2013年11月11日

【書店】この15年間で8000店以上も減った理由はアマゾンのせいなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

なぜ人はジュンク堂書店に集まるのか―変わった本屋の元大番頭かく語りき
なぜ人はジュンク堂書店に集まるのか―変わった本屋の元大番頭かく語りき

書店に在庫として置いてある本(主として雑誌、新刊)を選んで買う顧客層は従来の店舗販売型でOK。
旧刊や専門書、読みたい本を「探して買う」顧客層はアマゾン。これが基本でしょ。
ジュンク堂みたいなレコメ化されたリアル店舗も楽しいけど、前提として売り場面積が正義の側面は否めず。



【話題】 15年で8000店! 書店消失は 「アマゾンのせい」なのか?

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/11/11(月) 08:15:54.01 ID:???0

9月30日、神戸市の老舗書店「海文堂書店」が閉店し、ファンが別れを惜しんだ。
日本著者販促センターの調査によると、2013年5月時点での国内の書店数は1万4241店。
1999年には2万2296店だったから、この15年間で8000店以上も減ったことになる。

帝国データバンクの「出版業界 2012年度決算調査」では、2012年の売上高トップは紀伊國屋書店で約1081億円。
次いでブックオフコーポレーションの586億円、ジュンク堂書店と有隣堂が513億円と並ぶ。

数字だけみると大きく見えるが、売上トップ10社のうち6社が前年比で売上減。
うち3社は2年連続減収だ。数少ない増収の有隣堂もわずかプラス1.3%で、2011年度には前年比マイナス6.5%だった。

ある出版社では、10年も前から「これからの書店は、よほどの特色がないと難しいよね」
「これから書店に就職する人は、どんな人なのだろう」と囁かれていたという。

キャリコネに投稿された口コミにも、書店で働く人の不安の声が見られる。

「基本給はほとんどあがらない。ボーナスもあまり期待できない。
業界全体が不況なので致し方ない部分もあるが、生活していくにはなかなか厳しい」(30代前半・男性)

「斜陽業界なので今後どうなるか分からず、不安が大きい。ノルマ達成が難しいと感じる時もあった」(20代後半・男性)

リアル書店低迷の原因として「ネット書店の台頭」を指摘する声は多い。最大手のアマゾンは、
2012年の日本国内の売上だけで7300億円超だ(米アマゾン本社の年間報告書より)。
仮に4割が書籍・雑誌の売上だとしても2190億円にも上り、上位数社分を占める。

リアル書店のよさは、立ち読みができることや、本との偶然の出会いが期待できることだ。
しかしいまでは書評ブログで本の魅力が語られ、目次構成は出版社のホームページでも公開されている。
http://careerconnection.jp/biz/studycom/content_1014.html
>>2

【社会】 「本屋さんで本を買ってください。町から本屋がなくなる」 消える書店…アマゾンや楽天などネット書店に負け、閉店相次ぐ★9
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1382788323/-100



2: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/11/11(月) 08:16:15.95 ID:???0

オススメの類書もレコメンド(推薦)機能で自動的に表示されるので、
在庫を抱えていない小さな書店よりネットの方がよほど出会いが多い。
ネット書店の方が利用者にとってメリットが多い限り、書店不況の原因は自らの改善努力不足によるものと言っていいだろう。

もうひとつの根深い問題が、リアル書店や出版業界自体が長年抱えている構造的な「流通制度」である。

書籍・雑誌は「出版社→取次会社(卸業者)→書店」のルートを経て読者の手元に届く。
取次会社が店舗規模や過去のデータ、地域特性などを考慮し、どの書店にどの本をどれくらい「配本」するかを決めるのだ。

これを「パターン配本」と呼ぶが、書店の仕入れ作業は効率化するものの、
取次会社任せの仕入れになるため、本の品揃えで独自色を打ち出すことができなくなる。

出版社側が「この書店にこの本を○部配本」と指定する「指定配本」もあるが、全国すべての書店を把握することはできない。

また、パターン配本は必ずしも平等に行われるわけではない。
大型書店には話題の小説が大量に平積みされているのに、地方の零細書店には1冊も配本されないという事態も起きる。
店頭注文しても取り寄せまでに1〜2週間かかることはザラなので、読者が離れていくのは当然だ。

ただし、新しい考え方で書店を再生させようという試みも見られる。
東京・港区に店舗を構える老舗書店の山陽堂書店は、2011年から店内にギャラリースペースを設置。
絵画の展示会やトークセッションを開催し、居心地のいい空間づくりでファンを増やしている。

また千葉市にある中島書店では、県産野菜を店内で直売。野菜のレシピ本も併せて販売していることから、地域の主婦層に人気だ。

ただ本を並べているだけの楽な商売では、業界が成り立たないのは以前から言われていたこと。
工夫できるところとそうでないところの差が、ますます広がっていくのだろう。


5: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:17:14.59 ID:YkM3XTtr0

だって欲しい本がいつもないんだもん


6: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:17:30.69 ID:CyqZEVEo0

何でもかんでも人のせい


10: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:18:26.48 ID:drKPMD1c0

それあるかも
アマゾンならわざわざ買いに行かなくても在庫豊富だし、割引適用されるし、ポイントもつくしさ
本屋行っても新刊以外が入手し難いのがなんとも
どうせないだろうからアマゾンでいいかっていつも思っちゃう


405: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 09:06:17.35 ID:MjqhZxbw0

>>10
アマゾンじゃなくても、発売日前にコミックスや雑誌がネット注文なら手に入るなら
そっち行くよ
地方じゃ下手すりゃ2日遅れるのに


16: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:19:41.05 ID:RDNcdtgU0

出版点数が増えすぎて、欲しいと思っても小さい本屋に置いてないしな。
かといって雑誌系は縮小してるし。


17: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:19:46.76 ID:Bf8S5/aO0

書店の次は、家電量販店やデパートの番だね。


19: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:20:10.70 ID:HL2Db1Qo0

アマゾンだと色々探せるし
最近はレビューだけでなく中読めるのも多いしね
本屋は好きだけど、品揃えが悪すぎ
コンビニでも買えるようなのor変色してるのしか置いてないからわざわざ覗かない


28: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:22:21.71 ID:Gp4ZD0J30

この配本のシステムはどうしようもない
取次に各書店の棚箱が与えられているが
一杯になったロッカーから箱詰めして配送に回す
どうみても一杯になるのは大手か駅前店だけだ


186: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:41:52.55 ID:GO8lcrnP0

>>28
小さな書店は配本されないから客足が遠のくって聞いたけどマジなんかね


210: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:44:11.97 ID:+ucAFvYg0

>>186
マジ

どの店舗にどれだけ本を回すかがまず出版社側が決めて
それをどれだけコネを使って「裏側」から調整するかが腕の見せ所……って、普通の本屋はそんなことできるわけが無いんだがね


251: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:47:28.63 ID:k4JseOWM0

>>186
配本数や配置はほぼ取次ぎ店が決めるからな
取次ぎ店様に逆らえる書店や版元なんてそうはない


39: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:24:52.83 ID:pWbQFYsk0

普通にネット検索してアマゾンで買う
求めてる本があるかもわからないのに書店まで行くわけがない
本屋は時々立ち寄って今どんな本が出てるのか眺めるだけ


40: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:24:54.00 ID:T6uw9LVD0

つーかアマゾンだの通販だの人のせいにばかりして
企業努力してるの?
オレは企業努力してる本屋なんて見たことないよ
愛想のない店員
品揃えもウェブに負けてる
独自の配達とかすればいいのに
何一つ努力しないで通販の被害者ヅラして泣きついて恥ずかしくないの?


150: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:38:05.32 ID:DwotE18b0

>>40
なんの本を置くか「本屋」に決定権がないのが一番の問題。現地のことをろくに知りもしない出版社が決定する業界全体の構造的
な問題だから、改革は容易ではない。


192: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:42:41.53 ID:KBo4SBGT0

>>40
今までの様な待ちの営業している書店は消えていく運命だろうね。しかしいくら努力してもそれも無理な状況になってきた。
Amazonで在庫状況確認して無かった物は
街の書店にはまず無いしな。
取次に在庫確認してもらうまでもなく。
京都の某書店の様な独自色出して頑張っている所もあるけど、それもビレッジヴァンガードみたいなチェーンが出来てくると苦しいだろうし。


46: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:25:44.19 ID:IAPW6xOw0

雑誌と文庫本は近くの本屋で買ってるがな
問題は専門書


47: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:26:00.88 ID:PYJHwdFP0

実は雑誌を奪ったコンビニのせい
アマゾンはスケープゴート


49: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:26:12.18 ID:+Ik8eF5V0

アマゾンが送料無料になる前は、セブン-イレブンとか他のネット書店で買ってた


50: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:26:16.97 ID:Jnfqce/E0

それに最近の本屋は立ち読み禁止カバーつけまくってるからな
店舗行く意味ねーじゃんってなるよ


53: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:26:35.74 ID:MYEIMqDc0

近所の唯一の本屋もコインランドリーになっちまった・・・(´・ω・`)


55: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:26:49.36 ID:F8pr/6ehO

本屋がある時はそこで買ってたけど、近所の本屋が次々と消えてくからAmazonや楽天に頼らざるえない


58: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:27:03.97 ID:ThY8giHv0

「コンビニガー」

「bookoffガー」

「amazonガー」

馬鹿は死ななきゃ治らない


78: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:29:31.03 ID:V7F8038pO

>>58
毎回仮想敵を設定して、右肩下がりの業界の本質から目をそらしてるだけなんですよね。


238: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:46:28.47 ID:at8XHDAG0

>>58
次の「Kindleガー」まで決まっている


60: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:27:16.60 ID:Qli7KoKF0

アマゾンが悪いみたいに言うけど
アマゾンは頑張ってるぜ
あれだけの利便性と価格、情報コミュニケーションを提供できるのは
大したものだ
消費者のニーズに応えてる


77: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:29:29.42 ID:drKPMD1c0

>>60
そうなんだよな
最近は発売日に家に届くようになってるし
利便性には勝てないだろ


82: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 08:30:13.06 ID:0UZlYrwL0

>>60

むしろAmazonが
出版業界とCD.DVD業界を守ってくれているのかも知れない
自宅でゆっくり選んで買えるのは大きな利便性で
自分自身、実際購入も増えている


392: 名無しさん@13周年 2013/11/11(月) 09:04:32.94 ID:UgznBxuV0

>>82
言えてるわ
アマゾンなかったら今頃本1冊もCD1枚も買わない生活してるかも知れない


引用先: http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1384125354/


× この15年間で8000店以上も減った理由はアマゾンのせい
○ コアな読書家の選書障害を救ったのがアマゾン

新聞やアパレル、食品と違い、年を追う毎に品揃えが青天井で増え続ける業界が総じて抱えるジレンマ。
70年代と比べ、その後の4〜50年間に新規発売されたコンテンツが追加されているので棚割りが破綻するのは当然。顧客のニーズがどこにあるか分からないし、分かろうともしない業界全体の責任もあるけど、外部要因以前に構造的・物理的な内部要因も否めないですね。

面倒くさいので詳細説明しない前提で書店と近いCD業界事例を。
買い取り且つ利益率が低く、商品単価が高いので万引きされたら即死の「レコード・CD」なんてのも昭和の時代から(当初は大半がメーカー直取引だった背景もあり)「売れ筋」は小さなショップには回さないし、返品率ってのも仕入額に連動していたんですよ(輸入盤は100%買い取り)。
つまり仕入額が大きなショップは死に筋より売れ筋へ在庫を大胆にリフレッシュ出来るが小さな店は死蔵品が滞留する。そういう小売店舗保護として業界全体で敷いたセーフティーネットが「再販制度」(書店然り)と問屋制度と解釈。

上述、品揃えについて量のみならず「質」ですら店舗の規模に比例し、降って湧いたレンタルレコード禍も加味され街のレコードショップ壊滅〜一等地に生き残ったHMVやタワーレコードですらその在庫収容キャパ超え〜そのジレンマを解決したのがDBと販売が連動するビジネスモデルで、先駆者だったセブンドリーム・ドットコムなどを経て試行錯誤した顧客が選択したのが、送料無料を開始したアマゾン。(当初は送料有料だったよね)

但し、アマゾン躍進の影で冷や飯を食わされているヤマト運輸が仮に反旗を翻し送料有料となれば、デリバリーも内製化しない限りアマゾン帝国は一瞬で崩壊するでしょう。

そうなると次はデジタル書籍か、配送エリアを絞ることによりリアル店舗と兵站を共有するヨドバシカメラドットコム形式のビジネスモデル、ヴィレッジヴァンガードみたいなクラスタ化、ジュンク堂みたいなカーニバル化。
このステップが理解出来ていない三木谷がWiki谷とバカ殿扱いされる所以。まだお若いのに可哀想ですね。
10分あれば書店に行きなさい (メディアファクトリー新書)

齋藤孝 メディアファクトリー 2012-10-29
売り上げランキング : 11175
by ヨメレバ
書店員が本当に売りたかった本

ジュンク堂書店新宿店 飛鳥新社 2012-07-11
売り上げランキング : 279961
by ヨメレバ
希望の書店論

福嶋 聡 人文書院 2007-03
売り上げランキング : 322526
by ヨメレバ
「本屋」は死なない

石橋 毅史 新潮社 2011-10
売り上げランキング : 177206
by ヨメレバ
本を売る現場でなにが起こっているのか!?

編集の学校 雷鳥社 2007-09
売り上げランキング : 313985
by ヨメレバ









コメント
2ch.の.ま.と.め.サ.イ.ト.読.み.あ.さ.っ.て.い.る.と.、読.書.時.間.が.削.ら.れ.る.よ.ね.・・・ウ.チ.み.た.い.に.自.営.だ.と.通.勤.時.間.の.時.間.つ.ぶ.し.と.か.無.い.か.ら.な.ぁ・・・。
Posted by 漁師 at 2013年11月11日 11:31
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。