2013年03月10日

全国人民代表大会開催中、新疆でウイグル民族が漢民族を無差別殺害

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

中国の狙いは民族絶滅―チベット・ウイグル・モンゴル・台湾、自由への戦い
中国の狙いは民族絶滅―チベット・ウイグル・モンゴル・台湾、自由への戦い

対話や愛や憲法9条で解決出来れば本当にいいのですが、結果論として地下資源さえなければ、このような大規模な民族浄化はなかったかも。
そして脳天気な沖縄が渇望する地上の楽園のその先にあるものは、陰茎を切り取られた男性、漢民族強制交配女性、高タンパク質な食料となった子どもたち。



記事の行間に色々背景が盛り込まれていますね。

新疆で漢民族襲撃事件 全人代開会中、新体制に打撃も  :日本経済新聞
2013/3/8 19:54

 【北京=多部田俊輔】中国新疆ウイグル自治区政府は8日、コルラ市の繁華街で7日午後3時にウイグル族が漢民族を襲って4人が死亡し、負傷者も出る事件が起きたと明らかにした。コルラは中国国有大手、中国石油天然気集団(CNPC)の「企業城下町」。経済格差の拡大が社会不安につながっている。

 北京では全国人民代表大会(全人代、国会)が開かれており、自治区トップの張春賢党委書記が7日の記者会見で、ウイグル族の独立運動について「依然として深刻だが、(治安)情勢は好転している」と述べたばかり。今回の事件は習近平最高指導部にも衝撃を与えるのは確実だ。

 香港紙などによると、ウイグル族3人が刃物を持って漢民族を襲い、7歳の児童を含む4人を殺害。治安当局は3人のうち1人の身柄を拘束するとともに、付近の交通を封鎖。新疆の治安当局は自治区全域で厳戒態勢を敷いた。

 コルラは中国の原油・天然ガス生産量の1〜2割を占めるタリム油田の拠点。CNPCで働く漢民族の富裕層が高級住宅街に住み高級車を乗り回す一方、ウイグル族の大半は石油業に就けずに所得は低迷。「ウイグル族が持っていた石油資源を漢民族が奪っている」(ウイグル族の男性)との不満がたまっていた。

 新疆でウイグル族の独立運動が顕在化するのは1990年ごろから。ソ連崩壊で民族意識が高まったほか、中国政府による油田開発や漢民族の大量移民による農地開発で、土地を追われるウイグル族が続出していた。


テキサス親父がグロテスクな解説しているので、興味がある方はどうぞ。



中国の狙いは民族絶滅―チベット・ウイグル・モンゴル・台湾、自由への戦い

林 建良,テンジン,ダシドノロブ,イリハムマハムティ まどか出版 2009-03
売り上げランキング : 75000
by ヨメレバ
中国はいかにチベットを侵略したか

マイケル・ダナム,Mikel Dunham 講談社インターナショナル 2006-02-17
売り上げランキング : 78038
by ヨメレバ
7.5ウイグル虐殺の真実―ウルムチで起こったことは、日本でも起きる (宝島社新書)

イリハム マハムティ 宝島社 2010-01-09
売り上げランキング : 31229
by ヨメレバ
最終目標は天皇の処刑 中国「日本解放工作」の恐るべき全貌

ペマ・ギャルポ 飛鳥新社 2012-01-20
売り上げランキング : 118548
by ヨメレバ









  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。