2008年03月20日

今度は北京五輪公式サイトでフラッシュゲームパクリ騒動

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

とりあえずお約束で。

涼宮哈爾濱(ハルビン)の餃子


北京オリンピックの公式Flashゲームは盗作!? クリエイターが糾弾 ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム
2008.03.18

 今年夏に開幕を控え、熱気を帯びつつある北京オリンピック。その一方、中国の環境汚染やチベット問題による懸念も広がっているところだが、そんな中、「オリンピックの公式サイトは私の作ったFlashゲームを盗作した」と糾弾する人物がいることが、“The Sunday Morning Herald”“vnunet.com”“AOL Sports”“Ars Technica”など、複数のニュースサイトで報じられた。

 その人物は、米ニューヨーク州在住のグラフィックデザイナー、Cadin Batrack氏。彼によると、オリンピック公式サイトの“Fun Page”というコーナーに掲載されていた公式Flashゲーム『Fuwa Fight the Olympic Clouds』は、2年前に彼が発表した『Snow Day』というゲームの盗作なのだという。

 Batrack氏の作った『Snow Day』は、雪原の中にいる主人公キャラが、移動する雲めがけてタイミングよく氷を投げつけ、凍らせるという内容のアクションゲーム。これに対し、オリンピック公式サイトに載っていたゲームは単に内容が似ているだけでなく、「Flashのファイルを私のサイトからダウンロードしてソースコードを解析し、主人公キャラをオリンピックのマスコットキャラにすげかえ、さらに私のクレジットを取り去り、さも自分たちのゲームであるかのように仕立て上げたもの」と同氏は述べている。まさに、文字通りの盗作というわけだ。

 なお、盗作と指摘されたゲームは、すでに公式サイトから取り下げられているが、Batrack氏によれば、この記事を執筆している時点でもプレイできる2本のゲーム(『Obstacle Race』と『Leap and Leap』)にも、問題があるという。2本とも、カリフォルニア州在住のクリエイター、Ferry Halim氏が作った『Arctic Blue』と『Winterbells』という作品から、コンセプトをそのまま流用しているというのだ。確かに、これらのゲームを実際にプレイしてみると、グラフィックは異なるが内容はほとんど同じだと分かる。

 海賊ソフトが横行していることが有名な中国だけに、“またか”といった声も聞かれそうなニュースだが、北京オリンピック実行委員会は、オリンピック関連の海賊商品を厳しく取り締まる方針を打ち出している。そのため、Batrack氏は「彼らは(自分の権利を守ることには必死でも)、他人の権利を侵害することはあまり気にしていないらしい」と皮肉っぽく述べている。すでに、サイト運営元とオリンピック実行委員会に苦情の申し立てを行ったが、まだ返答はきていないとのことだ。
(中島理彦)


削除済の「fuwa」はこんな感じだったそうです。



オリジナルの「Snow Day」はこちらで遊べます。
http://www.miniclip.com/games/snow-day/jp/

あと、北京五輪公式サイトでまだ遊べる「jump」も酷いww

http://www.ferryhalim.com/orisinal/g3/bells.htm(Orisinal.com - Winterbells)

http://en.beijing2008.cn/funpage/game/jump/



現存のパクリゲーム集はこちら
(お好きな画像クリックしたらそのまま突入できます)











  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。