2007年01月26日

当ブログの記事がJanJanに引用され、プロ市民さんより厳しいお叱りを受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

ここは自他共に認めるチラシの裏の泡沫ブログですが、泡沫なりに他所で引用されたりする事もあります。
で、先日の阿部議員強姦民訴エントリーが、何故かJanJanさんに引用されまして・・・
(痛いニュース+でもソース扱いされてスレ立っていたが、恥ずかしいのでヤメレ)
政治・【Webウォッチ】社民党の体質が問われている二つの事件−ネット上で話題騒然 JanJan
2007/01/26

 社会民主党の阿部知子衆院議員の公設秘書だった男性が、セクシャルハラスメントの容疑で現在裁判を受けている。原告の女性の訴えによると、国立機関に勤務していた当時、上司から受けたセクハラ被害の相談を阿部議員たちにしていた。ところが、にわかに信じ難い話であるが、その際交渉役を担っていた同議員の男性秘書から数回に渡り性的暴力を受けたと言う。同議員に対しても使用者としての責任があるとして告訴されている。
 (Yahoo!ブログ・社民党セクシュアルハラスメント裁判にご支援を)

 さらに原告は2003年、総選挙で「女性に対する暴力の根絶を」を公約に掲げていた社民党に本件に対する考え方を問いたいと、当時の土井たか子党首、福島幹事長、阿部知子議員に、正式な調査、その結果に関しての見解等を申し入れたが、福島幹事長の代理人である喜多村弁護士から「ご連絡する」という回答が送られてきただけである、と社民党の誠意のなさに憤っている。
 (Yahoo!ブログ・社民党セクシュアルハラスメント裁判にご支援を)

 ブログ上では阿部知子議員の“別件”と重なって社民党自身への痛烈な批判や皮肉が飛び交っている。【ようやく社民党の人権擁護方程式が見えましたね。つまり、レイプ被害者を探す。支援してやると近づく。セカンドレイプする。ウマー】と、(Birth of Blues)さんは揶揄し、さらに、【真面目な話、この事件全然知りませんでした。何故報じられなかったの?何故ですか?】と、マスコミの報道姿勢にも疑問を呈しています。
 Birth of Blues

 別件とは阿部議員のHP<2007/1/19カエルニュース 第253号>で事実誤認をしていたことである。国会議員であろう者が基本的なことをまちがえていていいのか、という指摘、お叱りである。

 そのページには当初【阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、国による命令を受けて救援に向ったのは、数日を経て後のことであった。日本の場合、自衛隊は軍隊ではないし、国土保安隊として出発し、防災のたねにも働くことを任務としてきた特別な生い立ちがあるのに、である】と、記述されていたそうである。

 現在は「国による命令を受けて」が「知事の要請を受けて」に「国土保安隊」が「警察予備隊」等に訂正されている、と(wiki@nothing)さんは訂正前と訂正後のページを載せてくれています。なお、当時の首相は社民党の村山富市氏であった。
 wiki@nothing

 そして、阿部議員の最新のメルマガには「私自身の表現の足らぬ部分、また事実認識のあいまいさに起因する部分もあったと思います」と、認めた上で改めて自分の意見を再発信しています。
 (阿部知子議員HP)

 が、その中で【当時の内閣の最高責任者は村山首相であることから、村山首相の対応の遅れを指摘されるご意見もありますが、1月17日午前10時、国土庁長官を本部長とする非常災害対策本部を設 置、午後4時に村山首相は、官邸で緊急記者会見を行い、万全の対策を講じることを表明しました】と釈明らしき一文があります。

 が、この言に対してまたすぐさまブロガーから【表明はいいんですが、村山さんはいつ出動命令を出したのでしょうか?? 自衛隊に命令が出てから出動するまで時間がかかったのなら批判すべきでしょうが。そうでなく、村山さんの命令が遅かったから出動できなかったんじゃないのですか??】と、言い訳しないできちんと謝ればいいのにと(どんと びりーぶ ざ はいぷ)さんは反論しています。
 どんと びりーぶ ざ はいぷ

 さて、社民党は、この2件に対してどのような見解を出すのか、注目したい。

(志鎌誠)

正直言ってJanJanの記事って余り読んだ事ないのですが、左巻きかと思いきや結構ニュートラルな記事もあるのかなと。
書き方が「ゆるゆる」なのは、市民記者系ニュースサイトのお約束でしょう。

で、なんであっしの記事が引き合いに出されたのかというと、タイトルが【Webウォッチ ネットで話題騒然】ってくらいですから、この件に対し平均的ブロガーはこうリアクションしているよ。という意味なんでしょう。
当該エントリーの成分は90%がコピペ、10%がネタですし、元は団長の劣化コピーですから。
(そもそも、コメント欄からのエントリーリクエストだったのかな)

そこに厳しい突込みがw
[24185] テーマの深刻さに比べ、とても杜撰な記事だと思います
名前:佐藤折耶
日時:2007/01/26 14:29
記事中にとりあげられている2件のうち、後者は、単なる議員個人の言い間違いを揚げ足取りしただけのネット定番の左翼叩きという感じで、そもそも記事にするのもどうかという感じですが、前者は確かに事実だとしたら大きな問題だと思います。

しかしながら、この記事には独自取材もなく、原告によると思われるブログとそれに便乗した社民党たたきのブログだけを唯一の材料に、論調も含めそのまま記事にしただけです。つまり、記事内容の信用性に不可欠な公平性に欠けており、現状ではこれを元に論じるのは無理というしかありません。

そして、原告側のブログをざっと見た範囲では、合意なのかセクハラなのか等の事実そのものについては、客観的に判断できる記載もなく、真偽不明というしかありません。

よって、テーマとしては、1)社民党が党として調査を行うべきであったか、2)あったとすれば十分であったのか、ということになるでしょう。

しかし、これらについても、独自取材もなく、原告側の一方的な言い分を載せているだけのため、公平さに欠け、論じるとしても単なる一般論として述べるしかありません。

そして、あえて一般論として語るなら、
1)まず、党による調査の必要性についていえば、一議員秘書の行為に政党がどこまで責任を負うべきかという問題はあるにせよ、政党による支援の一環として秘書がついたのだとしたら、その過程で秘書に不適切な行為があれば、政党の信用に深く関わることだと思います。党としての徹底した調査は当然求められると思います。

2)そこで調査が十分であったのかという点になる訳ですが、これは両者の言い分や資料を調べない限り当然分からない訳です。但、原告側の言い分から見ると、調査は不十分であった疑いが沸くのは否定できません。今からでも、社民党は徹底した調査をすべきだと思います。弱小政党には、「信用」しか資産はないのですから。



なお、一般論として、ネット上での「炎上」などの言説状況を元に記事にする場合、そのテーマについての信用性はあまり期待できない反面、便乗して記事化することで、その状況をさらに加速させ、結局単にフレーミングを加熱させるだけの役割しか果たしていない場合がよくあります。

例えば、J-CASTとなってからのJ-CASTニュースには、その手のものが多くありますが、これは誰が見ても決して望ましいジャーナリズムとは言わないでしょう。信用性のない無責任なフレーミングを煽るだけになるからです。

JANJANでは、従来このようなものがあまりなかっただけに、今回のこの記事は、他人の権利義務等に深刻な影響を及ぼす深刻なテーマであるにも関わらず、独自の裏付けなしに一方的視点で安易に記事化され、フレーミングをさらに加速させるという懸念をぬぐえないという点で、かなり残念に思います。

正直、この手の記事は、インターネットメディアが陥りやすい最悪の落とし穴の一つというべきもので、ジャーナリズムを標榜するのであれば、厳に慎むべきタイプの記事だと思います。

編集部は、記事の質にもっとこだわりをもってください。「JANJANしっかりしてください」という感じです。

※当ブログ註:フレーミング=ネット上の喧嘩の事

なるほど。逐一ごもっともですが・・

原告側の一方的な情報のみだというのは文盲でない限り読めば猿でも分かりますし、公判前ですので「真偽不明」なのも当たり前です。
だから、タイトルに「被告」って書いているでしょう?
公判期日も書いているし。。

それ以前に市民感情の自然な発露として、フェミニストの第一人者を自認する社民党の善意に(他称)騙され(自称)レイプされたという孤立無援の(自称)強姦被害者を擁護する論調は「記事内容の信用性に不可欠な公平性に欠け」ているから、「厳に慎むべきタイプ」に属するのでしょうか?
組織を挙げ、(他称)強姦隠蔽行為に奔走している社民党からのコメントがなく「原告側の一方的な言い分を載せている」に留まり、「独自の取材」もなく、「公平さに欠け」るから「論じるとしても単なる一般論」とは、手厳しい・・・・・

ブロガーってのは裁判官でも検察官でもないんですよ。
新聞族議員だからマスコミがスルーしているのでは?と揶揄されている代議士絡みの埋もれた(しかも公判が2ヵ月後に迫った)スキャンダル公判情報をブロガー有志が閲覧者へ伝える行為を情報が偏面的だと唾棄し、当事者より裏が取れていないから真贋不明と一蹴するなんて。。
それじゃ、どうやったら公判前に双方からの疎明を得る事が出来るのか教えて下さい。
佐藤さんは女性レイプ肯定者なんですか?というのが率直な感想。
(そんな事ないだろうけど)

しかし冷静に考えると、佐藤さんがご指摘される内容にも一理あります。
あっしは微力ではありますが、無辜のアジアの民が犠牲となった従軍慰安婦問題とか南京大虐殺、独島問題の啓蒙活動も行なっています。
ところが両問題とも、所謂ネット右翼より「中共や反日朝鮮人からの一方的な情報を鵜呑みにするな!」と誹謗中傷を受けています。
まさに、佐藤さんがご立腹している問題と同質です。
「当事者の一方的な言い分のみを載せているだけ、公平さに欠け、論じるとしても単なる一般論」
従軍慰安婦問題や南京大虐殺を語るについても、憎き日帝残滓からの言い分も載せないと公平さに欠け、単なる一般論だったんですね。。
これからは被害者側だけでなく、ネット右翼からの意見にも公平に耳を傾けようと思いました。
本当にありがとうございます。佐藤さんより叱責を受けたお蔭で活眼を開きました。


唯、一言だけ佐藤さんに申し上げます。
ブログってのは、名もなき市井の民による拙い「日記」です。
或いはネットの井戸端会議。
つまり「市民の声」なんですよ。
吹けば飛ぶような将棋の駒。
桜紙の裏の落書きというか、偏に風の前の捨てられたコンドームに同じ。
その名もなき「市民の声」をJanJanが世論のサンプルとして引用する際、「独自の取材」なき「市民の声」は引用に値せず「記事の質」も穢れる。っていう佐藤さんの冷たいお言葉。
あっしの心は深く傷付きました。。。
これは言葉の暴力、人格の否定、謂われなき人権侵害ではありませんか?

>編集部は、記事の質にもっとこだわりをもってください。
>「JANJANしっかりしてください」という感じです。
そもそもJanJanの市民記者って、そんなに高尚且つ敷居が高いの?
市民記者募集要綱によると

■ すべての市民は記者である ■
ニュースの書き方は新聞や雑誌の真似をする必要はありません。友だちに話す要領でよいのです。
記事を書く時間がない方は、情報を送るだけの市民記者でも結構です。
その情報に基づいて編集部が記事を作成します。

あっしもJanJanの市民記者に応募しようかと思っていましたが、独自の裏付がない記事を書くとまた佐藤さんから「JanJanの質が穢れる!」って誹謗中傷を受けるかもしれないし・・・
傷付きたくないし、末恐ろしいのでやめておきます。

大体さ、「独自の取材」とは乞食ブロガーのミッションではなく、一流ジャーナリストを標榜するプロ市民記者佐藤さんの仕事でしょ。

阿部議員秘書レイプ疑惑の取材が終わったら「広島瀬戸内新聞」か「広島瀬戸内新聞ブログ版」に掲載して下さいね。
気骨溢れる一流ジャーナリスト魂に満ちた文才振りを、楽しみにご期待申し上げます^^





この記事へトラバ
消された声??1、消された声??2、消された声??3、消された声??4の続きです。 冒頭文は掲載のたびに再掲致します。 本来当事者ではない私が何故このようなコメント再掲行為を試みようと思ったのか、 インターネット上の電子情報の取扱などについての所信表明として...
消された声??5【新・柏原日記】at 2007年02月01日 14:16





コメント
マスコミも社員の嗜好で取り上げる記事が選択されるのですから、公共の電波を占有していない個人blogなので問題ないです。マスゴミは民主党主の幻秘書寮とかほぼスルーしてましたし。
しかしこの手の記事をJanJanが引用するとは内ゲバでしょうか。
Posted by rx at 2007年01月27日 09:47
>>なお、一般論として、ネット上での「炎上」などの言説状況を元に記事にする場合、そのテーマについての信用性はあまり期待できない反面、便乗して記事化することで、その状況をさらに加速させ、結局単にフレーミングを加熱させるだけの役割しか果たしていない場合がよくあります。

今回の阿部議員の場合は、その一般論は当てはまらないですよね。
また、あれがいい間違えなのなら、その間違いはちゃんと
修正すべきですよね。いまだになされていないのは何故でしょう?
それに、なんですか、単なる議員個人って...
まあ、言ってもし〜ないけど、怒りを覚えました。
Posted by いかり屋 at 2007年01月30日 21:12
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。