2009年05月14日

レコードチャイナ 朝日新聞尽力による映画 「南京!南京!」の日本国内配給はガセネタでしたと謝罪と賠償

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

中国のプロパガンダ芸術―毛沢東様式に見る革命の記憶


ドンマイ。
しかし大きく報じ小さく謝罪ですな。
調べたらネットではまだ誰も報じてないみたいよ。
こういう訂正文は普通気が付かないよなぁ。


2009年05月8日付で弊社より配信しました以下の記事につきまして、記載内容に事実と反する点がございました。

南京大虐殺描く映画「南京!南京!」、日本でも上映へ―中国

当記事内で、「朝日新聞社の協力を受けて日本の配給会社との協議が順調に進み、上映を待つのみだ」との記述がありましたが、朝日新聞社が協力した事実はありませんでした。ここにお詫びを申し上げるとともに、該当記事を削除いたしましたことをお知らせ申し上げます。

ご迷惑をおかけいたしました関係者各位に、重ねて深くお詫び申し上げます。

有限会社レコードチャイナ 編集部


記事を振り返りましょう。



南京大虐殺描く映画「南京!南京!」、日本でも上映へ―中国
モバイル版URL : http://rchina.jp/article/31189.html

2009年5月7日、南京大虐殺を扱った映画「南京!南京!」が、日本国内でも間もなく上映されると伝えられた。6日、陸川(ルー・チュアン)監督が明らかにした。捜狐娯楽の報道。

陸川監督は6日、主演の江一燕(ジアン・イーイエン)さんらとともに北京大学で講演を行った際、「南京!南京!」の上映が日本で禁止されることはあり得ないと完全に否定。日本側の配給会社が決まり次第上映されることになるとし、多くの配給会社がこの映画に興味を示していると話した。

さらに講演終了後のインタビューでは、「朝日新聞社の協力を受けて日本の配給会社との協議が順調に進み、上映を待つのみだ」としたほか、欧米各国の配給会社とも協議を行っていることも明らかにした。

また、「日本ではこうした作品の上映に前例がなく、上映実現に日本の世論が大きな障害となっている」とし、「題材が題材だけに日本人の反中意識を刺激しかねないことが心配」と述べたが、上映に向けて順調に事が運んでおり、日本の配給会社に全幅の信頼を寄せていると話した。(翻訳・編集/岡田)
2009-05-08 12:23:03 配信


つまり、陸川監督が嘘吐いたのか、捜狐娯楽による嘘報道なのかって感じ。
ま、こういうのが↓通常運転ですので、多少の事では驚かないおいらも感覚が麻痺しているというか病んでいるというか・・



ネタ的には、クリント・イーストウッドが文化大革命や大躍進を素材に映画制作した際の中国人民からの反応を想像すると面白いかと。

南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった
南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった日本の前途と歴史教育を考える議員の会


おすすめ平均 star
star今すぐアメリカでの販売を!!
star日本政府よ、反論せよ・・・(静かなる怒りをこめて)
star明らかにされゆく近現代史
star南京虐殺は無かった。
star簡潔であり実証的。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

南京事件 (岩波新書)
南京事件 (岩波新書)笠原 十九司


おすすめ平均 star
star南京事件を語るための基本となる1冊
star多角的観点から個々の事件を慎重に検証していくしかない
star日本人当事者の記録の集積、予断の余地なし
star予断を排除した客観的な検証を
star中国、韓国の民族意識

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

南京の真実 (講談社文庫)
南京の真実 (講談社文庫)エルヴィン ヴィッケルト John Rabe 平野 卿子


おすすめ平均 star
star欧米人の記録として貴重
starラーベが中立という無知か嘘の横行
star映画の評判がいい
star皆さん勉強しましょう
star議論が低次元過ぎる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

よいこの文化大革命―紅小兵の世界 (広済堂ライブラリー)
よいこの文化大革命―紅小兵の世界 (広済堂ライブラリー)武田 雅哉


おすすめ平均 star
star文化大革命を子どものまなざしで見ると
star昔の異国のできごととは思えないリアリティです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)
4061595474中嶋 嶺雄

講談社 2002-05
売り上げランキング : 113544

おすすめ平均star
star良書です
star「密教的中国」の現実と勇気ある洞察
star嫌中・好中を超えた視点

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
中国から頼られて朝日新聞の中の人もさぞお喜びでしょう。
Posted by k at 2009年05月14日 17:01
ボーズの広告ワロタ
Posted by まるむし at 2009年05月15日 00:33
日本人は鬼畜なのか?人の心を持つのか?南京大虐殺を描く映画がついに日本で配給決定!
http://topics.jp.msn.com/entertainment/movie/article.aspx?articleid=144891
 1937年の日中戦における日本軍の南京攻略を描いた陸川監督『南京!南京!』が、日本公開されることがわかった。同作品はスペインで開催中の第57回サンセバスチャン国際映画祭のコンペティション部門に出品されており、現地時間21日に行われた公式会見の席上で陸監督が明かしたもの。

 日本の配給会社側の正式発表を控えて、社名を出すことは控えたものの、陸監督は「これはまさに最新の情報なのですが、日本の配給会社が決まりました。公開は来年になると思う。念願だった日本公開が決まってうれしい」と笑顔を見せた。
Posted by 名もなき地球市民 at 2009年09月26日 00:23
南京大虐殺は世界的に誤解されています。

中核的な出来事は南京陥落時の城外における大規模な捕虜の殺害です。
父親(栗原利一)のスケッチブックでも7万余人と書かれています。
非戦闘時の7万余人の捕虜の殺害ですから、当然、日本陸軍が軍の組織として行なったものです。
捕虜の多くは蒋介石軍兵士などです。

ただ、中国側の言う30万人説は戦闘時の犠牲者も含めた数として合理的な数です。
昭和12年7月の南京の人口は135万人です。
11月末の人口は50万人で、これに南京防衛軍15万が加わった65万人が日本軍の攻撃に晒されました。

否定派の言う20万人は逃げ場の無い貧民の数です。
小平市の警察学校と小平団地を合わせた(昔の警察学校の広さ)10万坪の安全区に押し込められた貧民の数です。

(65連隊のシャーカンおける2千人斬首は父だけが日本側の証人です。)

Posted by 核心 at 2009年11月02日 06:38


…ええっと、ちゃんとした日本語で書いてくれないと
分からないぞ。
Posted by 名もなき友愛市民 at 2010年02月20日 21:16
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。