2012年10月19日

【映画評】Celebration Day / 祭典の日 (奇跡のライヴ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

祭典の日(奇跡のライヴ)デラックス・エディション(2CD+BD+ボーナスDVD)
祭典の日(奇跡のライヴ)デラックス・エディション(2CD+BD+ボーナスDVD)

というタイトルですが、セットリストに「セレブレイション・デイ」は入っていませんでした。





全国各地で開催された2夜限定上映に行って参りました。
(TOHOシネマズの東名阪福は20日より一週間追加上映されるそうです。)

なんと申し上げていいのか、「懐かしのなんとか」という懐古趣味の範疇でなく、演奏は実に素晴らしいの一言でした。皆、いい感じで齢を重ねていました。醜くない。
冒頭の「グッド・タイムズ・バッド・タイムズ」が一番格好よかった。



指で弾いたりピックで弾いたり8弦使ったりフレットレス使ったりキーボード弾いたりと一人で超忙しいジョンジーとジミー・ペイジ(セミアコでスライドとかボウ演奏とかダブルネックとかテルミンとか)は言わずもがな、心配していたロバート・プラントの声も出ていまして、ジェイソンも親父に似せたプレーで好演。(Zep刺青見せてドヤ顔)
昔よく聞いていたブートレッグとセットリストが似ている様な気がしまして、一夜限りのお祭りなんだからノークォーターとかカシミールとかノリが悪い曲は誰得とか。(すみません)

次いで商品としての感想ですが、(劇場の問題なのか盤の問題なのか分かりませんが)音の分離が感じられずモノラル状態で聴こえました。
それと分単位で挿入され続ける粒子が粗いCAMショットに興醒め。なんの意味があるのでしょう?
フェイドイン〜フェイドアウトも場違いの気がしまして、編集スタッフのセンスというかリズム感に乏しい気がしました。

日本公演はちょうど40年前ですか。ナマで見れた人たちは最若年でも60歳前の計算ですね。
そういう意味では、いい追体験となりました。



おまけです。どうぞ。




祭典の日(奇跡のライヴ)デラックス・エディション(2CD+BD+ボーナスDVD)
レッド・ツェッペリン
祭典の日(奇跡のライヴ)デラックス・エディション(2CD+BD+ボーナスDVD)
曲名リスト
1. グッド・タイムズ・バッド・タイムズ
2. ランブル・オン
3. ブラック・ドッグ
4. 死にかけて
5. フォー・ユア・ライフ
6. トランプルド・アンダー・フット
7. 俺の罪
8. ノー・クォーター
9. 貴方を愛しつづけて

1. 幻惑されて
2. 天国への階段
3. 永遠の詩
4. ミスティ・マウンテン・ホップ
5. カシミール
6. 胸いっぱいの愛を
7. ロックン・ロール

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)映画 | 音楽
Edit








  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。