2008年11月01日

ミラーマンのブログ 毎日新聞の記事を全面転載し削除依頼メールを放置していたのでブログが凍結されたのは言論弾圧であり国家の陰謀であり毎日新聞は自公弾圧政権翼賛新聞である

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

と、左翼の方が大騒ぎしています。実に分かりやすい。

当事者のミラーマンは淡々としています。
右左問わず、ある程度のページ量を更新している言論系ブログ運営者なら路上のスピード違反と同じく、新聞社からの削除依頼は避けられないというか、茶飯事ですからねぇ。



しかしミラーマンを神輿に担いでいる左翼の人にとって、これは国家に魂を売った毎日新聞による言論弾圧と映っているそうです。

曰く、左翼団体による麻生宅訪問デモ隊逮捕真相解明記事への言論封殺。
曰く、中年金融マンぐっちーさんコラム盗用問題への意趣返し。
曰く、毎日新聞は自公弾圧政権翼賛新聞であるww

政府の御用新聞に昇格とは、毎日新聞出世したやん。

んで、ぐっちー叩きですかww
その件について当ブログはミラーマンを応援していましたww
【参考】
「福島中央テレビの大野アナ」に記事をパクられ徹底抗戦を宣言したブログ「債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら」はミラーマンの人権を侵害したので虚偽記載の消去と謝罪を要求されたそうです

それでは、便乗パラノイアブログを棚卸し。  













↓これが原因との事。




京急電車でオンナの尻を触って逮捕されたら、国家による陰謀。
無断引用でブログ停止されたら、国家による陰謀。

なんだ。
おいらのブログに度々毎日新聞社知的財産管理センターから直接メールやライブドア経由で削除依頼が来るのも、国家弾圧だったのか。(鼻血


それでは最後に毎日新聞流の無断引用ガイドラインの生事例として、修正前の当該エントリーを無断転載し当該箇所と全体の調和を(行間も含めて)確認してみよう。
確かに毎日がお怒りの通り、ミラーマンが認めている通り、前後の文脈と全く関係がない。
追記スタイルで麻生ネガティブ記事を無理やり挿入しました。って感じ。


それでは無駄に長いだけですので、無断引用に関心がある人以外はスルー推奨。

2008年10月23日 (木) 「逃げ回る」醜態を晒す麻生首相 植草一秀の『知られざる真実』

10月13日付記事「デリバティブ金融危機の津波は残存する」に記述したように、世界の株式市場の波乱は残存している。各国政府が公的資金投入の方針を示し、株価は一時反発した。麻生首相は、日本が資本注入を提唱し、各国が方針を決定したと述べ、日本が金融危機打開へのイニシアティブをとったかのような発言を国会答弁で示した。しかし、現実の金融危機対応で日本の存在感はまったく認識されていない。


11月15日にワシントンで開催されることが決まった「金融危機サミット」も、フランスのサルコジ大統領が提唱し米欧の間で協議されて決まったものだ。サミット議長国は日本で、麻生首相は成田での短時間のサミット開催構想を提示したが、主要国から完全に無視された。サミット議長国である日本に打診もなく、ワシントンでサミットが開催されることになった現実は、麻生首相が外交上の存在感をまったく認識されていないことを象徴している。


日本の1990年代から2003年にかけての金融危機処理は、最悪の金融処理の実例でしかない。住専問題が表面化したのは、1992年である。問題処理における「隠ぺい、先送り、場当たり」の三原則が、日本の金融問題処理の特徴だった。


1996年には住専処理に6850億円の公的資金が投入された。1997年に北海道拓殖銀行等の破綻が生じ、1998年に公的資金による資本増強が実施されたが、本格対応には程遠いものだった。その後、長銀破綻、日債銀破綻が生じ、巨額の公的資金投入が実施された。


事態はいったん改善に向かったが、2001年発足の小泉政権が日本経済破壊推進政策を実行し、株価暴落と金融危機がもたらされた。最悪だったのは、小泉政権が「大手銀行の破綻も辞さない」と公言しておきながら、最終局面で大手銀行を税金で救済したことだ。


竹中平蔵氏は10月19日のテレビ朝日番組で、りそな銀行処理に際して、「経営者を入れ替えた」と発言し、責任追及を実施したかのような説明をしたが、まったくの詭弁である。金融機関が破綻する場合、問われるべき第一の責任は「株主責任」である。竹中金融相は株主責任を問うどころか、2兆円の公的資金投入で株主に利益を供与したのだ。


りそな銀行経営陣は、小泉政権の経済政策を堂々と批判する気骨ある優良経営者であった。りそな銀行は監査法人、会計士協会と連携した政策当局に陥れられた疑いが濃厚である。詳細は拙著『知られざる真実−勾留地にて−』に記述したので、是非ご一読賜りたい。竹中金融相はりそな銀行幹部が小泉政権批判を公言していたから、りそな銀行を標的にした可能性が高いのだ。


りそな銀行幹部が追放され、小泉政権近親者がりそな銀行幹部に送り込まれた。その後、りそな銀行が自民党への融資を激増させ、その事実を一面トップでスクープ報道した朝日新聞記者が東京湾で遺体となって発見されたことが伝えられている。朝日新聞は記者の死亡と記事とは関係ないと説明しているが、真相は明らかにされていない。


2003年の金融処理は、日本の金融行政史上最大の汚点と言って間違いない。金融危機が表面化した際に、責任ある当事者である金融機関を税金で救済すれば、悪い実例が歴史に刻まれることになる。銀行のハイリスク経営、放漫経営は抑制されるどころか、助長されてしまう。これを「モラル・ハザード」という。


世界的な金融危機の拡大に対応して、各国政府が金融機関への公的資金投入策を提示しているが、重大な「モラル・ハザード」を引き起こす可能性を十分に考えなければならない。金融と政治権力とは癒着しやすい傾向を有している。金融資本が政治権力の裏側に存在していることも多い。


10月22日、米国大手銀行ワコビアの2008年7−9月期決算が発表された。最終損益は237億ドル(約2兆4000億円)の赤字になった。サブプライム金融危機の余波が依然として、激烈であることを示している。NYダウは前日比514ドル安の8519ドルに急落した。10月10日の8451ドルに接近した。


日経平均株価も10月10日に8276円まで急落したのち、10月15日には9547円まで反発したが、10月23日午前には、一時8016円まで下落した。株価の底値はまだ確認されていない。


米国の不動産価格下落は、まだ4合目程度しか通過していないと見られる。米国の金融危機の原点は不動産価格下落にあり、不動産価格下落がデリバティブ金融商品の拡散によって、巨大損失を発生させている。金融危機の全貌はまだ明らかになっていない。


欧米市場での金融問題拡大を背景に、為替市場では欧米通貨が急落している。また、原油を中心とする商品市況も急落している。日本は、相対的に金融危機の程度が軽微であり、日本円が主要通貨および商品に対して値上がりしている。


円ドルレートは10月23日の東京市場で、1ドル=97円台に上昇している。円は、米ドルだけでなく、ユーロ、ポンド、加ドル、豪ドルなどに対しても急反発している。


1ユーロ=170円(本年7月)が


1ユーロ=124円に、


1ポンド=215円(本年7月)が


1ポンド=157円に、


1加ドル=107円(本年月)が


1加ドル=77円に、


1豪ドル=104円(本年7月)が


1豪ドル=63円に、


急変している。


 日本円は、米ドルに連動して、2000年から2008年にかけて暴落した。行き過ぎた金融緩和政策が円暴落の原因だった。米国が超金融緩和政策を実施し、ドル暴落の危機に直面したが、日本政府は50兆円以上の円売り、ドル買い介入を実施して、米ドルの暴落回避に協力した。日本が米国のドル暴落路線に道連れにされたと表現することもできる。


 日本政府は1兆ドル(約100兆円)の外貨準備を野晒(のざら)しにしている。円ドルレートが1円円高になるごとに、1兆円の評価損が発生する。野党は国会で、為替レート変動に伴う外貨準備の損失と、外貨準備を放置した責任について、政府を徹底的に追及しなければならない。


 現存する外貨準備については、早急に残高を圧縮する必要がある。景気対策や社会保障関係支出について、国会で財源を論議している間に、外貨準備での日本の損失が著しく拡大してしまうからだ。


 政府は臨時国会に、地域金融機関に対する公的資金による資本注入を可能にする金融機能強化法改正案を提出する。強化法改正案が農林中金まで対象としており、「信用収縮対策」と「金融機関支援」の二つの関係が問題になる。農林中金は経営不安が表面化した米国住宅金融公社債券を大量保有していると見られている。


 国民の税金を投入する目的を、「金融システム」という「社会の公器」を守ることに限定しなければならない。「金融」と「政治権力」は癒着しやすい。現実に癒着している。「金融システムを守る」の言葉を隠れ蓑にして、「金融機関への補助金」が投入され、政治と金融機関の癒着が強められてきた過去が存在する。野党は「責任処理を伴わない公的資金投入」を認めるべきでない。


 麻生首相は、『文藝春秋2008年11月号』の表題に「小沢代表よ、正々堂々と勝負しよう。私は絶対に逃げない」と明記しておきながら、逃げの一手に転じている。一国の首相が、活字にして全国民に明らかにした決意を実行しないのでは、世間の笑いもの以下になる。


 野党は、首相が求めた補正予算成立、テロ特措法議決、に全面協力した。総選挙への買収工作である「追加景気対策」を発表することも容認している。これだけの条件がそろえば、麻生首相が解散総選挙をこれ以上逃げ回る理由は消滅する。

(追記)

 麻生首相の連夜の会合について、北海道新聞記者とのやり取りを毎日新聞が伝えているので、転載する。


麻生首相:あす就任1カ月 連夜の「会合」批判にキレる





 ◇有名ホテル、高級飲食店…密談説も




 麻生太郎首相が就任してから24日で1カ月。連夜のような有名ホテルや高級飲食店での会合について「庶民感覚とかけ離れている」と記者団から質問を受けた首相は22日、「ホテルは安い」「自分のお金」などと強く反論し、「変えるつもりはない」とこだわりを見せた。一方で、会合の相手が首相官邸の発表と違うことも発覚し、夜な夜な密談を重ねているとの見方もある。【西田進一郎、木下訓明】


 「高級料亭、毎晩みたいな(話に)作り替えていますが、それは違う」「ホテルのバーは安全で安いとこだという意識があります」


 首相は22日昼、記者団に独自の認識を強調。「安いところに行ったとして、(新聞記者らが店の前に立つことで)営業妨害って言われたらなんて答える? 店の妨害して平気ですか。聞いてんだよ。答えろよ」と、逆に詰問する場面もあった。


 麻生首相の夜会合の多さは、福田康夫前首相と比べ際立つ。公務を終えそのまま私邸に戻ったのは就任から21日までの28日間で4日だけ。インドのシン首相との夕食会があった22日はさすがにそのまま帰宅したが、「はしご酒」の日も多い。民主党の簗瀬進参院国対委員長が22日の記者会見で「そういう所で本当の庶民の心はわからない」と指摘するなど野党の批判もあり、側近の松本純官房副長官は自らのブログに、首相が会員制バーでハンバーガーをほおばる写真を掲載し「庶民派」をアピールする。


 一方、夜の会合は「密談の場」との見方もある。例えば広報担当の首相秘書官の発表では16日夜、首相は東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテルの中華料理店で「秘書官と食事」をしたはずだった。しかし首相が店を出た後、店内から中川昭一財務相、甘利明行革担当相、菅義偉自民党選対副委員長が現れ、首相と一緒だったと認めた。他にも「首相に会うので、ばれないようホテルにはいつもと違う車で入った」(自民党幹部周辺)という証言もある。


 出入り口が多く密談には便利なホテル。衆院解散をにらみ夜の会合は当分続きそうだ。


==============


 ◆22日昼の首相と記者団とのやり取り



 ◇引っかけるような言い方はやめろ/ホテルは安い所だと思う/スタイルは変えない




 22日昼の首相と記者団との主なやり取りは次の通り。


 記者 夜の会合、連日で、一晩で何万円もするような高級店に行っているが、庶民感覚とかけ離れている。


 首相 僕はこれまでホテルが一番多いと思いますけれどもね。あなたは今、高級料亭、毎晩みたいな作り替えていますが、それは違うだろうが。引っかけるような言い方はやめろって。もうちょっと事実だけ言え、事実だけ。馬尻(就任後3回行った東京・六本木の飲食店)がいつから高級料亭になった? 言ってみろ、言ってみろ。だからそういう卑劣な言い方はだめ。いかにも作り替えるような話はやめたがいい。


 記者 一晩に一般の国民からすると高いお金を払って食事をするという意味で私は申し上げました。


 首相 きちんとそれ定義言ってね。あなたの質問、時々代表して聞いているけれども、いつもなんとなーく、妙にひねて聞いているように聞こえるんだね。


 記者 そういった批判があることについてどう思うか。


 首相 僕はこれまでもずっと、あのー、少なくともホテルというところは安い所だと思っていますね。たくさんの人と会うというのは、ホテルのバーっていうのは安全で安い所だという意識が僕にはあります。正直なところです。だけど、ちょっと聞きますけれども、例えば安いとこ行ったとしますよ。周りに30人からの新聞記者いるのよ。あなた含めて。警察官もいるのよ。営業妨害って言われたらなんて答える? 「あなたのおかげで営業妨害です」って言われたら、新聞記者として「私たちの権利です」って言って、ずーっと立って店の妨害して平気ですか? まあ、聞いてんだよ。答えろよ。ふっふっふっふっふ。


 記者 私がうかがいたいのは……。


 首相 いや、おれの質問に答えてくれ。だから、おれもそれ答えてるんだから、今。おれが質問している。平気ですか?


 記者 我々は営業妨害はしないように取材をしている。


 首相 いや、してるって。現実、みんな「している」って言われているから、おれも。だから「うちは来ねーでくれ」って。だからホテルが一番言われないんですよ。分かります? だからあなたは、自分の都合だけで聞いている。ように、おれには聞こえるんだね。おれには。だからホテルが一番人から文句言われない。僕はそう思ってます。だからこれ、これまでのスタイルですし、これからも変えるつもりは、今のところありません。


 記者 お金に色は付いていないんですが、政治献金や政党助成金という形でお金を出すのは高級な食事をするだけのためではないと思いますが。


 首相 自分のお金だから。政党助成金もしくは私のその種の金。幸いにして自分でお金がありますから自分で払っています。はい。


==============


 <首相が夜に訪れた店など>


 (いずれも東京都内)


 【ホテル】


 ●帝国ホテル(内幸町)計6日


 ▼客室3回▼会員制バー「ゴールデンライオン」3回▼バー「インペリアルラウンジ アクア」


 ●ホテルオークラ東京(虎ノ門)計4日


 ▼宴会場▼バー「ハイランダー」▼バー「バロンオークラ」▼バー「オーキッドバー」▼日本料理店「山里」▼中国料理店「桃花林」


 ●ANAインターコンチネンタルホテル(赤坂)計3日


 ▼中国料理店「花梨」▼日本料理店「雲海」▼バー「マンハッタンラウンジ」▼レストラン「イタロプロバンス ダイニング」


 ●ホテルニューオータニ(紀尾井町)1日


 ▼日本料理店「藍亭」▼飲食店「カトーズダイニング&バー」


 ●グランドプリンスホテル赤坂(赤坂)1日


 ▼中国料理店「李芳」


 【その他】


 ●飲食店「馬尻」(六本木)計3日●フランス料理店「ペリニィヨン」(銀座)●中国料理店「維新號」(紀尾井町)●日本料理店「花がすみ」(元赤坂)●日本料理店「京寿々」(広尾)●フランス料理店「アピシウス」(有楽町)●ウナギ料理店「重箱」(赤坂)


毎日新聞 2008年10月23日 東京朝刊


(ここまで転載)






 金融危機が発生しているが、今回の危機は長期間持続する可能性が高い。米国でも大統領選挙は予定通り実施される。時代は大きな転換点にさしかかっている。国民の審判を仰ぎ、本格政権を樹立して、新しい時代に対応するべきである。


 市場原理主義を基軸に据え、大資本・官僚・外国資本の利益拡大を目指す政府と、セーフティーネットを強化し、すべての国民が健康で豊かな生活を実現できる社会の構築を目指す政府の、どちらを国民が望むのか。国民が政権を選択するのが総選挙の意味である。


 国民の審判を仰ぐことは正しい判断である。民主党の石井一代議士が予算委員会で「月刊誌に解散総選挙を明確に書いた以上、実行しろ。実行しないなら撤回しろ。」と麻生首相に問い質したのは当然だ。これ以上「逃げ回る」醜態を晒すべきでない。

「植草一秀 の『知られざる真実』」 を応援してくださる方は 人気ブログランキングへ のクリックお願いします!


うちは同じ内容の産経版を丸々引用していました。
比較にどうぞ。

我が国の救世主であられる小沢一郎総理(仮)を Make Me Super! してみたテスト








コメント
植草さんの記事だと言論弾圧するな、田母神さんの論文だと弾圧して当然って、面白いカナダのおばさん達ですね
Posted by 123 at 2008年11月02日 00:21
ゲップがでるラインナップですね>便乗ブログ
Posted by maa at 2008年11月02日 08:24
この人達は、本気で言論弾圧だと思ってるんですかね?
アクセス数を稼ぎたいのか、立場上言ってるのか、マジで言論弾圧だと思っているのか、別の理由なのか
このような記事を見る度に考えますが、結論はでません。
Posted by aaaaaaa at 2008年11月02日 22:21
こりゃまた、大物ブロガーさんが並びましたね(棒)。

ちなみに小牧のおばちゃま、座間基地のイベント騒音に絡んで、
まさに脊髄反射で噛みついてますねww
Posted by 熊蔵 at 2008年11月02日 23:10
ある意味オイラも便乗blogかもw。

しかし・・・例の無届デモで活動家が逮捕されたら不当逮捕でたまたまblogが繋がらなかったら言論弾圧って・・・
よほど自分たちの都合のよい解釈しかできないお花畑脳なんですかねぇ・・・。

ところで例の無届デモの逮捕者について抗議するとか言ってた連中って何故か逮捕された人間の名前言わないのは何故だろうか?名前をググられると困ることでもあるのだろうかw?
Posted by ブラックボックステスター at 2008年11月03日 22:48
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。