2013年05月16日

【新語誕生】朝日新聞記者石橋英昭さん「チョンキール」ツイートを完全削除

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

「排日移民法」と闘った外交官 〔1920年代日本外交と駐米全権大使・埴原正直〕
「排日移民法」と闘った外交官 〔1920年代日本外交と駐米全権大使・埴原正直〕

特定日本人」に次ぐヒット商品になりそうな「チョンキール」ですが、別に消さなくてもいいのに。

ビフォー
png



アフター



この手のネトウヨさんって行動規則が徹ちゃんと似ているのですが、偶然ですよね。
どちらも面白いのでまぁいいか。

【追記】
ソースがJ-CASTでありますが、とりあえず謝罪と賠償記事が出ましたので転載。

朝日新聞が自民議員らに謝罪 記者が誤解与えるツイート
2013年 05月16日 15時10分

韓国人差別のステッカーが衆院議員会館で売られていたと朝日新聞記者がツイートしたことについて、朝日新聞社は2013年5月16日、「誤解される内容を発信した」として、自民党議員らに謝罪したことを取材に対して明らかにした。

ステッカーは、沖縄復帰の学習会でボランティアの1人が展示していたことが分かっているが、学習会実行委の市民団体「沖縄対策本部」では、このボランティアは無断で展示しており、すぐに止めてもらったと説明していた。会議室利用に協力した自民党の西銘(にしめ)恒三郎衆院議員側も、朝日記者はツイートの前にこうした事実関係を確認してほしかったと指摘していた。

朝日新聞社の広報部では、記者は業務外で私的にツイッターを利用しているとしながらも、「国会議員や主催団体が関与していたと誤解される内容を発信しました」とコメントした。会場では、本人がステッカーを買っていたことも明らかにした。実行委では、ボランティアに会場で販売してはいけないと事前に説明をしたとしているが、実際は売られていたことになる。

ツイートについて、朝日のコメントでは、「記者の上司は本人に注意するとともに、ご迷惑をおかけした国会議員の事務所や主催団体にお詫びしました」としている。

なお、ツイートした社会部の石橋英昭記者は、関連するツイートを削除したことをツイッターで明らかにするともに、「私のツイートに誤解を招く表現があり、関係者にご迷惑をおかけしたことをおわびします」と書いている。

テキストも断定口調ではないのでツイート削除はオーバーリアクション、または証拠隠滅の気が。
記者個人であれプロフィール欄に朝日の看板出しているツイッターアカウントなんですから、元ツイート残しそのまま追記していけばいいのにと思います。新聞記事って、誤報出しても回収しないやん。

'石橋英昭

「新聞社の見解とは関係ありません」のであれば、自己紹介欄に勤務先名や会社のメールアドレス書いちゃダメでしょ。
街宣車で乗り付け無言で一般市民を暗示的に恫喝する暴力団と同じ虎の威を借る狐というか、もの凄く卑怯な印象。
「排日移民法」と闘った外交官 〔1920年代日本外交と駐米全権大使・埴原正直〕

チャオ埴原三鈴,中馬清福 藤原書店 2011-12-22
売り上げランキング : 81550
by ヨメレバ
GHQ焚書図書開封5 ハワイ、満州、支那の排日

西尾幹二 徳間書店 2011-07-30
売り上げランキング : 51536
by ヨメレバ
満州 奇跡の脱出 170万同胞を救出すべく立ち上がった3人の男たち (柏艪舎文芸シリーズ)

ポール 邦昭 マルヤマ 柏艪舎 2011-12-25
売り上げランキング : 420742
by ヨメレバ









  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。