2010年04月09日

「マグロ漁船の都市伝説」は保険金詐欺なんだよとリアルライブ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)
会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)


通報しますた。



 実際にこの“マグロ漁船”業務に関わったという裏仕事師の佐久間氏(仮名、35歳)だ。「本当のマグロ漁船というのは、借金のかたに罰として働かされるのではなく、その金融ブラックに船員保険を掛けて、海から突き落として殺してしまうのです」
 なんと恐ろしいことか。確かに「そもそも漁師でもない奴を雇っても使い物になりますか?」と佐久間氏の言うほうが道理に適っている。

 「一時期までは、この保険は特に怪しまれるわけでもなくすぐに保険金が下りたのです。多重債務者に2000万円の保険を掛けて、地元の会社をうち1000万円の取り分で丸めこんだ。あとは機を見はからって、どんと船から海に突き飛ばす。そこで『おおい、大丈夫か!^^』などと言っておけば業務完了です。証拠も残りません」(同氏)むくつけき男の職場での「船上ホモ奴隷」(同氏)などの口止めの意味もあるのだという。実際に働かせずに、生命保険で借金を回収していたのがマグロ漁船伝説の真相だった、とは驚いた。

 「多重債務者をいい部屋に住まわせて『仕事探してやるからさ』などと言って安心させたうえで警戒を解いてからマグロ漁船に売り渡す。もちろん身柄は押さえたうえで。そういうことを請け負う〔囲い屋〕という商売があるんです。チンピラに預けても疲弊させられて逃げられてしまうのがオチですからね。私の仕事は、裏の世界で人物コーディネイトをしているのですが、なじみの囲い屋に何人か多重債務者を売り渡したことがあるんです。売った立場上、私もよく彼らを見張りにいったし友達にもなりました。船上から突き落とされた奴には、はにかんだような笑顔が憎めない奴もいたな…」(同氏) 


こちらが真面目で面白かった。長文で読み応えあり。

ミナミマグロの資源不足から、漁獲規制、漁期制限が年々厳しくなっている。当時、日本、豪州、ニュージランドで漁獲割当量は合計3万8750トンあった。それが1987年に豪州政府が、ミナミマグロは絶滅の危機にあると言い出し、1万1750トンに削減。日本の割り当ては6065トンに減らされた。そして今年の10月、日本の漁獲枠は今後5年間6065トンからさらに半分の3000トンに削減されることになった。日本だけが過剰漁獲の責任を負わされ、豪州5265トンなど加盟国の漁獲量は現状維持。短期間で2倍近く魚体が増えるなど実態が不透明な豪州の蓄養マグロについては実態調査のデータ不足という理由で漁獲枠が据え置かれたのはいかがなものか。
日本のマグロ船は延縄で獲る。3000本の釣りにかかるマグロはせいぜい7〜8本。1トンくれば大漁。豪州の蓄養マグロは巻き網で魚群を一網打尽に巻き上げてしまう。それもこれから成長する小マグロを。巻き上げた半分はドッグフードになる。日本のマグロ漁師はこういうマグロには決して手をつけなかった。回遊して戻ってくるまで待った。



セベレス島、ミンダナオ島、バリ島…。ラジカセから、ビリーボーン楽団の「波路はるかに」「白い渚のブルース」の軽快なリズムがマッチング。水平線に陽が落ち、南十字星。
航海中、ブリッジでいった漁労長の言葉がまだ耳に残っている。
「こうして一日中、海を見ていても飽きることがないがやき。オカでくよくよ考えていることが小さくてバカバカしくなってくる」
今もできることならマグロ船に乗りたいと思う。一年以上もかけて自分たちが釣り上げたマグロの水揚げを見たい。大漁旗をはためかせ母港に帰港するあの感動をもう一度味わいたいと思う。




会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)
会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)
おすすめ平均
stars生き様に学ぶ
stars面白い! だけど、なんと希薄な会社人生か。
starsマグロ漁船には人生の格言がいっぱい!
starsあなただったらどうする?
starsこの本は“人間観察日記”だ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「マグロ争奪戦」の舞台裏 (ちくま文庫)
「マグロ争奪戦」の舞台裏 (ちくま文庫)
筑摩書房 2009-09-09
売り上げランキング : 191887


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本の食卓からマグロが消える日 (文春文庫)
日本の食卓からマグロが消える日 (文春文庫)
文藝春秋 2009-10-09
売り上げランキング : 191826


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)世間話 
Edit








コメント
 乗る船が無いのでマグロ船に乗せて借金返済
てのは考えにくいな。
台湾漁船?
船長だけが日本人ってパターンはあるけ
れど、船員はベトナム、中国人。
中国人に保険掛けて殺した方が簡単では?
中国人船員同士が殺し間が始まったてのがある
からベトナム人は良いんだけれど、船に
乗った事の無いの来る。スゲー船酔いで
脱水症状で帰すのと新人船員受け取るのに
寄港したり。
 船長が海に落ちて死ぬ事件があるけれど、
船長室はトイレ等設備もあるので船長が
海に落ちる事は無いね。
簀巻きにされて海だね。
サメヒレの分配問題では?
 マグロ船が補給で寄港するのはフカヒレ
業者に伝わっててフカヒレを買ってくれ船長、
船員の臨時収入になる。
マグロ船で混採されてくるサメのヒレは、
50%船長、50%船員で分配するんだけれ
ど、大体事故死する船長は、80%以上の
取り分なんだよね。

Posted by 名もなき友愛市民(漁師) at 2010年04月10日 02:01
そもそも、船員手帳を交付して貰える身分なら、家族や親類から
がっぽり回収できるでしょうに。
Posted by ぴょんきち at 2010年04月10日 16:29
「波路はるかに」、懐かしい。
「夕陽に赤い帆」「星を求めて」も好きだったなぁ。
「森を歩こう」は違ったっけ。
Posted by 名もなき友愛市民 at 2010年04月10日 22:45
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。