2014年05月26日

【カルチャー・マーケティング】「スライム乳のキングスライム化」自称1億円全身改造で凱旋帰国した小向美奈子さん(28)、単身本場に乗り込んだ長谷真理香(まりか)さん(29)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

ネットが味方になるWebマーケティングの授業
ネットが味方になるWebマーケティングの授業

「ポルノスター」って小向さん。マーケティング度外視というかピントが540度ずれていませんか?

期せずつい先日、「ザパニーズ」が跋扈する本場ハードコア界へ単身殴りこんだ非改造人間系の長谷真理香さん(marica hase )と比較せざるを得ませんね。共に本場で凄まじい結果を残している割には全く知られていないという共通点に於いて、業界は違えどまりかさんはオンナ佐藤琢磨だと思っています。

小向美奈子1億円全身改造 スライム乳がキングスライム化
2014年05月26日 08時00分

本紙の直撃に小向は「あら、東スポさん、久しぶりね。私、ナンバーワンになることにしたから…」と語りだした。

(中略)

「私の中に『もっとエロスを追求したい』という抑え切れない欲望が出てきたの。それをより出せる場が欲しかった。ハリウッドに渡ったのも自分を向上させるため。移籍もさらなる表現の場を求めた結果。AV女優ではなく、私はポルノスターになったのよ」

 これまでも妖艶ファックに加え、緊縛やレズなど、かなり激しいプレーに挑んだが、移籍を機にさらにハードなシーンに挑む。「元芸能人は疑似(セックス)だとか、見てくれるファンをだましたくない。米国では本場のポルノスターの心意気を学んできた。何事もオープンで卑屈じゃない。性的にも自分に正直に突き抜けている」

 言葉には出さないものの、新作ではガチンコファックに加えて“アナル解禁”となるのはほぼ間違いない。

 変貌を遂げた小向のボディーも目を見張る。かつて自ら“スライム乳”と称したバストが“キングスライム級”にレベルアップ。ウエストは記者の太ももくらいにくびれている。その秘密を聞くと、すっかり本場の思考回路になった小向は「うん、整形したからね」とあっけらかんと告白した。
「ハリウッドセレブが通うエステでボディーメーキングしたの。それにセレブ専用のファスティング(断食)施設。ひたすら自分との対話。メディテーション(瞑想)ね。とにかく“無”になれた。これまでの私より、精神的にも大人になれた。ポールダンスとかの練習もした。本場のポルノスターは自分のやりたいことを隠さずやる。そういうところが私に合うんだよね」

 ウエスト回りの脂肪を吸引し、それをバストに注入し、断食道場へは数週間通ったという。「胸はJカップぐらいにはなったかな。断食でちょっと小さくなっちゃったけど」と苦笑い。さらには「鼻が小さいのが悩みなんだよね。サングラスがずり落ちちゃうの。でも、マネジャーは『顔はダメ!』って」と顔の整形願望までも明かした。

 しかも、この半年間の“改造費用”はなんと1億円だというからビックリ。その内訳は、米国滞在費はもちろん、本場ポルノスターの実践レッスン代、SP費、これに前出のハリウッドスター御用達の整形クリニック費が加わる。

 AV女優として成功を収めた小向が、そこまでする理由は何なのか。

「これまでの(AVの)歴史を変えたいんだよね」と意気込む。センセーションを巻き起こしたデビュー作「AV女優 小向美奈子」はAV史上に残る20万本という超爆ヒットとなったが、今後はこれを上回る歴史を作りたいのだとか。

 その新生・小向の初陣がAVオープン。初めて他の作品と競う場に自ら身を投じ「一番になれなかったら、引退するから!」という決意だ。

到着ゲートに現れた小向。

爆乳だったらいいのか?という怨嗟の声も聞こえそうです。
例えばベンチマークとして、語学力とアナルを鍛え、ホンモノのハードコア産業に身を投じた上述maricaさん昨日のブログ。

まりかのぶっちぎり清純派 : on set ☆ - ライブドアブログ

おはょー?
ふああい。まだ、身体が
動きません。
昨日、キンクのギャングバングで
疲れちゃって、
帰宅して肉まん食べながら、
寝ていたんだよwwww

で、肉まんって
丸くて可愛いでしょ???
だから、
夢の中で、
天かと思い、
肉まん抱き締めて起きたんだwww

昨日のギャングバングは、
ミッキーやジョンストロング等、
大好きメンバーだったから、
乗り越えたよ!
監督も顔見知りのトニーだったしね。

アメリカの大男何人にも
小さいまりあんぬが
囲まれる様子は、
とても迫力ありました。

お話は彼氏役のミッキーが、
俺の自慢のジャパニーズゴー☆ジャスまりか!
って
ポーカーパーティーで
皆に紹介するの。

で、ハーイ!だーりん♥️♥️
とか
アメリカぽく
皆の前でミッキーとイチャイチャ
してるんだけど…

それは、ミッキーからの罠であった😾😾

みたいな感じです。

あー、
本当に疲れて頭が回らないー。

ママ!
ママがお仕事行ってる間に、
ママのエージェント?の人が
ママのアメリカのファンからの
お花だって、
届けてくれたから、
僕は、お花さんとお留守番いい子
していたよ。

天より!

去年だっけ?東欧で撮影したビデオ見たけどアメリカと違いポルノ撮影規制が緩いのか、首締められたり叩かれたり凄いわ。根性すわっとる。
去年のインタビュー(週プレ)があったのでご紹介。

日本人初『PENTHOUSE PET』に選ばれたAV女優・まりか「アメリカの男優は、指使いがぜんぜんダメ(笑)」

まりか「アメリカの男優は、指使いがぜんぜんダメ(笑)」


彼女こそ「エロの日本人メジャーリーガー」! グラドルからAVに転向し、数々のハードコア作品で名を挙げたAV女優・まりか。

彼女は一年前にさらなる挑戦のために身ひとつで渡米し、数々のポルノ作品に出演。そして今年1月、『PLAYBOY(プレイボーイ)』と並ぶアメリカの老舗成人誌『PENTHOUSE(ペントハウス)』(※1)のグラビアに登場し、『PENTHOUSE PET(ペット)』と呼ばれるスーパースター枠に日本人で初めて選ばれたのだ! 

凱旋を果たした彼女にアメリカポルノ界の“ヤバイ話”を聞いたぞ!



■日本とはまるで違う? 契約社会・アメリカの「ポルノ事情」

――もともと海外進出しようと思った理由は何?

まりか 最初は「アメリカとヨーロッパで10本ずつ撮って日本に帰ってきたらハクもつくし、日本でのAV女優の活動も長続きできるんじゃない?」って程度だったんですよ。まあ、それは大人たちの考えで(笑)。自分としては何でもやってみようっていうのがあったんですけどね。

――ちなみに英語はできたの?

まりか 全然(笑)。「ハイ!」と「ハロー!」と「アイム マリカ!」だけですよ。通訳もいないし。今でも英語力にはあんまり自信がない……。

――それでアメリカのポルノに挑戦って、勇気あるというか無茶すぎるよ! 

まりか 最初はホント大変でしたね〜。驚かされることも多かったです。例えば、アメリカのカリフォルニアで活動を始めようとした矢先、“梅毒”のせいで撮影できなくなっちゃったんですよ!

――梅毒って、性病の……。

まりか そう。有名な男優が梅毒に罹(かか)っているのがわかって、業界全部がストップしたんです。日本だと患者本人とセックスした人たちが仕事を止められるだけですけど、あっちは全員が検査させられるんです。だからアメリカポルノ関係者のツイッターとかを翻訳サイトを通して見て、それを頼りに予防注射受けに行ったりで、大変でした!

――住まいはどうしていた?

まりか カリフォルニアに制作スタッフやエージェント(※)がいっぱい住んでる「ポルノタウン」があるんですよ。その中の、ある監督の家に住ませてもらいました。そこは私以外にもいろんなポルノ関係者が住んでて、空いてる部屋では撮影もしてる(笑)。帰ってきて、たまには自炊しようかとキッチンに行ったら「オゥ、ファ●ク!」って声が聞こえてきて、見たら普通にセックス撮影してたこともありましたね〜。

――やっぱりアメリカだとポルノを撮影するにも、日本とは勝手が違ってたりする?

まりか そうですね〜。アメリカって契約社会じゃないですか。日本だと女優はプロダクションに所属してますけど、アメリカは基本的に個人業者なんで、撮影のたびにすごい量の書類を書かされるんですよ。それも「自分の意志で出演してるか」「○○のプレイは大丈夫か」みたいなのから、「叩かれた跡はいつまで残っていいか」「汚い言葉使っていいか」「イヌ扱いしていいか」とかとにかく細かい(笑)。

――何かあった時に裁判にならないように。

まりか それも録画しながら。でも最初のころは英語わかんなくって、「妊娠してるか?」「精神安定剤を飲んでるか?」って質問に「イエ〜ス」って答えちゃって、ギョッとされました(笑)。

――撮影はどんなペースでやってたの?

まりか 最初のころは毎日で、今は3日に1回とか。でもアメリカは複数人出るオムニバスが中心なので、撮影そのものは早く終わるんですよね。

――日本人ということでやらされる役とか、コスプレが多い、ってのはある?

まりか とりあえず「ジャパニーズローブ(着物)はセクシーだから持ってこい」って言われますね。あとやたらヨガとかさせられます(笑)。しかも日の丸の前で、とか……。あと、最初の頃は英語をしゃべれないってのがあったんで、留学生とかホームステイの役が多かったです。

――まりかちゃんは日本だと潮吹きが見せ場だったけど、アメリカでもジャンジャン吹いてるの?

まりか それがヨーロッパだと潮吹きは人気なんですけど、アメリカではあんまり流行ってなくって。もともとアメリカのポルノって、クンニはあっても手マンは少ないんです。だから、あんまり潮吹きの技術も育たなかったんじゃないかなあ。指使いに関してはあっちの男優は全然ダメだもん(笑)。

――テクニックはAV界のサムライたちが上ということだね。

まりか 私って背面騎乗位で突かれると、絶対に潮吹くんですよ。それを知ってるはずなのに、カメラマンがアソコの正面にカメラを構えるんです。絶対浴びる位置なんだけど、「日本製なら大丈夫でしょ」とか言って。それで潮吹いたら、案の定かかっちゃってカメラも止まって、「あれ? SONYなのにおかしいなあ」とか(笑)。

――バカだなあ、そのアメリカ人!

■目指すは『AVNアワード』!!

――さっき、「アメリカのポルノ女優は個人業者」って言ってたけど、日本のAV女優とは違うところが多いのかな?

まりか そうですね。例えば、アメリカのポルノ女優は移動をほとんど自分の車でしなきゃいけない。私は車を持ってないから、ドライバーを雇ってます。それも自腹で。あと服やバスローブ、あとローションなんかも持参するのが常識なんです。

――日本だとほとんど撮影現場に用意されてますけどね。

まりか 役によっては用意されたりもするけど「気に入ったのでヤリたいじゃない!」ってコが多いんですよ。基本的に自分で何でもしなくちゃいけないんです。撮影後にシャワー浴びる浴びないも本人の自由で、精子で顔カッピカピのまま車に乗って帰るコもいるくらい(笑)。

――超いい女がザー●ンまみれで車に乗ってるってスゴイな!

まりか だから女優は、ホントにエンジョイしてる人しかいないですね。『KINK(キンク)』(※1)ってハードSM系メーカーの作品に初出演したとき、撮影前に「怖いな〜」って言ってたら、それを聞いた共演のコに「なんで怖いのにここにいるの?」って真顔で聞かれました(笑)。

――楽しめないとやってけないぞ、と。あと最初に渡米の話を聞いて思ったのが、「アメリカで日本人のポルノの需要ってあるのか?」ということなんだけど。

まりか 見る人は増えてますね。Asa Akira(アサ・アキラ)という日系アメリカ人のコが今年のAVN(※2)の『Female Performer of the Year(フィーメイルパフォーマー・オブザイヤー)』(※3)を取ったんです。あと、あまり売れなかったアジア系のコが日本風の名前に改名していきなりブレイクしたり。日本人ってだけで好感持ってくれる人が多いのは嬉しいですね。

――『PENTHOUSE PET』に日本人で初めて選ばれたのは、そういう背景もあるのかな。

まりか どうなんでしょうねえ。雑誌とか読むと、『KINK』みたいなハードプレイもやるメーカーにも出れば、『PENTHOUSE』みたいなソフト系にも出るギャップが面白がられてるみたいです。

――4月にはアジア最大のアダルトグッズ見本市・中国国際成人展に『PENTHOUSE PET』として出演し、アジア凱旋を果たしたけど、この先の目標は?

まりか やっぱりポルノ女優の最高の地位である『AVNアワード』ですね。先日のアワードは普通にお客さんとして行ってたんですけど、それでもいろんな関係者に私のことを知っててもらえたんですよ。来年は絶対、ステージの上に立ちたいです!

(取材・文/大坪ケムタ 撮影/高橋定敬)

■まりか 
1984年生まれ。着エロアイドルを経て、2009年にAVデビュー。ハードコア系の作品に数多く出演。2012年にアメリカ進出を果たし、Marica haseとして活躍している。

ついでに、世界のポルノ産業から見た日本と、まりかさんが分かる良記事を要約。(適時畳んでいます)
勘がいい人はK-POPの凋落やJ-POPの課題、マルチカルチャーマーケティングが読み取れるはず。
エロサイトなのでパーマネントリンク除外しています。(タイトルで検索してね)

特集:大躍進のPENTHOUSE PET!AVN、Xbizにダブルノミネート!日本人トップポルノ女優として本場に挑む!Marica(Marika) in USA 決定版130サイト!マスカット通信

marika_us_top04


昨年、ポルノの2大祭典、AVNアワード、XBIZに日本人初!Wノミネートされたまりか。残念ながら、受賞は逃したが、確実にアメリカやユーロ圏でジャポルノ魂を魅せつけ、頑固なポルノフリークを振り向かせた。そんなまりかの「2014年!躍進」がスタートした。当サイトでも、本格参戦からレポートしているが、今年2014年もさらなるパフォーマンスが期待できると、ロス、カリフォルニアのAV関係者らも「Good!Job!」太鼓判を押す。

2012年7月、「How to Train a Delinquent Teen 2」でDVD初披露以降、月に平均2本のペースで現在までコンスタントにリリースされ33本が制作されている。ロスのアダルト関係者は、「十分な数字だ..」と評価。すでにお伝えしているが、アメリカン、ユーロポルノは、スーパースターでも、完全単体の作品はなく、全てオムニバス形式となっている。しかし、構成は、やはり、スーパースターを基軸とし、尺数も長めで公開される。さらに関係者は、DVDパッケージについて「1作品で平均4人程度の女優が出演するのがスタンダードで、そのDVDジャケットに全員がキャッチアップされるわけではなく、スーパースターは当然だが、さらに注目女優や実力派女優などが選定され表紙を飾ることが、女優らのプライドでもあり強いこだわり(Policy)でもある」と指摘する。日本では、競争心をむき出しにすることもなく単体作品の表紙を飾ることは実に当たり前のスタイルであり、さらに言うと、目隠しモデルもいるくらいだ。やはり、本場は、プロ意識が高く、アピール精神が強くハングリーでガチな世界...おおいに共感する。ある意味日本は、出演モデルに関して恵まれた環境なのかもしれない。

ノミネートに至る1年間のまりかの躍進は大いに評価・・ジャパンポルノのグレードアップに貢献・・

前出の関係者は、国際的なポルノスタジアムに先進国の中でも、ほとんど参戦していなかったのが日本人だという。しかし、日本は、すでに独自のポルノ文化とシステムを持っている。ご存知モザイク処理のコンテンツだが、ここ10年、「ジャポルノ」として海外に向けて無修正ハードコアを輸出し、アメリカやユーロでも注目されている。特に、在米アジアン系や、黒人、ユーロ、ラテン系には人気が高いという。関係者は、ジャパンポルノは、現在、ポルノマニアだけではなく、一般のユーザーにも幅広く認知されてきていると言う。しかし、前回も述べたが、あくまでも日本人×日本人のコンテンツがメインなので、ワールドワイドな展開とは一線を画している。そんな中、ジャパン女優に対し欧米ポルノがラブコールする中、いいタイミングでまりかが参戦し、一気に注目されたようだ。本格参戦1年強で、2大アワードにノミネートされるのは決して容易なことではなく、パーフェクトな女優でもなかなかノミネートされない場合も多いという。やはり、ジャポルノコンテンツがバックボーンにあり、アメリカやユーロのコンテンツ制作者の間で、日本のポルノに対しての取り組み方や、女優の姿勢などが信頼されていることが、大きいと語る。まりかを撮影した、制作関係者や共演した男優らが敬意を表するブログも数多くあると言う。

前回のSEX AWARDSに続いて、2014年メジャーアワードにWノミネート!!

純正のメイドインジャパンがここまで快進撃を魅せたのは初めてだと言う。要因は、現在のアメリカン、ユーロポルノでの人気キャラは、「ナチュラル系」いわば改造人間的ではなく自然な振る舞いや容姿がモテているという。さらに関係者は、ジャパンネームの信頼度も指摘する。野球や、アニメ、ゲームなどの文化、自動車など実に信頼度が高く、2014年は、あの「ゴジラ」も日本のキャラやシチュエーションを忠実に再現して公開される。そんな中で、ポルノコンテンツに関してはなかなかメイドインジャパンは参戦しておらず待望論もあったようだ。そこにまりかが参戦・・日本的なキャラ、容姿・実力的にも申し分ないテイストで人気も上昇したのではと解析する。関係者は、現在、海外で配信されているジャポルノコンテンツも人気が高まっているが、「日本人男優×日本人女優」のスタジアムではなく「Interracial」異人種間の環境で変に、アメリカンポルノ女優的な振る舞いをせず、日本的な情緒と淫美を魅せ続けたことが欧米マニアに十分伝わった結果で、まさしく、お・も・て・な・しと、流行の日本語で評価した。

日本人の小さな女の子が世界で通用する事魅せてやる・・・まりかがこだわる「2014 Pet of the Year Playoff」

まりかの躍進要因に、大きな影響を及ぼしたのが「Penthouse Pet」だ。男子たるもの1度は購読経験ある、世界共通、ポルノの伝道誌!ペントハウスのベストモデルだ。毎月1人のベストモデルが任命され年間12人が選抜。12月の揃い踏みで、年明けの1月にベストオブベストが決定する。まりかは、2013年1月に「日本人初」として任命されている。前出のロス関係者は、アメリカでは日常的に、セクシー系、キャラクター系、、タイムリー系など、何やらのコンテストが行われているが、1965年創刊、ペントハウスのイメージガールは、重みが違うと指摘。様々な階層の人種が月イチのベストガールをチェックしていると言う。中でも同業の女優やモデルらは、PET GIRLに対しては一目置きキャリアアップの証でもあるという。

まりか自身も「 ペントハウスペット・・・・それは、世界中から月に1人だけ選ばれるモデルのベスト。 世界中のポルノスターの憧れ・・・その選ばれた女の子から、たった1人の世界一を決める闘い。日本人の小さな女の子が世界で通用する事魅せてやる」と並々ならぬ想いを綴っている。日本人初!として是非・・トップに登りつめて欲しい。

com pets_compressed


AVN2014の受賞目指して・・ハードなニッチ分野に挑む!

2012年4月、本場ポルノ大国アメリカからスカウトされ、海外進出を果たして、間もなく1年を迎えるまりか。順調な滑り出しを見せメイドインジャパンのパワーと魔力が、浸透してきているようだ。前回のロスやシスコのアダルト関係者に近況を聞いてみた。

当サイトですでにレポートしているが、アジア系ポルノ女優に求められているのは、BDSMなどで、日本独特の文化にアメリカ的なフェチの要素を取り入れたモノ。まさしく今回の新作群は、アジア系の真骨頂でもある「SM」。関係者は、今作のような、パフォーマンスモノは、たくさんあるが、同じアジア系でも、中国系や、東南アジア系、韓国系の女優のパフォーマンスがメインであり、パフォーマンスもイマイチだった。しかし、今作は、SM・緊縛の聖地日本の実力女優の進出で、俄然クオリティが高いと、ロスやシスコを中心に評判も上々だ。さらに、撮影するレーベルも、シスコ発の人気レーベル「KINK」日本で言うと「アートビデオ」や「ベイビーエンターテイメント」クラスの専門レーベルだ。まりかの本気度満点の艶姿に惚れきっているという。

まりか本人も、ブログで、「日本式緊縛」と「アメリカンボンテージ」の撮影をしたことについて、こてこてなアメリカ式の緊縛は初だったから(縄使わない)自分の身体に何が起きるか想像つかないで、メチャ叫んだーーーーw・・・でも、楽しかった。と、心境を報告している。

関係者は、様々な人種が多いアジア系女優で、全て同一扱いされているが、まりかの進出により、メイドインジャパンの存在が際立ちさらには、日本人の区別ができてきたことは大きいという。野球でいう、野茂、松井、イチローのように日本の技が、認められてきたのと同じようだと関係者は指摘した。実は、まりかに続き別のビッグネームも、海外進出するのではないかと、フリークやアダルト関係者の中で盛り上がっている。その為には、まりかがいう「AVNで受賞したい!!」これが実現すれば、ジャポルノの躍進は大きい。今後も新作がリリースされるとの事・・・追ってレポートいたします。

日本から輸入された、小柄な神風ガール・・・タイトな穴に期待感!歓迎色が強い中・・・

アメリカには、現在、アマチュアからプロフェッショナルを含めて数万人とも言われるAV女優が存在している。人種も様々で、地球上の全大陸から集結しているとも言われ、特に多いのは、純血というより、混血が多くまさしくワールドワイドだ。その中で、トップ100人(最も売上があり巨額の利益を得ている)がスーパースターと呼ばれている。人種別では、ダイナミックなアメリカンスタイル、金髪以外に黒人のアスリート的な肉体美、ミスコン世界大会常連のラテンビューティ、ヒスパニック系、欧州の伝統美、そして、アジアンの妖艶な魔力、いわゆる東洋の神秘の順で、人気が高い。ロスに拠点を置くまりかは、どんな形で浸透していくのだろうか・・・ロス在住のアダルト関係者に聞いてみた。

ロスは、ご存知の通り日系社会の文化が多く、アダルトに関しても、日本系の企業が多く拠点を置いている。あのDTIグループもその中のひとつだ。しかし、ジャポルノは、認知されてはいるが、いまひとつブレークしていないのが現状のようだ。「アメリカ人から見て、日本人、韓国人、中国人、台湾人の見た目は、わからないんです」というも、それは、日本人が、アメリカ人や、イギリス人、欧州諸国の区別ができないのと状況は一緒だ。AV関係者は、ジャポルノは、ロスを中心に、シアトル、サンフラシスコ、カナダ、ニューヨークの一部で、ニッチなカテゴリーとしてアジア系アメリカ人や意外にも、黒人からの支持を多く集めているという。

アメリカンポルノの醍醐味は、Interracial・・いわゆる異人種間でのパフォーマンス!野球のMLBとシステムが酷似。

前出のAV関係者は、アメリカの人気サイトやレーベルで、女優のプロフィールには、必ず人種の記述があり、「japan」はほとんど見かけないとう。外見は日本人に似ていても、国籍はアメリカ・・人種は、日本以外のアジアの国が多く、オリエンタルチックなキャラで占められている。現段階で、まりかの知名度は低いが、純正の日本人の進出は、時期を追って注目されていくのではないかと指摘する。その要因は、アメリカ国内では、日本人や日本ブランドは、信用が高く、スポーツで言えば、野茂を筆頭に、佐々木、イチロー、松井らのメイドインジャパン野球は、大きなインパクトを与え、と同時に信頼と信用を植えつけた。システム的にも、MLBと酷似していて、ポルノも、各地区にスタジオやレーベルが存在、その中で、人気が高まっていくとメジャーレーベル(PLABOY,PENTHOUSE,HUSTLER)に出演、さらにAVNなどの賞獲りレースに参戦して、スターへ登り詰めていく。そんな中で、まりかの”メイドインジャパン異人種結合”は、マニアにとどまらず、注目度が増しているようだ。
現在、リリースされているまりかの人気作品を、ご紹介します。

まりかを迎え撃つ大きな壁!!メイドインジャパンとして登り詰めることができるだろうか・・・

パフォーマンスをするうえでの環境も整ってきている中、ジャポルノは厳しいという指摘について、ロスの関係者は、否定する。「アジア系の中でも、日本人はある意味別格です。いつでもウェルカムです。しかしながら、残念なのは、日系女優の多くがファンの期待を裏切ってしまっているのです。」と意味深にいう。ハードなアメリカポルノ業界に耐え切れず、撤退する女優も少なくないというのだ。プレイ内容や、ギャラの問題、衛生上の問題、さらには言語、タイトなスケジュールなど、精神的、肉体的に大きなストレスとなり、ダメージを受けてしまうということだ。今回のまりかの進出に関しても、同じようなパターンになるのではないかという危惧を、マニア達は示している。

アジアンアメリカンモデルは、数え切れない程存在する中、純正ジャパンは、ほとんど存在していない。過去には、叶不二子(画像左)が2000年に渡米し全米デビューを果たしている。最近では、yuki mori:森雪?(画像右)が2008年に、アジアン系をプッシュするレーベルから、デビュー。ハードなプレイを魅せている。しかし、彼女が日本人であることは間違いないが、日本での活動歴がなくプロフィールを公表せず、ミステリアスな存在だ。しかしながら、2人は、一部のフリークでは、オナペットとして役割を果たしたようだが、大きく飛躍することはなかった。
メイドインジャパンは、さかのぼっても、この2人しかいないと関係者は指摘した。まりかが、純正ジャパンの女優であることが、明らかになり浸透している現在、その分プレッシャーも、大きくなってきている。彼女は、合間を見ては、自らのブログを、頻繁に更新し前向きなチャレンジ魂を綴っている。さらには、日本のメディアや、アメリカの専門媒体も、まりかの動向を、注視している。

関係者は、アジアン女優に求められいているは、fantastic,extreme、すなわち、幻想的で奇想天外!!過激的な極限パフォーマンスだ。これじゃ、まるでサーカスの様でもあるが、要は、神秘性を求めていると指摘。
単なるハメ撮りでも、一工夫していかなければならず、具体的なカテゴリーは、

★BDSMなどの日本独特の文化にアメリカ的な、フェチの要素を取り入れたモノ。
★パイパンプッシー・・・これは、ジャパニーズプッシーは、タイトであり、より強調させる為。
★小柄で、ロリータフェース&ボディ
※当ブログ註:BDSM=ボンデージ・ディシプリン・サディズム・マゾヒズム

の条件を満たせば、マニアから極端なフリークまで大ウケすると見られる。求められている条件は、ハードで厳しいかぎりだが、分析してみると、これらの条件のほとんどは、すでにクリア済みのような気もする。すでに、一部の作品では、得意技の強烈アクメ噴射を、実践!アピールしている。アメリカのファンは、日本国内でもハードコアモデルとして、結果を出している。フリークもビックリするパフォーマンスを、何かしてくれるだろうと期待を寄せる中、まりか本人もブログで、「厳しいのは理解しているけど、アメリカのファンができてうれしい・・・」と心情を吐露。いずれにしても、どんどん作品に出続けることが重要であり、まだ始まったばかりだ。シビアなアメリカのファンも、小柄なまりかはまさしく、Kamikaze approach!!,どんな状況でも、常に笑顔で受け入れていた。見事なスタートを切った・・と評している。大いに期待したい。

典型的なマーケティング戦略ですね。そういう意味じゃ、半島の連中が衣食住に亘り得意な「ザパニーズマーケティング」は見事。
駆け足でしたが、ここまでの本場最新マーケティングを理解されていますか?小向美奈子さん。
それともイケダハヤト師奇天烈マーケティングで勝負しますか?

イケダハヤト奇天烈マーケティングとは?

内容紹介

昨今は、何か新しい商品を出したとき、それがツイッターや「2ちゃんねる」に取り上げられ、ユーザーが勝手に盛り上がってくれれば、「NAVERまとめ」や「2ちゃんねるまとめ」に取り上げられます。
すると、一般のニュースメディアが取り上げ、運が良ければ「ヤフー・トピックス」に載って、何百万円・何千万円もかけた広告費より、断然良い結果をもたらします。
こうした「頭さえ使えばタダでPRできるスキル」は、Web担当者やマーケターに限らず、多くのビジネスマンにとって、今後必要性が増すスキルです。
ただし、このスキルは、広告を最適化する知識と違い、覚えれば使えるようになるといった代物ではありません。その点で習得しづらく、だからこそ身に付ければ、ビジネスにとって価値のある力になります。
本書は、こうしたスキルを実践しているブロガー(イケダハヤト)、マーケター(中川淳一郎)、経営者(出口治明)という三人から、そのスキルを盗み取ろうという遊び心から生まれました。

内容(「BOOK」データベースより)
昨今の新商品は、ツイッターや「2ちゃんねる」で話題になれば、「NAVERまとめ」や「2ちゃんねるまとめ」に取り上げられます。すると、一般のメディアが取り上げ、運良く「ヤフー・トピックス」に載ると、何百万円・何千万円もする広告よりも良い結果をもたらします。こうした、頭さえ使えばタダでPRできるスキルは、Web担当者やマーケターに限らず、ビジネスマン全般にも必要です。本書は、そんなスキルの実践者であるブロガー、マーケター、経営者との対談から、その極意を盗み取ろうという遊び心から生まれました。

ネットが味方になるWebマーケティングの授業

イケダ ハヤト,中川 淳一郎,出口 治明,伊藤 新之介 秀和システム 2014-04-09
売り上げランキング : 14304
by ヨメレバ

要は、ツイッターのフォロワー数やフェイスブックのいいね!をかき集める乞食ですか。駄目だこりゃ。








コメント
情報発信の意味がないね。
此処頑張ってよね、良質情報。
540度…一回転してまた半分か。永久機関。
Posted by とおりすがりんこ at 2014年05月26日 20:22
まぁまりかは日本でやれるよごれジャンルもやりつくした感じだからな

ヨーロッパならもっとえぐいのありそうだけど
金でいったらアメリカいったほうがおなじことしても
ギャラはいいだろうな
Posted by うむ at 2014年05月26日 21:48
大沢佑香あらため晶エリーあらため新井エリー(a.k.a. 照沼ファリーザ)とまりかはなんでもできる(やっちゃう)ほとんどNGなしの別格ポルノスターって感じだったけどねぇ、、、。ますますのご活躍を祈っちょります。
Posted by 名無しのキンペーちゃん☆ at 2014年05月27日 00:34
> 大沢佑香あらため晶エリーあらため新井エリー(a.k.a. 照沼ファリーザ)とまりかはなんでもできる(やっちゃう)ほとんどNGなしの別格ポルノスターって感じだったけどねぇ、、、。ますますのご活躍を祈っちょります。

芸術家ファリーザさんのエントリーは当ブログにあるよ。
才色兼備でいいオンナだよなぁ。(ウンコは嫌だけど)
Posted by bob at 2014年05月27日 15:05
過去エントリーでファリーザさんになんか癒された・・・(身体がきれい)
バナナも浣腸アートいいかも。この方、ポルノでなくても何か芸術方面で活躍されてたんじゃないかな。真面目にコメントしてしまいました。
Posted by 菜々子 at 2014年05月27日 16:43
毛虫喰っているショットとか、とってもクール。
Posted by bob at 2014年05月27日 21:14
>。あのDTIグループもその中のひとつだ。しかし、ジャポルノは、認知されてはいるが、いまひとつブレークしていないのが現状のようだ

ブレイクしてるのはよくもわるくも(悪くも成分のほうが多いか)海賊版で奇抜なものだからなぁ。
DTIとか日本でいう裏では大手だけど、やってることは表よりも退屈だからそりゃブレイクしないわ。
要するにアメリカでいう平凡なポルノの真似事でしかないわけで、
人種や国籍云々以前の話。
逆に日本の裏方面で個性だそうとしてるところは、ぼったくりだったり、監督が無駄にわめいてたりで
いまいちピントがずれてるんだよな。
過激な洋ポルノのほうが撮影者がTPOわきまえてるってのは、日本のアダルト業界人の質の低さからくるものなのだろうか。
Posted by うむ at 2014年05月28日 17:26
アダルト業界ではないですが、ハリウッド映画に子役で出演した日本人女優がアメリカは子供でも権利がしっかり守られていると話してましたから、契約の感覚が違うのですかね。(日本の子役さんって家庭が壊れたりとか)どうなのかな。

目指す所が高いとか、感性にセンスがあれば芸術になるものよね。

Posted by 草月 at 2014年05月28日 22:07
いや、やっぱりジンジャーリンが一番や
今現在のお姿はノーサンキューだが
Posted by 名無しのキンペーちゃん☆ at 2014年09月12日 12:57
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。