2008年03月19日

チベット人権民主化センター 中国四川省でのチベット人虐殺写真を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

現実から目を背けちゃいけない訳だよ。

16日に行われた中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の抗議デモで、人民武装警察(PAP)に射殺されたチベット人遺体の由。
Photographic evidence of the bloody crackdown on peaceful protesting Tibetan at Ngaba County, Sichuan Province, on 16 March 2008 Tibetan Centre for Human Rights and Democracy
※大量の死体写真あります。クリックは自己責任で。


こちらのリンク先はその四川省デモにてPAPがデモ隊に対し催涙ガスを撃っている絵など。
(グロなし)
Fresh Pictures of Tibetan protesters' dead bodies and crackdown by the Chinese security forces. Tibetan Centre for Human Rights and Democracy

写真はPAPに射殺され路上に放置された犠牲者へ対し投げ銭して供養している図の模様です。
確か四川省での死者について、中共の発表数値は8名だった筈・・・


最後に、独裁国家存亡の危機にも関わらず、事件に微塵も触れない本日付新華社の見事なスルーっぷり。敵ながら天晴れ。












コメント
これが現実なんですよね。

圧倒的な力で抑圧しながら、バランスを保ち続けるなんて事、出来ないと思います。かといって、この世で生きている人達全て、納得させられる事は出来ないのもわかります。
だけども、このやり方には全く賛同出来ませんね。

それと、口を噤んでいる人権屋さん達は、何とも思わないのですかね?
それとも自分達のことを高等生物“人間”と思っていて、チベットの人達を、同じ人間とは認めていないのかな?

彼らの死が、どうか無駄になりませんように・・・。
Posted by nono at 2008年03月19日 09:55
両方とも政治的な目的を持っているのですが、どうして一方の言い方だけを聞いて信じるんですか。暴動のなかで、一般の道にあった知らない人も追い殺す殺人行為を賛成するつもりですか。私は当地にいきませんでしたので、何があったのかすっかり分かりません。政府の言論も信じていません、だから発言権を持っていません。君も同じでしょう。
Posted by 阿呆 at 2008年03月21日 17:58

中国共産党の幹部連中とその子弟サマ、教えてください。
 中華思想って、なんですか? 

 ボクには、何千年も前の、前近代的思想としか思えませんし、現在はそのようなイデオロギーは存在していないはずでしたよね。

 将来いつの日にか、漢民族が新しい世界的秩序、システムを背負っていく時代が来るかもしれません。 
 あるいは、地球が消滅したとしても、そんな事はあり得ないのか・・・・
ボクには、わかりません
 
 しかし、中国共産党について、世界の客観的視点からも、また私個人の偏った主観的視点から見ても、以下のように断言できる。。

 あんた達は、全くもってして、空気を読めないヤツ等の集団だと。
ホントに全然わかっちゃいないし、わかってないって事もわからないだろう・・・永遠に。 
Posted by チョッパリ at 2008年04月05日 00:46
  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。