2012年01月11日

あの民主党前議員激白「戦後の復興は天皇が50万人の17歳少女を「からゆきさん」売春婦として売り飛ばしたから」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

からゆきさん (1976年)
からゆきさん (1976年)

からゆきさんを冗談のネタにするなんて、民主党って怖ろしいよね。(´・ω・`)


ゆっこ先生のネタ元はこちらなのでは?

天皇=売春業者 オルタナティブ通信 2008年12月29日

 1885年.天皇一族と三菱財閥で日本初の船舶会社.日本郵船が創立される。明治維新により富国強兵の道を歩み始めた日本は.欧米から.あらゆる兵器を購入し続けていたが.欧米への支払いに当てる資金が日本には無かった。

 そこで福沢諭吉は.「賤業婦人の海外に出稼ぎするを公然許可すべき」という指示を天皇に与える。賤業婦人つまり売春婦として日本人女性を海外に「輸出.売却」し.兵器購入資金を作る.というプランであり.天皇一族は.このプランに飛び付き.実行する(福沢諭吉全集.第15巻)。

 1900年初頭から.天皇の命令の下.「海外に行けば.良い仕事があり.豊かな生活が出来る」という宣伝が.日本全国で大々的に行われた。日本の健全な家庭に育った.当時の若い女性達は.天皇の言葉を信じた。

天皇一族により.だまされ「売春婦として欧米に販売された」日本人女性の数は数十万人。大部分は健全な家庭に育った若い女性達であり.天皇は.「健全な女性を売春婦」として「売却」する事で.欧米の売春業者から女性1人あたり.数千円.当時.普通の会社員であれば10数年分の給与を手に入れていた。

その金額が数十万人分=莫大な資金が.この天皇一族のサギ行為.女性の人体販売により.天皇一族に転がり込んだ。その資金の一部は戦争のための兵器購入に当てられたが.大部分は天皇の「個人財産」として「蓄財」された。

天皇一族は自分の金儲けのために.健全な若い日本人女性を.だまし.売春婦として.欧米に「売却」して来た。天皇一族は欧米の売春業者と.タイアップした.日本の売春業者であった。

 天皇により経営される日本郵船により.欧米に「売却」された日本人女性は.1人残らず.現地に着くと即座に.売春宿に「連行」され.監禁された。そして売春を強制された。初めての外国であり.逃げ場も.助けてくれる相手も居ない。数十万人の日本人女性が.天皇によって.売春を強制された。これが従軍慰安婦の原型である。

 日本郵船の共同経営者.三菱財閥も.この売春業で巨大化した。この莫大な富を生む売春業に参加させてもらった.お礼に.三菱財閥は昭和天皇の結婚後の新居を.全額.三菱財閥の出資で建設する。渋谷区下渋谷の第一御領地の「花御殿」が.昭和天皇の新婚の住居であり.それは.数十万人の日本人女性を「売春婦として販売した」利益で.三菱の天皇に対する「売春業参加の.お礼」として建設された(山田盟子「ウサギたちが渡った断魂橋」 新日本出版社)。

ウサギたちが渡った断魂橋〈下〉
ウサギたちが渡った断魂橋〈下〉山田 盟子

新日本出版社 1995-05
売り上げランキング : 673165


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 また天皇が大株主であった船舶会社.商船三井も.天皇と協力し.同一の「売春婦・輸出事業」に従事する。

 こうして日本人女性の「販売業者」として天皇一族が蓄積した財産は.第2次大戦後.日本に進駐してきた米軍GHQの財務調査官により調査され.当時の金額で1億ドルを超える.と記録されている。

国民に対しては「自分は神」であるとしていた天皇は.女性の人体販売で金儲けし.また日清戦争.日露戦争で中国.ロシアから得た賠償金を.自分の私財として「着服」していた。

戦争中.全ての日本人は餓死寸前の中.軍需工場で「無給」で重労働を行っていた。そうした重労働と.日本人男性=軍人の死によって.戦争によって得られた賠償金を.国民のためでなく.自分の私的財産として.天皇は着服し.密かに蓄財していた。

また日本軍が朝鮮.中国に侵略し.朝鮮人.中国人を殺害し.略奪した貴金属は.天皇の経営する日本郵船によって日本に運び込まれ.日銀の地下金庫にある天皇専用の「黄金の壷」という.巨大な壷に蓄財された。中国.朝鮮から略奪された貴金属.そして賠償金=侵略戦争は.天皇の個人的蓄財のために.行われていた。

この問題を調査したエドワード・ベアは.「天皇一族は金銭ギャングである」と.吐き棄てるように語っている(エドワード・ベア「天皇裕仁」 駐文社)。
(以下略)

裕仁天皇―神話に包まれて〈上巻〉
裕仁天皇―神話に包まれて〈上巻〉エドワード ベア Edward Behr

駐文館 1992-04
売り上げランキング : 1155206


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


叱咤や激励は、
連絡先: 広島県議会 民主県政会 梶川幸子
住所: 〒730-8511 広島市中区基町10-52
地図: http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1172652923031/index.html
TEL (県庁・代表): (082) 228-2111 FAX (梶川ゆきこ事務所): (082) 876-3555
TEL (民主県政会): (082) 513-4640 FAX (民主県政会): (082) 223-0294
E-mail: yukiko.kajikawa@gmail.com 
または、民主党本部「国民の声」係
<郵便>〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1
<FAX> 03-3595-9961までどうぞ!


森崎和江「からゆきさん」 / 千年書房・九州の100冊 / 西日本新聞

 島原地方に伝わる民謡「島原の子守唄」には、こんな一節がある。

 はよ寝ろ泣かんで オロロンバイ 鬼(おん)の池ん久助どんの連れんこらるばい

 「鬼の池」は、口之津港の対岸の熊本県・天草の鬼池地区。「久助どん」とは天草の売人を指す。「早く寝ないと、天草の売人が来て、海外に連れて行かれるぞ」という内容だ。
 口之津港の向こうに天草の島影がくっきりと見える。

 当時、農漁村は貧しかった。出稼ぎは必然だった。海外に出稼ぎに行く男性は「からゆきどん」、女性は「からゆきさん」と呼ばれた。どこか親しみを覚える、これらの呼び名には、故郷に残された家族の期待が込められていた。当人たちも稼ぐことを夢見た。
 だが、男性はともかく、非力な女性の仕事は、限られていた。
 〈天草を歩いたときのことである。老女は「働きにいったちゅうても、おなごのしごとたい」と、こともなげにいったのである〉
 森崎和江は綿密に聞き取り調査をし、当時の新聞記事など膨大な資料調査をもとに「からゆきさん」を書き上げた。
 渡航に抵抗感を抱かなかった天草人気質、人口増大で口減らしが余儀なくされた社会環境、幅広い性愛行為が許された農漁村の性習慣…。森崎は、からゆきさんの悲しみだけを書いたのではない。からゆきさんを生んだ風土も見つめた。
 「からゆきさんを学術的に研究した初めての書物ではないだろうか」
 天草の郷土史家、堀田善久さん(86)の評価は高い。

 森崎が、からゆき研究にのめり込んだきっかけが作品の中に描かれている。要約すると−。
 綾さんから養母のおキミさんの不満を聞かされていた。「母の狂気…。ほんとうに、つかれるわ」。最初、義理関係ゆえの母娘の軋轢(あつれき)と思った。ところが、よくよく聞けば違った。おキミさんは、元からゆきさんで天草出身。綾さんの実母もからゆきさんだった。
 朝鮮半島で身を売ったおキミさんは、ぎりぎりのところで耐え続けた。だが、4、5人の男たちに同時に買われたときは、どうしようもない屈辱感に押しつぶされた。尿意を催しても座を立つことが許されず、尿を漏らす姿を、男たちに笑って見られた。
 その屈辱は、年老いたおキミさんに「狂気」として表れた。尿意を催すたびにおキミさんは身を震わせて、ののしりの言葉を発した。そして介抱する綾さんに一緒に放尿するよう強要するのだ−。

からゆきさん (1976年)
からゆきさん (1976年)森崎 和江

朝日新聞社 1976-05-15
売り上げランキング : 339080


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

戦後のマレーシアの日本人社会の形成に功績 川内光治先生の記憶

 「からゆきさん」は江戸時代末期から明治時代、大正時代をへて昭和の初めごろまで存在していた。親兄弟のために苦海に身を沈める(街娼婦=売春婦として生きる)のは親孝行と世間では見られていたし、時の政府も自分の娘の売買を容認していた。「からゆきさん」とは「唐行きさん」、つまり、外国を意味する唐(中国)天竺(インド)に行く、外国に働きに行く女性という意味だった。
 富国強兵策を推進するためにはイギリスやフランスといった欧州列強から軍艦や大砲などを購入する必要があった。際立った輸出品目のない当時の日本だったが、富国強兵のためには外貨が必要だった。「からゆきさん」たちが身体を売り、送金してくる金銭は明治政府には貴重な外貨だった。日清日露の両戦争に勝った陰の功労者は「からゆきさん」だった。ところが、日本政府は「からゆきさん」を島原地方や天草地方出身者が多かったため、島原族、天草女、娘子軍とよんでいた。しかし、日清日露戦争に勝ち国際的に日本の評価が上がり、一等国を自認するようになって、政府外務省は醜業婦、賤業婦、密航婦などと呼んで「一等国の日本の恥」として蔑んだ。
 しかし、彼女たちはロシア人など外国人の目には「正直で親切だ。日本の女性は
諦めがよく淡白だ。金銭をむさぼらず、盗心がない」と写っていたという。文豪サマセット・モームの作品「ニールマックアダム」には「目元にはにこやかな笑みが溢れ、彼女らは部屋に入るとまず、低く頭を下げ、それから行儀正しく鄭重な挨拶の言葉を囁いた」と書かれている。
 同じ運命の「からゆきさん」たちの面倒を見て、女親分とたてまつられた人もいる。オロシアおエイ、シベリアお菊、そして山崎朋子の「サンダカン八番娼館」に登場する木下クニもそのひとり。

サンダカン八番娼館 (文春文庫)
サンダカン八番娼館 (文春文庫)山崎 朋子

文藝春秋 2008-01-10
売り上げランキング : 7420


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 マレーシア国立文書間に残る文書に明治21(1888)年、「パタリン通りの日本人娼館で天然痘発病2件」というのが、クアラルンプールに残る最も古い日本人に関する記録だ。チャイナタウンには娼館が32あり、日本人所有のものは1軒だけだったが、1990年の娼婦数では中国人533人、日本人24人、タミール人4人、マレー人3人だった。クアラルンプール北部の錫の町ラワンにもクランにも日本人は住み「からゆきおさん」がいた。クアラルンプールには忍さんのお父上がやっていた写真店が何軒もあったらしく、1924年にはKL日本人写真師協会が発足している。
 クランに住んでいた「からゆきさん」善道キクヨの物語は、わたしの知人である大場昇氏が『からゆきさん・おキクの生涯』(明石書店=平成13年12月15日発行)と言う本にまとめられている。おキクは大正5(1916)年、17歳のときに売られ、クランの20番娼館で3年間すごした。3年後、キクは自由の身になりシンガポールに行き約10年働いた。イポーで日本人男性と内縁結婚、のちに離別し、インド人と結婚した。第二次世界大戦が始まると、川内先生たちと一緒にインドに抑留され、1946年釈放された。義理尾の息子のインド留学費用を工面するために必死で働いた。しかし、医師となった息子の嫁と気が合わずに失望の日々を送った。
(以下略)

からゆきさん おキクの生涯
からゆきさん おキクの生涯大場 昇

明石書店 2001-11-27
売り上げランキング : 364858


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


海を渡った日本人 (日本史リブレット)
海を渡った日本人 (日本史リブレット)岡部 牧夫

山川出版社 2002-03
売り上げランキング : 237840


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

からゆきさん物語
からゆきさん物語宮崎 康平

不知火書房 2008-11
売り上げランキング : 122204


Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
天草のからゆきさんに対して「非力」という先入観を持って記事が書かれているんだけど、実際にはこの地方、海女や海士が盛んな地方なので、女性は経済的にも自立した、力強い存在だったんですよね。そう考えると、半ば強制的に、といった表現もちょっと奇妙な表現に聞こえてくる。むしろ彼女たちは、さらなる富を求めて積極的に海外に出て行った、という聞き取りも結構多いようです。つまり、従軍慰安婦やじゃぱゆきさんと同じ構図です。体を売って稼いだ金で富を得たり親孝行をしたり、というちょっといい話もありますね。
Posted by 名無しのどじょうさん at 2012年01月11日 11:13
 タコ部屋は、日本だけの力では解消出来なくて、
GHQが来て何とかなった・・・てのはあるんだよな。
特別朝鮮人や中国人をいじめ抜いたと言うより、
「(日本人労働者も含めて)みんなそうだった」
今の日本でも、闇労働の噂はあるが、フランスより
マシ・・・。
と、外国で稼ぎの漁師の意見
Posted by 漁師 at 2012年01月11日 13:41
自民党の片山さつき先生あたりがこの件を国会で質問してくれそうな気がしてwktkです(笑)
Posted by worldwalker's weblog(・∀・)! at 2012年01月11日 13:55
「職業婦人」に対する軽視感がないと書けませんな。
はいはい、民主に投票した奴、手を挙げて〜
Posted by んんー at 2012年01月11日 16:17
管理人さん、良記事ありがとうございました。面白く拝見しました。
言うなれば東南アジア系介護士のような方々でしょうか。
『からゆきさん・おキクの生涯』のおキクさんは、たった三年で、仕送りをしながらご自分の身を買い戻すことが出来たんですね。
実入りのいい仕事だったようですね。
森崎和枝さんの本のおキミさんのお話は、お気の毒ですが、
おキミさんが何歳になってから「狂気」をお見せになられたかによて、少々趣が違ってきますね。
認知症の方は過去と現在を混同なさる方も多いようです。
富を成して家庭を持ち、お孫さんまでいらっしゃるとは、お幸せになられたようですね。
「不幸な経験」と「不幸な人生」は違うんだと思いながら読まないと、読み違えそうです。
Posted by ohsui at 2012年01月11日 16:35
マダム・ソレイユご乱心
Posted by ネット名無しさん at 2012年01月12日 00:03
韓国売春婦の「売春やらせろ」デモはどう判断すれば良い?(日本にいる朝鮮人売春婦は?)
Posted by 名無しのどじょうさん at 2012年01月12日 07:10
>あの民主党前議員激白「戦後の復興は天皇が50万人の17歳少女を「からゆきさん」売春婦として売り飛ばしたから」

スレタイでオルタナティブ通信余裕でした
Posted by 名無しのどじょうさん at 2012年01月12日 16:55
在日朝鮮人を犯罪者の如く表現すると
鬼の首を取った如くに責められるが、
天皇を人でなし犯罪者呼ばわりしても
何も咎は受けないのか?

戦前ならば不敬罪で死刑ではないのか。
Posted by 名無しのどじょうさん at 2012年01月12日 20:37
>スレタイでオルタナティブ通信余裕でした
連想ゲームですね、あっしも2秒で連想できました。
Posted by 名無しの肉食どじょうさん at 2012年01月12日 20:53
何でアニメアイコンなんだこのおばちゃん。
誰か団長のエントリを教えてやればぁ(ホジホジ
Posted by 五月雨祭 at 2012年01月12日 22:07
工作員認定来ましたか?wwww
Posted by 名無しのどじょうさん at 2012年01月13日 16:05
元々島原に住んでた人間は島原の乱で全て死んでしまったから
今島原に住んでる人間は殆ど熊本方面から渡って来た、てな話を昔聞いたんですがそれと関連するのかな?
有馬という苗字は島原ににもよう居てますな

畑に出てた百姓のしりこだまを盗ろうとした河童の腕をカマで切って持ち帰り、魚の骨が喉につかえた時、その腕の指先で喉を撫でると骨が取れるという
所謂河童伝説は島原の国見でも聞いたし関西でも同じ話聞いた
Posted by ご近所 at 2012年01月13日 21:25
で、話せばわかる教のマダムはここ二〜三日はちゃんと部屋のカギを開けて受け入れ準備はされてたんでしょうか?
Posted by ご近所 at 2012年01月15日 00:24
陰謀論者ってすごいな。
三菱の船に売春婦が乗っていたから、
だから、株主だった天皇が売春婦を売って儲けたのだという結論を導くなんて、
論理的な思考ができないのだろうか。
Posted by 名無しのアベシンゾーさん at 2013年05月21日 07:01
島原はあまり知られてないけど素麺も有名なんだけどね
全国で素麺が有名なところといえば、、、わからない人は団長さんとこと秀才さんとこで探してみてください
で、関西三島のキリシタン大名高山右近は何故女子供を売り飛ばしたんだっけ?
しかしこの前調べて河童の手のミイラが結構島原に多く存在しててワロタ
Posted by ご近所 at 2013年08月18日 22:56
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。