2008年02月02日

【アサヒと毎日の社説】日教組vsグランドプリンスホテル新高輪抗争 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

教研集会拒否―ホテルが法を無視とは 朝日新聞
 日本教職員組合(日教組)が主催する教育研究全国集会は、毎年、各地の教師が集まり、教育にかかわる様々な問題を話し合う場だ。

 ところが、今年は約2000人が参加する全体集会が中止になった。会場をいったん引き受けていた東京のグランドプリンスホテル新高輪が、右翼団体の街宣活動によって他の客や周辺の地域に迷惑をかけるといって、断ったからだ。

 分科会は別の施設でおこなわれるが、全体集会が開けなければ、集会の意義は大きく損なわれるだろう。

 ホテルの姿勢は、なんとも許しがたい。批判されるべきは、大音量をまきちらし、我がもの顔で走り回る街宣車の無法ぶりだ。その影響があるからといって会場を貸さないのは本末転倒だ。右翼団体の思うつぼにはまることにもなる。

 さらにあきれるのは、東京地裁と東京高裁が日教組の訴えを認め、会場を使わせるよう命じたにもかかわらず、がんとして従わなかったことだ。法律に基づき裁判所が出した命令を無視するのでは、企業としても失格である。

 日教組がホテルと会場の契約をしたのは昨年5月だ。7月には会場費の半額を払った。ところが、11月になって、ホテル側は日教組に解約を通知した。

 「会場周辺に右翼団体が集まって抗議活動をすることを、日教組側は契約時に説明していなかった」というのがホテルの言い分だ。

 これに対し、地裁や高裁は日教組が街宣活動のことを説明していたと認めたうえで、「第三者が周辺で騒音を発するおそれは、解約の理由にはならない」「日教組や警察と十分打ち合わせをすれば、混乱は防げる」と指摘した。

 ところが、裁判所の命令が出ても、ホテルは「重大に受け止めているが、お客第一に考えると貸せない」と拒んだ。

 最高裁はこれまで自治体の施設について、「公的施設の管理者が正当な理由もないのに利用を拒むのは、集会の自由の不当な制限につながる」との判断をしている。民間企業とはいえ、公的な施設といえるホテルにも当てはまる考えだ。

 なぜ、これほどかたくなな態度を取るのか。ホテル側は右翼団体などからの圧力を否定するが、何かあったのではないかとつい勘ぐりたくもなる。

 このホテルの親会社である西武ホールディングスの後藤高志社長は、銀行員時代に総会屋との決別に力を尽くし、小説のモデルにもなった。それなのに、なぜ……。ことのいきさつをぜひ聞きたい。

 茨城県つくばみらい市では、ドメスティックバイオレンス(DV)をテーマにした市の講演会が、DV防止法に反対する団体から抗議を受けたため、「支障をきたす」との理由で中止された。

 こうしたことが続くと、憲法で保障された言論や集会の自由が危うくなる。

 グランドプリンスホテル新高輪は自らの行為の罪深さを考えてもらいたい。





社説:会場使用拒否 言論の自由にかかわる問題だ 毎日新聞

 2日から3日間の日程で東京で開催される日本教職員組合の教育研究全国集会の全体集会が開けなくなった。いったん会場使用の契約を結んだ港区のグランドプリンスホテル新高輪が「顧客や周辺住民に迷惑になるから」と、一転して使用を断ったためだ。

 ホテル側は、使用を認める裁判所の決定が出ても拒否を変えず、日教組は1日、参加教員全体の集会を断念した。テーマ別分科会は分散会場で開かれるが、基調報告や記念講演に充てる全体の集まりは2000人規模の大会場が必要で、代わりがなかった。

 教研集会は毎年全国各地で開催し、今回で57回を数える。教科学習の改善工夫やいじめ、非行問題対策など学校現場の実践例を報告、意見交換、討論をする。毎回、会場周辺に日教組運動に反対する右翼団体が集まり、街宣車で批判する。

 この騒ぎと交通渋滞などから会場提供をしぶる施設は少なくない。今回のように、いったん受けた後で拒否した例は過去にもあるが、日教組側が裁判所に使用容認の仮処分を申請して決定を得るなど、司法の判断で解決してきた。

 今回のホテル側は、実際に起こる影響の大きさについて日教組から説明がなく、従業員を前回会場の大分・別府に派遣して調べ、初めて知ったと主張する。

 大分県警は他府県警の応援も含め1300人態勢で警備、交通規制をしたが、大きなトラブルや事故はなく、集会は予定通りに行われている。

 今回の仮処分決定で東京地裁は、日教組がホテル側に対し、前回街宣車が来て警察が警備した事実を述べており、説明義務違反はないと認定。またホテル側の抗告を退けた東京高裁も、日教組が警察庁、警視庁に警備要請して了解を得ており、ホテル側は十分な打ち合わせをすることで心配するような混乱は防止できるという判断を示した。つまり、受忍できないような大きな混乱、騒ぎは避けられるという見方だ。

 しかし、ホテル側はそうした司法判断に従わない。

 自由に集会し、自由に意見を交わす場が騒ぎと警備に囲まれ、会場確保のために裁判所の判断を仰がなければならないというのは、本来あってはならないことだ。しかし、集会や言論の自由という最低限の基本的権利はそれで守られる。それを越え、どうであれ会場(機会)は与えないという事態は到底看過できぬ権利侵害といわざるをえない。

 それが日教組の集会であれ、逆に反日教組の集会であれ、保障されるべきは同じである。今回の「全体会取りやめ」は今後、日教組にとどまらず、集会や言論、表現の会場使用をめぐる問題に「前例」として重くのしかかるおそれがある。

 そうしないための問題認識や気構えが必要だ。

毎日新聞 2008年2月2日 0時17分


昨晩散々書き散らし(削除したけどw)個人的にはすっきりしていますので、あえて社説には突っ込みません。

朝日と毎日は興奮せず感情に流されずに、国家(裁判所)が介入してはならない「私的自治の原則」「契約自由の原則」「民事不介入」という素晴らしい民主主義の根幹並びに、日教組が集会を開催する権利と公共の福祉の衝突について、改めてご一考願えればと思います。

で、流れが読めない人も多いと思いますので簡単に講釈垂れますが、今回の裁判書の仮処分命令に債務者が従わない場合、債務不履行に派生する損害を賠償すれば責められる道義はありません。
更に損害賠償額を巡り係争になれば裁判所が額を認定、それでも債務者が得心しないのであれば裁判所命令で強制執行。
この強制執行を債務者が妨害すれば初めて、高輪プリンスを反社会的企業・犯罪者呼ばわりする事が出来ます。
これが法治国家。これが罪刑法定主義。

国内屈指の圧力団体である日教組と、私企業且つ風評に脆弱な客商売の新高輪プリンス。
私人間の喧嘩を公器が取り上げた際、叩くべき相手はどちらなのでしょう?

ま、花の応援団でラーメンにゴキブリの死骸落とすエピソードと一緒ですね。










コメント
花の応援団とは懐かしい…。
ビールガーデンでゴキブリ入れられちゃうのは覚えてます。ガビーン!
自衛隊の親を持つ生徒の前で自衛隊は人殺しと、の賜っていた(さすがに今はいないと思い…)地元の北教組もとてもステキング軍団です。
Posted by ウニ子 at 2008年02月02日 16:15
裁判で負けて賠償金払う事になりそうですが、「損して得取れ」、私はホテルを支持します。
Posted by 丸 at 2008年02月02日 22:58
右翼団体の実体は左翼です。右翼については「右翼の正体」( http://www.geocities.jp/uyoku33/ )を読めば分かります。
右翼団体の目的は愛国者を名乗りながら、故意に犯罪を繰り返すことで日本のイメージ(愛国心)を落とすことです。仲間内(左翼同士)で罵り合ってる振りをしてるだけです。

動画は左翼同士の自作自演のものです。
・【動画】 右翼を逮捕者したら在日朝鮮人でした
http://jp.youtube.com/watch?v=IaIjHDMpABA&NR=1
・右翼と朝鮮総連による自作自演 ...逮捕された水谷容疑者(41)は朝鮮総連祭りの賛同人
http://jp.youtube.com/watch?v=gpezyeRnM2A&feature=related
Posted by Prince at 2008年02月03日 12:11
プロのホテルマン・ホテルパーソンであれば、いったん引き受けた仕事は最後までこなしてこそ、です。
グランドプリンスホテル新高輪での街宣車をかけられるような催事イベントは、NTTなどの株主総会や自民党大会など、過去にいくらでもあります。
今後はそうした他の集会についても、「ドタキャンで放り出されるかもしれない」という印象を与えかねません。
何より「法治国家」であるのなら、裁判所の仮処分にはとりあえず従ったうえで、本格的な裁判で争うのが常識でしょう。
Posted by おかちどり at 2008年02月05日 21:16
読売もプリンスホテルを批判している事は無視ですか?
「ホテル使用拒否 司法をないがしろにする行為だ」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20080202-OYT1T00729.htm
なお、この件を社説で採り上げなかったのは、例によって産経だけでした。
http://sankei.jp.msn.com/column/1521/clm1521-t.htm
さすがですね(嘲
Posted by AS at 2008年02月06日 14:08
>おかちどりさん
プリンスホテルの錦の御旗は「受験生」

>ASさん
読売も沖縄タイムスも琉球新報も同じ論調でしたのでスルーしてます。
で蛇足までに、読売=プチ朝日がこの辺界隈のブロゴスフィアの統一認識です。
Posted by kingcurtis at 2008年02月07日 00:36
お久しぶりです。

判決に外国人の客が宿泊するという視点がないのは残念な気がします。
Posted by 浅はか at 2008年02月10日 17:20
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。