2013年01月05日

【秋田県・上小阿仁村の村医イジメ疑惑】週刊ポストライター神田憲行大先生の汚れた尻を週刊プレイボーイライターコバタカヒトさんが見事に拭きあげる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

過疎地域の戦略: 新たな地域社会づくりの仕組みと技術
過疎地域の戦略: 新たな地域社会づくりの仕組みと技術

数少ないながら「はてブ」などで話題となる複数の記事文尾でよくお見かけする「コバタカヒト」さんが、またもいい仕事をされています。(マッド・サイエンティストのエピも収録済)
プレスリリース丸写し的ジャーナリストの神田憲行大明神と違い、知性と好奇心の塊なのでしょうね。

【コバタカヒトさん関連記事】
科学から見た反原発の問題点 菊池 誠「“御用”のレッテルで科学を殺すな」 - インタビュー - 週プレNEWS
大学教授がわかりやすく解説する「放射能の基礎知識」 - 週プレNEWS
反原発デモで「国と電力会社が悪い」と叫ぶだけでは世論は動かない - 週プレNEWS
受信料値下げ額はわずか70〜120円。NHK職員ひとり当たりの人件費は年間1708万円 - 週プレNEWS
「初体験が遅いほうが出世する」説は歴史的にも証明されている? - 週プレNEWS

まずは、社会に無用な混乱を齎すだけのブラックプロパガンダ記事。
村民による病的な医師虐めで著名な上小阿仁村の村長「ネットの無責任な書き込みによるウソや流言蜚語で医師が来ない。迷惑だ」

こちらが快刀乱麻なコバタカヒトさんの記事。モヤモヤ解消。読んですっきり快便状態。

秋田県・上小阿仁村の“医者いじめ伝説”を追え!

人口2700人、高齢化率約45%、村民の平均年収150万円弱。そして、村の診療所に医師がまるで定着しない村。それが秋田県上小阿仁村(かみこあにむら)だ。4年で4人もの医師が着任し辞めていったのは、「村の閉鎖性」「よそ者への陰湿ないじめ」が原因ではないかとの臆測が飛び交い、ネットユーザーは“現代の八つ墓村”を見つけたとばかりに大騒ぎしている。だが、そんなトンデモない場所が本当に現代日本に実在するのか?

現地に行って確認してみた!

■「閉鎖社会」「魔窟」「悪の村」―。

秋田県の上小阿仁という人口2700人ほどの小さな村が、今、ネットで激しい糾弾にさらされている。この村が知られるようになったのはちょうど4年前のこと。村にある唯一の医療機関である診療所に、初の公募でやって来たC医師が、着任からたった半年で辞任したことがきっかけだった。

その際、この医師は村の広報誌で村執行部や村民を痛烈に批判。さらに後任のD医師も就任から1年後に「精神的に疲れた」と辞意を表明。これを受けて村の広報誌に小林宏晨(ひろあき)村長(当時)が「一部村民によるいじめが辞任の原因」と暴露したことで、上小阿仁村は、ネット上で不名誉にも「医師殺しの村」として定着してしまった。

その後も、2011年6月に診療所にはE医師が着任したが、やはり昨年5月に辞意を表明。そして昨年10月に診療所に来たF医師は、今度は1ヵ月で診療所を去った。

「やはり医師いじめの村だ」

今やネットユーザーの興奮は最高潮に達している。

しかし、医師がいなくなれば上小阿仁村は無医村になる。本当に村民が医師をいじめているのなら、なぜ彼らは自分の首を絞めるようなマネをするのだろうか? 真相を確かめるべく、記者は上小阿仁村へと飛んだ。

(以下、リンク先をご参照下さい)


過疎地域の戦略: 新たな地域社会づくりの仕組みと技術
過疎地域の戦略: 新たな地域社会づくりの仕組みと技術鳥取大学過疎プロジェクト 谷本 圭志

学芸出版社 2012-11-01
売り上げランキング : 14603


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
限界集落の真実: 過疎の村は消えるか? (ちくま新書)
限界集落の真実: 過疎の村は消えるか? (ちくま新書)山下 祐介

筑摩書房 2012-01-05
売り上げランキング : 17423


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか? (ちくま新書)
地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか? (ちくま新書)久繁 哲之介

筑摩書房 2010-07-07
売り上げランキング : 9165


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)時事問題 
Edit








  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。