2011年08月14日

陽水「もう、誰も音楽にお金なんか払わないですよ」 由実姐さん「音楽にお金を払うこと自体が間違ってたのかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



氷の世界 [12 inch Analog]
氷の世界 [12 inch Analog]

拙ブログで好評頂いたこれの続きなんですが、期せず最終回だそうで。
松任谷由実「仙台・広島・博多の女の子で一番ダサイのはあれだよね」 益若つばさ「分かります」

恐山の美空ひばりとジョン・レノンみたいな組み合わせですから、吐いた言葉の裏には幾千もの流れ星の如き含蓄を擁しているというか、そうであって欲しいと願っていますが、表層的に一般ピープルが割れ物正当化しそうで怖いです。

で、キーワードとなっている「終戦工作」ですが、大滝師匠の悪口はそこまで!

 M 私が馬車馬のように働いていたバブル後期頃、プライベートな場で、「あなたも終戦工作が大変ね」って言ったの覚えている?

 I そんな生意気言いましたかね。

 M 「終戦工作なんてしないよ。競走馬のように玉砕するんだから」と、返した覚えがあって。その終戦工作って、どういう状態を指すのか聞きたかった。

 I やっかみもあって、まあ、「とてもステキですね」なんて言いながら、ちょっと意地悪を言いたくなったんでしょうね。

 M 自分でそう言っちゃうことが、逆に大人の余裕を感じるね。まさしくご自身で終戦工作したかったり、したかのような局面があったのかなと思ったの。期せずして今日は、初めて100万枚という壁を破った陽水さんと、何年後か200万枚の壁を破った私。時代の体感温度でいうと、その100万、200万と、宇多田ヒカルさんの800万とは同じ衝撃だったりする。

 I そうでしょうね。CDだよね、200万。いいねえユーミンは現代人で。僕、レコードだったから。

 M だから、手に入れる手間暇を考えると、100万の重みがより増します。そして、この配信の時代。

 I もう、誰も音楽にお金なんか払わないですよ。連想するのはね、ブラジルで、欧米で作ったエイズの薬を使うには特許料を払わなきゃいけないんだけど、ブラジル政府は「目の前の貧しい人を助けるほうが先でしょう」と、特許を認めなかった話ね。確かに著作権なんて、西洋のある種の文化ですよね。絶対というわけでもない。

 M 音楽にお金を払うこと自体が間違ってたのかもしれない。19世紀の頭頃に出版社ができ、楽譜というものを売り始めてね。

 I もちろん、ある種の発展というのはあったんでしょうけど、「発展ってどうなの?」っていう時代に来てますからね。


で、この項の「予告編」というのを拝見するに、対談転記を相当カットしているみたいで、少し悲しい。

井上さん一家が、苗場で開催される冬恒例のユーミンさんのコンサートを見に行き、名物のリクエストコーナーで、井上さんは見事指名されたそうだ。「他の人も手を挙げているのに、不特定多数の中から指名された」と、さすがステージ経験豊富な井上さん、当てられやすいアピールを心得ている。「だって、『はい!はい!』ていう独特の声と、暗闇に浮かんだシルエットが…」とユーミンさんが返し、一同大爆笑。ちなみに、その時のリクエストは「ひこうき雲」だったという。

 陽水さんの子どものころの話や、音楽に目覚めたきっかけ、音楽業界の展望まで、多様な話題で盛り上がった今回。ユーミンさんが“直球”を投げると、井上さんは“変化球”で投げ返す。気心の知れた二人ならではの軽妙な会話のキャッチボールが尽きなかった。



その文中に出てくる、愛されてばかりいると星になってしまった石川セリさんですが、まさに数日前の報道。

 オセロ中島知子との不倫が暴露された井上陽水。これまでカリスマ的存在だったシンガーソングライターの驚くべき醜聞だったが、さらにそのカリスマ性を貶める人物が現れた。それが妻石川セリの実母だ。陽水にとっては義母である。なぜ「自身」がこの義母に話を聞こうと思ったのかは謎である。おそらく妻のセリを直撃しようとしたら、義母が出てきた。ダメ元で一応コメントを求めてきたら、喋りまくった。まあ、そんなところだろう。というのもこの義母81歳、よくもまあ、喋るしゃべる! しかもその内容は辛辣を極めているのだ。

「陽水は真剣に人を好きになれるような人でしょうかね?」
「人間味というか、人間としての余裕がないほうですからね」
「家に帰っても俺の居場所がない、とか文句を言っている」

 陽水の"人間性"を完全否定だ。さらにセリとは結婚当初から喧嘩が絶えず別居状態だったことを暴露し、陽水は住居の他に世田谷に仕事場を持っているが、セリには「絶対にマンションに来るな」と命じ、「(仕事だといってるけど)どうだかね」などとうそぶく始末。



陽水と石川セリといえば、うらやまけしからんのが拓郎さんと美代ちゃんなんですが、どんな顔してエッチしていたんでしょうか。非常にムカムカします。





氷の世界 [12 inch Analog]
氷の世界 [12 inch Analog]井上陽水

ユニバーサル ミュージック 2007-08-08
売り上げランキング : 334762


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

REINCARNATION
REINCARNATION松任谷由実

EMIミュージック・ジャパン 1999-02-24
売り上げランキング : 2729


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

14番目の月
14番目の月荒井由実

EMIミュージック・ジャパン 2000-04-26
売り上げランキング : 25934


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

二色の独楽
二色の独楽井上陽水

ユニバーサルJ 2006-10-04
売り上げランキング : 31938


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)音楽 
Edit








コメント
>恐山の美空ひばり
同時代の五輪真弓、中島みゆきなどと比較してしまうのだが、いろいろ残念な鼻詰まりが一番売れたのでしょうか。こいつの曲がそこかしこから聴こえてくる日々はそれこそムカムカしました。

>非常にムカムカします。
全くです、金沢の時も信じていたというのに拓郎ってやつは若い子が…

陽水は二色の独楽まではついていった、いまや妖怪じみてきて怖すぎ。
Posted by 歴史に名を残したい市民活動家さん at 2011年08月14日 03:09
虚にして実、実にして虚。
風貌まで阿佐田哲也に似てきたような。

五木寛之が語る【井上陽水と阿佐田哲也】 2010年
http://www.youtube.com/watch?v=pT5SZdZXTbo
Posted by 歴史に名を残したい市民活動家さん at 2011年08月14日 11:10
> もう、誰も音楽にお金なんか払わないですよ。
フジTV涙目だな。
Posted by アマ村民 at 2011年08月14日 11:50

歳を喰うと、

モロに、顔に地が出てしまいますな。


一般の国民の枠の外の生き物同士。

銭だけは持っているタダの日本の住人。

日本人の心とはかけ離れてますから。
Posted by 歴史に名を残したい市民活動家さん at 2011年08月14日 23:50

悶々としていて考えてました・・・・

この方達政治ソング歌ったらどうでしょう?

ユーミンとヨウスイ対極ですかね?

だいたい資本主義を享受してる左翼て、なんなの?

政治が混沌としてるのだからミュージシャンが

自身の方向性示すのも収益につながるのではないだろうか?

そして国民も目指す方向判るのでは

音楽は金にならないと見切りをつけたテロリストまがいの

片言歌手がでるまえに・・・・・・・


Posted by 歴史に名を残したい市民活動家さん at 2011年08月15日 01:05
携帯から見辛くなってしまった…livedoorエ……
見られなくなったサイトも複数…livedoorエ……
Posted by 名無し at 2011年08月15日 20:16
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。