2013年09月12日

【カッパドキア女子大生殺害事件】「殺害後レイプ」地元メディア報じる&「栗原舞さん、許して下さい」追悼フェイスブック開設される(追記あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

カッパドキアの知られざる景色 廉価版 (上巻)
カッパドキアの知られざる景色 廉価版 (上巻)

世界的にも屈指の観光地で日の高いうちに散策中の災難。
被害者にも地元生活者にも落ち度はまったくありませんが、観光地カッパドキアは壊滅的な打撃を受けるでしょうね。

海外旅行慣れは性犯罪被害を担保しない。めいろま先生のメッセージをお聞き下さい。
海外在住・元国連職員のめいろま先生が海外大好き日本女のお花畑スイーツ脳を滅多斬り
連日、100回/日程度めいろま女史に見つめられ息苦しくなってきたのですが



日本人観光客が殺害後レイプ
2013年9月11日

ギョレメネブシェヒルゼミの谷の町は、22歳の栗原舞は刺しと以前朝の散歩、寺松星絵負傷。
容疑者は容疑裁判所によって逮捕された司法裁判所に呼ばれていました同じ年齢の友人を殺した。
殺された後にレイプ日本の栗原舞現れるの攻撃中に死亡したネヴシェヒルのギョレメの町は、容疑者拘留親戚saldırdı.Urgup地区を表示したいマスコミのメンバーは、容疑者は、憲兵隊に続いて、午前中に司法裁判所に呼ばれていました。
検察官は、約8時間が長い逮捕された後の証言は、裁判所によって与えられた。
容疑者の母親や親戚、記者が裁判所の前で待機して、その後oğrenmelirinin決定を攻撃した。彼の息子は無実。
日本人記者だったママは、彼らが記者の文に同意していないと述べた。



謹んでご冥福をお祈りしますし、追悼の意図も分かるのですが、なんかお祭り騒ぎみたいで腑に落ちない気が。



栗原舞さん、許して下さい   Facebook_

【関連エントリー】
【ブカレスト女子大生殺害事件】被害者は異常性行為を経て絞殺、容疑者は数日前に老婆をレイプ殺害?快楽殺人者とルーマニアメディア
【ブカレスト郊外インターンシップ女子大生殺害事件】犯人は国際線到着客専用レイプ犯とルーマニアメディア

追記:一人目の犯人逮捕は二人目のに逮捕された現時点での真犯人による狂言だったそうで、さすがミッドナイト・エクスプレスランド。

トルコ殺傷、2人目の男拘束…「一人でやった」

 【アンカラ=溝田拓士】トルコ中部の世界遺産カッパドキアで新潟大4年栗原舞さん(22)(宮城県名取市出身)が刺殺された事件で、捜査当局者は12日、本紙に対し、事件に関与したとして2人目の男(24)を拘束したことを明らかにした。


 男は調べに対し、「自分一人でやった。ナイフを振り回して彼女たちを殺した」などと供述している。また、捜査当局者によると、凶器とみられるナイフが、男の供述通り、現場近くの川から発見されたという。

 政府系アナトリア通信などによると、男は事件現場のギョレメ町に隣接するユルギュップ町に居住しており、11日に拘束された。同国のドアン通信によると、男はまた、事件当日、「(栗原さんら)2人の乗った自転車が、自分の車にぶつかってきたことから口論となった」などと供述している。

 この事件では、栗原さんを殺害した容疑などで11日に電気工ムスタファ・ディラベル容疑者(26)が逮捕され、当初犯行を認めたと伝えられたが、地元メディアは12日、同容疑者が犯行を否認していると報じている。2人の関係は不明。

 捜査当局が、自宅の捜索で、この男の関与を示す複数の証拠品を押収したとの情報もある。

 一方、首都アンカラに到着した栗原さんの両親は11日夜、栗原さんの遺体が安置されている病院を訪れ、遺体と対面した。

(2013年9月13日02時13分 読売新聞)











カッパドキアの知られざる景色 廉価版 (上巻)[Kindle版]

金田 泰 Dasyn.com 2013-05-01
売り上げランキング : 2262
by ヨメレバ
カッパドキア トルコ洞窟修道院と地下都市 (アジアをゆく)

大村 幸弘 集英社 2001-04-20
売り上げランキング : 527850
by ヨメレバ
漂流するトルコ―続「トルコのもう一つの顔」

小島 剛一 旅行人 2010-09
売り上げランキング : 41331
by ヨメレバ









コメント
石好きネーチャンってのは、一定量居る。定番は、パラオ、エジプト、メキシコ、カッパドキア、イースター島。イースター島には数度行った。これが元で彼女が出来た事もある。
Posted by 漁師 at 2013年09月13日 04:10
捕まった二人目は最初の逮捕者の親せき(確か従弟)で顔つきがそっくりとの話でした、実際に写真では区別がつかないうえに乗っていた車の色も同じと言う、、
Posted by 名無しのアベシンゾーさん at 2013年09月13日 12:24
 「世界一安全」と呼ばれる観光地がある。が、それでも日本の西成の方がナンボか安心な程度です。観光客が普通に行かないところは、麻薬をこっそり吸う為にバーベキューしてたりしますよ。むしろ彼女たちは、麻薬を買いに行ったらトラブッたてのは?
Posted by 漁師 at 2013年09月13日 15:23
そんな無責任な邪推は被害者をどれだけ侮辱するか解ってるのか?
Posted by 名無しのアベシンゾーさん at 2013年09月14日 13:42
> そんな無責任な邪推は被害者をどれだけ侮辱するか解ってるのか?
 ググったら、トルコ現地在住ガイドさんのブログが出てきた、「現地人の若い人が麻薬をしていたりするので、オススメしないし、どうしても行きたいのならガイドを雇っていくべきだ。自分も怖い
思いをした事がある」とのことです。知らなかったのなら仕方はありませんが、疑われても仕方はないでしょう。僕は超高級リゾートとして日本でも有名な観光地にあるカルフール(スーパー)から出てきたら「大麻要らない?」て話しかけられたことがあるよ。真っ昼間に。
Posted by 漁師 at 2013年09月15日 10:32

トルコソースの報道記事が出てきた。トルコ語はわからないが、ググる先生に訳して貰ったら、"「レ○プして刺した」と供述した"だってよ。
Posted by 名無しのアベシンゾーさん at 2013年09月15日 10:56
漁師って人は「超高級リゾートとして日本でも有名な観光地にあるカルフールで」大麻を購入したんじゃないかね。

売人に声かけられたって言ってたからね。買ったんでしょ。

と、拡散されても文句無いって事だね?
疑われても仕方ないもんね。そんな詳しい話知ってるんだから。
Posted by 名無しのアベシンゾー at 2013年09月15日 23:37
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。