2015年09月15日

【映画評】さよなら、人類

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence [UK import, region 2 PAL format]
A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence [UK import, region 2 PAL format]

スウェーデン映画。
次回アカデミー外国語映画賞にもエントリーされています。
Sweden sends Andersson to the Oscars for the fourth time - Cineuropa
鬼才ロイ・アンダーソンによる第71回ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞作品だそうですが昭和のコメディーを今観ているみたいで、何が面白いのかさっぱり分からん。

映画「さよなら、人類」オフィシャルサイト

イントロダクション
2014年のヴェネチア――金獅子を受賞したのは、スウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督の『さよなら、人類』だった。「ヴェネチア史上最高の映画!」(ポジティブ誌)、「映画史に名を刻む傑作!」(エル・ムンド紙)など、批評家たちから最も支持され、審査員長を務めた作曲家アレクサンドル・デスプラ(『英国王のスピーチ』『グランド・ブダペスト・ホテル』)は、「哲学的で詩的、それでいて人間的作品だ。驚き、感動、衝撃。私たちが求めていたこれら全てを与えてくれたのは『さよなら、人類』だけだった」とコメントし、絶賛を贈った。

ストーリー
面白グッズを売り歩くセールスマンコンビ、サムとヨナタンが物語の中心となり、さまざまな人生を目撃する。サムとヨナタンの目を通して映し出されるのは、人類の現在、人類の過去、人類の未来。時代が移り変わっても、人間の本質はそれほど変わらない。喜びと悲しみ、希望と絶望、ユーモアと恐怖を、哲学的視点をスパイスにしてブラックな笑いに包み込む。人間であるがゆえの愚かさ、滑稽さ、哀愁、脆さを苦みとそこはかとない可笑しみ持って描きだす傑作。観る者は、作品の中に、自分と同じ誰かを見つけ出すに違いない。

面白く観るための7つの事柄
〈Studio24〉とは、ロイ・アンダーソンが所有する制作スタジオ。ストックホルム中心部のロイヤルシアターから200メートル離れた場所に所有していた天井の高さが6メートルもあるビル(もともと電報局だった)を、制作スタジオとして改築。2つの防音スタジオ、2つの編集室、1つの音声編集スタジオ、1つのサウンドミックススタジオに加え、何千もの衣裳のストックと数々のセットがある。現在、そのワークスペースは隣接するビルまで広がり、年を追うごとに大きくなっている。『さよなら、人類』の全39シーンの中に、野外撮影は一切ない。CG全盛の時代にCGをほぼ使わず、スタジオ<Studio24>に巨大なセットを組み、ミニチュアの建物やマットペイント(背景画)を多用、目を凝らしても気づかないほどのリアルな街並を再現し、そこに膨大なエキストラ、馬を登場させるなど、想像を遥かに超えた撮影スタイルで壮大なアナログ巨編を完成させた。

ハリウッド映画は、1作品に数えきれないほどのスタッフが関わっているが、ロイ・アンダーソンの場合、人手が必要な時に臨時スタッフが増えることはあっても、常勤スタッフはたったの10人!ロイ・アンダーソンのビジュアルスタイルを学び、さらに発展させるのに理想的な人数として、どんなに大掛かりな撮影でも10人で行っている。

製作が始まる前に、ロイ・アンダーソンは映画に登場すると思う順番にスケッチやドローイングを壁に貼り付けていく、 これがメインの“脚本”となり、これまで完全な脚本は存在したことがない。撮影が始まると撮り終ったシーンの スチール写真とドローイングを取り替えていき、最終的に、その壁を使って映画を“編集”する。

ロイ・アンダーソンの場合、脚本が会議室の壁ということもあり、映画がどんな内容になるのか名言しないため、資金集めは非常に困難を伴う。また撮影期間が非常に長いため、『散歩する惑星』、『愛おしき隣人』の撮影中には、資金が底をつき、コマーシャルの仕事をしなくてはならなかったが、今回、4年という長期撮影の間、他の仕事は一切せず、『さよなら、人類』だけに集中することができた。

サムとヨナタンが面白グッズを売っているという設定は、ロイ・アンダーソン自身の家族が物を売っていたことからきており、「セールスマンでいるのは普遍的なことで、私自身もセールスマンだし、皆がそうだと思う」と語っている。立寄ったバーで働く青年に言い寄る国王カール12世は、実はスウェーデンでは真のマッチョな男だとみなされている。

ロイ・アンダーソンは、エドワード・ホッパーなど多数の画家から影響を受けており、『さよなら、人類』の製作にあたり、最も重要な画家として、オットー・ディクス、ゲオルグ・ショルツ、ピーテル・ブリューゲル、イリヤ・レーピンの名を挙げている。例えば、ピーテル・ブリューゲルの「雪中の狩人」からは、裸の木々に4匹の鳥がとまり、眼下の人々の営みをもの珍しそうに眺め、鳥が思案しているようにみえることがインスピレーションとなっている。映画からは時折、鳥の鳴き声が聴こえてくる。

ロイ・アンダーソンは、『愛おしき隣人』を製作していた頃に、前作の『散歩する惑星』を含め“人間に関連する”3本の映画ができるとのではないかと気づき、人間をテーマにした“リビング・トリロジー”として『散歩する惑星』、『愛おしき隣人』に続き、最終章『さよなら、人類』を製作した。






駅のシーンがマットペインティングというのは驚きですが、だから何だという感じ。外で録ればいいやん。固定カメラワンカットも亦然り。小手先以前に話が面白くない。という感想です。

満足度(5点満点)
☆☆

散歩する惑星 愛蔵版 [DVD]散歩する惑星 愛蔵版 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント 2003-11-28
売り上げランキング : 93764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
愛おしき隣人 [DVD]愛おしき隣人 [DVD]

Happinet(SB)(D) 2008-11-28
売り上げランキング : 55721

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)映画 
Edit








  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。