2013年12月02日

「戦勝国中国は沖縄と九州を占領する資格があった!今回は尖閣を奪還せよ!」俺たちの宋文洲先生が中国の極左情宣紙「環球時報」に4月寄稿したマジキチ檄文が陽の目を浴びる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

どうした、日本―中川昭一と宋文洲の不愉快な対話
どうした、日本―中川昭一と宋文洲の不愉快な対話

尖閣諸島は台湾のモノ、台湾のモノはすべて俺様のモノ。
日本のサヨク御用達電波芸人が「沖縄、九州人を皆殺しにせよ」的論調の檄文を本国の政府系機関紙に寄稿。

とはいえ、日本側でメシを食っている電波芸人が(どちらスタンスであれ)殊更声高に日中関係を喧伝すると「とりあえず収監する」中国4000年の歴史の貴族プレーが流行しているそうなので、今後の宋文洲先生の消息、否、ご活躍に乞う期待!



宋文洲:中国在钓鱼岛争端中的第二个胜利 環球時報
2013-04-15 16:22环球网

  台湾渔民要到钓鱼岛海域捕鱼,和日本当局谈判了17年都没实现,现在终于实现了。日本当局宣扬成功地瓦解了大陆和台湾的联手保钓,一些头脑简单的民众以为这是中国外交的失败。但我认为这是中国在钓鱼岛之争中取得的第二个胜利。因为,台湾是中国的,台湾的胜利就是中国的胜利。

  日本为何认为钓鱼岛是日本领土?

  钓鱼岛历史上属于我国台湾。甲午战争失败后,中国和日本在1895年4月签订下关条约,将中国台湾割让给了日本,台湾成了日本的“台湾县”。此时,日本偷偷摸摸地将钓鱼岛又划给了冲绳县。按理说,二战投降后的日本应该把钓鱼岛作为台湾的一部分,一起交还中国,可是日本却做了小动作。

  日本外务省的公开说法是,尽管日本确实是在1895年将钓鱼岛(日本名:尖阁诸岛)“编入”日本的,但“编入”时间比下关条约早3个月,与下关条约无关。在“编入”领土之前,日本对该岛进行了近10年的调查,确认其不属于任何国家之后,于1895年1月14日由内阁决定“编入”冲绳县。但是,日本连自己都承认,所谓“编入”,既不是国会决定,也没有向外国公布,也就是说,什么时候对钓鱼岛进行了调查,什么时候将其“编入”日本领土,只有日本人自己才知道。


  按照日本的逻辑,日本可以随意宣布别国的一个岛屿为自己的领土,理由是在不让对方知道的情况下,偷偷摸摸地实施了调查和“编入”。这和偷走邻居放在家门口的东西没有不同,日本偷偷地拿走了,却硬说“我观察了十天,发现它没有主人。”

  稍微有点思考能力的人都会想到,不向世界公布,尤其是不向历史悠久的邻国公布,私自将和台湾近在咫尺的无人岛划为自己领土的做法完全是掩耳盗铃的偷盗行为,毫无法理依据可言。可是,战败的中国,不得不把台湾省都划给了日本,之后就没有人去追究钓鱼岛是台湾的还是日本的了。

  以上这段历史,实际上很少有日本人知道,几乎所有日本媒体都是想让日本人认为钓鱼岛本来就是日本的,其方法极其幼稚。比如建国初期,中国报纸曾引用过将钓鱼岛标为冲绳县的地图,那是一张战前日本出版商在中国出版的地图,当时编辑人员素质有限,只是疏忽了而已。可是连日本的外务大臣都拿着中国报纸作证据,完全忘记了自己平时批评中国报纸不靠谱的“热情”。

  日本还有个诡辩,就是本来中国对钓鱼岛没有兴趣,当知道了钓鱼岛附近有石油的消息之后,中国“突然提出”了领土主张,中国不是为了领土,而是为了石油资源等等。

  日本的那些逻辑,经不起一点点推敲,但却有很多人确信不疑。也不知道是头脑简单,还是欲望使让他们失去思考能力,或是他们明知故犯,不讲道理。

  钓鱼岛是台湾的,台湾是中国的

  最先向日本提出抗议,主张钓鱼岛是中国领土的,是统治台湾的国民党。钓鱼岛本来属于中国台湾省,和台湾近在咫尺,周围海域是台湾渔民的传统捕鱼区,加上国民党在49年前是中国的执政党,在钓鱼岛问题上,当时的台湾比大陆更敏感、更专业也是理所当然。

  但无论在意识形态上有多大争论,在领土主权问题上,共产党和国民党从来都不含糊。中共在发现钓鱼岛问题时,也毫不犹豫地支持国民党的主张,强调钓鱼岛是中国的。因此,田中角荣才在和中国谈判回复外交关系时,就先发制人地提出钓鱼岛问题,想借“建交”之诱饵,瓦解大陆和台湾的联手。这和此次日本借“捕鱼权”诱饵瓦解两岸联手如出一辙。

  当时的国际局势是中国同时和苏联美国对峙,又加上文革的创伤,国家领导人急需改善和西方世界的关系,为中国争取生息的时间和空间。田中主动问起这个问题,意在趁中国大陆有求于日本之机,拿到有利于日方的条件,以压制台湾的主张。

  毛泽东和周恩来既有大局观念又有策略智慧,成功地避开的这个话题,先拿到了中国急需的东西:创造和平环境,掌握发展机遇。

  按照目前某些“强硬派”的逻辑来说,当时的决策是“软弱无能”。但是,当时中国领导人想得是更长远,看得更广阔。我国必须让日本和美国先承认台湾是中国的,而且我们成功了,这也为其后的中美建交铺好了道路,我们在全世界取得了台湾是中国的一部分的共识,这也为我们最终解决钓鱼岛问题提供了历史的前提。

  正是因为当时搁置了钓鱼岛的纠纷,整合了和西方世界的和平环境,我国才顺利地走上了改革开放之路,走到了今天可以派海监船前往钓鱼岛12里海域巡逻,却又不引发和平发展环境崩溃的局面。

  钓鱼岛首先是台湾的,这个最重要。这要感谢国民党的不懈努力,要感谢台湾人民的长期斗争,要感谢每一个中国人对提升综合国力的贡献,还要顺便“感谢”石原慎太郎等极右分子提供的机会。

  日本右派希望中国犯什么错误?

  显然钓鱼岛的纠纷,是历史遗留下来的。历史没有如果,但为了思考,我宁愿和大家分享几个假设。

  如果中国没有打败甲午战争,那还有钓鱼岛问题吗?没有。中国人早点学习西方先进技术和社会制度,那就没有那段耻辱的历史。

  如果中国没有国共内战,那还有钓鱼岛问题吗?没有。中国作为战胜国,本来有资格占领冲绳,派兵和美军一起占领日本九州的,没有必要为一个小小的无人岛纠结。实际上我们都没有必要仇恨日本,在这个冷酷的生存竞争中,我们不能奢望任何一个国家是一个绅士。

  今天,中国终于要走出堕落的泥潭,渐渐恢复了体力。正是因为知道那段历史,也是因为中国的发展势头,石原慎太郎一伙日本右翼才会觉得坐立不安,知道台湾和中国大陆早晚会和他们清算,于是就想到了绑架美国,尽早下手固化现实这一招。

  他们最希望中国和美国干起来,一支箭报两份仇。他们最渴望中国和周边国家折腾,在全世界被人讨厌,失去和平发展机会,像过去的日本那样,失去朋友,自暴自弃。被包围的中国再回到混乱和分裂状态,对日本来说,钓鱼岛问题就自然会得到“解决”。

  也正是美国知道历史真相,知道日本的用心,才一直在钓鱼岛问题上采取主权上不站队的态度。美国扩大对亚洲的影响,不是为了日本,而是为了自己的利益。只要中国不和美国为敌,美国不可能以中国为敌,更不可能按照日本右翼画的圈儿转。

  绝对不让子孙们惋惜地说“如果……”

  如果石原不去炒作购岛闹剧,就没有日本政府的购岛闹剧,没有日本政府的购岛闹剧,中国就没有机会派海监船进入钓鱼岛12海里进行经常性巡逻。因为我国的发展环境并不友善,必须和美国达成默契,没有日本的国有化,中国突然派出海监船,必将伤了美国人的面子,造成因小失大的后果。

  如果没有中国的对钓鱼岛的经常性巡逻,就不能引发日本的危机感,他们就不会答应台湾要求了17年都没有答应的捕鱼权。李登辉和陈水扁,这些对日本卑躬屈膝、主张“台独”政治骗子,这么多年来都做不了的事,不可能在几个月内就搞定。对此,相信每个台湾人民都心知肚明。

  重要的是,台湾丝毫没有改变对钓鱼岛的主权要求,就得到了以前久争不得的权益。而以前日本拒绝台湾渔船前往的理由是“钓鱼岛是日本的”,日本在用行动证明以前的理由没有根据。日本右翼表面嘴硬说瓦解了大陆台湾的联手,那是在强笑着吞噬被打掉的牙齿。这不,日本冲绳县政府就代表当地渔民,向日本政府提出了抗议,这明明是赔了夫人又折兵。

  台湾没有在领土上让步,大陆更没有。在大陆和台湾的共同努力下,日本不得改变以往的主张,这是台湾的胜利,也是大陆在经常性巡逻后的又一个胜利。只要中国团结发展,钓鱼岛问题的解决必然是水到渠成。但在解决问题时,我们必须正视历史和现实,发挥中国人的毅力和智慧,不然我们就会重复日本人战前的错误,而这正是当下日本右派势力所热切期待的。

  我们绝对不能再让我们的子孙在几十年后,用惋惜的口气说:“如果……”(作者是经济评论家、日本软脑集团创始人,经常作为日本电视台嘉宾点评日本社会时事、企业经营)

(以下、機械訳)

宋文洲:釣魚島紛争の中国の2勝目
2013年4月15日午前16時22分

    台湾漁民は尖閣諸島海域漁獲りに到達しなければいけなくて、日本と局になることは17年談判して全て実現しなくて、現在結局実現しました。日本は宣揚になって大陸と台湾の釣ることを保つことと提携することを成功して瓦解させて、少しの頭簡単な民衆はこれが中国外交の失敗であると考えます。ただ私はこれと考えて中国であり尖閣諸島で取得した二つ目に当たることを争って勝利する。台湾は中国であるので、台湾の勝利はすぐ中国の勝利です。

  日本はなぜ尖閣諸島と考えることは日本領土ですか?

  尖閣諸島は歴史上我が国台湾に属します。日清戦争失敗後に、中国と日本は1895年4月に下関条約に調印して、中国台湾割譲に日本を与えて、台湾は日本の“台湾の県”になりました。この際に、日本の狡けのように尖閣諸島にまた沖縄県に与えたことを画させます。道理から言えば、2は降参後の日本を戦って尖閣諸島を台湾の一部分とするべきで、いっしょに中国を返還して、しかし日本はにもかかわらずけちな行動を作りました。

  日本外務省の公開見解は、いくらでも日本が確かに1895年に尖閣諸島をする (和名:尖った閣諸島は)“組み入れ”日本で、ただ“組み入れ”時間は下関条約より3カ月早くて、下関条約とかかわりがない。“組み入れ”領土までで、日本はこの島に対して10年に近い調査をして、それがいかなる国家の後かに属しなくて、1895年1月14日に内閣から“組み入れ”沖縄県を決定するか確認します。でも、日本は自分さえ承認すると、“組み入れ”というものは、すでに国会でなく決定して、同様に外国に公表されなくて、つまり、いつ、か尖閣諸島に調査して、いつ、かその“組み入れ”日本領土に、日本人自分がただやっと知らせます。

  日本のロジックによって、日本は他国の1カ所の島を随意で宣言することができて自分の領土として、理由はである相手に知らせない状況のもとで、こそこそとして調査と“組み入れ”を実施した。これと隣を盗んで行って出入り口に置くものは違わなくて、日本は忍んでさらわれて、にもかかわらず“私は10日を観察して、それに主人がいなかったと発見します。”を強硬に言い張ります。

  やや少し有能な人を考慮して全て考え付くことができて、世界に公表されなくて、特に歴史悠久の隣国に公表されて、ひそかに台湾のごく近いところにいた無人島と自分領土のためのやり方を画して完全に耳を覆って鈴を盗む盗用行為で、法理が全然なく言うことに依拠します。しかし、戦負した中国は、台湾省を握って日本に与えたことを全て画しなければいけなくて、あとはすぐ人が尖閣諸島を追究しに行かなかったことは台湾のものか日本でした。

  以上のこの歴史は、実際上にとてもめったになく日本人は知っていて、ほとんどすべての日本メディアは全て日本人に尖閣諸島のもとのと考えさせたいと思ってどうしても日本で、その方法はきわめて幼稚です。例えば建国して初期に、中国新聞は以前尖閣諸島に沖縄県のための地図を表示させることを引用したことがあって、それは1枚の臨戦日本出版元が中国出版の地図にあって、当時、編集した人員素質リミティッドは、ただ不注意でした。しかし日本さえの外務大臣は中国新聞を持っていて証拠を作って、完全に自分を忘れてふだん中国新聞を批評して作曲した“熱意”に依りません。

  日本にはまだ詭弁があって、どうしてももとの中国には尖閣諸島に興味がなくて、尖閣諸島付近の石油のあるニュースを知っていたあとで、中国“突然提出します”は領土は主張して、中国はそうでなく領土のために、石油資源などのために。

  日本のあれらのロジックは、すこし推敲することに耐えることができなくて、ただ多くの人がにもかかわらず疑わないと確信します。同様に頭であるとわからないことは簡単で、それとも欲望は彼らに能力を考慮することを失わせることを使って、あるいは彼らが故をはっきり承知して犯して、道理を話しません。

  尖閣諸島は台湾で、台湾は中国です

  最優先は日本に抗議して、尖閣諸島が中国領土で、台湾を統治する国民党であると主張します。尖閣諸島はもともと中国台湾省に属して、台湾とごく近いところにいて、周囲海域は台湾漁民の伝統的出漁区域で、国民党が49年前に中国の与党であることに加えて、尖閣諸島問題上に、当時の台湾は大陸よりさらに敏感で、さらに専門は同様に理の当然です。

  ただイデオロギーにあり多く大いに論争することにかかわらなくて、領土主権問題上に、共産党と国民党はこれまで全てはっきりします。中国共産党は尖閣諸島問題を見つけることにいるときに、少しも国民党の主張を支持同様に躊躇しなく、尖閣諸島が中国であろうと強調します。そのため、田中の隅は茂ってやっとときに中国と交渉して外交関係を取り戻して、すぐ先制で尖閣諸島問題を提出して、“国交を結”の餌を借りたいと思って、大陸と台湾の提携することを瓦解させる。これは今回日本と“漁獲りの権”餌を借りて両岸を瓦解させてまるで一つのわだちから出たようなことと提携します。

  当時の国際事態は中国であり同時にソ連アメリカと対峙して、また文革の傷に加えて、国家幹部は改善と西方世界の関係を必要として、中国のために生活した時空を勝ち取ります。田中は主動的にこの問題に聞いて、意は中国大陸に乗じていることは日本の器を頼むことがあって、方面にとって有利の条件があることを手に入れて、台湾の主張を抑圧することによって。

  毛沢東と周恩来既設の大局観念はまた知恵を策略することがあって、成功して避けるこの話題は、先に中国必要としたものを手に入れて:平和な環境を創造して、発展のチャンスを把握します。

  当面のある“強硬派”のロジックによって、当時の戦略が“弱さは非力です”であると言う。さらに広く見ると、でも、当時中国幹部はさらに長期であることであり考えます。我が国は日米の先を譲らなければいけなく台湾が中国であると承認して、そのうえ私たちは成功して、これもはその后の中米のために国交を結んでうまく道路を敷いて、私たちは全世界で台湾を取得したことは中国の一部分の共通認識で、これもは私たちのために終極的に尖閣諸島問題を解決して歴史の前提を提供しました。

  まさには当時のため尖閣諸島の揉め事を放置して、西方世界との平和な環境を整合して、我が国はやっと順調に改革開放でおしまいにする道を行って、今日に歩いて海の監の船を派遣することができて尖閣諸島へ行って12メートルの海域はパトロールして、それなのに平和に環境崩壊した局面を発展させることを誘発しない。

  尖閣諸島は真っ先に台湾です、この最重要。これは国民党のたゆまない努力に感謝しなければいけなくて、台湾人民の長期が闘争することを感謝すること必要で、それぞれの中国人が国力の貢献を総合することを昇格させることに対することを感謝すること必要で、まだ事の便り“感謝”石原慎太郎などの極右分子提供の機会が要ります。

  日本右派は中国にどんな過ちを犯して欲しいですか?

  歴然とした尖閣諸島の揉め事は、歴史が残り下げています。歴史は果実のようでなくて、ただ考慮のために、私はむしろみんなと何個かを分かち合って虚構したい。

  もし中国は日清戦争に勝たなかったら、それはまだ尖閣諸島問題がありますか?ありませんでした。中国人朝食勉強西方先端技術と社会制度は、それはすぐその恥の歴史がありませんでした。

  もし中国はなくて国は合計で内乱は、それはまだ尖閣諸島問題があるか?ありませんでした。中国は優勝国として、資格がもともと沖縄を占領して、派兵と米軍はいっしょに日本九州のものを占領して、必要でなかったことは1カ所の小さい無人島のためにもつれ合います。実際上に私たちは恨みの日本は、この冷酷な生存競争に全て必要でなかった、私たちは何でもを過分に望むことができなく1カ所の国家は1人の紳士です。

  今日、中国は結局自堕落な泥沼から歩いて出さなければいけなくて、だんだん体力を回復しました。まさにはその歴史を知っているので、同様にであり中国のものは勢いを発展させるので、石原慎太郎は1群の日本右翼はやっと気がかりだと感じることができて、台湾と中国大陸がいずれ彼らと清算することができると知っていて、そこですぐアメリカを拉致することに思い至って、できるだけ早く手を下して現実のこのを固体化して募集する。

  彼らは中国とアメリカに最も、1本の矢が2部で復讐して欲しいです。彼らは中国と周辺国家を最も渇望して無茶をして、全世界で人に嫌で、平和に機会を発展させることを失って、過ぎ去った日本のようで、友人を失って、自暴自棄になります。包囲される中国は混乱し状態を分裂させることに帰って、日本について言って、尖閣諸島問題はすぐ自然的に“解決”を獲得することができる。

  同様にちょうどアメリカが歴史真相を知っていて、日本の了見を知っている、やっとずっと尖閣諸島問題上に主権を取って整列しない態度。アメリカはアジアの影響を拡大して、そうでなく日本のために、自分のための利益。ただ中国軋轢アメリカは敵として、アメリカは中国をもって敵とすることができなくて、さらに日本右翼の絵の円によって回る。

  到底子孫たちの惋が惜みのように“もしを話させません……”

  もし石原は購の島茶番劇を作ることを炒めに行かなければ、日本政府の購の島茶番劇がなくて、日本政府の購の島茶番劇がなくて、中国はすぐ有機で海の監の船を派遣して尖閣諸島に入ることができなくて12海里は日常がパトロールする。我が国のための環境を発展させることはともに友好的でなくて、アメリカと暗黙の了解を達成しなければいけなくて、日本のなかった国には変わることがあって、中国は突然海の監の船を派遣して、必ずアメリカ人の世間体を怪我させて、小事のために大事をしくじった結果を引き起こします。

  もし中国のなかった尖閣諸島の日常はパトロールして、すぐ日本を誘発することができない危機の感じ、彼らのすぐ台湾に応答して17年が全て応答しなかったことを要求しなかった漁獲りの権。李登輝と陳水扁は、これは日本にへりくだって、“台はです”政治詐欺師を主張して、こんなにする長年にわたりの全て作ることができない事は、何カ月内もすぐ確定して為していないだろう。これに対しは、信じて個々の台湾人民は全て心は腹の明を知る。

  重要なものはであると、台湾はいささか尖閣諸島の主権を変えなくて要求して、すぐ以前長くできあがらない権益を争うことを獲得しました。以前日本が台湾漁船が行くことを拒絶する理由は“尖閣諸島は日本です”で、日本は行動証明書以前の理由で基づかなかった。日本右翼表面の口は大陸台湾の提携することを瓦解させたと強硬に言い張って、それは撃墜される歯をかむことを飲むことを強く笑っています。これは、日本沖縄県庁はすぐ現地漁民を代表して、日本政府に抗議しなくて、これは明らかに夫人を賠償してまた兵を折ります。

  台湾は領土に譲歩しなくて、大陸にはさらにありませんでした。大陸と台湾の協力下に、日本は以前の主張を変えることを禁じて、これは台湾の勝利で、同様に大陸が日常パトロールの後のものにいまひとつ勝利します。ただ中国は発展することを団結させて、尖閣諸島問題の解決は必然的に水が流れてくれば水路はできます。ただ問題を解決することにいるときに、私たちは歴史を正視しなければいけなく現実には、中国人の意志の力と知恵を発揮することと、そうでなければ私たちはすぐ日本人臨戦を重複する過ちができてそれで、このまさには直ちに切に期待していた。

  私たちは到底私たちの子孫に何十の年後かに再びあるようにさせることができなくて、惋の惜みでの語気は話して:“もし……” (作者は経済的評論家で、ソフトブレイングループ創始者は、よく日本テレビの嘉の賓のために日本社会時事を評価して、企業は経営します)

こちらのまとめが分り易いです。


【関連エントリー】
【懸想の志士 宋文洲】論敵福島香織女史アカウント名は中国語で「ファクファクファクファク」福島女史「アカウントも替えたわ。気分悪いから」
炎上コンサル宋文洲先生「手紙を受けて下さったのだから、文句を言う奴らが失礼だよ。天皇はもう70代のお方だよ、幼稚園扱いしては失礼の極まりだろう」悪質ツイート釣り始める
ソフトブレーン創業者宋文洲先生「北朝鮮拉致被害者の曽我ひとみは極右政治家に利用された拉致関連産業」
「中国のTPP参加表明は米国からの要請」「情報弱者の日本人は北朝鮮国民並み」宋文洲先生が衝撃のスクープ

中国複合汚染の正体

福島 香織 扶桑社 2013-12-19
売り上げランキング : 187082
by ヨメレバ
現代中国悪女列伝 (文春新書 946)

福島 香織 文藝春秋 2013-11-20
売り上げランキング : 723
by ヨメレバ
中国絶望工場の若者たち 「ポスト女工哀史」世代の夢と現実

福島 香織 PHP研究所 2013-03-02
売り上げランキング : 125022
by ヨメレバ









コメント
機械翻訳中共版
钓鱼岛→尖閣諸島
日本名:尖阁诸岛→和名:尖った閣諸島は
ですかそうですか
Posted by 名無しのクネクネ at 2013年12月02日 11:32
個人的には周来友さんの方が面白いと思ってたw石平さんと周来友さんと宋文洲さんのトークバトルで頭クラクラしてみたいw
Posted by とおりすがりん at 2013年12月02日 16:18
これ、2chでスレ建てられるレベルじゃん。
とりあえず、みんなで宋文洲の作文を宣伝してやって、Jキャストとかガジェット通信、ロケットニュースあたりに記事書いてもらうかw
Posted by 名無しのクネクネ at 2013年12月03日 10:12
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。