2013年07月12日

「中国から飛来する黄砂は日本独自の発酵食品の生みの親。どんな味がするのだろう?欲望は尽きない」沖縄タイムスが推し進める反オスプレイ運動、ソフト路線へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

狙われる日本配備 オスプレイの真実
狙われる日本配備 オスプレイの真実

いやいや、その考えは怪しいお米セシウムさん。
また報道テロ!今度はフジネットワークの一翼を担う東海テレビ「JA岩手提供ひとめぼれは汚染セシウム米」だと勇気ある告発
ヒバクシャ相手に無慈悲な人体実験を繰り返す菅直人 今度は福島市の小学生に怪しいシチューセシウムさんを実食強制

[大弦小弦]納豆嫌いを克服したのは大人になってから…


[大弦小弦]納豆嫌いを克服したのは大人になってから…
2013年7月10日 09時16分

 納豆嫌いを克服したのは大人になってから。子どものころは卵を落としても、しょうゆを垂らしても、臭いが鼻を突いた

▼味覚が成長したのかと思って、全国納豆協同組合連合会に聞いたら当てが外れた。おいしくなっていたのだ。1970年代から輸送インフラが整備され、製造技術も高まって「ちょうどいい状態」で家庭に届くようになったという

▼その秘密は納豆菌の働きを制御する仕組みにある。嫌な臭いは発酵が進み過ぎたせいだった。沖縄でも本土復帰後、早々に流通網が整ったはずなのに、長年食わず嫌いを続けてきた。もったいない

▼その納豆菌が、黄砂に乗ってやってくるというから面白い。『空飛ぶ納豆菌』(岩坂泰信著)は、日本や中国での綿密な調査を基に黄砂の表面に微生物やさまざまな物質が付着していることを解き明かす

▼大陸からの風は、PM2・5という何やら物騒なモノを運んでくるが、一緒にやってくる窒素酸化物は、海のプランクトンの餌となって食物連鎖に貢献する。そして日本独自の発酵食品の生みの親であるのかもしれない

▼岩坂さんの仲間は、黄砂から採取した菌から、納豆を作り商品化してしまった。その名も「そらなっとう」。いったいどんな味がするのだろう。がちまやーの欲望は尽きない。7月10日は納豆の日。(具志堅学)


沖縄タイムスのこういう記事も見直されているそうですよ。
さよなら米軍、こんにちは!人民解放軍。

沖縄タイムス

倍賞美津子かよ。
狙われる日本配備 オスプレイの真実

赤旗政治部「安保・外交」班 新日本出版社 2012-09-12
売り上げランキング : 545938
by ヨメレバ
オスプレイ配備の危険性

真喜志 好一,リムピース,非核市民宣言運動ヨコスカ 七つ森書館 2012-08
売り上げランキング : 414932
by ヨメレバ
アメリカに潰された政治家たち

孫崎 享 小学館 2012-09-24
売り上げランキング : 5268
by ヨメレバ
鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

孫崎享,鳩山由紀夫,植草一秀 飛鳥新社 2013-06-08
売り上げランキング : 2166
by ヨメレバ

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)中国 | 環境問題
Edit








コメント
 黄砂からダイオキシン・・・じゃなくて、黄砂から
ミネラル云々ってのは、ヨット遭難辛抱さんも
チラっと言ってましたね。
Posted by 名無しのアベシンゾーさん at 2013年07月13日 02:00
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。