2010年03月20日

【JR羽越線脱線転覆死亡事故裁判】山形地裁 事前に風の息づかいを感じる事は予測不能と司法判断を下し毎日新聞一審敗訴

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 (光文社新書)
メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 (光文社新書)


確かこの年は、東京新聞の「なぁに免疫が付く」と変態の「息づかい」が世間の話題を二分した当たり年だったと記憶していますが、予想外の判決結果となった毎日新聞は上訴するのでしょうか?

山形県庄内町のJR羽越線で05年12月25日、秋田発新潟行き特急「いなほ14号」(6両、乗員・乗客46人)が脱線転覆し、5人が死亡、33人が重軽傷を負った事故で、山形地検は19日、業務上過失致死傷容疑で書類送検されたJR東日本新潟支社の3人について「突風を予測することは不可能だった」として容疑不十分で不起訴処分とした。


それでは全JRが泣いた伝説のアレを、時空の彼方より召喚。

社説:特急転覆 安全管理で浮ついてないか

 4月の兵庫・尼崎の悪夢がよみがえった。山形県の羽越線で起きた特急「いなほ」の脱線転覆事故。先頭車両は今度も線路脇の建物に激突し、車体を「く」の字形に曲げていた。閉じ込められた乗客の救出に時間を要したのも、尼崎の事故と同様だ。死者4人、負傷者三十余人を数える痛ましい事故である。乗客が少なかったのがせめてもの救いで、込んでいれば、さらに大きな惨事となっただろう。尼崎の事故後、鉄道事業者は安全対策に万全を期していたはずだが、年も変わらぬうちに再発させるとは利用者への背信行為だ。取り組みの姿勢や関係者の意識を疑わずにはいられない。

 強い横風が原因、とみられている。運転士も「突風で車体がふわっと浮いた」と話しているという。雪国では冬の嵐に見舞われ、台風並みの強い風が吹き荒れることが珍しくない。その風にあおられたらしい。現場付近の風速は毎秒約20メートルで減速規制するほどでなかったというが、平時と同じ時速約100キロで最上川の橋梁(きょうりょう)を渡ったことに問題はなかったか。突風とは言いながら、風の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ。暴風雪警報下、日本海沿いに走るのだから、運行には慎重であってほしかった。





B00005N6ZNよしだのうた〜吉田拓郎作品集〜

おすすめ平均 star
starルームライトがあれば・・・
star他にも加えて欲しい曲が。。。
star懐かしい
starこの曲をお忘れではないですか?
star懐かしいぃ〜

曲名リスト
1. あゝ青春(トランザム)
2. 雪(猫)
3. たどりついたらいつも雨ふり(モップス)
4. いつか街で会ったなら(中村雅俊)
5. 僕は何をやってもだめな男です(南こうせつとかぐや姫)
6. 狼なんか怖くない(石野真子)
7. やさしい悪魔(キャンディーズ)
8. 風になりたい(川村ゆうこ)
9. 襟裳岬(えりもみさき)(森進一)
10. メランコリー(梓みちよ)
11. 歌ってよ夕陽の歌を(森山良子)
12. 僕 笑っちゃいます(風見慎吾)
13. 風の街(山田パンダ)
14. 失恋魔術師(太田裕美)
15. 東京メルヘン(木之内みどり)
16. 我が良き友よ(かまやつひろし)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

川村ゆうこさん、自主制作盤リリースされているそうです。
マイスペースで聴いたけど、ちょっとメジャーは厳しいかも。




報道被害とメディア改革-人権と報道の自由の視点から- (ヒューマンライツベーシック)
報道被害とメディア改革-人権と報道の自由の視点から- (ヒューマンライツベーシック)
解放出版社 2010-02-26
売り上げランキング : 210576


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「テレビ政治」の内幕
「テレビ政治」の内幕
PHP研究所 2010-02-27
売り上げランキング : 562

おすすめ平均 star
star三橋貴明…今この男に注目しなくてどうする(反語表現)
starマスコミの印象操作に騙される時代は終わった
star日本がどうなるか関心のあるすべての方に!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

メディアとテロリズム (新潮新書)
メディアとテロリズム (新潮新書)
おすすめ平均
stars好著であるが、もう少しエンターテイメント性がほしい
starsリスク消費社会のテロリズム
stars「社会派」の一冊
starsメディアのタブーに切り込んだ好著

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 (光文社新書)
メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 (光文社新書)
おすすめ平均
stars現代の味噌作り法は昭和20年代にアメリカの制度を参考にして始まったもの
stars具体例を元に「メディア・バイアス(マスコミの偏向記事)」の構造を解明し、どうやって科学記事と付き合っていけばいいのかを解説する。
starsニセ科学に騙されるな!
stars安くて読みやすい
stars信じるも信じないも、自分のみ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
マスコミって文系お坊っちゃまのスクツだからなぁ。
科学的根拠(エビデンス)に基づかない憶測を垂れ流すことなんか
どこの業界でも今やご法度なのに
マスコミだけが昔のまま。

Posted by 名もなき友愛市民 at 2010年03月20日 12:01
> 風の息づかいを感じていれば


         中2病
         能力者
.   ∧__,,∧  邪気眼
   ( ´・ω・)   ナウシカ
.   /ヽ○==○ 精霊使い
  /  ||_ | スタンド使い
  し' ̄(_)) ̄(_)) ̄(_)) ̄(_)) お好きなのドゾー
Posted by 名もなき友愛市民 at 2010年03月20日 15:48
これは文系理系の話ではないですぞ。
文系をなめちゃいけないし、
理系を過信してもいけない。

というかこれは文系理系の話ではないですぞ。

バカの話、変態の話、
もしくは
「新聞記者が以下に世間と乖離しているか」という話。
Posted by んんー at 2010年03月20日 16:03
毎日:
世論の息遣いと言う物が判らない。
Posted by 名もなき友愛市民 at 2010年03月20日 16:39
風の息づかい地面の鼓動が感じられても、読者の引き潮のさざ波には無頓着
Posted by α鯖 at 2010年03月20日 19:57
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。