2014年03月15日

【映画評】ダラス・バイヤーズクラブ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

ダラス・バイヤーズクラブ(マシュー・マコノヒー出演) [DVD]
ダラス・バイヤーズクラブ(マシュー・マコノヒー出演) [DVD]

本年度オスカー、トリプルクラウン。
ダラスのカウボーイ野郎のマッチョな熱い話かとおもいきや、大都会岡山とTSUTAYAとティー・レックスさんの映画でした。

映画「ダラス・バイヤーズクラブ」_compressed


男の名前はロン。ロデオと酒と女の日々をおくり、ある日ロデオで賭けをするが、負けると金を払わず逃げ、その日暮らしのトレーラーハウスに戻った瞬間に、膝から崩れ落ちる。病院のベッドで目覚めると、医師が彼に告げた。HIVの陽性反応が出て、余命30日であることを。

有名俳優のロック・ハドソンがエイズであることが公表され、同性愛者しかかからない病気、そんな根拠のない噂が蔓延していた時代。同性愛者でもないのになぜ!?と納得できないロンは、図書館で新聞記事を閲覧し、情報を漁る。そして自分はエイズであるという真実がつきつけられる。

生きたい欲求にかられた彼は、自分を診察した女性医師イブを訪ね、AZTという未承認の薬を処方してくれるように頼むが、断られる。そこで彼はメキシコへ渡り、毒性の強いAZTではなく、アメリカでは未承認だが効果がみこめる薬を国内に持ち込み、患者たちにさばき始める。

彼に慈善の心などなかった。素行が悪く、ゲイ・コミュニティーに嫌悪感を持つロンが、販売ルートを広げるのは難しい。そこで彼は、美しいトランスジェンダーのレイヨンを仲間に引き入れる。日本をはじめ、世界中から仕入れた薬をさばくために考え出したシステムが「ダラス・バイヤーズクラブ」だった。会費を募り、必要な薬を無料で配る。名目的に薬の売買はない。

その彼らの前に立ちはだかったのが、AZTを推奨し始めた医師たちと製薬会社に政府。ロンは、弁護士を使い、 “個人の健康のために薬を飲む権利を侵害する”国の動きに対して徹底抗戦の構えをとる。彼を見殺しにしようとする世界に対する戦い。一人の男が、生きる権利のための戦いに挑んでいく。




一言でいうと「薬害」映画。大都会岡山は先般、会社更生法適用し倒産した林原。
作中の台詞「(北北西に進路を取れに出演していた)コックサッカー・ロック・ハドソン」が辛い。(ヒッチコック作品はケーリー・グラント)

圧倒的にインディーズ映画でして冒頭の「TSUTAYA」「大都会岡山のヒロシあるよニダ」など内容も粗々、予算も僅か500万ドルだったそうですが、「映画作品」として冷徹に比較するなら先般のオスカー作品賞は本作(またはグラビティ)こそ相応しいという内容。「国家権力に抗う」など偽善心くすぐるアカデミー賞選考会員に持ってこいだった筈ですが、何処も泣く子と差別には勝てないんですね。

アカデミー主演男優賞に輝いたマシュー・マコノヒーに優るとも劣らぬ助演男優賞のジャレッド・レトがアン・ハサウェイに怒られたでござるの巻。

アフター・パーティで“フォト・ボム”が大流行!

article-2572047-1BFE71FE00000578-916_634x933

Oscar Photo Bomb Jared Leto Anne Hathaway

article-2572047-1BFC9CCE00000578-521_634x414

こいつ↓

【バルス】オスカー観客席のアルティメイト自撮り集合写真

で、「エイズ持ち同士のセックスパートナー」という生活の知恵を初めて知りました。

満足度(5点満点)
☆☆☆☆☆

【関連エントリー】
丸山ワクチンはなぜ「認可」されなかったのか?

ダラス・バイヤーズクラブ(マシュー・マコノヒー出演) [DVD]
by カエレバ
Dallas Buyers Club
by カエレバ









  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。