2012年07月26日

【映画評】籠の中の乙女

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

籠の中の乙女 [DVD]
籠の中の乙女 [DVD]

なんとも形容しがたいマジキチ家族を描写した、ギリシャ映画。

映画『籠の中の乙女』公式サイト




Introduction

家族の絆を誰にも壊されたくない父親の「妄執」と、それに振り回されて育った子どもたちの生活を描いた本作は、人間の怖さ、エゴイズム、理想の家庭とは何か?といった問いを、微細な心理描写とアーティテイックな映像による演出で描き出し、第62回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」グランプリを獲得、翌年米アカデミー賞R外国語映画部門に堂々ノミネートを果たした。

「どの家族にも、それぞれのルールがある」とするヨルゴス・ランティモス監督が作るこのシチュエイションは、「あまりにも極端な状況」がクライマックスに向かう際の緊張とともに、観る者の心を揺さぶるだろう。

story

ギリシャの郊外にある裕福な家庭。だが、一見普通にみえるこの家には秘密があった。 両親が子どもたちを外の世界の汚らわしい影響から守るために、ずっと家の中だけで育ててきたのだ。 邸宅の四方に高い生垣をめぐらせ、子どもに「外の世界は恐ろしいところ」と信じ込ませるために作られた「厳格で奇妙な」ルールの数々。

学校にも通わせないその様子は外の世界からすれば異常なことだったが、純粋培養された従順な子どもたちはすくすくと成長し、幸せで平穏な日々が続いていくかのように見えた。 しかし、成長とともに好奇心の芽生えた子どもたちは恐怖を抱えつつも、次第に外の世界に惹かれていくのだった…。

基本的に全編、全出演者セックスに耽っていまして、それはそれで人間の本能なので仕方ないのですが、姉妹のクンニはまだ許せるとしても、実の姉(なのかどうか説明ないので分かりませんが)相手に、よくぞまぁ、ちんこギンギンに出来るのかよマジキチは。
それは映画以前の問題で、俳優さんの迫真のご尽力ではあるのですが、カチカチです。

kynodontas-L-3


あと忘れてならぬのは、可愛いヌコを大上段より剪定バサミで◯◯のシーン。マジでキチガイですのでやめてください。

話の筋としてよく理解出来なかったのが、夫婦間で語る次回作の子供の話でして、そのまんま受け取ると誘拐しているのかと。そういうマジレスついでに申し上げるに、犬歯(英題のdogtooth)についてもその先(家族間のルールとして、抜けた後の人間の処置)がよく分かりませんでした。ま、あまり考える必要もないのかも。

いずれにせよ、絵や出演者同士の空気感というか、登場人物が普通にキチガイなのがハネケ作品の焼き回しのような印象大。実に面白い映画でした。

籠の中の乙女 [DVD]籠の中の乙女 [DVD]

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2013-02-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
白いリボン [DVD]
白いリボン [DVD]ミヒャエル・ハネケ

紀伊國屋書店 2011-06-25
売り上げランキング : 38013


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
隠された記憶 [DVD]
隠された記憶 [DVD]ミヒャエル・ハネケ

タキコーポレーション 2006-10-06
売り上げランキング : 37799


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)映画 
Edit








  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。