2015年10月20日

【子宮頸がんワクチン禍】ある医大の小児科教授は溜息をつく。メディアで騒いでいる症例の多くはいわゆるアルプスの少女ハイジの「クララ病」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女とその母たち
子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女とその母たち

三原じゅん子先生らの尽力虚しく、日本列島からほぼ駆逐された感も否めない「子宮頸がんワクチン」でして、報道番組で繰り返し流される接種禍少女の痛々しい映像が科学的知識を持たない思春期の娘を抱える親御さんの悶々とした異論をすべて塞ぐ形で完全タブー化。ここが「放射脳」との大きな違い。

とはいえ、元は小沢サマナが垂れ流すデジタル流言蜚語に過ぎないモノだったのに上述「被害少女」が現れ、報道ステーションら反自民なら何でも喰い付くゴシップメディアが小躍りし、人権屋が喜び庭駆けまわり。つまり地球市民、左翼メディア、似非科学者、人権屋が担いだ神輿というのが、当ブログ界隈から見た流れ。
マジキチ地球市民が大挙し「サーバリックス子宮頸がんワクチンによる民族浄化動画」をRTする反イルミナティ抗議運動勃発
「子宮頸がんワクチンはイルミナティによる民族滅亡計画なのだ!」怒れる放射脳民に対しブログ「うさうさメモ」さんが孤独な戦いを開始

あの激しいけいれんは本当に子宮頸がんワクチンの副反応なのか 日本発「薬害騒動」の真相(前篇) WEDGE Infinity(ウェッジ)

「いずれもこの年齢の少女たちによく見られる症例ですね」

 ある冊子に記載された患者たちの症状や経過だけを見た場合、どういう考えを持つかという質問に対し、複数の小児科医・神経内科医・精神科医から寄せられた回答である。ひとつひとつの症例についてコメントや解説をつけてくれた医師もいた。

 この冊子は全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会・薬害対策弁護士連絡会・薬害オンブズパースン会議の3団体が昨年5月末に出版した「子宮頸がんワクチン副反応被害報告集」。弁護士が“被害者”本人およびその保護者に聴取した内容を記したものだ。

 今年に入ってから“被害者”に関するいくつかの書籍も出版されている。“被害者”の少女たちの症状は実に多彩だが、特に神経疾患を思わせる症状についての記述はどれも強烈だ。繰り返し起きる手足や全身のけいれん、「自分の意志とは無関係に起きる」という不随意運動、歩けない、階段が登れない、時計が読めない、計算ができない、そして、ついには母親の名前すら分からなくなった……。

 いずれも「ワクチンのせいだ」と思って読めば、読者は絶句し、ワクチンへの恐怖心を募らせるに違いない。

 しかも、“被害者”はなぜか「元気でやりたいことのたくさんあった、学校でもリーダー的役割を担っていた少女」ばかり。部活の部長、副部長、キャプテン、副キャプテン、生徒会長、コンクールで優勝した……。小さいころからスポーツや楽器などの習い事を続けてきた子も多い。その子供たちが「やりたかったことを実現するための未来をワクチンに奪われた」。

 去る9月17日、専門家らによる厚生労働省のワクチン副反応検討部会が行われた。子宮頸がんワクチンについて議論したのは1年2カ月ぶり。

 部会は今回も「ワクチンによる重篤な副反応の多くは心的なものが引き起こす身体の症状」との見解は覆さなかったが、「積極的な接種勧奨の差し控え」という奇妙な日本語の判断も継続するとした。差し控えにより接種率はかつての7割から数%にまで落ち込んでいる。

(中略)

 医師はこれが脳や神経の病気ではなく、心因性のものであることを伝えた。ところが、母親は喜ぶどころか顔色を変えて言った。「これだけのけいれんがあるのに、また心の問題に過ぎないって言うんですか? この子に何の問題があるって言うんです。うちは家族も仲がいいし、この子は友達も多く学校でも元気にやっていたのに……」。

 少女の症状を説明するのも母親なら医師の説明に応じるのも母親だ。中学生や高校生と言えば自分の症状を説明するには十分な年齢だが、体調不良の原因をワクチンだと疑って受診する母娘では母親が前面に出てくるケースが多い。

 「偽発作(Pseudo seizure)というんですが、心の葛藤やストレスが引き金となって手足をばたつかせたり全身をくねらせたりと、けいれんのような動きを見せる患者さんがいます。私が勤めていた頃も“けいれんは伝染する”と言いましたよ。決して詐病というわけではないのですが、一人がけいれんすると同じ部屋の子供は真似して皆似たような動きをする。隣の部屋でも同じことが起きて、部屋ごとに別々のけいれんが流行するんです」。ワクチン導入以前に、神経疾患や重症の心身障害の患者が全国から集まる専門病院に勤務していた小児科医は言った。

元々たくさんいた「アルプスの少女ハイジ」のクララ

 こうした症状が、大人にとってトラブルの少ないいわゆる「いい子」に多く見られるのは、決して不思議なことではない。背景には「過剰適応」と呼ばれる精神状態がある。期待に応えたいという思いや認められたいという思いが強く、自分の欲求や不満を適切に言葉で表現することが出来ない少女たちは自覚のあるなしにかかわらず、身体でそれを表現することもあるのだ。

 「メディアで騒いでいる症例の多くは、いわゆる、クララ病。『アルプスの少女ハイジ』にクララという車椅子に乗った綺麗な女の子が出てきますよね。病気だから学校には行かれないが、お金持ちだから家庭教師が勉強をみている。親は仕事が忙しく不在で、学校に行っていないから友達もいない。恵まれているように見えるのに孤独です。それがハイジに出会って立てるようになる。『うちの子は何の問題もない』と言ってくる親もいますが、思春期に問題も悩みもない子供なんていたらそっちの方がおかしいでしょ」。ある医大の小児科教授は溜息をつく。

 「これだけマスコミが騒げば、ワクチンはいいきっかけになります。親への不満を直接ぶつけられなくとも、他者に矛先が向かうのであれば本人も安全です。でも、本人にもご家族にも表だってそうとは言えませんよね……」

(後略)

熟女好きなので女子中学生や女子高生のお母さん知り合いが沢山いますが、数年前までほぼ100%の子供たちが「子宮頸がんワクチン」接種したにも拘らず、クラスや学年、塾で会う他校の生徒さん情報でも体調不良になった例は聞いたことないとみな異口同音に申していますし(当時は確か中3の終わりまでが無料接種可だったっけ?)、逆に今は報道ステーションが怖い怖いと煽るので予防接種は絶対させないと、子供の年令によって極端から極端な話を聞きます。但しいずれも共通して言えるのは、周りに体調を崩した実例はない。情報はテレビによる危険告知。

素人でも分かることですが予防接種に一定のリスクがある事は承知しています。仮に副作用が生じたならそれは母数何名に接種し、副作用が何名に発症したのか?ですら信頼性ある数値は見たことなく、反対運動している団体はお世辞にも科学的とは言えず、テレビでは古舘伊知郎が悲痛な顔で「とんでもないことです」と呟き、日ごろテレビバカにしている連中まで真に受け、ネットでは集団ヒステリー状態でイデオロギー化。

一般的にクララが立ったといえば面前平和断么九ですが、これは数少ない地球市民大勝利案件かもしれませんね。素人は黙れ!と怒鳴られたら何も言えない。
子宮頸がん予防ワクチンQ&A|厚生労働省

【続きエントリー】
【子宮頸がんワクチン禍】「副作用」で苦しむ少女に群がるカルト宗教、高額サプリ、オカルト民間治療

子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女とその母たち子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女とその母たち
黒川 祥子

集英社 2015-06-26
売り上げランキング : 214173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
子宮頸がんワクチン事件子宮頸がんワクチン事件
斎藤 貴男

集英社インターナショナル 2015-04-24
売り上げランキング : 182952

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
こんなにあぶない子宮頸がんワクチン 少女たちの体を守るために  (合同ブックレット)こんなにあぶない子宮頸がんワクチン 少女たちの体を守るために (合同ブックレット)
安田 美絵 佐藤 荘太郎

合同出版 2013-08-20
売り上げランキング : 343747

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
 私は婦人科でも小児科でもない科の医師だが、娘の頸癌ワクチン接種で起きたことを書く。
 とある土曜日午後、近くの婦人科開業医でワクチン接種を受けさせたところ、数時間後から少しムカムカすると言い始めた。病院に行くほどのことはない症状だったので、そのまま様子を見ていたが、翌朝トイレで突然意識を失なって倒れた。血圧も呼吸も問題なかったし、もうろうとしてはいたが受け答えはなんとかできたので、ふとんを引いて寝かせたあと、さあどうしたものかと考えた。今日は日曜なので接種を受けた近くの婦人科は閉まっている。そもそも意識障害の患者を診る能力はないだろう。後輩に手配させて大学病院の救急を受診するか? しかしどうせ頸癌ワクチン副反応に詳しくない婦人科以外の若い医師が診ることになるだろう。(つづく)
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年10月20日 23:21
 そこで、そもそもこのような頸癌ワクチン接種による(と思われる)副反応が起こった場合、どこに連絡してどこに連れて行くことになっているのか調べ始めた。ワクチン接種時のパンフレットを見た。インターネットで検索した。ところがそのような患者の相談を受け付けて、受診すべき医療機関を紹介する仕組みは全くなかった(勝手にどこでも受診しろということだ)。
 当然、接種患者から事後に有害事象を聞き取って統計を取る仕組みも全くなかった(現在は知らない)。(つづく)
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年10月20日 23:22
 その後数時間して娘の意識は完全に回復し、神経症状も生じていなかったため、一過性の症状と判断して結局どこにも受診しなかった。後遺症も残っていない。結果はオーライなのだが疑問が残った。これまで行ったことがないワクチン接種を大規模に行うのに、副反応の頻度や症状をきめ細かく記録する仕組みをなぜ作っていないのかと。ちゃんとした記録を残す仕組みがなかったから、ワクチン全てを陰謀論で否定する輩につけこまれるのだ。どんな医療にもリスクはある。問題は頻度と重症度だ。これが明瞭でないので得体のしれない恐怖感を払拭することができない。厚労省も婦人科のお偉いさんたちも、事を甘くみていたとしか思えない。(終わり)
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年10月20日 23:22
子宮頸癌って実質性病でしょ?
癌を怖れてワクチン打つ前に貞操を守らせないとどうせ他の病気にかかるよ。その次はコンドーム。
役所が自信持てないようなワクチン打つ前にやるべきことがある。
Posted by aikobros at 2015年10月20日 23:41
そんなに安全安全言うなら、まず全国の推進派野お医者やらの子供さんに、子宮頸がんワクチンを率先して打ったらいいと思うが。安全性は実証され子宮頸ガンは予防出来るんでしょ?
Posted by あ at 2015年10月21日 00:17
そうなのよね、頸癌は性交回数が多ければ細胞診のやばさが上がるという感じ。低年齢から、例えば内田春菊みたいに中学校から機会を多く持てば結果はグレーから黒になる。性的虐待を受けていた子も検査結果ぎ悪い。
うちの周りでは受けさせてる人いなかったよ、胡散臭いって。
Posted by 名無し at 2015年10月21日 00:20
これって成人した女性でも(子供産んだことある女性でも)副反応は非常に重篤に現れます。  頭痛。ひっきりなしらしい。  それと遠く離れた外国でも日本人ハーフの子が半年以上 視野狭窄みたいな神経症状で首までの痛みで学校行けてなかったんだけど。  
そこでは親には同意書(申し込み書)がきて、いかにこれからふしだらになるであろう我が子に必要なワクチンかが書いてあり、風反応については全く書いてない。  で、接種して出てくるときに、医師、看護師に特に現時点で気分悪くないかなどの問診。 何もなければ白い紙をもらう。  それにちゃんと書いてあるんだよね。副反応の話。   ね?接種し終わってから親が知ることになる。
怖いねーーーーーーーー!
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年10月21日 00:23
医師会・製薬業界 vs 親北反米テレ朝・日弁連
Posted by んんー at 2015年10月21日 00:36
 この件は少し怖い気がします。小さな女の子への接種は不要な直感。疫学的?にも定まっていないのでしょう?厚労行政のミス?医薬の利益?薬害?
 異論を許さない極端な議論が力を持つ現象は確かにいわゆるほうしゃのうチック。でも、中にはほんとに深刻なくららもいるのかも。。。
 テレビの被害者さんは女優さんみたい。C型肝炎運動が生み出したように、完全治癒して女の幸せ、キュートな議員さんが誕生するのかな。
 でも、光の当たらない被害者は、お金もなく、基本的健康を奪われ、女優にも議員にもなれず、泣き寝入りしているのかも。ですから、問題はBOB様指摘のように、これを慰安婦的な商売にして、本物の弱者が救済されなくなることなのでしょうね。それは絶対、許されない。それを考えるとBOB様のお怒り、ごもっともです。
 新たな左翼利権化、倒閣運動のネタにならないよう、ウォッチすべきですね。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年10月21日 01:11
子宮頸癌なんて普通の生活してる人間にはメジャーな病気じゃないしなぁ
それこそフリーセックスとか肛門やらそっちの方面の人こそ
気を付けなきゃいけないもんでしょw親がまともな教育してれば
年端もいかない娘がそう簡単に誰にでも股開くわけでもなし
むしろAKBやらアイドルやらで芸能界に何も知らない子娘を送り込んで
身体を売る事を拒めないようにしてる日本社会の方が問題でしょ
予防接種とか以前じゃないですかねw
ぶっちゃけ医者もこういうワクチン売り物にするために実質
副作用の観察やら人体実験奨励してるようなもんでしょ?w
打ちたい奴は勝手に打っとけばって感じですわ
「そういう病気にかかる不安ややましい生活習慣がある」んでしょうから
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年10月21日 02:11
ひとんちのコメ欄で連投するアカ
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年10月21日 03:09
「Autoimmune/inflammatory syndrome induced by adjuvants (ASIA)2013: Unveiling the pathogenic, clinical and diagnostic aspects」
という論文をぐぐって(すぐ出てきます)の中段「11. HPV」を読んでもらえますか?英文ですけど。
HPVワクチンについては、ワクチンの効果を増幅させるアジュバントを使いすぎていることから来る自己免疫疾患である可能性が大で、これは、劣化ウランが原因ではないかと言われてきた湾岸戦争症候群についてもその原因として説得力をもつものです。(兵士は風土病予防のため、多種多量のワクチンを短期間に接種させられた)
いずれにせよ、私は英文も含めて、症例をだいぶ調べましたが、これについては地球市民の陰謀と切って捨てる気にはなりません。
Posted by かろかろ at 2015年10月21日 08:18
誰も切って捨てていない。
陰謀論じゃなくノイズが大き過ぎる=冷静さを失したヒステリー状態=最新情報すら可視化されていない。
Posted by bob at 2015年10月21日 08:28
いきなりクララちゃんの親が出てきたりして、コメント欄も混沌としておりますなw

神経症状って、肯定も否定もしにくいので扱いが難しそう。
それでも調査とデータ公開は必須かと。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年10月21日 10:09
1コメをクララだアカだと罵っている方々、1の方の書きたかった要点は

>これまで行ったことがないワクチン接種を大規模に行うのに、副反応の頻度や症状をきめ細かく記録する仕組みをなぜ作っていないのか

ここではないの?
煽る前に最後までちゃんと読んだのかしら。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年10月21日 10:27
>煽る前に最後までちゃんと読んだのかしら。

読んでるよ。だから、調査とデータ公開は必須だと言ってるでしょ。
そもそも煽ってなんかいないしw
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年10月21日 10:49
データ? 無理だね。日本はホットラインを国が作っていない。誰がどこに言えばいいかもわからない。それにたった8年の歴史で副作用の全貌なんか見えないしね。 一度の接種で免疫獲得率50% その持続期間8年ぐらい 副作用「未知」
ってデータくらいじゃない?出てきてるの。
通常の人体の防御システムを介さず入り込んだ異物が何を起こすか人類はまだわかってない段階。 2年前に相談を受けた人の例。
いたって健康、病院にお世話になったのは捻挫くらい。 その子がある日突然意識を失って 数時間眠り続ける。で前後の記憶が曖昧。突然学校で起きたことなので周りも心配し直大学病院でもあらゆる検査。原因不明。 突然の眠りの後は一週間学校に行けないくらい「疲れた」という。 意識無くならずにただ単に音に敏感になり過ぎて人混みも怖いということもある。 原因不明のまま2年が過ぎた。ホルモンの異常かもと言われ検査も結果は正常。 当時(約2年前)「4ヶ月前に頸癌ワクチンを打った時に丸3日腕が上がらなかったくらいで本当に健康でした」とお母さんが話していた。 もちろん関連してると判断できない。
日本では副反応であろう共通の症状が1年後に出たりするそうですね。声を挙げても誰にも届かないというのが 世界共通の現状じゃないでしょうか。
安全と信じる親は受けさせればいい。 情報はいくらでもあるんだから。

Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年10月21日 15:03
皆さん実態を知らないのかな。
自分で知る努力をしないとダメよんよんよん。
ヒトパピローマウイルスが出てこないのは、どういう事や。


これは尖圭コンジロームが原因なんですね。
だからブツブツのチンコがが悪いのだ。
この原因はヒトパピローマウイルスなのです。

子宮頸がんワクチンは2種類のヒトパピローマウイルスに効くように出来ているが効果は製薬会社公表では6割ほどらしい。
それも数年で効果は切れるらしい。

子宮頸がんの患者は年間1万数千人のようなので子宮頸がんになるリスクよりワクチンの副反応のリスクのほうが高ければ意味は無いのだ。
まあ必要なのは高級ソープ嬢やタレントになりそうな娘さんかな。

世の中リスクがすべてよね。
娘さんよく聞けよ。汚いチンポの男には惚れるなよ。

See You

Posted by おそ松さん at 2015年10月21日 15:32
やれやれw
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年10月21日 18:56
2013.4定期接種開始、2014年8月までに?接種後に重い症状が出た約2600人中1739人の多くは症状が出て7日以内に回復していたが、186人は未回復のまま。海外でも、接種後に体の痛みなどの重い症状が出る報告はあるが、日本の10万接種当たり1.1件に対し、米国、韓国では0.1件、英国は軽症を入れても0.6件。報告基準が違い一概に比較できないが、日本の頻度は高い。
www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=124112
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年10月22日 11:55
この件に関しては日本人らしさが良くも悪くも出ていると言えますね(※欄を含めて
一人の「被害者」絵面という宦官には科学的見地という諫言は負け続ける‥最近で言えば難民の某写真とかね。
結果どうなるか政治で散々体験しといてまた間違えるのか(呆
積極的に受けろとは言わんけど情治からは脱却しよう(提案
Posted by 五月雨祭 at 2015年10月22日 20:51
だとしたらワクチンのメリットもデータ足り名よねって話になるんだけどね。
そもそも、このワクチンが効く症例がそもそも日本人にはすくないって点がみすごされてるのがおかしいし。
朝日がさわいだから是非が覆るなんてことはおれはしない。
Posted by う〜ん at 2015年10月25日 03:14
同じ事をあちこちに連続書き込みしている人は狂信者。

検索すれば文章で同一箇所が複数見つかるので、無視。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2016年06月30日 01:37
  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。