2008年04月26日

【北京五輪聖火リレーin長野】 福原愛ちゃんに突撃し逮捕された台湾人

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



 【聖火リレー】愛ちゃん乱入男、現行犯逮捕 産経新聞
10:06更新

長野県警は、卓球の福原愛選手の走行中に乱入した男を威力業務妨害の現行犯で逮捕した。

 男はチベットの旗を持って乱入し、身柄拘束の際に「フリーチベット」などと叫んでいた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/other/140777/slideshow/77457/


報道では台湾人ですが、産経のインタビューによると亡命チベット人だそうです。
インタビュー後に逮捕されたのでしょうか?

「フリーチベット」の叫び届かず亡命2世 泣きながら乱入 聖火リレー 産経新聞
2008.4.26 13:39

チベットの旗を握りしめ、沿道から聖火リレーの隊列に飛び込むタシィさん(上)、警官隊に取り押さえられながら「フリー・チベット」と叫んだ(中)(下)=午前9時すぎ、長野市内(林英樹撮影) 何のための、だれのための「平和の炎」なのか。26日、3000人規模の厳戒態勢の中で行われた北京五輪の聖火リレー。沿道を埋め尽くす真っ赤な中国国旗と、時折揺れるチベットの雪山獅子旗。出発式会場に一般客は入れず、平和の祭典を象徴するイベントは「市民不在」で進んだ。「チベットに自由を」「ゴーゴーチャイナ!」。チベット問題を訴えるプラカードも掲げられ、タレントの萩本欽一さんや卓球の福原愛さんが走行中には男が取り押さえられる場面もあった。善光寺で知られる仏都・長野市は終日騒然とした空気に包まれた。(林英樹、永原慎吾)

 ハプニングは突然起きた。JR長野駅や善光寺周辺と比べて、比較的観客の数が少ないコース中ごろの沿道。「フリーチベット!」。チベットの旗を握りしめた男がロープをまたいで車道へ飛び出し、聖火ランナーの列に飛び込んだ。警官隊に取り押さえられ、地面に顔を押さえつけられながらも、「フリーチベット」の泣き叫ぶような声は消えない。

 男は、台湾に住む亡命チベット人2世の古物商、タシィ・ツゥリンさん(42)。「私はオリンピックに反対しているわけではない。ただ、チベットの惨状を全世界に訴える絶好の機会だと思っている」。この日朝、沿道の別の場所でチベットの旗を広げていたタシィさんは記者にそう話していた。

 タシィさんは、中国のチベット侵攻後の1959年、チベットからインドに亡命し、その地で生まれた。紛争は直接経験していないが、父親の壮絶な体験がタシィさんの心に刻み込まれている。

 父親は紛争の最中、政治的理由で中国公安当局に拘束され、死刑を宣告された。しかし執行の前日、一か八か、小さな窓から絶壁に向かって飛び降りて脱走、一命を取り留めた。その後、夫婦で当時7歳だった兄を連れて2週間かけて、命からがらヒマラヤ山脈を越えたという。

 「チベット独立は両親の悲願でもある。それを実現するためには、残りすべての人生を犠牲にする覚悟がある」

 チベット難民として暮らしたインドでは、常に「どこにも所属しないホームレスのような感じだった」。しかし、ダライ・ラマ14世の言葉に接し、考え方が変わった。「チベットはチベット人のもの。暴力を使わず、平和的に訴えることで、私たちの『自由』を取り戻したい」。

 タシィさんは25日夜に長野入り。タイの聖火リレーでも抗議活動に参加したが、そのときと比べると、日本のほうがチベット支援者が多いことに驚いたといい、「応援してくれる日本のみなさんに感謝している」と述べていた。
(以下略)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/other/140850/slideshow/77542/
 
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080426/oth0804261339026-n1.htm
 


▼仏教を信仰している民族が “大華国” に弾圧されているという設定の漫画 フテキセツなフ゛ロク゜

世情 中島みゆき



中国はいかにチベットを侵略したか中国はいかにチベットを侵略したか
マイケル ダナム Mikel Dunham 山際 素男


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

チベット女戦士アデ
4893466364アデ タポンツァン ジョイ ブレイクスリー Adhe Tapontsang

総合法令出版 1999-04
売り上げランキング : 47875

おすすめ平均star
star涙が止まらない
この本を読んで、自分の中には、まだこんなに感情のほとばしりが残っていたのかと驚くほどの感動をおぼえた。この本の語り手であるチベット女性のアデは、自分の過失から巻き込まれたわけではもちろんない、中国側の侵略という理不尽かつ圧倒的な突然の悲劇に翻弄されながらも、気高く戦い続けた勇気ある人物だ。読み終わってからも、しばらくの間は、中国に対するいきどおりがなかなかおさまらなかった。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

中国が世界をメチャクチャにする
中国が世界をメチャクチャにするジェームズ・キング 栗原 百代


おすすめ平均 star
star中国は70年前のナチスドイツと同じ
star中国は驚異であるとともに中国無しでは世界はやっていけない
starドキュメンタリー(写真や表はつかわれていません)
star拡大する中国の影響を捉えた良書です。
star中国が引き起こす世界勢力構造変化を捉えている

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


40年前に世界的な名曲でジョンレノンが喝破していた訳です。
そのレボリューションは中国のグレートファイヤーウォールを通過するのか?

But if you go carrying pictures of chairman Mao.You ain't gonna make it with anyone anyhow.Don't you know it's going to be alright?



Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)北京五輪 
Edit








コメント
世情を聴くと、自然と涙が出てきます。
金八先生のイメージが強すぎて。

タシィさんが飛び出して行った事に関しては、正しいとは
言えないと思うのですが、彼の気持ちは伝わりました。
濡れたアスファルトに顔を押し付けられてもなお、訴える
自由への叫び。

タシィさんが罪に問われず、早期に釈放されるよう、
心より祈っております。
Posted by 流浪人 at 2008年04月27日 02:01
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。