2014年09月03日

日露戦争の正体は「竹島」強奪 朝鮮侵略戦争だった!金文子(キム・ムンジャ)先生衝撃の新刊「日露戦争と大韓帝国」がフルスロットル!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

日露戦争と大韓帝国
日露戦争と大韓帝国

「日帝伝説」に新たな1ページが!

奇書「朝鮮王妃殺害と日本人―誰が仕組んで、誰が実行したのか」で世界の度肝を抜いた金文子先生待望の新書!
「司馬史観」傾倒者に怒りの鉄拳を喰らわす「あるべき歴史」衝撃の書だそうです。
そういや先日行った「坂の上の雲ミュージアム」は最悪でした。金返せ。

内容紹介
日露戦争は「祖国防衛戦争だった」と認識している日本人は多い。しかし、日露開戦に向けた戦争準備、開戦当初の軍事行動から、日露戦争が日本の韓国侵略の野心によって、日本によって引き起こされた侵略戦争であったことが見えてくる。

その開戦前後の作戦の中心になったのが、日本海軍の通信戦略であった。
まず、日本海軍が、日露開戦の一ヶ月も前から、本拠地である佐世保から韓国南岸に極秘裏に海底電線を敷設していたこと(第VI章)、日本の最初の武力行使は、連合艦隊の佐世保出港に先駆けて、第三艦隊によって実行された韓国の鎮海湾と電信局の占領であったこと(第VII章)、「日本海海戦」は、無線と有線を組み合わせて朝鮮海峡の戦略的封鎖網を構築した日本海軍のハイテク勝利だったこと(第VIII章)等は、従来の日露戦争研究史に欠落していた部分である。

そしてこれらの日本の軍事行動は、日露両国に対し韓国の戦時中立の保障をもとめ、また世界に向かって日露の紛争に際し「局外中立」を守ることを宣言し、諸外国から承認を得ていた大韓帝国に対する明白な侵略行為であった(第I章)。

日本の軍事力に対抗する軍事力を持てなかった大韓帝国が、国際法に則り日本の不法行為を国際社会に訴え続けていた事実を明らかにした(終章)。

本論に入る前に、序章において日本と韓国の国際通信の歴史を振り返った。これはそのまま日露開戦の前史となるものである。

出版社からのコメント
日露戦争の本は何百冊とあります。現在出回っているものだけでも数十冊はあるでしょう。それらと、本書が決定的に異なるのは、本書が、近年公開された『極秘明治三十七八年海戦史』ほか新史料を綿密に読み込んで書かれたことです。

当ブログ註:「極秘明治三十七八年海戦史」はアジア歴史資料センターにてインターネット無料閲覧できます。「明治37.8年海戦史」で検索。

それにより本書は、日露開戦をめぐる通説に対し、次から次へと修正を迫る結果となりました。副題を「従来の『定説』をくつがえす」とした理由です。

その最大のポイントは、日露開戦の見方です。従来の通説が、日露交渉のもつれから、あるいはロシアの圧力に対して止むを得ず、といった受身的ないしは防衛的なとらえ方だったのに対し、山本権兵衛海軍大臣の主導によって日本側から仕掛けた戦争だったことを、史料の裏付けによって明らかにしたことです。

何よりも驚くのは、日本海軍が当時のハイテクだった電信を、作戦準備・実行の生命線ととらえ、ウラジオストクから朝鮮半島南部、そして長崎へと電信線を敷設させて通信網を整備していたことです。

その上で、ロシアの旅順艦隊を壊滅させたあと、やってくるバルチック艦隊との主戦場については初めから朝鮮海峡に設定し、そのあとウラジオへと向かうに違いない残存艦隊を迎え撃つ第二戦場を、欝陵島とリヤンコ島周辺に設定、そのため日本海海戦の4カ月前、1905年1月、この作戦をより完全なものにする目的で、リヤンコ島を日本領に組み込むことを閣議決定し、名前を「竹島」としたのです。

以上のような史実から見ると、バルチック艦隊の航路をめぐっての論争などあり得ない話ですし、ましてT字型戦法など作り話としか考えられません。

本書にはこうした「定説」修正のほか、これまでの日露戦史には欠落していた韓国(大韓帝国)からの視点が組み込まれています。これにより、日露戦争での日本軍の最初の武力行使が韓国に対してだったことが明らかとなります。

前作『朝鮮王妃殺害と日本人』(2009年)で登場した歴史家による、とくに「司馬史観」に傾倒する人々にとっては画期的な問題作であることに間違いありません。

著者
金 文子(キム・ムンジャ Kim Moonja)
1951年、兵庫県に生まれる。70年、大阪府立北野高等学校卒。79年、奈良女子大学文学部修士課程終了。79年4月から86年3月まで同大学文学部助手。98年4月から現在に至るまで、同大学事務補佐員。
論文等「朴珪寿の実学──地球儀の製作を中心に」(『朝鮮史研究会論文集』17号、1980年3月)「李朝後期科挙制度について──直赴法を中心に」(『研究年報』24号、奈良女子大学文学部、1981年3月)「三・一運動と金允植──独立請願書事件を中心に」(『寧楽史苑』29号、奈良女子大学史学会、1984年3月)

そもそも論としてタイトル。「帝国」の定義を満たしていないのになぜ大韓「帝国」?
これこそが、民族アイデンティティを喪失し彷徨える数多の魂を救済する真のカルト思想「あるべき歴史」を学ぶ出発点です。

日露戦争と大韓帝国日露戦争と大韓帝国
金 文子

高文研 2014-10-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
朝鮮王妃殺害と日本人―誰が仕組んで、誰が実行したのか朝鮮王妃殺害と日本人―誰が仕組んで、誰が実行したのか
金 文子

高文研 2009-02
売り上げランキング : 175930

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎

文藝春秋 1999-01-10
売り上げランキング : 6444

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
「坂の上の雲ミュージアム」は建築物鑑賞するところで
内容を見るところではございません。(安藤忠雄設計)
たしかに金返せレベルです。
松山では路面電車1日券を購入し乗れる市内路線をみんな乗るのが楽しいのです。
そして道後温泉はケチらずに休憩できる券を買い団子食べたり、お風呂二回入ったり上の部屋でだらだらするのが正しい。

車で行ってお子さんが小学生レベルならこどもの城、砥部動物園、愛媛FCの試合と絡めると移動最小限で出費も最小の一日レジャーが完成するのです。
以上岩国に住む僕の松山ガイドでした。
Posted by 名無しのキンペーちゃん☆ at 2014年09月03日 10:45
ま、一応、世界に嘲笑されながらも「帝国」ですし…。
アフリカの某皇帝みたいなもんでしょ。

>日露開戦の見方です。
だーかーらー、
史実を淡々と、が歴史学。
そこ、視点とか思想とか妄想とか混入させない!
Posted by んんー at 2014年09月03日 11:05
朝鮮人は妄想に取り憑かれたウソつき
Posted by 名無しのキンペーちゃん☆ at 2014年09月03日 14:29
朝鮮人従軍慰安婦の強制動員は?

日帝だから、あったのでしょうねぇ・・・
Posted by 名無しのキンペーちゃん☆ at 2014年09月03日 16:34
>金返せ
そもそも実写版の坂の上の雲が感謝の表現の必要があるか思い出してみましょう(提案
Posted by 五月雨祭 at 2014年09月03日 17:45
 日本語の「歴史」は、「史実」だけれど、彼らの「歴史」は、「history」つまり「物語」なんだよ
Posted by 漁師 at 2014年09月03日 18:05
100年前の下水管は7月、市の記念物に指定された

何処でしょう?
Posted by 名無しのキンペーちゃん☆ at 2014年09月03日 19:50
>70年、大阪府立北野高等学校卒。79年、奈良女子大学文学部修士課程終了。
>79年4月から86年3月まで同大学文学部助手。98年4月から現在に至るまで、
>同大学事務補佐員。

高校卒業から修士卒まで9年かかってるのは浪人、留年を重ねたのかな?
せっかく得た助手のポジションを捨てて、12年後に事務補佐員として格下げ
復帰って、いったい何があったんだ?そこんとこの史実が知りたいわw
Posted by 名無しのキンペーちゃん☆ at 2014年09月03日 20:37
確かに。「大韓」の名前を与えたのも日本だというのに「帝国」とはこれいかに。
その「大韓帝国」が当時、日本が持ってたような「ハイテク」を一つも持たずにただ「侵略」されるに任せていた事を文子先生はどう考えるのか。
そしてロシア側の動きについて「侵略」とは言わないそのメンタリティこそが、その当時も戦争を引き起こす原因となった。
バルチック艦隊の行動についてはロシア側にも資料があり詳細に記載されてるというのに何をか言わんや。
こういう事を文子先生に言うのは酷なのかも知れないが、なぜ「朝鮮半島の向こうにあるモノが目的で朝鮮半島はただの通り道。日露のどちらも通り道の確保をしたいだけ。」と考えられないのか。
Posted by 6号 at 2014年09月06日 06:24
  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。