2014年05月15日

【朴槿恵速報】日帝極右主義者のバイブル「火垂るの墓」制作26年目に驚愕の半島初上映!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

忘却のための記録―1945-46 恐怖の朝鮮半島
忘却のための記録―1945-46 恐怖の朝鮮半島

     / ̄ ̄ ̄\
   /        \
   / / / / | | |   丶
 . / /L/L亅 |_ハ_ハ_  丶
 / | ―   ―  /   |
 レLL)(・ )` ´( ・) レLLノ
  |  (__人_)   _ノ
   \  `ー'  /
     >ー― イ )丶
   /レ∧ ̄ ̄ ̄  /丶
   / /  ~ ̄ ̄ ̄  |

韓国 アニメ『火垂るの墓』公開取消し:Birth of Blues 2005年04月14日

----- -   Google 検索

火垂るの墓、6月19日、国内正式封切り確定! ポスター公開

LIZ1FOb

直木賞受賞の同名小説を原作にした高畑勲監督の「火垂るの墓」が6月19日、国内正式封切りを確定し、ポスターを公開した。

高畑勲監督の「火垂るの墓」が来月の6月19日、国内で正式に公開される。直木賞受賞野坂昭之の同名小説を原作にした「火垂るの墓」は、第2次世界大戦当時の爆撃で両親と家を失った14歳の兄清太と4歳の妹節子の生存のための壮絶な死闘を描いたアニメで、戦争がもたらした残酷さと大人たちの集団利己主義の間で踏みつけしかなかった子供の兄弟の物語に込められた破壊的な逆転メッセージ、ディテールとリアリティーが生きているストーリーと作画などで世界中の映画評論家と観客たちに大好評を得た。

<火垂るの墓」を演出した高畑勲監督は、「天空の城ラピュタ」、「風の谷のナウシカ」、「おもひでぽろぽろ」、「平成狸合戦ぽんぽこ」など様々な作品の制作、脚本、演出を引き受けてきたスタジオジブリの代表監督である。

かつて<火垂るの墓」が国内観客から「加害者である日本を被害者として描いた」は誤解でて論難がおこったとき、高畑勲監督は、国内のあるメディアとのインタビューで「客観的に描いただけで、日本を決して正当化させようではない。原因から計算しなければ戦争に反対することができない。」という回答に反戦映画であることを強調した。

優れた作品性と数多くの論議たちに話題を駆って来た<火垂るの墓」は、スタジオジブリ映画の中では、最初にデジタル・リマスター版としてリリースする予定だと、国内アニメファンたちの耳目を再び集中させる予定である。

今回公開された「火垂るの墓」ポスターには、制服を着た14歳の清太が4歳の妹節子を背負っている姿が盛られている。暗い空に浮かんでいる爆撃機と赤に染まる草原、破れ傘、兄と妹の用品類は、戦争の残酷な現実を代弁する。あどけない表情でカメラを見つめる妹節子の姿が絶望的な状況との対比を成して妙な悲しみを提供する。

また、そのような節子を背負っている清太の表情は妹を守ろう縁組さが盛り込まれており、子供の兄弟がもたらす感動的なストーリーを予見する。

国内初のデジタル・リマスター版としてリリースする高畑勲監督の名作「火垂るの墓」は、6月19日、全国の劇場で会ってみることができる。

文:第サンミン(ムービージョイ記者)
<著作権者ⓒ映画総合インターネット新聞ムービージョイMOVIEJOY.COM> 記事提供/プレスリリース提供/広告掲載について technoa100@gmail.com webmaster@moviejoy.com

議論の日アニメ「火垂るの墓」、26万の国内正式公開
来る6月19日デジタルリマスター版開封確定
2014.05.15

[チョン・ミョンファ記者]極右主義論争に国内封切り難航を醸してきた日本のアニメ「火垂るの墓」(監督高畑勲)が来る6月19日、国内正式封切りする。

映画輸入会社エーワンエンターテイメントは15日午前「「火垂るの墓「デジタル・リマスター版が来る6月19日国内封切りを確定した」と発表した。これで「火垂るの墓」は、自国の日本で封切りした1988年以来、実に26年ぶりに国内で正式に公開になった。

直木賞受賞の同名小説を原作にした「火垂るの墓」は、国内封切りを何回も試みたが、極右主義論争に巻き込まれて、毎回開封が座礁したことがある。「おもひでぽろぽろ」、「平成狸合戦ぽんぽこ」の高畑勲監督が演出した作品で、スタジオジブリのアニメーションの中では最初にデジタル・リマスター版に国内封切りされる。

「火垂るの墓」は、第2次世界大戦当時の爆撃で両親と家を失った14歳の兄清太と4歳の妹節子の生存のための壮絶な死闘を描いた作品である。戦争がもたらした残酷さと大人たちの集団利己主義の間で踏みつけしかなかった子供の兄弟の物語を描いたが、戦争の挑発国である日本は自国民を被害者として描写している極右主義作品という論議をかもしてきた。

韓国内観客から「加害者ある日本の被害者で描いた」という指摘に高畑勲監督は、国内のメディアとのインタビューを通じて"客観的に描いただけで、日本を決して正当化させようではない。原因から計算しなければ戦争に反対することができない"と言いながら反戦映画であることを強調した。チョン・ミョンファ記者some@joynews24.com

議論の日アニメ「火垂るの墓」、26万の国内正式公開

こちらの考察が面白かったです。
火垂るの墓 - エンハウィキミラー

1967年に出版された野坂昭之の短編小説と、1988年に公開された同名のジブリ第アニメーション。2008年4月には実写ドラマでも作られた。監督はアニメ名作童話シリーズ(赤毛のアンとか)とおもひでぽろぽろなどで名前が知られている高畑勲。

概要については、主人公の清太、節子の兄妹が、太平洋戦争中経る避難生活を描いている。主人公の兄妹が太平洋艦隊の兵士だった父を失い、爆撃のお母さんも失って二人で苦労して死ぬという悲しい物語。

逆の映画で読まれる要素はありますが、意外にも監督は逆転した映画という文脈で読まれることを嫌っているという。ただその時にあったのかもしれない話を淡々と描きたかっただけだ。

2 原作と作家

国内では1980年代初頭、2002年、2003年、2006年に翻訳出版された。内容は、事実上、作家本人の自伝(自?)で実際に飢餓で妹を失った体験がもとになっている。そのおかげで原作小説は、アニメーションの涙腺を刺激する内容ではなく、当時の既成世代に対するシニカルな冷笑主義が強い。あえて例を挙げれば、ノーベル文学賞作家ギュンター・グラスの「ヤンチョルブク」と似たような作品だと見るのが適切だろう。ちなみに野坂昭之は、神戸空襲で養父(子供の頃親の分離および離婚のために、他の家に養子縁組された)を失って、続いて避難を行った福井県で妹を栄養失調で失った。この時、弟を購入できなかった罪のために小説として書いたもの。小説では主人公が死亡したが、野坂昭之は生き残ってさまよって実父が再び取り入れ、日常に戻ることができた。

3 関連する議論

海外の好評一色だった反応とは異なり、公開当時、韓国には「被害者のふりをしている」とし、議論が起こった。1990年当時、9時のニュースで右翼アニメだと激しく非難したこともある。

これは、作品の詳しい記述を極力避けて、登場人物の立場から時代状況を描き出したのでもたらした誤解[1]と、原作のシニカルするこれのない内容や、実際に作中で主人公の行跡を見れば、変わってしまった現実(裕福だった家→親戚の家、戦争初期の豊富な生活→戦争の馬の貧しい生活)に妥協することを拒否して飛び出していったが、最終的に守るべき妹さえ失って、自分も命を失ったんだけど、単なる被害者ドリップにのみ表示には、主人公の雪かきのせいが大きい。しかも、そのような厳しい環境でも他の人々は、貧しい人々がかける所なく生きていたことを考えるとなおさら。主人公の死を現実を理解できずにもがいいう日本国民、軍国主義の言葉で解釈する意見もある。

主人公のセリフで「無敵の日本艦隊」というセリフがあるか、軍歌を歌う場面があることも議論になったが、実際には大人の様々なプロパガンダの影響を受ける枢軸国の子供であることを考えてみればそう不思議なことではない。ちなみに、主人公たちが「無敵の日本艦隊?」何とかして代謝をする理由は作中で主人公たちの父は、日本海軍の巡洋艦(高尾級重巡洋艦マヤ)艦長だからだ。ので、父が怪我をするリという一種の雲をつかむよう信仰に頼り、父が帰って来る日を待っている中なのに... [2]

韓国でのイメージがあまり良くなかった。数十年間収奪を受けた被害者が隣にいるのに侵略国である日本が被害者だと主張する姿に見だったから。いくつかの感想文では、どの主婦が自分の娘が「日本人の子供たちがかわいそうだ」という言葉に驚愕したとする。しかし、勝つこともできない戦争を繰り広げ、天下の犬サンノムたちによって戦うために私が犠牲になった人々のほとんどは、普通の民間人だったという事実を考えなければならない。主人間違って会って改稿生の事例の一つとして見ることができる。[3] [4]また、これらのことが、日本の被害者のふりに利用されたり、民間人一人一人の責任が非常にないのではないのは事実だが、だからといって戦争の悪影響に悲劇的な人生を生きる一人一人に同情を持つことに土を付けるのは問題がある。

作品とは別の別個の問題で火垂るの墓を利用することが挙げられる。日本の毎年8月には原爆犠牲者を追悼する月[5]であり、8月15日は終戦記念日である。[6]毎年8月15日に火垂るの墓を放送して日本人が被害者であることを強調することが問題とすることができる。[7]そのため、国内でのイメージが良くないのは当然かも。自国の犠牲者を追悼することまではそうだとしても、戦犯国の国民が「自分たちも被害者」と主張することが、真の被害者であった周辺アジア諸国と良く見えるはずがない。チョン・ソンイル評論家の評価によると、映画自体に日本人=被害者という意識が敷かれており、来場者にそのイデオロギーを伝染させて、非常に感動的であるため、見物人にとって映画のイデオロギーの批判を拒否するようにするという点で危険であると。

実際に監督自身は左派に近い。宮崎駿の歴史認識不足が切ないというほど。高畑監督の「憲法9条の会」結成集会で、アニメファンたちが戦争販促アニメーションを歪曲して受け入れた逸話に言及しながら、自分の作品が反戦要素が不足していたではないか、日本の国民も、ブレーキなしで駆け上がった結果、加害者がなってしまったと言って軍国主義を牽制することができる平和憲法を擁護した。さらに、その内容を韓国のブロガーが翻訳して公開してもされているお問い合わせましょう「戦争末期の自国民の悲惨な体験だけを話すのではなく、その根本的な原因、すなわち、それ以前に他国への侵略と植民地支配と、それらが他の国民に抱かせた惨状に対して確実に伝達して、思うようにすることがあってこそこれだけの<反戦[8] >映画だといえるだろう。しかし、それは一本の映画にこなすことは不可能に近く、自国の他国への侵略を映画で記述すること自体が非常に難しく、作ることができる機会を得ることもとても難しい。ですから、真の<反戦>は、映画の中でも、教育など、より合理的な方法で絶え間なく実践しなければならない。 ' という声を自分が普段行ってきたが、その内容も添加してもらう丁重にお願いするほど。[9]そのコメントに従って寝ると、自分の立場でも火垂るの墓は、不完全な逆転映画に認識していると思われる。

3.1 該当作品擁護論

原作小説を基準とすると、この作品の様々な解釈の中には作中清太と節子の兄妹の姿が文学的に当時の日本国民と支配層の姿を比喩していることもありますので参考にすること。実際には、作品をよく見ると、作中で主人公兄妹の姿があまりかわいそうじゃではない。44年に砂糖漬けの桃を食べたり、爆撃を避けるために田舎に下がりながらバリバリサガンがバター、チーズ、着物、ピアノ(!)のように、当時の基準では大変な贅沢だったということを考えてみると、かわいそうに、ここと作成された人物ではない。(...)

そして、主人公の兄妹が経験した苦難と貧窮は、厳密に言えば、当時の日本人が経験した平均的な状況とはちょっと違う。爆撃を避けて田舎に紹介されて下がった後、親戚のおばさんに台入手嫌いは妹の泣き言音に、まだ幼い弟がしまっ打って我々は独立すると家を飛び出したような状況だった。この場合の問題は、兄妹の家出はすぐにモルフォン、欧米をはじめとする地域組織を中心に編成された食糧配給システムから離脱するものでもしたという点である。最初は親が残してくれた遺産に闇市場で食料を買ってきて兄妹同士楽しく暮らしましたが、お金が落ちて、戦争の激化で、闇市場自体が崩壊し、これ以上の食糧を入手することができなくなって餓死したものである。

結局、これはまだ判断力が未熟な兄が判断力が未熟な妹が文句を張ることを適度に和らげることができず、付和雷同して親戚の家を出てしまったのが死の原因であると見ることができる意味である。そして、第2次大戦の開始前に、日本が他の東洋の国々に比べてゆったりとした状況だった点や、アメリカ、イギリスなどの西欧列強がアジアの大国であるので、日本との外交的-経済的圧迫をしていた点、そして日本がそのような抑圧の正常な対応をするのではなく、敗北が避けられない戦争に突入する極端な選択をしたことに照らして考えるならば...妹節子は、日本の民衆を隠喩すること、兄清太は、日本の指導者を比喩するものと解釈することができる。つまり、戦後の日本が経験した苦難は、最終的には自業自得ということを比喩するものである。また、発刊当時、「戦争は国家指導層の誤りで起こったものであり、日本の民衆は、むしろ指導層の無謀な野心の犠牲になっただけだ」という歴史観が流行したことが映し出さ考えるならば、最終的に支配層はどうにか多数大衆の要求に応じて動くしかなく、前後の惨状は、最終的に日本の民衆たち自身の愚かさと無責任の代償を自ら受けたことであるだけだと批判しているという解釈も可能である。

無敵の日本艦隊を云々するセリフも清太の視点に近く進行される物語の特性上、主人公の立場では非常に当たり前の大事故、さらにこれが主人公(そして当時の日本の大衆)の無知を象徴する台詞と解釈することができる。そして、この時点で問題の延長線上で「貧しい子供たちを苦しめる血も涙もない悪魔」ぐらいに描写されている親戚のおばさんも、第3者の立場から見れば、実際にはそれほど悪い人物でもない[10]つまり、日本の立場は厳しく目に見える戦争前にアメリカの要求も米国の立場では当然の正当性を持って、対話を通じて交渉も可能だったことだったが、これを理解できずに戦争に突入した日本の態度はまるで子供と違うところがなかった批判にも解釈可能なわけだ。

もちろん、このような解釈自体はホタルのミョラは、作品を最大限好意的に解釈したことにより、この作品を日本人の一方的な被害者を偽装する視点に劣らず、疑い受ける余地が大きいのは事実だ。ただし、清太 - 切子の姉妹の立場や行動に対する作中の記述は、二人の子供を「罪なく可憐な犠牲」に見る困難にする場合が多く、これらの記述には、作家の意図が当然介入したことを考えてみる必要がている。

4 他の

作品の背景になった都市は神戸で、アニメーションの最後の清太と節子の兄妹が見下ろす都市も現代の神戸だ。清太が餓死したのは、神戸の三宮駅。作中序盤の襲撃シーンは、神戸空襲の被害が大きかった1945年3月17日の空襲を描いたものである。

一方、制作スタッフの庵野秀明があった戦艦の原画を任せたときに小麦オタらしくはしゃい極リアリズムで戦艦を描き出してきたところで、肝心の監督はシルエット処理をしてしまっ欠けていた。
そして、鈴木プロデューサーとの対談で火垂るの墓について語るくだりがあるから移して見る。

鈴木敏夫(以下鈴木):それから、火垂るの墓時に再び現われたのか?
庵野秀明(以下、庵野):そうです。就職活動ですね。仕事がないからです。宮上ハンテ行って何か仕事ありませんか尋ねてみると、トトロのオープニングをするか、高畑上のほうのなんか戦艦グリル人がいないのに、そちらをしてもどこにするか?だから宮上では前(のように)して見て高畑上で仕事をしてみたかったんです。
鈴木:はい。そうだった。覚えている。だから、戦艦のイルミネーション(ここで笑い発光)して火花。
庵野:はい。イルミネーションと花火です。実は戦艦ではなく巡洋艦(巡洋?)です。戦艦ではなく。
鈴木:だからそのダウムエンガ会って、話をしていた時、 "二人に関してはよく知っているから」と言っていたが...
庵野:一度一緒に働いてみると、(どんな人なのか)についてのわかります。

余談だが、作家の娘が学校で受けた課題の中で「「火垂るの墓」の作家の当時の心境について提出してください。」という内容があって、それを父に尋ねると、昭之は「まあ、締め切りにひかれて必死だった」と言ったが、それそのまま提出した娘が落第点を受けたという逸話があった、アーティストの作品制作の動機を歪曲して解釈する鑑賞者、評論家などにより定型化された鑑賞方法以外認めない硬直した教育方法への批判としてよく使われる。(このような逸話は、韓国修学能力試験に関しても伝わってくる。作家の息子が、父が言ったとおり、答えを選んだところで間違っていたよ。という話。)
日本で初めての開封時に、同じ発行元のとなりのトトロと同時上映で公開された隣りのトトロを最初に上映して火垂るの墓を後ろに上映してしまう風に隣りのトトロを見て温かくしていた観客たちの気持ちが後ろに出てきた火垂るの墓ので、あっという間に気持ちこの暗鬱れとなりのトトロの画像がかなりない良くなったことがあった。
ヨクイニンのではなく、見ていれば、密かにトトロと同様の構図のカットが出て、トトロと対峙する形で使用される画像も出てきて(傘、補助者)叙事構造も対照的に採用している。もちろん、トトロに比べると限りなく憂鬱な形で。

韓国では、乗組員の放送を通っダビング放映をした。セイタカアワダ役には金一[11]節子はキム・ソヨン。いくつかのケーブルチャンネルで時々放映される方であり、 声優金一が韓国語で歌う「大日本帝国がしたんですって?」というセリフは、充ゴンケン。 おかげで一度放映されるたびに、視聴者掲示板には、親に見られる利用者がなぜこのようなアニメを放送するのかと抗議文をよく上げる方だ。だからこの頃は放送をできないとみるべきか?

スウェーデンのメロディック・デス・メタル・バンドであるアーチエネミーの曲中The Day You Diedはこのアニメをもとに敷いている。
太平洋戦争で旧日本軍の間でも人気があった別名日本ドロップスキャンディーが作中に登場するが、作中に登場したモデルを復刻した商品が出ることもありました。
KBS2週末ドラマ烏鵲橋の兄弟たち 29話でも映画のワンシーンが登場した。

英国で実写化がされるべきである。
韓国では、原作の知名度が低いみると、原作小説の作家である労使カー右翼という出所不明の噂が回っている。

野坂の他の断片の中には「赤とんぼ」もあり、これが一部の都市伝説のように誤って伝えれるよう知られている「神風隊員が訓練機運転自爆しようとコクピットに座った虫を見た瞬間、生命の尊さを悟り、敵艦まで行くに残った燃料を無人島いく使って無人島に不時着した後その後どうなったかわからない」という逸話の原典である。いやどうなったか知らないのに、この話はどのように知られているのですか?
----
[1]原作限定。
[2]この作品時点は1945年だが、マヤはレイテが海戦のうち、1944年10月23日、米軍の潜水艦オキシダーゼと魚雷4発を殴られて8分で撃沈された。(...)が、実際には完全に機密なったため、主人公たちは、父が死んだのかどうかも分からない状態。ただし、乗組員996人から336人だけが転写されただけで、残りは構造ましたので、日本軍艦艇の中では運が良い方(当時の日本海軍が保有している条約型巡洋艦は、他国海軍の同種とは、二つの船体種隔壁を、中心線から一つだけ保有していた。そうして残った重量を攻撃力に加え、投資したおかげで、魚雷襲撃による浸水が起こる場合、急激な浸水速度を船体が耐えられず、他国海軍の同種艦よりもはるかに高速に転倒してしまった。)に属する。縁起良ければ住んでいたかもしれませんが...まあ、知ることができない役割。
[3]常識的に考えると、当時の前線に出て行った兵士たちの太平洋戦争の状況がどのように本切羽のかを具体知っている人はほとんどなかっただろう、いくつかの共鳴者を除けば、本人がそのように死ぬことを知って喜んでただろうか?ただし、総力戦である第2次世界大戦の特徴と、なぜされた政府(ここでは、日本帝国)に同調した点を考慮すれば、枢軸国の国民の多くは、潜在的な戦犯だ。数が多く、罪質が弱くこれといった罪を問わなくてそう。
[4]ただし、この漫画の場合には、主人公の父も、高位幹部として、その個サンノムに含まれるという事実は忘れてはならない。主人公の設定自体が間違ってこの点が最大の問題で、このアニメが右翼アニメに見えるように作ることも。
[5]広島原爆投下8月6日、長崎原爆投下8月9日
[6]敗戦記念日ではない!典型的な精神の勝利の例そして知っている韓国の8月15日の光復節である。
[7] あたしンちも関連パロディエピソードが存在する。「涙のごまかし方っ'、当然だが、韓国では、江戸時代のパロディーと一緒に通編集された。
[8]単純に反戦ということで、この作品が持つ日本が被害者という意識は変わらない。なぜなら、日本国民の立場では、被害者であるため、戦争に反対する傾向があるからである。加害者だから、戦争に反対するのではなく、原爆被害国として、戦争に反対する泉である。
[9]その発言は、そのような映画を作るのは難しいというふうに解釈されることもでき、議論の余地があるが、一度米をしようとした意図はなかったものと見られる。
[10]母の着物を代わりに売ってくれるとハドニ、自分たちはTTのコメしただけ与えてしまったとの兄妹が悲しくする部分も、実際には闇市場取引の危険性や子供を扶養するためのコストを考えると、適切な分配比の意見の可能性はあるが、着物と変えてきた米中自分の家族の分け前を取りまとめるのは当然のことである。そして、他の人々はみな、農作業や避難訓練などで忙しく働いている部屋でピアノやツンタン距離妹と、(爆撃の恐怖からだとはいえ)部屋の中に閉じこもって何もしない兄をよくない目で見るようになることも当然で...
[11] KBS版セーラームーンのセーラードアと他のセーラー戦士4人衆が妖魔の攻撃を受けて危機に追い込まれると、バラの花スイスイ投げるタキシード着た男をしていたその声優だ ??。

日本人が嫌われる理由 映画「火垂るの墓」が世界中から非難される理由 初めて... - Yahoo!知恵袋

wakamurasaki_seat_homeさん

日本人が嫌われる理由
映画「火垂るの墓」が世界中から非難される理由

初めて「火垂るの墓」を観た時、「なに?この出来損ない映画!」という感想だった
そしてその理由が最近になって分かりました

韓国人:日本の極右アニメ火垂るの墓を見てみよう
http://blog.livedoor.jp/nunisaha23h/archives/23374010.html(このリンク先は不本意ですが)

【中国BBS】「火垂るの墓」を見て「中国の苦痛が描かれていない」の声も
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0131&f=national_0131_...

映画の前半で日本人がアジアでやった蛮行を描写ない
日本軍は韓国・中国を侵略した際、人間を生きたまま腹を裂き、焼き殺し、女性を凌辱し、乳房を切り取り、性器に棒を突っ込み、焼き殺し、生きたまま体に針金を通し、金品略奪、ありとあらゆる蛮行を働きました
「何故私たち日本人が空爆されたのか?」その理由が描かれていない

日本の時代劇「桃太郎侍」で高橋秀樹が冒頭からいきなり悪代官の屋敷に乗り込んで悪人をばったばったと切り倒して面白いだろうか?
悪人たちがどんな悪いことをしたか?を描き。そして成敗する(出来るだけ惨めに)
そういう起承転結があって初めてドラマは面白くなると思う

「火垂るの墓」に日本人の蛮行が正しく描写されていたら
後半、日本人が火達磨になって死ぬところももっと面白かっただろう
観客も「日本人は当然の報いを受けた」と納得しただろう
私が出来損ないと思う理由はそこだ!

世界の中で日本人の多くがこの映画の感想が他と違うような気がする




by カエレバ
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ ハート出版 2013-07-11
売り上げランキング : 641
by ヨメレバ
忘却のための記録―1945-46 恐怖の朝鮮半島

清水 徹 ハート出版 2014-01-25
売り上げランキング : 47146
by ヨメレバ

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)大東亜戦争 | 韓国
Edit








コメント
風立ちぬ の時のパヤオをはじめとするジブリのリップサービス・マスコミ戦略が成功したという所なんでしょうね。韓国の喜びそうな事を言っておけばおケー的な。ジブリとしてはその時はまさか火垂るの墓が上映されるとは思ってなかったでしょうけどw

引用の考察はとても興味深かったです。
Posted by とおりすがりん at 2014年05月15日 17:55
>妹せつこは日本の民衆を隠喩すること。兄セーターは日本の指導者を比喩するものと解釈することができる。
別の観点を与えられるのは良いことだ。そこに表現の自由の意味がある。

何かの象徴として対象を頑なに当てはめ、自分自身を拘束している人は、様々な立場なりの悲しみを理解しない。
Posted by n. at 2014年05月15日 18:08
大日本帝国の走狗が何を言っているのかなwwwww
Posted by 名無しのキンペーちゃん☆ at 2014年05月16日 11:26
兄のわがままを反省する映画ですよ。
バカやってないで、子供はちゃんと”保護下”で生きろ、と。
Posted by んんー at 2014年05月16日 12:42
自分達も当時は皇国臣民で、似たような目にあった人がいるだろうに。それを思いだして素直に泣けないものかな。
Posted by aikobros at 2014年05月16日 13:10
 映画の内容その物は、色々突っ込みどころはあるんだけれど、本来の目的は、日本人に「戦争は悲惨だ」とプロパガンダ映画なわけで、「箸が転がっても日本が悪い」から朝○人にはこんなコメントしか出せないのかもね。
Posted by 漁師 at 2014年05月17日 17:27
  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。