2014年07月11日

【映画評】アンダー・ザ・スキン 種の捕食

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

Under the Skin 北米版 [Blu-ray+UltraViolet][Import]
Under the Skin 北米版 [Blu-ray+UltraViolet][Import]

俺たちのスカヨハが「ドン・ジョン」「her」の次に主演した衝撃の問題作ですが、日本のウィキペディアでは無いモノ扱い、本邦公開もDVDスルーはおろか、あまりのアヴァンギャルドさにDVDすら出ないのでは?というウワサを耳にしたのでフライングしました。

正直、これは興行厳しい。しかし後からジワジワ来る典型作。

スカーレット・ヨハンソン   Wikipedia

Scarlett Johansson   Wikipedia  the free encyclopedia

UNDER THE SKIN

under-the-skin-movie-poster-01


Amazon.co.jp: アンダー・ザ・スキン (BOOK PLUS): ミッシェル フェイバー

姿を消してゆくヒッチハイカーたち。孤独な女ハンターの目的は…?
ヒッチハイカーを見つけたら、まずはあっさりと通過して、その背格好を吟味する。イサーリーが探しているのは、二本足で歩く筋肉隆々の雄。痩せて、貧弱な肉体には用がなかった。車中から男たちを狙う彼女はいったい何者か?身長は…立っても5フィート1インチかそこら、バストの豊かさを自覚している証拠に、胸を強調する襟の広く開いたシャツを着ている。腕は細長く、突き出した肘が瘤みたいだ。灰色がかった茶色の髪はまっすぐ垂れ、妖精を思わせるハート型の顔に、鼻筋の通った小さな鼻と、スーパーモデルのように形のいい唇…。


食欲、性欲を満喫するに能わなかった彼女がようやく手に入れた睡眠欲。木立ちに覆われたその安寧を打ち破る者が現れ・・

スカヨハほとんどセリフ無いし、下腹出てるし、意外と足短いし、マッパだし、ロケットおっぱい凄いし、目を凝らすと陰毛見えてるっぽいし、多分まんこ無さそうだし、無表情さはまさにリアルラブドール・オリエント工業だし、パンツ脱がせる時に腰浮かすし、英語の会話は訛りがひどすぎて全然理解できないし、BGMキモいし、悲壮感漂うスコットランドの町並みや天気が気鬱になるし、当地の自然の湿度が高そうだし、完全抽象的だし、これは凄い。大きなスクリーンで息を潜めて観るべき映画。
最後のアレはスカヨハ?

880853_83e5_1024x2000

仮に本邦公開されたとしても、これは100%単館上映ですね。





満足度(5点満点)
☆☆☆☆

【追記】2014年10月より本邦公開決定しました。



映画『UNDER THE SKIN』公式サイト


この監督さん代表作は皆様ご存知の。



スカヨハは今夏初出産だそうで。



アンダー・ザ・スキン (BOOK PLUS)アンダー・ザ・スキン (BOOK PLUS)
ミッシェル フェイバー Michel Faber

アーティストハウス 2001-12
売り上げランキング : 998636

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Under the Skin 北米版 [Blu-ray+UltraViolet][Import]Under the Skin 北米版 [Blu-ray+UltraViolet][Import]

LIONSGATE
売り上げランキング : 144430

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)映画 | セクシャル
Edit








コメント
わかったようなわからんような…。
ぽっちゃり体型がむしろエロかったと思う。

イングランドじゃなくてスコットランドじゃなかったっけ?寒々しわ。
Posted by 名無しのキンペーちゃん☆ at 2014年07月12日 00:47
> イングランドじゃなくてスコットランドじゃなかったっけ?寒々しわ。

修正しました。
Posted by bob at 2014年07月12日 01:16
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。