した。

また河那さんは、「私を通して南の共演者やスタッフたちが、ウリハッキョの存在を知り、ウリハッキョが素晴らしい学校だということをわかってくれたことがうれしい」と笑顔を見せた。

「河那は並々ならぬ想像力と集中力で『慰安婦』役に挑んだ」と涙を拭いながら話すのは、河那さんのオモニ金民樹さん(劇団タルオルム代表)。自身は「慰安所」を管理する日本人女性を演じた。「映画は人々の目に触れて初めて作品としての意味を成す。どれだけたくさんの人に観てもらえるか、これからが本当のたたかいだ」と話した。

民樹さんによると、オーストラリアや中国をはじめ、海外からも上映オファーがきているという。

奇しくも日本軍性奴隷制をめぐる南朝鮮と日本政府による合意が波紋を呼ぶ昨今、映画は封切られた。性奴隷制の被害実体を視覚化した注目作が、南社会に、また、全世界にどれほどの衝撃を与えるかが注目される。

(金淑美)

以上、アベシンゾーとクネ姐による青天の霹靂合意で衝撃を受けた北朝鮮メディアよりお届けしました。

【関連エントリー】
20万人朝鮮少女を生きたまま焼き殺し続ける日帝から拉致被害者を救出した朝鮮独立軍史実を描いた歴史映画「鬼郷」に全米が泣いた
【朝鮮独立軍】在日による共和国のための韓国歴史映画「鬼郷」 記者「どこが史実なの?」 監督「この映画が文化的証拠だ!」

韓国の米軍慰安婦はなぜ生まれたのか―「中立派」文化人類学者による告発と弁明韓国の米軍慰安婦はなぜ生まれたのか―「中立派」文化人類学者による告発と弁明
崔 吉城

ハート出版 2014-12-19
売り上げランキング : 74716

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
真実 私は「捏造記者」ではない真実 私は「捏造記者」ではない
植村 隆

岩波書店 2016-02-27
売り上げランキング : 253114

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
効いてる効いてるってやつですね
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年02月24日 16:08
売春婦のでっち上げ話が映画になるとは、まったくもって胸熱ですわw
制作に関わった馬鹿は末代までの恥ですな。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年02月24日 16:56
憲法九条守って国が滅ぶのが先か、
慰安婦オモニ守って国が滅ぶのが先か、
反日反米で国が滅ぶのが先か、、、

アジア唯一の先進国家がこの集団に飲み込まれているとは(泣)

Posted by 名無しさんは朝鮮戦争慰安婦に苦しんでいます at 2016年02月24日 17:32
上トンスランド肝いりの在日劇団。制裁対象のはずですが、下手に手を出せないし、シンゾーは放置かな。
敵国の情宣活動に対し、昨年末に合意したクネちんはどう対処するの?人治国家なんだから監督タイーホok だと思いますけどw
Posted by ヤマ at 2016年02月24日 18:41
意識高い系に関連するタイプの映画雑誌ですらアンジェリーナおばさんの例の映画について日本を無理矢理悪者にするなんて許せない(意訳‥というメールを受けている状況になってもまだ頑張るニダ宣言(白目
>どれほどの衝撃
とりあえず日本公開してみてどうぞ(煽
最近の半島ステマ復活を叩き潰せるので決して止めませんよ。
Posted by 五月雨祭 at 2016年02月24日 21:31
>姜河那さんをはじめ多数の在日同胞も出演している。

これで在日と仲良くって言われてもね
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年02月24日 21:47
 戦時下の性暴力ってのは、今現在も起こっているので対処するべきだとは思うが、軍人相手の性サービス = 全て性暴力ではないんだが・・・むしろ、管理された性サービス機関があれば、戦時下の性暴力や性被害は防げると思うんだがなぁ・・・何で用済みになったら焼き殺されるのに、自称従軍慰安婦のババアは生きているんだ??
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年02月25日 04:08
勉強になりました。
私は日韓合意に肯定的ですが、
合意により、さらなる嘘八百が言いやすくなった気もします。
韓国政府からの工作活動費が増えたらしいとの噂も聞きましたが、
これからどうなっていくのでしょう、心配です。
ジャパンバッシングに金を出したい連中はいくらでもいるでしょうから。

しかし、イアンフ像→少女像、従軍イアンフ→性奴隷との呼称変更は
敵ながらあっぱれとも思います。これならいくらでも使えます。
日本の外務省をうまく利用していると思える点も見事です。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年02月25日 14:00
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。