2008年04月07日

史上最大の風雲たけし城と化した聖火リレーinロンドン それぞれの報道スタンス

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

中共の忠実な犬である朝日が中共批判w
流石の朝日も庇いきれない?
それとも朝日内部で何か権力闘争があったんでしょうか?
聖火リレー、妨害次々 ロンドン騒然 
2008年04月07日01時07分
 【ロンドン=土佐茂生、村上研志、尾形聡彦】
季節はずれの雪が舞うロンドンで6日、北京五輪に向けた聖火リレーが行われた。12年の次の夏季五輪開催地だが、祝福ムードはほとんどなく、開始直後から、リレーを阻もうと沿道から次々と飛び出す人たちをかわし続けながら走る異様な展開となった。







 聖火は午前10時半に西部ウェンブリー・スタジアムをスタートしたが、抗議はその直後から。チベットの旗を掲げた3人と警官隊がもみ合う騒ぎを皮切りに、抗議者たちは聖火を消そうとしたり奪おうとしたり。消火器を持ち出す人もいた。

 ランナーには中国からの10人余りの警備要員と英国の警官数十人が伴走する物々しさで、断続的に現れる抗議者を阻みながらのリレーはさながら障害物レースとなった。ロンドン警視庁は36人の身柄を拘束したとしている。

 大英博物館前やトラファルガー広場を聖火が通過すると、待ちかまえていた抗議デモ隊から「フリー・チベット!」「中国よ、恥を知れ」などという怒号やブーイングがわき起こる一方、別の場所では、中国人学生らの聖火歓迎デモもあり、騒然としたイベントに。一部コースでロンドン名物の2階建てバスに聖火を乗せる予定はもともとあったが、セントポール寺院付近ではランナーが走るはずの区域もバスに切り替えざるをえなくなった。

 リレー参加者は金メダリストや児童、著名人ら約80人。中華街やトラファルガー広場などを通る約50キロのコースに警視庁は約2千人を配置して警備にあたった。

 警視庁によると、在英や在欧州のチベット人や人権団体など少なくとも6団体が抗議デモを計画。リレーには傅瑩駐英中国大使も参加したが、抗議の的になるのを恐れ事前に公表されず、ルートも変更された。

 次期開催国という立場から、ブラウン首相も首相官邸前で聖火ランナーを出迎えた。しかし野党や人権団体からは「世界に誤ったメッセージを送る」と批判の声があがった。

 聖火リレーは7日、やはり抗議行動が予想されるもう一つの「危険地帯」パリに舞台を移して続けられる。

 ■ダライ・ラマ「妨害行為するべきではない」

 【ニューデリー=高野弦】チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は6日、在外チベット人らによる北京五輪への妨害活動が相次いでいることについて、「すべてのチベット人は、オリンピックを妨害する行為はするべきではない」との声明を発表した。


毎日も、らしからぬ報道しています・・
不気味というか、何が起きたの??
(素で考えるに、エリート海外特派員は毎日東京本社の中華思想検閲受けてないのかも)
聖火リレー:逮捕30人以上 抗議者に多数の英国民
 【ロンドン町田幸彦】ロンドンで6日行われた北京五輪聖火リレー妨害の騒ぎは、チベット暴動を「中国当局の弾圧」とみる英国民の感情を浮き彫りにした。抗議者には在英チベット人以外に多数の英国民も含まれ、逮捕者は30人以上になった。中国政府への批判は7日に聖火リレーを続行するフランスでも根強い。欧州の中国へのまなざしは一層厳しくなっている。

 6日、大英博物館の近くで開かれたチベット支援団体の集会参加者は約1000人に上り、3〜4割を英国市民が占めていた。聖火リレーへの抗議は、在英チベット人だけでなく英国市民にも通じる風潮になっている。

 英政府は同日、「聖火リレー成功を望むことは、英国が容認できない中国の状況を追認するものではない」とコメントし、ブラウン英首相は首相官邸に到着した聖火トーチを手にしなかった。国内世論の反発をかわす必要があったとみられる。

 チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世への共感は欧州各国に幅広くあり、チベット問題では中国に対する厳しい世論が存在する。6日の聖火リレーの沿道では中国への抗議をこめたブーイングと「恥を知れ」との怒号が飛び交った。トーチを奪われそうになった走者の芸能人、コニー・ハクさん(32)はBBCに「聖火リレーに出たが(チベット問題で)中国を許すつもりはない」と語った。

 日本と違い、欧州の市民レベルでのチベット連帯意識は広い層に及んでいる。

毎日新聞 2008年4月6日 23時26分(最終更新 4月7日 1時04分)


他方、朝日も毎日も勇気ある転進した「チベット問題」について、一人だけ最前線に取り残されている兵士がいました・・
田原総一郎ww
【論説】 「チベット問題で、日本のマスコミが偏向報道…死者数で多い方を書いたり、『中国に問題あり』と書いたり」…田原総一郎★4
元ソースはこちら
チベット騒乱から北京五輪まで 日中ジャーナリストが徹底討論 - ビジネススタイル - nikkei BPnet

話を戻して、今回の聖火リレーinイギリスを世界はどう伝えているか?

イギリスでは

London Protests Against Chinese Imperialism

BBC生放送



中国では

Strong Support to Olympics in Beijing




今回の朝日や毎日の報道に触れ、かれこれ3〜4年目ですか?ブログに「北京五輪ボイコット」のバナーを貼付し続けているおいらも感慨深いというか、やりがいがあったというものです。
とりあえず今夜は、真実を伝えるジャーナリストの矜持を取り戻した朝日&毎日の両海外特派員マンセーという事で。

そして先日のエントリーで書いた如く、まんまと中共DISなhateでshameな五輪祭りが始まった期待感に胸ときめくw


Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)北京五輪 
Edit








コメント
オリンピックが中国分裂を加速する
こんにちは。中国の壊れ具合いよいよひどくなってきましたね。ロンドンの騒動も反捕鯨の騒動よりはるかに規模が大きいようですね。まあ、カンガルーやクジラよりは、人間の方が大事なので、当たり前と言えば当たり前か・・・・(笑)。一人当たりのGDPが日本の1/10に達するまでに、今の経済成長率を維持したとしてあと20 年かかる発展途上国、中国。本来他国を侵略したり、オリンピックを開催することなどできないはずです。私は、現代中国このままでは、すまないと思っています。中国は今後早ければ10年以内、遅くても20年後には分裂すると思っています。私のブログでは、中国分裂の筋書きを何回かにわたって掲載しています。是非ご覧になってください。



Posted by yutakarlson at 2008年04月07日 14:17
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。