2015年01月21日

【ISIS】「特定勢力を害する政策をやればテロが起こるからやめろ。という議論は剥き出しの暴力を行使する者の意が通る社会になる」池内恵 東大准教授が辛淑玉&しばき隊一派を牽制

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

イスラーム国の衝撃 (文春新書 1013)
イスラーム国の衝撃 (文春新書 1013)

その背景にあるのは「印象操作」「想像力の欠如」「無邪気」なんですが、鬼の首を獲ったと騒いでいるだけの赤い貴族クラスタが「アベシンゾー死ね」「辺野古」「反原発」「在日ヘイト」「慰安婦」「特定秘密」に続くプラカードを見つけた!だけの様な。





「イスラーム国」による日本人人質殺害予告について:メディアの皆様へ - 中東・イスラーム学の風姿花伝

*今回の殺害予告・身代金要求では、日本の中東諸国への経済援助をもって十字軍の一部でありジハードの対象であると明確に主張し、行動に移している。これは従来からも潜在的にはそのようにみなされていたと考えられるが、今回のように日本の対中東経済支援のみを特定して問題視した事例は少なかった。

*2億ドルという巨額の身代金が実際に支払われると犯人側が考えているとは思えない。日本が中東諸国に経済支援した額をもって象徴的に掲げているだけだろう。

*アラブ諸国では日本は「金だけ」と見られており、法外な額を身代金として突きつけるのは、「日本から取れるものなど金以外にない」という侮りの感情を表している。これはアラブ諸国でしばしば政府側の人間すらも露骨に表出させる感情であるため、根が深い。

*「集団的自衛権」とは無関係である。そもそも集団的自衛権と個別的自衛権の区別が議論されるのは日本だけである。現在日本が行っており、今回の安倍首相の中東訪問で再確認された経済援助は、従来から行われてきた中東諸国の経済開発、安定化、テロ対策、難民支援への資金供与となんら変わりなく、もちろん集団的・個別的自衛権のいずれとも関係がなく、関係があると受け止められる報道は現地にも国際メディアにもない。今回の安倍首相の中東訪問によって日本側には従来からの対中東政策に変更はないし、変更がなされたとも現地で受け止められていない。

そうであれば、従来から行われてきた経済支援そのものが、「イスラーム国」等のグローバル・ジハードのイデオロギーを護持する集団からは、「欧米の支配に与する」ものとみられており、潜在的にはジハードの対象となっていたのが、今回の首相歴訪というタイミングで政治的に提起されたと考えらえれる。

安倍首相が中東歴訪をして政策変更をしたからテロが行われたのではなく、単に首相が訪問して注目を集めたタイミングを狙って、従来から拘束されていた人質の殺害が予告されたという事実関係を、疎かにして議論してはならない。

「イスラーム国」側の宣伝に無意識に乗り、「安倍政権批判」という政治目的のために、あたかも日本が政策変更を行っているかのように論じ、それが故にテロを誘発したと主張して、結果的にテロを正当化する議論が日本側に出てくるならば、少なくともそれがテロの暴力を政治目的に利用した議論だということは周知されなければならない。

「特定の勢力の気分を害する政策をやればテロが起こるからやめろ」という議論が成り立つなら、民主政治も主権国家も成り立たない。ただ剥き出しの暴力を行使するものの意が通る社会になる。今回の件で、「イスラーム国を刺激した」ことを非難する論調を提示する者が出てきた場合、そのような暴力が勝つ社会にしたいのですかと問いたい。

*テロに怯えて「政策を変更した」「政策を変更したと思われる行動を行った」「政策を変更しようと主張する勢力が社会の中に多くいたと認識された」事実があれば、次のテロを誘発する。日本は軍事的な報復を行わないことが明白な国であるため、テロリストにとっては、テロを行うことへの閾値は低いが、テロを行なって得られる軍事的効果がないためメリットも薄い国だった。つまりテロリストにとって日本は標的としてロー・リスクではあるがロー・リターンの国だった。

しかしテロリスト側が中東諸国への経済支援まで正当なテロの対象であると主張しているのが今回の殺害予告の特徴であり、重大な要素である。それが日本国民に広く受け入れられるか、日本の政策になんらかの影響を与えたとみなされた場合は、今後テロの危険性は極めて高くなる。日本をテロの対象とすることがロー・リスクであるとともに、経済的に、あるいは外交姿勢を変えさせて欧米側陣営に象徴的な足並みの乱れを生じさせる、ハイ・リターンの国であることが明白になるからだ。

*「イスラエルに行ったからテロの対象になった」といった、日本社会に無自覚に存在する「村八分」の感覚とないまぜになった反ユダヤ主義の発言が、もし国際的に伝われば、先進国の一員としての日本の地位が疑われるとともに、揺さぶりに負けて原則を曲げる、先進国の中の最も脆弱な鎖と認識され、度重なるテロとその脅迫に怯えることになるだろう。

特に従来からの政策に変更を加えていない今回の訪問を理由に、「中東を訪問して各国政権と友好関係を結んだ」「イスラエル訪問をした」というだけをもって「テロの対象になって当然、責任はアベにある」という言論がもし出てくれば、それはテロの暴力の威嚇を背にして自らの政治的立場を通そうとする、極めて悪質なものであることを、理解しなければならない。

イスラーム国の衝撃 (文春新書 1013)イスラーム国の衝撃 (文春新書 1013)
池内 恵

文藝春秋 2015-01-20
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
奴らを通すな!奴らを通すな!
山口 祐二郎

ころから 2013-11-01
売り上げランキング : 481736

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)
辛 淑玉 野中 広務

角川グループパブリッシング 2009-06-10
売り上げランキング : 89777

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
池内ジュニアか。さすがに頭がいいな、この人は。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年01月21日 13:49
情勢の分析を含めつつ、「身代金払え組」をもう少しざっくりと馬鹿にしておられるのが野口哲也さんのブログ「中東の窓」。
「日本人人質のISによる殺害脅迫」というエントリーの中では「(ISは)真面目に身代金を取るつもりとは思えない」とか、「超敗北主義者」とか、騒いでいる連中がほとんどゴミのような扱いです。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年01月21日 15:36
日本人なら、
鰯の頭も信心から。
盗人にも三分の理。
と理解していればいいと思うよ。
Posted by 有田ヘイトヨシフ at 2015年01月21日 15:44
これだな。

>問われているのは「2人の生命か2億ドルか」ではなく、2人の生命か将来の多くの生命かという選択なのだ。by池田信夫
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年01月21日 16:00
しばき隊界隈の異常さが広まれば幸いです
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2015年01月21日 16:06
脊髄反射の方程式が生まれる貴重な瞬間ニダ(棒
>しばき隊界隈の異常さ
何時になったらそれを批判するのでしょうかね秘密情報保護特定アジア支部(マスコミ)は。
こういう連中がネタにならんという脳味噌のクラスタ()どんな作りなんだろうか‥
Posted by 五月雨祭 at 2015年01月21日 17:33
池田恵、正論過ぎ。
バカサヨクどもは犯罪者の暴力が怖いのなら、取り敢えず要求聞いとけってこと?
暴力肯定するんだね、日本のサヨクは。
Posted by 名無し at 2015年01月21日 23:44
そもそもでんな。
日本国憲法第9条っていうのは日米安保条約とセットなんで、9条を遵守する以上、アメリカの対外政策に追従する以外の政策を日本は取れない。
これは現首相が安倍晋三氏だろうが誰だろうが変わらない。
現に民主党政権下の沖縄県の海兵隊基地だって首相ルーピーで外務大臣が、あの岡田克也氏であったにもかかわらず基地移転条件について米国の要求を飲むしかなかった。
で、そのアメリカの対外政策は「テロとは取引しない」だ。
すると論理必然的にアメリカと違う日本の独自の外交政策、例えば「240億円の難民支援をやめる」などといったものですな。
それをしようと思ったら憲法第9条を廃止するよう働きかけるしかない。
Posted by 6号 at 2015年01月23日 09:58
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。