2007年05月10日

【中日新聞論説】 女性や高齢者が喫煙者に「たばこ臭い」というのは、朝鮮人に対する「キムチ臭い」と同じナチズムであり、禁煙推進者の正体はヒトラーである

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

これは気違いの文章です。読むと気違いが感染します。

おいらは愛煙派だけど、タバコ吸いすぎるとこの様に気が狂うのであれば、いい加減タバコ止めた方がマシだと思いました。
紙面キャプのログが流れていますが、検索すると複数の真面目そうなブログがヒットしましたので間違いないでしょうw
【赤い酔星】中日新聞・東京新聞こそ電波その34
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1177761531/
12 名前:文責・名無しさん sage New! 投稿日:2007/04/29(日) 13:56:37 ID:Tmp4Q59G0
2007年4月29日中日新聞15面 4月を送る 中日新聞常務・編集担当 小出宣昭

 世をあげて禁煙の時代だが、私は今も、たばこのみである。中日新聞では少数民族「スー族」(吸う族)と呼ばれ、細々と伝統の香りを守り続けている。
 うまいコーヒーを飲み、ぷかりと煙をくゆらすときが、多数民族「スワン族」(吸わん族)の方々には申し訳ないが、至福の瞬間なのだ。時間が止まり、精神の静寂が訪れる。
 たばこは、吸うよりも、ふーっと吐き出すときが落ち着きをもたらす。禅の呼吸とよく似ている。五臓六腑が空っぽになるまで息を吐くと、後は自然に空気が入ってくる。この繰り返しによる落ち着き。「無一物無尽蔵」と禅はいう。
 こんな心境にご理解をいただき、スー族とスワン族の静かな共存を願っていたのだが、がぜん、とんがった事態が起きた。五月から名古屋のタクシーをすべて禁煙にするというのだ。
 いやはや。少数民族は多数民族の決定に従うほか術はないが、その決め方にいささかの薄っぺらさを感じるがゆえに、スー族としての反論を書きとどめる。
 名古屋タクシー協会によると、全車一斉の禁煙に踏み切った理由は、時代の流れに加え、女性や高齢者から「車内がたばこくさい」との苦情が増えたからという。私は、他の理由はともかく「くさい」というのはなんとも容認できない。
 私たち日本人は、かつて朝鮮半島の人々を「ニンニクくさい」といい、欧米人を「バタくさい」といって世界から友人を失ってしまった。自分たちが「魚くさい」「醤油くさい」と思われていることも知らずに、である。
世の中、においはお互いさまなのだ。

 たばこくさいと非難する女性は、厚化粧のくさみをご自覚だろうか。たばこの煙が健康を害することはあっても、たばこのにおいで肺がんになることはない。子供のいじめの「くさい」と同じではないか。
 タクシーは公共交通機関といっても、あくまで個別選択的な乗り物である。車内でのたばこは運転手さんや同乗者の同意を得れば不特定多数の人々に迷惑をかけることはありえない。まさに私的空間なのだ。
 そこへ禁煙の論理を持ち込むなら、なぜ、禁煙車を7割、喫煙車を3割など喫煙率に応じた選択肢を与えないのだろう。全車禁煙という一律主義に、スー族は本能的な危険を感じる。
 世界で初めて国家的禁煙運動を始めたのは、ヒトラーである。
「たばこは赤色人種が白人にかけた呪いである」
と断じた彼は、ドイツ民族の純粋性を守るために徹底した禁煙を求めた(健康帝国ナチス、R・N・プロクター著、草思社)。
同時代の独裁者、ムッソリーニもフランコも禁煙主義であり、彼らに対抗したルーズベルト(紙巻き)、チャーチル(葉巻)、マッカーサー(パイプ)はいずれもたばこのみだった。
 禁煙は、下手をするとナチスのように他者の存在を認めない原理主義に陥ってしまう。
スー族はいま、それを憂えているのだ。

http://gonzo.dip.jp/~gonzo/cgi-bin/uploader2/src/up0129.jpg
http://gonzo.dip.jp/~gonzo/cgi-bin/uploader2/src/up0130.jpg

まとめますと、

名古屋のタクシーが全車禁煙になった理由は、女性や高齢者から「車内がたばこくさい」との苦情が増えたから。
女性は「厚化粧臭い」くせになまいきだ。
日本人は「魚臭く醤油臭い」くせに朝鮮人を「キムチ臭い」といい、欧米人を「ワキガ臭い」などという差別主義者だ。
禁煙運動はヒトラーが起源だと知っているか?
連合軍の指導者は愛煙家だったと知っているか?
タバコ嫌いなヤツは、ナチスだ! 日帝に搾取された朝鮮人に謝れ!

対する反論。
笑わせるな!『中日新聞』のコラム  トラモンド
笑わせるな!『中日新聞』のコラム
2007年5月7日
 禁煙タクシーの一斉取り組みが5月1日から名古屋市内で始まった。マスコミ各社の関心も高い。そうした中、4月29日付の『中日新聞』朝刊15面に載ったコラムの一文が記者の目を引いた。

 同社の常務・編集担当が執筆した「タクシー禁煙の憂うつ」と題する文章の内容を要約すると、「車内がたばこくさいという理由は容認できない。全車禁煙の一律主義はナチスのように、他人の存在を認めない原理主義に陥ってしまう」というのだ。

 たかだかタクシー車内でたばこが吸えなくなるという話を、あのアドルフ・ヒトラーの政治まで持ち出さなくても良いと思うのだが、それはともかくとして、記者は中日新聞幹部・記者のたばこの喫煙に対する意識の低さを感じずにはいられなかった。

 コラムでは、においはお互いサマだとしている。だが、タクシー車内のたばこのにおいが耐えられないという苦情は、業界関係機関に多数寄せられている。顧客の苦情に対策を施すのは事業者として当然の責務。においくらい我慢しろ、という方がよっぽど他人の存在を認めていない。

 コラムの執筆記者は、受動喫煙による健康被害の恐ろしさを、どれほど理解しているのだろうか。副流煙の有毒粉じんの濃度は非常に高い。たばこは、吸っている人間だけではなく周りの人間の健康をも害する恐れのあるものなのである。

 事業者は、喫煙が人間の体にとっていかに恐ろしいものなのかを、喫煙者に知らしめるオピニオンリーダーとしての役割も担っている、との自覚を持って禁煙タクシーに取り組んでもらいたい。
<鶴>

自分に都合が悪い話になると、唐突に「朝鮮人」「ナチス」「欧米では」の伝家の宝刀を見境なく持ち出すのが駐日新聞クオリティというオチで。

【おまけ】
小出さんの基地外文章発掘しましたので宜しくご査収願います。
曰く、ビビンバをグチャグチャにかき混ぜ食らい、母娘で美容整形したり贋ブランド品が溢れている韓国は本音の文化だから、日本の如き陰惨な青少年の犯罪など起きないと。
小出さんの基地外疑惑が確証に変わりました。。
朝日の基地外投稿 第59面
861 名前:文責・名無しさん投稿日:03/07/12 10:18 ID:Er8buvh/
http://members.at.infoseek.co.jp/lunatic_asylum/059.html
中日新聞 平成15年7月12日(土)
【編集局デスク】
「本音の文化」 編集局長 小出 宣昭

 少年の、遠くを見つめる目は美しい。最近は、右や左ばかり見回す少年が多くなったなと嘆いていた矢先に、長崎で悲惨な事件が起きた。
 十二歳の彼だって、でっかい未来に思いをはせる、遠い目線を持っていたに違いない。それが、屈折し、混乱して陰湿な影を帯びていることを、大人の目線は見抜けなかった。少年たちの本音が、見えなくなっている。
 本音といえば、先週訪れた韓国には「本音の文化」があったと思う。
 おいしすぎる韓国料理は、プサンのサシミどんぶりも、ソウルのビビンバも、ぐちゃぐちゃにかき混ぜて食べる。見てくれよりも、食べてうまけりゃいいではないかという本音の料理だろう。
 女性の美容整形も、母親が娘に勧めるほど盛んだ。「女がきれいになって、どこが悪い」。夏休みが終わると、だれなのかわからないほど美しくなった女子大生が、友人たちを驚かせるそうだ。
 敬語の使い方まで、本音主義である。「わが社の局長様は、今、お留守でいらっしゃいますので」。身内はへりくだるという日本と違い、身内の上司こそ一番大切じゃないか、という文化だろう。
 大衆市場のバッグ屋さんにずらりと並ぶブランド物のそっくり品も、安くて似ていりゃうれしくなる、法律すれすれの本音商法だ。
 TVドラマでは「お前、言葉に気をつけろよ」というセリフがしょっちゅう出てくるという。日本でこう言えば、人間関係がおかしくなりそうだが、韓国では、「あっ、そうか」で終わる。ソウル支局のS記者は「韓国語を使うと気軽に怒れる」そうだ。
 本音と本音をぶつけあう韓国で、陰惨な少年の犯罪はあまり聞いたことが無いとS記者はいう。短絡はいけないが気になる事実ではある。
 私たちは今、家庭で、学校で、社会で、少年たちと本音の言葉をぶつけ合うことをしているだろうか。日本だって、人のこころが根っこで、そこから出る葉っぱのことを「言葉」という国だ。
 葉っぱと根っこがつながっている、本音の語り合いの大切さを思い起こしたい。



アメリカン・グラフィティ ― オリジナル・サウンドトラックアメリカン・グラフィティ ― オリジナル・サウンドトラック
ディスク:1
1. ロック・アラウンド・ザ・クロック(ビル・ヘイリーと彼のコメッツ)
2. シクスティーン・キャンドルズ(クレスツ)
3. 悲しき街角(デル・シャノン)
4. 恋は曲者(フランキー・ライモンとティーネイジャーズ)
5. ザットル・ビー・ザ・デイ(バディ・ホリー)
6. ファニー・メエ(バスター・ブラウン)
7. アット・ザ・ホップ(フラッシュキャデラックとコンチネンタルキッズ)
8. シーズソーファイン(フラッシュキャデラックとコンチネンタルキッズ)
9. ストロール(ダイアモンズ)
10. シー・ユー・イン・セプテンバー(テンポズ)
11. サーフィン・サファリ(ビーチ・ボーイズ)
12. ヒーズ・ザ・グレイト・インポスター(フリートウッズ)
13. オールモスト・グロウン(チャック・ベリー)
14. 煙が目にしみる(プラターズ)
15. リトル・ダーリン(ダイアモンズ)
16. ペパーミント・ツイスト(ジョイ・ディーとスターライターズ)
17. バーバラ・アン(リジェンツ)
18. ブック・オブ・ラヴ(モノトーンズ)
19. メイビー・ベイビー(バディ・ホリー)
20. ヤー・ヤー(リー・ドーシー)
21. グレイト・プリテンダー(プラターズ)
ディスク:2
1. エイント・ザット・ア・シェイム(ファッツ・ドミノ)
2. ジョニー・ビー・グッド(チャック・ベリー)
3. 瞳は君ゆえに(フラミンゴス)
4. ゲット・ア・ジョブ(シルエッツ)
5. トゥ・ジ・アイル(ファイヴ・サテンズ)
6. 踊ろうよベイビー(ボビー・フリーマン)
7. パーティ・ドール(バディ・ノックス)
8. カム・ゴー・ウィズ・ミー(デル・バイキングス)
9. 夢見る16才(ジョニー・バーネット)
10. 恋の特効薬(クローバーズ)
11. シンス・アイ・ドント・ハブ・ユー(スカイライナーズ)
12. シャンティリー・レース(ビッグ・ボッパー)
13. ティーン・エンジェル(マーク・ダイニング)
14. 涙のチャペル(ソニー・ティルとオリオールズ)
15. サウザンド・マイルズ・アウェイ(ハートビーツ)
16. ハート・アンド・ソウル(クレフトーンズ)
17. グリーン・オニオンズ(ブッカーTとM.G’s)
18. オンリー・ユー(プラターズ)
19. グッドナイト・ウエル・イッツ・タイム・トゥ・ゴー(スパニエルズ)
20. オール・サマー・ロング(ビーチ・ボーイズ)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






この記事へトラバ
----------------------------------ちわーっす。今日も流行りについての情報お送りいたします^^----------------------------------今検索されまくってる言葉----------------------------------名古屋 対 東京 ? (大学対決)かつて、名古屋大学教授だった飯田経夫氏が、...
中日新聞のとんでもない真実、、【SDSS】at 2007年05月12日 18:53
キリヤマ「明日を捜します」名古屋地区で今月1日から始まったタクシーの全面禁煙について、中日新聞社(本社・名古屋市) の常務・編集担当の小出宣昭氏(62)が4月29日の朝刊で否定的な意見を掲載したところ、 「たばこの害む
中日新聞【情報】at 2007年05月13日 16:58





コメント
喫煙は中毒で、
嫌煙は強迫神経症だと思う。

ので、

どっちも禁止したらいいんじゃないかな、と。
・喫煙禁止
・嫌煙禁止
Posted by んんー at 2007年05月10日 22:44
SMOKE GETS IN YOUR EYES は名曲ですが
タバコの煙はやはりキツいっす!
是非小出さんとは違う部族になって
Birth of Bluesを末永く続けてください!
Posted by 寿司さしみ at 2007年05月11日 00:06
僕は喫煙者じゃないですが、タバコの煙については
「なぁに、かえって免疫がつく」
位しかに思ってませんw

だけど、こういう勘違いした輩が“喫煙者の肩身を狭くしている“のは、確かだろうな。
Posted by 熊蔵@携帯 at 2007年05月11日 00:56
食べ物屋さんは是非禁煙にして欲しい
Posted by ゆうじん at 2007年05月11日 01:29
たばこの問題の本質は身体的な部分にあるのであって、精神面ではないと思う。精神面で論を進めていって、カネ払えば別にいいだろ?って共有できない満足を強制されるから不愉快なんだなと。
Posted by 浅はか at 2007年05月11日 04:03
禁煙運動はNSDAPが起源とな?
だからなんだ? という気もしますが、そもそもこれからして間違いです。煙草の発祥と同時に、禁煙運動も発祥しています。
今と違うのは、時の権力者が運動の先鋒を務めたこと。中には、喫煙者がいないか、平民の家を覗きこんだ王様がいたとか。
日本でも、江戸時代に幕府が喫煙を禁止したことがありました(1651年。調べてみたら、野外喫煙の禁止でした)。
こうして国家が必死に禁止しようとした煙草も、今では貴重な財源となって生き残っています。
禁煙運動者は、禁煙を呼びかけるのではなく、増税(たばこ税)を呼びかけたほうがよいのではないでしょうか。
Posted by SUSI(喫煙者) at 2007年05月11日 09:01
>>日本だって、人のこころが根っこで、そこから出る葉っぱのことを「言葉」という国だ。
>>葉っぱと根っこがつながっている、本音の語り合いの大切さを思い起こしたい。

発言する以上局長様は覚悟でいらっしゃいますので
狂熱の禹範坤の話は一旦内緒で(少年じゃないか)
原理主義にしても 原の理想的快進撃への考察だ。
因って今年の局長様 禅の呼吸も覚束無い日々だ。
はっきりたばこくさいと告げる本音の文化は許さずに
麻生の吸うなと言うと吸いたくなる発言は許すのか。
Posted by uzumasa at 2007年05月11日 13:07
>all
タバコネタは盛り上がりますなぁwww
あっしは、「自分のタバコは許せるが、他人のタバコは許せない」派です。
あっし以外は全面禁煙して欲しい所存です。

>寿司さしみさん
毎回絡んでいただいてさんきゅです。

>熊蔵さん
鼻が詰まってませんか?w
かなり強烈に臭いですよ(お前が言うなですな)

>ゆうじんさん
ランチタイムはほぼ100%禁煙か分煙だよね。当然だと思います。

>SUSIさん
禁煙はウリナラが起源ですよ!失礼な。

>uzumasa
某方面の姐さん日記が最近書いてたね。
マリファナは日本の至宝ですとw
あれはタバコより更に臭いがww
で、禁煙飲み屋というのがこの世の地獄だなwww
Posted by kingcurtis at 2007年05月11日 13:25
  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。