2014年01月29日

【NHK籾井会長 慰安婦舌禍騒動】謝罪と賠償と辞任要求に追い込まれた発言全容

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

マスコミ対応はもう怖くない!メディアトレーニングのすべて(PARADE BOOKS)
マスコミ対応はもう怖くない!メディアトレーニングのすべて(PARADE BOOKS)

地球市民の策略にまんまと嵌ったドジっ子の籾井さん。
事実をゆがめる籾井氏発言/「慰安婦」は「どこの国にもあった」?/軍による制度は日・独だけ
NHK会長籾井氏の慰安婦問題発言を擁護!? 安倍総理は辞職せよ
NHK籾井会長暴言 「放送法順守」自ら侵害/安倍政権の介入が背景に
NHKの籾井勝人新会長は妄言、暴言の責任を取って直ちに辞任するべきだ

まずは前後の発言を併せてお読み下さい。論評は文尾にて。

【文字起こし】 籾井勝人NHK会長就任記者会見 2014年01月25日 | OKOS(オコス)

※前段は割愛しています

記者
国際放送を強化したいとおっしゃってますけども、我が国の立場を伝えることというふうに国際放送の番組基準に書いてありますので、この立場というのが政府見解、政府の主張をそのまま伝えることなのか、それだけではくて広く民主主義の発展に寄与するために、いろんなその、考え方があるということを伝えていくことも大事なのか、そのへんどうお考えでしょうか。


籾井勝人NHK会長
国際放送につきましてはですね、これはやっぱり多少国内とは違うんではないかというふうに思います。例えば尖閣、竹島、こういう領土問題については明確にやはり日本の立場を主張するということは当然のことだと思います。時には政府のいうことをとおっしゃいますけれども、そういうこともあるでしょう。じゃあ政府が右と言ってるものを我々が左と言うわけにはいかないと。国際放送についてはそういうニュアンスもあると思います。

やはり外交も絡む問題ですから、やはり俺はこう思うんだと言って勝手にっていうかね、そういう明後日のことを言うわけにもいきませんし、まず領土問題についてはおそらく齟齬はないと思いますね。それからいろいろコメントを出すときにもですね、そんなに違った、まあ日本国が他国のことを非難したりですね、中傷したりしたことはあまりないですよね。

私は今後、政府がそういうことをメッセージとして中傷なんかをですね、出せというはずもないと思ってますね。やっぱりただ、非難はしなきゃいかんことはあるかもしれません。それは国連においても、非難したりしてますから。それをやってはいけないということではないんではないかと思います。


記者
ちょっと関連なのですいません。非難というのは、外国を非難するという意味ですか。


籾井勝人NHK会長
やったじゃないですか、国連で。日本と中国やったじゃないですか。ああいうことはあるわけですから。それは、時と場合によってはね、やはりやると。それはあくまでも日本政府とかけ離れたようなものであってはならないと思います。いかなる政府であっても、やはり日本国政府、日本国を代表する政府ですから。


記者
靖国神社の問題については、これもその領土問題と同様な考え方なんでしょうか。


籾井勝人NHK会長
もう少し複雑かもしれませんね。まあ、それについてはね、ちょっと私もコメントは差し控えたいですね。


記者
少しその、


籾井勝人NHK会長
何を期待されますか、私の口から。


記者
いやいやその、領土問題と同じように我が国の立場をきちんと国際的に主張すべきだというのと、国民にもっと理解してもらうべきだということだったと思うんですけれども、領土問題については。靖国神社の問題についても、同じような基準というかですね、考え方で臨んでらっしゃるのかということです。


籾井勝人NHK会長
まあ、私は違うと思ってますから。やっぱりその、靖国問題についてですね、例えばですよ、あまりこれはちょっとね、申し訳ないですけどコメント差し控えたい。昔の人はね、みんな戦争に行くときにどうやって心を慰めたかっていうと、死んで靖国に帰ると言ってみんな送り出したわけですよ。今の人にそういうこと言っても分からないと思いますけれども、やっぱり家族を亡くした人たちはみんなそう言うんですよ。

なんで違うところの、例えば千鳥ヶ淵じゃ駄目なのかっていうとね、いや違うんだと、兄は靖国に戻ると言って戦争に行ったんだと。行って帰ってきた、だからあそこに兄はいるんだと。こういう人たちが大勢いるわけです。ただいま問題になってるのはその、戦犯の問題だけですよね。違います。


記者
参拝の、


籾井勝人NHK会長
参拝?


記者
政治家が参拝するかというような問題、


籾井勝人NHK会長
ちょっと、まあ総理は行かれたわけですから、総理の信念で行かれたということですよね。それはそれでよろしいじゃないですか。それを良いの悪いのっていう立場に私はないです。行かれたという事実だけですね。


記者
NHKとしての報道の姿勢として、


籾井勝人NHK会長
それはね、それはそれをどうだこうだというつもりもないですよ。ただ淡々と、総理は靖国に参拝されましたというだけでしょう。ピリオドでしょう。


記者
いずれにしろ領土問題とは少し、


籾井勝人NHK会長
いや、領土問題とは全然違うでしょ。


記者
分かりました。ありがとうございます。


記者
さきほどからあの、政府とNHKの距離の問題についてもご発言されてると思うんですが、思い出すのはあの、今から10年少し前にあった、ETV2001の問題を思い出すんですけれども、籾井会長、最近もあの、慰安婦を巡る問題については日韓間や日米間の間でいろいろ取りざたされております。ところがあの、ETV以来番組は、NHKにおいてきちんとものが制作されておりませんけども、慰安婦問題については会長ご自身はどのようにお考えでしょうか。


籾井勝人NHK会長
ちょっと、コメントを控えてはだめですか。いわゆるね、そういうふうな戦時慰安婦ですよね。戦時だから良いとか悪いとか言うつもりは毛頭ないんですが、この辺の問題はみなさん良くご存じでしょう。どこの国にもあったことですよね。違います?


記者
私に質問してるんですか。籾井会長が、そうしたらあの、改めてもう少しお考えすることがあればお尋ねしたいと思います。


籾井勝人NHK会長
こっちから質問ですけれども、韓国だけにあったことだとお思いですか。


記者
いやいや、全て、あのどこの国でもって言うと全ての国と、


籾井勝人NHK会長
いやいや、戦争してる、その戦争地域っていうことですよ。

記者
にはどこでもあったと。


籾井勝人NHK会長
あったと思いますね僕は。


記者
何か証拠が、何か証拠があっておっしゃってるんでしょうか。全ての国って言うと、まあそれはいろいろな、そのいくつかの国でそういうことがあるというふうには、


籾井勝人NHK会長
まあ問題は、まあこれ以上深入りするの止めたいと思います。いいですか、慰安婦そのものが良いか悪いかと言われれば、これは今のモラルでは悪いんです。ね、じゃあ従軍慰安婦はどうだったかと言われると、これはその時の現実としてあったということなんですよ。私は慰安婦が良いとは言ってない。


記者
もちろん分かります。分かるけども、


籾井勝人NHK会長
ただし、事は2つに分けないと話はややこしいですよと。


記者
もちろん分かってるんですけれども、


籾井勝人NHK会長
じゃあ本当に、従軍慰安婦がね、韓国だけにあって他になかったという証拠がありますか。


記者
いやだから、少し、他の国にもあったとどこの国にもあったということは結構違うと思うんですけど。


籾井勝人NHK会長
いやいや、そんな言葉尻捉えても駄目ですよ。そんなのはね、あなた、じゃあ行って調べてごらんなさいよ。あったはずですよ。あったんですよ、現実的に。ないという証拠もないでしょ。議論するつもりはないけれども、やっぱりそれでね、やっぱり従軍慰安婦の問題はいろいろ云々されるとですね、やっぱりこれはちょっとおかしいんじゃないかなという気はします。私別に、従軍良いとは言ってないですよ。


記者
分かってます。もちろん分かってます。


籾井勝人NHK会長
しかしどう思われます、日本だけがやってたようなことを言われて。


記者
まあ、その要するに、他の国でもあったということとどこの国でもあったというのは、どのこの国でもって言うと全ての国というふうにとられても、


籾井勝人NHK会長
戦争をしてるどこの国にもあったでしょということですよ。じゃあドイツにありませんでしたか。フランスにありませんでしたか。んなことないでしょ。ヨーロッパはどこだってあったでしょ。じゃあなぜオランダに今頃、まだ飾り窓があるんですか。


記者
わかりました。


籾井勝人NHK会長
議論するつもりはありませんが、私はどこでもあったって言ったのは、世界中どこでもくまなくあったと言ってるんじゃなくて、戦争をしてるところでは大体そういうものはつきものだったわけですよ。証拠があるかと言われたけども、逆に僕はねなかったという証拠どこにあるんだと聞きたいぐらいね、だからこの問題はね、その、僕が一番不満なのは、今韓国がやってることで一番不満なのは、ここまで言うのは会長として言い過ぎですから、会長の職はさておき、さておきですよこれ忘れないでくださいね。

韓国が日本だけが強制連行した見たいなことを言ってるから話がややこしいんです。ね、だからお金よこせと言ってるわけですよ。保証しろと言ってるわけですよ。しかしそういうことは全て、日韓条約で全部解決してるわけですよ、国際的には。ね、解決してるんですよ。それをなぜ蒸し返されるんですかと。おかしいでしょ。だと思いますよ僕は。


記者
今のとこですけれども、会長としての職はさておいてって言いますけれども、ここ会長会見の場なんで。


籾井勝人NHK会長
失礼しました。じゃあ今のは全部取り消します。


記者
いやいや、取り消せないですよもうおっしゃったら。


籾井勝人NHK会長
いやいや、さておいたんですよ私は。ね、あれだけしつこく質問されたから、私は答えなきゃいかんと思って答えましたが、会長としては応えられませんので、会長はさておきとこう言ったわけですよ。でそれが、もう会長会見だと、だから取り消しますとこう言って、取り消せないっておっしゃったら。じゃあ私のさておきはどうなるんですか。そんなこと言ったら、まともな会話ができないじゃない、ああそれノーコメントです、ノーコメントですって言ってたら、それですんじゃうじゃないですか。それでよろしいんでしょうか。いいんならそれで良いですよ今後。


記者
あの、確認ですけども、いずれにしても先ほどのお話はですね、会長の、籾井さんの個人的見解ということだと思うんですが、だとしてもですね、だとしてもというか個人的見解だとすると、そうしたお考えとNHKの番組に関して、いわゆる編集権をですね、要するに編集の責任者という部分もあるので、NHKの番組に対してそうしたご自身のお考えを、何らかの形でですね反映させたりしたいという思いがあるのかないのか、そこを明確におっしゃることがすごく大事なんだと思うんですよ。


籾井勝人NHK会長
あの、何度も申しておりますが、我々の放送に対する判断は、全部放送法に則っておりますから、私がどういう考えであろうがなかろうが、全部放送法に基づいて判断をしますということです。


記者
秘密保護法についてなんですけれども、これについてはですね、NHKスペシャルですとか、クローズアップ現代なんかでですね、一度も今まで取り上げられていないということでして、もう少しその、この法律の是非についてですね、幅広い意見があることですとか、あるいはその、問題点の追求、もっとした方が良いんじゃないかっていう、そういう指摘もあるんですけども、秘密保護法についてのそのNHKの伝え方についてどう思われますか。


籾井勝人NHK会長
まあ、一応通っちゃったんでですね、もう言ってもしょうがないんじゃないかと思うんですけども。まあちょっと、僕なりに、個人的な意見がないことはないんですが、これはちょっとあまりにもあれなんで、ちょっと差し控えさせていただければと思いますが。


記者
法律が通ったんで、もうこれ以上議論を蒸し返すようなことはあまりしない方がいいという、そういうお考え、


籾井勝人NHK会長
いや、そういう意味でもないんですけれども、必要とあらばやりますよこれはね。でも一応決まったわけでしょ、決まったことに対してああだこうだと言ってもしょうがないとは思わないけれども、もし本当に世間がいろいろ心配してるようなことが政府の目的であれば、これはたいへんなことですが、まあそういうこともないんではないか、しばらくやっぱり出来たものに対して、どういうふうになっていくのか、やっぱり国際問題等々も考えてですね、これが必要だったという政府の説明ですから。

それはそれで、とりあえず受けて、やっぱり様子見るしかないんじゃないでしょうか。あまりその、カッカカッカくる必要も、僕はないと思うし、昔のような変なことが起こるとも考えにくいですね。

秘密保護法のことについてはですね、それはいろんな意見もあるでしょうし、それについて政府に、我々は真逆のことを言わないんだっていう、そんなことを言ってるつもりはないしですね。それはそれで、それなりの意見があってよろしいんじゃないかというふうに思いますけども、まあ政府の人なんかに多分言わすと、じゃあ賛成があってもいいじゃないかと、なんでメディア反対ばっかりするんだっていうことだってありますしね。

ただまあ、我々は基本的には政府とはきちっと距離を置いてやると、それは何かと言うと放送法であります。それに沿ってやればですね、政府の良いなりとかそういうことにはならいというのが私の思いでございます。


記者
安倍政権との距離が、籾井さんは必ずしも遠くはない、もしかしたら近いかもしれないというふうに見られている中での就任なんですけれども、会見の内容がですね、お話ししてる内容が、非常にその政権の思い、安倍首相の思いと非常にこう、シンクロしているように聞こえてくると。そうするとやはり我々、少なくとも私がうかがいたいのは、そうするとじゃあ政権の意向を、すごくその公共放送であるNHKにですね、持ち込みたい、政権の意向をもっと代弁させたいというお考えがあるのかどうか。


籾井勝人NHK会長
政府が?


記者
いや、籾井さんご自身が。


籾井勝人NHK会長
ありません。何回も申しているように、ちょっと僕があまりうまくないのはね、若干その、自分の考えまで言っちゃうもんだから話がコンフューズしちゃうんだけども、何回も申してるように私は、放送法、放送法と言ってるのは、要するにそれがあるが故にですね、我々は距離を保つんだということなんですよね。保てるんだということなんですよ。それをご理解いただきたいと思います。

私が別に、私の個人的思想が誰かに近いと思われてもですね、それはたまたまのことであってですね、違うこともいっぱいあるでしょう。それから僕が政府に近いと思われるのは、それはまあみなさんのご自由でございます。私は就任の時も言いましたけれども、政治家は本当に知りませんから。本当に知りませんから。みなさん僕のこと知らなかったでしょ。ね、事程左様に僕はそういう表には出てきてない人間なんですよ。で、今私が申したことは別に政府から吹き込まれたことでもなんでもないですよ。




反アベシンゾー系政治記者の狙いは「歴史的事実」や「歴史検証」などという高尚な籾井回答でなく、「アベシンゾー傀儡の証拠見つけたり!極右NHKの片鱗見つけたり!」的な記事が書ける「失言」のみ。籾井さんの理念とか倫理観とかどうでもいいのですよ。
その籾井さんが果敢に、地球市民より仕掛けられたブービー・トラップを踏むならせめて相手に抱きついて自爆しないと。そうでないならノーコメントか、徹底理論武装で赤旗論破、または主導権を終始こちらが握り逆会見パターンに持っていかないとダメでしょう。(会見の場で記者の氏名を聞くとか、質問者の政治観や歴史観を引き出すとか)

記者からの揚げ足取り質問に対する返し技について、テキストを読み直した感想としてはあまり頭がいい人ではないなという印象。(地頭という意味)
会見の前提として、記者が問う曖昧でデリケートな質問の定義をまずお互いに確認し発言を始めないと。
そもそも本人が言葉の定義を正しく認識していないのでは?(慰安婦、戦時慰安婦、従軍慰安婦という全然違う概念の言葉を混ざり合わせ発言するので会話が玉虫色的破綻をきたし入れ食い状態)

前のエントリーでも書きましたが、籾井さんも橋下徹も表層的な事実関係に拘泥するばかりで問題のボトルネックが見えていない。「日本だけではなく諸国も云々」とか「日韓基本条約で云々」とか相手の思うつぼ。話をそっちに持っていくなって。分かっていないんですよ。だから解決策もない。だったら最初から喋るなと。そういう話ならウィキペディアでも読めば充分。(慰安婦 - Wikipedia
ジャーナリストでも政治家でも企業経営者でもなく、お気軽な評論家ですね。
詳しくは、この辺にいっぱい書きました。
なにわのルーピー site:http://birthofblues.livedoor.biz/ - Google 検索

マスコミ対応はもう怖くない!メディアトレーニングのすべて(PARADE BOOKS)

山口 明雄 パレード 2007-06-30
売り上げランキング : 157150
by ヨメレバ
誤解されない話し方、炎上しない答え方

山口 明雄 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2013-02-16
売り上げランキング : 8475
by ヨメレバ
言いたいことは1分で! 10倍伝わる話し方

渡辺 美紀 幻冬舎 2012-12-12
売り上げランキング : 26476
by ヨメレバ









コメント
反騰系に乗っ取られた有料放送を軌道修正してくれるのでしょうから、多少の失言は許したいね。

軌道修正出来ないなら受信料を払わず文句を言いましょう。

ちなみに、橋の下の何とか氏とは氏も育ちも対極だと思いますけどね。
Posted by 名無しのクネクネ at 2014年01月29日 11:11
お人好しな感じですね。彼に吉本やジャニーズや秋元の排除なんて望んでもしょうがなさそう。ま、視聴料がケイマンとかに流れない限り、良しとしよう。
Posted by 名無しのクネクネ at 2014年01月29日 19:46
下衆という言葉しか思い浮かばない。しかも事後、編集して自分の意図する内容に持っていく、改竄する汚さ。更に仲間内で改竄バージョンを金科玉条の如く転がして肥らせる左翼根性。このエントリーがなかったら詳細は判らなかった。新聞社版ACってないのでしょうか。新会長もビジネスではそれなりの荒波をくぐってきた人なのでしょうが、ここまで倫理性が欠如した世界とは思いつかなかったのでは。いい教訓にして用意周到にカウンターを練って欲しいです。
Posted by Liberty Hills at 2014年01月30日 08:18
マスコミけしからん。NHKははめられた!みたいな意見があるが・・・
・・・NHKも充分マスコミだと思うが・・・
Posted by 名無しのクネクネ at 2014年01月30日 23:35
BS-TBSで放映された番組をTV Asahi Corporationがブロック。記者の発言内容に著作権を主張か?
Posted by 名無しのクネクネ at 2014年02月01日 17:56
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。