2014年01月14日

【映画評】フィルス

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

フィルス
フィルス

みんな大好き「トレイン・スポッティング」原作者の映画化最新作だそうです。
あぁ〜あ。という映画。そうか日本人カラテ・キッドのシーンもそうだったのか。

映画『フィルス』公式サイト


ストーリー

クリスマス・キャロルが街中で流れだす季節。ある晩、残忍な日本人留学生殺人事件が起こる。初動捜査では【目撃者はゼロ】。捜査の指揮を任されたのは、スコットランド警察の優秀な頭脳を持つ血気盛んな刑事ブルース・ロバートソン。彼はこの事件で手柄をあげ、出世したいと目論んでいた。同じ部署には、超普通な男ドギー、ゲイであることを隠しているピーター、ヤク中の新人刑事レイ、オツムの弱いガス、男を奴隷にしてしまいそうなアマンダ、皆の上司で脚本家志望のボブといった癖のある連中ばかり。

この中で有能な奴だけが出世レースを制する。ルールに例外はない。でも大丈夫、とブルースは余裕だ。なぜなら皆、無能な奴らばかりだから。ブルースの妻キャロルは夫の昇進を強く望んでいる。夫が出世する、これほど妻にとって魅力的なことはないから。

出世を目論む一方で、ブルースの素行は限りなく最悪だ。人種差別主義者にして、特技は同僚や友人を陥れるための裏工作と残業の不正申告。ポルノ・売春・不倫・アルコール・コカイン中毒・・・とにかく危険極まりない。担当医ドクターロッシからは、禁欲生活を薦められている。一方、お人よしの会計士クリフォードと知り合い、なぜか懐かれてしまいポルノ旅行へ。ブルースが彼の妻バンディにイタズラ電話をしているのも知らずに。さらに清楚な子連れ美女メアリーともワケありな感じで。一方、捜査を進めるにつれ、ブルースは自分の過去と向き合わなければならなかった。事件が真相に迫るにつれ、ブルースの精神状態は錯乱していく。やがて【目撃者とされる謎の女】の存在が急浮上したとき、衝撃の真実が明らかになる!




基本大好き系なのですべて許しますが、キャッチの「最高にイカしたクライム・コメディ」というより「最高にイカれたサイコパス・スリラー」でした。白人女は黒人のちんこを咥えないとか、ホモとか、もう悲しいですね。
(あと驚愕したのがイギリス紳士の包茎率の高さ)
最期のすりガラス越しのシーン、あれはスーパーの女ではなくブラックコックサッカーに読み替えた方が正しいのでしょう。ご愁傷さまです。

ドイツのショットでワキ毛がネーナが来るとは露知らず。



間奏部分がどう見てもブロンディです。本当にありがとうございました。

満足度(5点満点)
☆☆☆☆

このファンサイトが詳しいよ。
映画「フィルス/Filth」特設ページ

フィルス

アーヴィン・ウェルシュ パルコ 2013-11-02
売り上げランキング : 332685
by ヨメレバ
トレインスポッティング (角川文庫)
by カエレバ

アーヴィン ウェルシュ 角川書店 1998-10
売り上げランキング : 98900
by ヨメレバ
Because I am a Girl――わたしは女の子だから

ジョアン・ハリス,ティム・ブッチャー,デボラ・モガー,キャシー・レット,グオ・シャオルー,マリー・フィリップス,アーヴィン・ウェルシュ 英治出版 2012-11-20
売り上げランキング : 91066
by ヨメレバ


「28週後」主人公の姉ちゃんが大人になっていた。あれも製作陣がトレイン・スポッティングですよね。
で、28ヶ月後公開はどうなった?(巨匠になってしまったダニー・ボイルが脚本握り締めているそうですが)



by カエレバ

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)映画 
Edit








  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。