2014年09月04日

【映画評】プロミスト・ランド

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

Promised Land [DVD] [Import]
Promised Land [DVD] [Import]

お客さんの層はハンナ・アーレントと丸被りのような。

映画「プロミスト・ランド」公式サイト


ストーリー
大手エネルギー会社の幹部候補であるスティーヴ(マット・デイモン)は、マッキンリーという農場以外はなにもない田舎町に、仕事のパートナーのスー(フランシス・マクドーマンド)とともにやってくる。
マッキンリーには良質のシェールガスが埋蔵されており、近年の不況に大きな影響を受けた農場主たちから、相場より安く採掘権を買い占めるためだった。
スティーヴは町の財政再建の救世主として迎えられたが、予期せぬ障害に行く手を阻まれる。

採掘に反対する科学教師(ハル・ホルブルック)と環境活動家(ジョン・クラシンスキー)が現れ町の人々を説得、採掘の賛否は住民投票によって決められることになった。さらにスティーヴは仕事への信念と情熱を根本から揺るがすような、衝撃の真実を知ることになり・・・。
ふと訪れた町で、図らずも自分の生き方を見つめ直す必要に迫られるスティーヴ。果たして彼はどんな決断を下すのか?




「ミシシッピー・バーニング」「ファーゴ」「あの頃ペニーレーンと」でお馴染みのフランシス・マクドーマンドさんは御年57だそうで、配役上もお婆ちゃんですね。



という訳で、正直面白くなかったです。劣化版ダラスバイヤーズクラブみたいな感じ。
推進派になり住民を徹底搾取するでもなし、反対派になり企業の欺瞞を暴くでもなし、どん詰まりのアメリカ南部疲弊を掘り下げるでなし、なんかぼんやりした昼行灯みたいな映画でした。

満足度(5点満点)
☆☆

Promised Land [DVD] [Import]Promised Land [DVD] [Import]


売り上げランキング : 18797

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シェールガスの真実―革命か、線香花火か?- (石油通信社新書)シェールガスの真実―革命か、線香花火か?- (石油通信社新書)
藤田和男 吉武惇二 石油通信社

石油通信社 2014-07-14
売り上げランキング : 6288

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)映画 | 環境問題
Edit








コメント
ガス・ヴァン・サント監督はアメリカ版「デスノート」の監督にも内定してるとか。
Posted by 6号 at 2014年09月06日 07:46
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。