2013年02月14日

「韓国観光産業に暗雲 日本人たちが消えた!」韓国毎日経済が衝撃ルポ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

韓国が「反日」をやめる日は来るのか
韓国が「反日」をやめる日は来るのか

日本国内では知る由もないありのままの報道。
機械訳+手作業です。

日本人 「見どころのない韓国...激安旅行パックがあっても買いません」

本紙東京特派員が伝える現地の雰囲気 「3泊ホテル代7万5千ウォン」出血競争も、外交葛藤・寒波重なって、韓国行「半減」「韓流バブルに酔って楽に商売」苦言
毎日経済 | 入力 2013.02.12 17:03 | 修正 2013.02 .13 16:25

◆Welcome To Korea 2部 観光産業暗雲/◆‘本人たちが消えた◆

「韓国の方ですか?」 東京の中心部である千代田区に位置する日本最大の旅行会社JTB店舗。昼食時間のためか多くの客が殺到し番号札を抜いて10分ほど待たされている店内。カウンターに座り「2月に3泊4日程度でソウルに旅行する計画」と伝えたところ、窓口の担当者からいきなり国籍を聞かれた。

20130213162513301


「どもる日本語から韓国人とばれたのだろう」と思った瞬間、担当の恵理子さんは「最近、韓国系の人以外は韓国旅行をほとんど利用しないのですよ」と珍しそうに見ている。
実際、絵理子さんが示したツアー商品を見たところ、「2月中旬、3泊4日でソウル旅行商品」では、ソウル中心部の中級ランクホテル宿泊費と往復航空券、空港税、燃油サーチャージなどすべて込みで3万7460円だ。為替レートを適用すると、40万ウォンをちょっと超える。
商品の内訳をよく見ると、航空運賃が3万1160円で、残り6300円がホテル代である。3泊を提供するホテルが受けるお金がわずか7万5000ウォンいう話だ。

最近の日本観光客急減の影響から、ソウルの観光ホテルがとんでもないダンピング価格で宿泊料を設定しているらしい。例えば同じ時期に航空券のみを購入しても4万4460円となり、3泊4日のパッケージ商品より逆に7000円高くなる。ホテルと旅行会社が泣く泣く捨て値で宿泊客を受け入れているわけだ。1月初めには、特別キャンペーンで2900円の商品もあったらしい。恵理子さんが言うには「あの時はあまりにも安かったから完売しました。今の価格も昨年の今頃より30%以上安いのですが、それでも韓国を訪れる日本人はほとんどいないんですよ」と打ち明けた。
「(店内で列をなす)この多くの旅行者たちは一体どこに行くのですか?」と尋ねると、「(反日感情が高い韓国と違い)周りを気にする必要もなく、(韓国より)暖かいハワイやグアム、シンガポールなどが最近人気が高いですね」という返事が帰ってきた。

20130213162513316


相談を終え店を出て、店舗入り口に設置された観光案内パンフレット展示台をみると、韓国ガイドは後回しにされていた。それは「春の旅行商品」パンフ用展示台だったが、この店舗独自のランキングによると韓国のソウルはシンガポール、台湾などに押され4位、また家族旅行コーナーは、グアムとハワイを宣伝するパンフレットがいっぱい差し込まれているが、韓国はまったく見られなかった。

かつて日本人たちにとって最高の観光地と思われてきた韓国が敬遠されて始めている。独島(竹島)紛争で始まった両国間の葛藤と円安、厳しい寒さなど様々な悪材料が重なった結果だ。
韓国観光公社によると、日本人観光客の訪韓が急に減少し始めたのは昨年9月からといわれる。これは、李明博大統領による「独島電撃訪問」と「天皇陛下は韓国民へ土下座して謝罪せよ発言」以後、触発された韓日対立が本格化した時期と一致する。

日本人観光客は昨年春までは毎月、前年同期比20%以上の伸び率を見せていたのだが、9月に入り李明博舌禍で3.8%減少、10月からは毎月マイナス20%以上の激減基調にある。
今年は状況がさらに深刻だ。日本旅行協会(JATA)によると、韓国行きの日本人団体旅行客予約率は1月には前年同期比55.1%、2月43.9%、3月48.5%に減ると予想される。一方、米国・カナダ方面の旅行予約はそれぞれ154.2%、160.8%、156.7%と増加。それでも日系大手旅行会社は全国的なネットワーク展開から経営状態はまだまし。韓国本社旅行会社の支店形態で運営される、いわゆる「ランド」業界は事務所を閉め撤退する企業が増えている。

新大久保にあるS観光東京支社。上と同じ条件の2月の韓国観光商品を2万8060円に設定している。「日本のJTBはこれより1万円程度高い価格設定としているが、なぜ韓国の旅行会社はこんなに安い商品を販売出来るのか?」と尋ねたところ、 「すぐに現金が必要だから」との回答だった。

20130213162513322


S観光のカウンセラーHさんは、 「正月明けには7000円の韓国7日間商品もあった」というが、「それでもなんとか運営できている私たちはまだ幸せ」と訴える。実際、これまで韓国系ランド観光会社は日本全国に50社程度あったが、ここ半年で40社程度に減少したというのが観光業界の推計値である。
K社日本法人代表は「日本人観光客向け韓国ツアー商品のみを取り扱う前提で、ここ最近の状況が今後も続くのであれば経営を維持するのは困難」と説明した。問題は需要の先行きがまったく不透明だということ。
K社法人長は「季節的な厳しい寒さも旅行者激減の原因に挙げられますが、根本的な問題として日韓両国関係の外交悪化」と「一度韓国へ背を向けた日本人の心をどうすれば元に戻せるのか検討もつかない」と話した。

韓国旅行業界の営業姿勢をたしなめる声も出ている。B航空会社関係者は「韓国の旅行代理店は韓流ブームに酔って楽な営業をし続けた」とし、「韓国国内での日本人専用ボッタクリ価格、日本人向け嫌がらせ対応も日本人観光客の間では有名」と説明した。この関係者は「厳しい日本人の好みを満たすことができる様々な商品の開発、不眠不休の努力が急務だ」と指摘した。

■観光産業「爪可視」情報提供されます。毎日経済が今年アジェンダに採択した"Go Together Korea(私たちは一緒に行きましょう)"を実践するために、旅行・観光分野「爪の可視」を選ぶのに積極的に参加しています。
観光業界従事者と一般読者のみなさんに「可視」とされる不合理で不公正な部門に対する情報提供と意見を頂きます。
毎経ホームページ(www.mk.co.kr)を介して、皆さんの積極的な情報提供をお待ちいたします。

【企画取材チーム東京=イムサンギュン特派員/ベハンチョル記者/シンイクス記者/か虹記者/ イ・ユジン記者] [ⓒ毎日経済&mk。 co.kr、無断転載および再配布禁止]

ついでに、日本のニュース番組でこういうのも流したらいいですよ。
ネットじゃすでに懐かしい話ですが、普通の日本人なら多分知らない。
韓国児童の反日絵画展
「38度線緊張」のスケープゴートに反日感情利用されるのは迷惑至極です。中国共産党亦然り。
韓国が「反日」をやめる日は来るのか
韓国が「反日」をやめる日は来るのか鄭 大均

新人物往来社 2012-12-22
売り上げランキング : 22239


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由
韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由崔 碩栄

彩図社 2012-10-11
売り上げランキング : 20173


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実
ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実水間 政憲

PHP研究所 2013-02-01
売り上げランキング : 106


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)韓国 
Edit








  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。