2013年05月07日

闇株新聞「MRIインターナショナルは日本人専用取り込み詐欺」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか
富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか

という仮説ですが、敵が破綻しているので格好の検証材料ですね。

最初から日本人を狙った詐欺会社だったMRIインターナショナル | 闇株新聞
2013年05月07日

連休前の4月26日、米国のMRIインターナショナル(以下、MRI)が日本人投資家から集めた1300億円余りの資金を「そっくり」消滅させたとの報道がありました。

 MRIは米国の会社なので「遠慮がちに」報道されているのですが、これは「外国(多分米国)の詐欺集団が」「最初から日本人投資家を騙す目的で」「体裁だけ整えたスキームで」「首謀者は資金の大半を持ってとっくに消えている」ケースです。

 日系人らしい本社代表の名前が出ていますが、詐欺集団の首謀者が表に出るはずが無く、多少の報酬で雇われて代表になっていただけの「おじさん」です。

 残念ながら、消滅した資金の行方は「絶対に」解明出来ず、もちろん「絶対に」戻って来ず、首謀者も「絶対に」出てきません。代表の日系人も、日本で起訴できるかどうかは微妙です。

(中略)

 投資家がラスベガスの本社や、債権を買い取っている医療機関への無料ツアーに招待されていたそうですが、本社はともかく医療機関は「全く関係のないその辺の医療機関に案内されて関係ない人間が出てきて説明しただけ」だったはずです。

 だから詐欺集団は海外を仕掛けに使うのです。もっともMRIは何から何まで海外(米国)にあったのですが、大半の日本人にとって「普段見たことのない」「簡単に見に行けない」「見に行っても確認できない」など、典型的な詐欺に使われるスキームです。

 報道ではMRIは1998年に「運用」を始め、少なくとも2011年からは投資家の入金はすべて配当と経費に充てられていたので、首謀者にとってMRIは2011年にはとっくに「御用済み」であり、代表の日系人と日本のスタッフだけが取り残されていたことになります。(後略)

闇株新聞の推論当確は別にして、書いている内容は国内のB2Bパクリ屋とまったく一緒ですね。
日本のパクリ屋の場合、主宰者がライオンズルートなどで元校長や公務員OBなど見栄張りで世間知らずで脇が甘いおっさんを夢を餌に薄給で一本釣りし登記簿上も代表に据え、一生懸命営業させるパターンが多いです。本人は自分が詐欺の片棒担いでいるとは知らないので、結果的にそれはそれは真に迫った演技となります。
(だから相手の人柄とか自分の経験則で判断しても、会社の実態が分からない)
で、手形飛ばした後は当該代表がすべて尻拭いし、家屋敷があれば弁済強いられるも本人は最後まで事情がよく分からぬという悲劇というか喜劇な顛末。

それではバーチャルシミュレーション。
あなたは今を遡る2008年にいます。毎日新聞に掲載されていたMRIインターナショナルに心を惹かれ、資料請求し、営業より勧誘され、ネットで調べてこういうサイトに辿り着く。さてあなたはどう思うか?

MRIインターナショナルの投資について

更に知恵遅れ画像をクリックし元ベージをご覧ください。最下段の回答がシュールDEATH。
結論は、訳が分からぬものに手を出すな。

'MRIインターナショナル インク'

将来不安からうまい儲け話に騙されないために〜投資詐欺話の3つの要件とは?(かさこ) - 注目の記事 - BLOGOS(ブロゴス)
富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか

高岡 壮一郎 幻冬舎 2008-02-08
売り上げランキング : 153536
by ヨメレバ
実録・中国投資家地獄めぐり

大島賢洋 太田出版 2013-05-02
売り上げランキング : 15075
by ヨメレバ
悪魔の取引 ある投資詐欺事件のストーリーで学ぶ金融入門

アンドレアス・ロイズ 阪急コミュニケーションズ 2013-04-18
売り上げランキング : 142788
by ヨメレバ









  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。