2006年07月27日

(改題)TBS 度重なる情報操作番組を乱発しているプロデューサー氏を調べた 【731部隊=安倍晋三事件】

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

タイトル換えたよ。
(旧タイトル:TBSの度重なる情報操作に対し、遂に総務省が電波停止措置発動か?【731部隊=安倍晋三事件】)

内容も大幅に加筆しました。

まず、問題の動画。
TBSがyoutubeに圧力掛けて削除する事を願います。

※上記動画は当ブログにて掲載の数時間後に削除されました。
流石!TBS期待通りというか、こういう仕事は速いww
こっちだったら今は見れるよ。
http://wktk.vip2ch.com/vipper8761.wmv
よくよく考えると、安倍のシーンだけ倍速なんだな。。。
これを通常の時間に戻したら、安倍アップのシーンって、カメラが10秒程度静止してたんジャマイカ?

次に記事。
安倍氏写真で意図的編集か=TBS番組で、総務省が調査 yahoo news

 総務省は26日までに、TBSの番組が安倍晋三官房長官の写真を使って意図的な編集をした可能性があるとの外部からの指摘を受け、事実関係の調査を始めた。TBSは同日、番組で安倍氏の写真が映し出されたことを認め「決して意図的ではないが、報道の趣旨と全く無関係な方に迷惑を掛けたことをおわび申し上げる」とのコメントを発表した。 
(時事通信) - 7月26日13時2分更新

安倍氏写真で意図的編集か=TBS番組で、総務省が調査

ポイントは総務省が動いたという事。
つまり、TBSの前科。
6月20日には・・
TBSに行政指導、再発なら電波停止も 日刊スポーツ
 TBS系の健康情報番組で放送した白インゲン豆ダイエット法を試した視聴者が、嘔吐(おうと)や下痢などの健康被害を訴えて入院するなどの被害を出した問題で総務省は20日、TBSに対し文書による警告の行政指導をしたと発表した。

 総務省は「番組を見た1000人以上が体調不良を訴えるなど重大な被害を引き起こした」と指摘、行政指導では最も重い総務相名の警告とした。さらに「同様の問題をまた引き起こした場合、電波停止などの行政処分もあり得る」(総務省)としている。

 番組での光点滅違反もあり総務省は、NHKと民放78社に行政指導を下した。

 TBSの問題となった番組は、5月に放送した「ぴーかんバディ!」。いった白インゲン豆をご飯にまぶして食べるダイエット法を紹介した。TBSは「警告を厳粛に受け止め、再発防止に向けて全力を傾ける」とコメントした。

 総務省は、NHKと民放連で規定した光の点滅回数に関する映像ガイドラインに違反する番組などを放送したとして、NHKとテレビ東京など民放78社に対し、注意処分または厳重注意の行政指導をした。その上で、番組基準の順守を周知徹底させ、再発防止に向けた体制づくりを要請した。

[2006年6月20日22時27分]

そして6月29日には・・
(速攻で削除してるけど、ググル先生のキャッシュは見逃さないwww)
幻に消えた?小泉首相の米議会演説 TBSNews
幻に消えた?小泉首相の米議会演説
 小泉総理は5年前の最初の会談が、いきなりキャンプデービッドの別荘。その後もテキサスの牧場に招待されたり、今回は晩餐会付きの公式訪問と、非常に良い扱いで「蜜月ぶり」が強調されてきました。しかし、あるアメリカの有力議員からの手紙で、小泉総理の議会演説が幻になりました。

 アメリカ議会下院の有力者、ハイド議員(82)。外交委員会の委員長を務めるハイド議員がこの4月、下院議長に対し、小泉総理が靖国神社参拝をやめると明言しない限り、アメリカ議会での演説を認めるべきでないという手紙を送りました。

 太平洋戦争で日本軍と戦った経験のあるハイド議員は、以前からA級戦犯が合祀されている靖国神社への総理の参拝に懸念を表明してきました。

Q.ハイド氏の手紙について
 「日本の国内でも賛否両論がある。アメリカも自由な国だから賛否両論あるでしょう」(小泉首相 5月16日)

 「そもそも米議会で演説する予定はないし、そういう希望を述べたことはない」(安倍晋三 官房長官)

 上下両院の合同会議で、外国人が演説したのはイギリス、フランスが最も多く7回、イタリアが6回、ドイツが4回(西ドイツを含む)などとなっていますが、日本の総理の演説は一度もありません。

 アメリカ議会筋は、4月下旬に日本政府から演説の打診があったと述べており、ハイド議員が手紙を出さなければ実現してもおかしくない状況でした。

 「私は日本の首相が靖国神社に行くべきではないと強く感じているわけではありません。ただ、私が小泉首相に配慮してほしいと思うのは第2次世界大戦に参戦したアメリカ人の感情についてです」(ハイド米下院議員)

 勿論、ハイド議員のように靖国問題に関心を持っているアメリカ人は少数派で、この問題が日米関係に大きな影響を及ぼしている訳ではありません。

 ただ、靖国神社に付属する軍事博物館「遊就館」が、太平洋戦争などを「自存自衛の戦いだった」と正当化していることについて、将来の火種となる可能性があると指摘する専門家もいます。

 「米国では中国・韓国に比べ、あまり靖国問題に関心は払われていませんが、いずれ米国の日本に対する信用を多少傷つけることになるかもしれません」(戦略国際問題研究所 デレク・ミッチェル上級研究員)

 「米国内においていろいろな意見があることは承知しています。しかし、ブッシュ大統領から靖国参拝の批判を受けたことは一度もありません」(小泉首相 1月の衆院本会議代表質問への答弁)

 アメリカ政府の公式見解は、靖国神社に総理が参拝するかどうかは日本の国内問題であり、日本が判断すればいいということです。

 ただ、本音では有力な同盟国である日本が中国、韓国と対立を続けているというのはアメリカにとっても好ましくありません。日本自らが何とか落としどころを見つけてほしいというのが本音です。また、最近では一歩進んで、日本はさらにアメリカを促して、解決の方向に持っていけないか、という考え方も出てきています。

 (ハイド議員の発言部分について、翻訳に一部、正確さを欠く表現があったため、7月5日の番組放送内で差し替えました)
(29日23:06)

【緯度経度】米国議員「靖国反対」の虚実 ワシントン・古森義久  産経新聞(イザ)



僅か一ヶ月で、判明する限り3回の不祥事。

流石、横浜の坂本弁護士、その妻の郁子さん、幼い龍彦ちゃん3名の殺害に間接加担した、殺人鬼集団の片棒担ぎ放送局。
あの頃生放送で、筑紫哲也がTBSは死ね死ねってゆーてたなぁwwww

重ね重ね汚名挽回ですね。

他には・・
(画像はネット上で拾いました)

イラクの自衛隊派遣に賛成?反対?
イラクの自衛隊派遣に賛成?反対?

小泉純一郎という男を信用できるか・・・?
小泉純一郎という男を信用できるか・・・?


唯、TBSの弁護をすると番組全般が悪い訳ではない。その番組のプロデューサーなんだよな。
TBSのサイトで確認しますに
例えば出勤時間帯で一人勝ちの、「みのもんたの朝ズバッ!」のプロデューサーは、吉崎隆さん。
今回のサブミリナル「イブニング・ファイブ」のプロデューサーは、藤原康延さん。

「藤原康延」でググルと、興味深いサイトを発見。。。

TBS「サンデーモーニング」で石原都知事の日韓併合発言を捏造報道 まとめサイト
11/02の番組スタッフクレジット
486 『名無しさん@4周年』 03/11/08 11:29 ID:mSkv1V9c
エンドロールのキャプうpしますた。
No_0021.rar
サンデーモーニング エンディングクレジット

(当ブログ註:中略します)

制作プロデューサー: 藤原康延

なんだ、藤原君は情報操作のプロだったんだ。あはははは。

藤原君に興味が湧いたので、ちょこっと調べた。
731事件の番組が藤原君でなければ先に謝る。正直すまんかった。

で、君はある時は捏造番組のプロデューサー、ある時は先物取引会社の宣伝マンなのか?
サラリーマンなのに内職し放題なんだね。
羨ましいぞ、藤藁君www
藤原 康延 氏 SPEC−慶應義塾株式投資研究会 社長訪問
2005年6月21日
藤原 康延 氏
EVENT.37 TBSテレビ編成制作本部 イブニングファイブ制作部長 藤原 康延 氏 インタビュー

お忙しい中お時間を割いていただき、インタビューをさせていだきました。



六月二十一日、 SPECは赤坂にあるTBS本社で藤原康延氏とお話をさせていただきました。

藤原様は、制作面からのテレビ業界についてお話をお聞きするために、以前訪問したTBS のキャスターの杉尾様にご紹介していただきました。



URL http://www.tbs.co.jp/


自己紹介をすませ早速インタビューを開始

仕事について

1982 年に東洋経済新報社に入社しました。同期は3人。この年は、就職枠の狭い年で、優秀な同級生が何人も就職浪人を余儀なくされる厳しい時代でした。そのことをよく憶えています。経済分野での雑誌記者を経てTBSに入社したのは、 10年後の92年です。この年、TBSが中途採用をしていて、報道部に経済部を作るということで応募しました。理由としては、前の会社に不満があったわけではありません。東洋経済は、石橋湛山という政治家兼、思想家である大人物を輩出したほか、世間に媚びない気骨のある、いい会社だったと今でも思っています。転職の理由は、もっとチャレンジグな気持ちだったと思います。仕事にもなれてきて、生意気にもその後のポジションも見えるような気がしていた頃で、自分の人生が一回なら、何かもう一回挑戦してみたかったというのが正直なところでした。TBSに入って驚いたことは、雑誌記者時代の個人プレーとは違って、おおぜいの人が一つのVTRにかかわっていることでした。カメラ、編集マン、ナレーター、音声、スタジオ、キャスターと、一つの作品を出すのに自分以外に数え切れないくらいの人がかかわっていて、メモひとつの雑誌記者時代とは大違いで、団体戦をしているような気持ちになりました。当初は、経済部に3年。東証の記者クラブや通産省クラブなどで活動しました。その後の5年間は、「ニュースの森」という番組にかかわり、後半の2年間が、番組の編集長でした。直近の5年間は、日曜日の朝の「サンデーモーニング」に移りました。週一回の番組で、作っていてスタッフ間のムードも良く、楽しい5年間でした。骨太の番組にうまく立て直せたかなとひそかに誇らしく思っています。そして春からは、夕方2時間の新番組「イブニング・ファイブ」に携わることとなりました。主眼はその日起きた出来事をわかりやすく伝えることです。テレビを見る視聴者の眼差しも、これまでより随分、厳しくなっていると思います。過剰な演出やニュースの捉え方にバランスを欠くと、そっぽを向かれる時代だと思っています。私より年配の方が安心して見られるような番組に早くしていきたいです。視聴率はあくまで結果です。世の中の関心がどこにあるのかを大切にしながら、番組を作っていきたいです。



イブニング・ファイブについて

イブニング・ファイブのコンセプトというか、最終目標は、ニュースを噛み締めるような番組を目指すということです。メイン・キャスターは三雲孝江さんにお願いしました。ニュースから情報番組まで多くの経験をお持ちで、なにより嫌味がなく、クレバーな方だと思ったからです。大人の視聴者が納得してくれる人選だと思っています。ラーサル石井さんには、視聴者と番組の橋渡し役を担ってもらうことを期待しています。視聴者の誰もがいだく疑問を提示してもらって、わからないところをわかりやすく、視聴者の目線に立って、「下町のオヤジ」的な役割として、視聴者の共感を引き出してもらえればと思っています。このふたりが噛み合えば、ポテンシャルは高いと思います。

プロデューサーの仕事

プロデューサーの仕事としては、一般的にスタッフの人事や番組の予算、番組の構成などがあります。番組の構成については、おおまかな指示はするが、ある程度信頼できるスタッフに任せる方針で臨んでいます。それぞれのVTRやコーナー企画については、当日に発生したものもありますし、週間ベースで練っていくものもありますが、コーナーの責任者と相談しながらやっています。結局、基本はニュースをわかりやすく伝えることに尽きると思っていますが・・・。

現在、情報といえば簡単にインターネットでも入手できる時代を迎えています。生意気なようですが、そういう現状を見るにつけて、結局、僕たちの仕事は、汗をかいて、直接、人にぶつかって集めた情報を伝えることが大切なんだと、改めて思っています。

今までやってよかった番組

「ニュースの森」時代に、キャスターとして乙武君を迎え、「バリアフリー」の概念を前向きに伝えていけたことは、いい思い出になっています。テレビ的にも「バリアフリー」を広めるきっかけを作り、考える土壌も作ることができたのではないかと自負していますし、乙武君と付き合っていく中で自分自身も多くのことを学びました。「サンデーモーニング」では、イラク報道に随分こだわったつもりです。様々なニュースがイラクで起きているのに、テレビ・ニュースの全体の中で、報道量が少ないのではないかと感じたからでした。イラクの国づくりが前途多難な時期にあり、テロというのか、戦闘というのか殺戮が繰り返されている中で、伝えていくニュース・バリューが高いと感じたからです。専門家の酒井啓子さんにも何十回にもわたり、快く出演していただき、相当量の情報を流せたのではないかと思っています。大量破壊兵器やテロの問題を他人事ではなく、日本人自身が日本人の問題として考える材料を提供できたのはないかと思っています。

ニュースを伝える

結局、ニュースというのは、嫌なことが多いです。誰かが死んだり、殺されたりします。事件や事故の背後には傷つき、ぼう然と立ち尽くしている被害者や関係者がいます。事件が報道されたことで傷つくのは、被害者だけではありません。加害者の家族や関係者もそうでしょう。当人だけでなく、傷ついた人が周囲にはたくさんいるのです。そうした痛みをわかったうえで、報道する価値が本当にあるかどうか、考えていかなくはいけないと、日々、自分自身を戒めています。



若い人に対してのメッセージ

? 人の顔をみて、しゃべること
? 知ったかぶりをせず、率直であること
? 人のかわりに汗をかけること
? 人の痛みをわかろうとすること

こういう偉そうなことを言うのは好きではありません。また、自分がそういう人物だとも思いません。生意気な物言いになるのは覚悟で敢えて言えば、20代は、経験や知識が少ないと思ったほうがいいというか、そういう謙虚な気持ちを持つべきでしょう。本も読んで、蓄積をしていく必要もあるでしょう。また、20代は若く体力があるから、いっぱい汗をかくべきだとも思います。若いうちは怒られたり、失敗したりすることが多いでしょうが、それでも、逃げないでぶつかっていくべきだと思います。あらゆる可能性は開かれています。生意気なことを長々と話しましたし、私が適任だったとも思いませんが、学生たちのお役に立てればという気持ちです。それだけは、わかっていただきたいと思います。

今回のログは安田が担当しました。この場を借りて改めてお礼申し上げます。


ネットのコピペ
● 売国奴テロリストTBS 〜 オウムと北朝鮮とTBSの黒い関係 ●

1989年10月
オウム真理教による坂本弁護士一家殺害の10日前、坂本弁護士インタビュー未放送映像をオウムの早川、上祐、青山に視聴させる。坂本一家惨殺の引き金になる

1994年6月
松本サリン事件で 「 サリンは農薬から簡単にできる 」 と報道、第一通報者を犯人に仕立て上げる

1995年5月
サブリミナル手法でオウム真理教を洗脳するため、無関係な番組内で麻原の顔を何度も挿入

1996年4月
第136回国会逓信委員会第6号 ( 96年4月2日 ) で、オウム村井刺殺事件のTBS関与が浮上。TBS取材マザーテープが、徐 ( 刺殺犯 ) がこれから何かやりますよ、という感じで、かなり前から徐だけをアップで追い回し、アタシュケースから包丁を取り出すまでを延々と撮り続けていた

2000年11月
「 ニュースの森 」「 ニュース23 」 で旧石器捏造事件と全く関係ない 「 つくる会 」 を結びつけて報道

2002年7月
第154回国会安全保障委員会第9号 ( 02年7月25日 ) で、北朝鮮とTBSの共同謀議が発覚。北朝鮮に身柄拘束された杉嶋氏の身代金要求にTBSが加担、TBSが平壌で杉嶋氏の記者会見を主催し、日本政府に身代金支払いを働きかけようとしていた

2002年7月
神栖町ヒ素汚染問題で 「 日本軍の毒ガス兵器が原因 」 と捏造報道。民間企業の不法投棄だった

2003年11月
石原都知事 「 日韓併合を100%正当化するつもりはない 」 発言を 「 100%正当化する 」 と捏造報道

2006年5月
番組で紹介したダイエット法で中毒者が続出。150名以上が入院し、2,000名以上が健康被害

2006年6月
「 ニュース23 」 でハイド米下院国際関係委員長が 「 靖国参拝に行くべきでないと強く思っている 」と語ったと捏造報道。実際の発言は 「 行くべきでないとは思わない 」 だった

2006年7月
次期総裁世論調査で人気が衰えない安倍晋三のイメージダウンを狙い、「 イブニング・ファイブ 」731部隊特集の冒頭、内容と無関係の安倍の顔写真を約3秒間も放映

それでは最後に、アマゾンドットコムレビューからTBSの紹介を引用して終了します。
一人でも多くの国民が筑紫哲也氏とTBS・News23には騙されないために, 2006/5/17
レビュアー: according to the conservative (山口県)
TBS・News23における筑紫哲也氏の反日報道は多くの人が疑問を持ちつつありますが、
本書はそれに加えて番組をささえる数々の技法、即ち、世論調査の名を借りた誘導尋問、議論のすり替えのレトリック、洗脳まがいの映像トリックが紹介します。 編集部の努力に敬意を表します。当該番組は、報道機関として有るまじき、棒グラフの改竄操作や配色のトリックからマルチ商法まがいの誘導質問などなど。 ニュースの名を騙った反日を扇動するプロパガンダの番組です。圧巻は、2003年の終戦記念日に放映された「終戦スペシャル“殺すな”」です。「たとえ殺されても殺さない(反撃しない)覚悟をもとう」というテーマの下、綿密な映像編集がなされています。筑紫氏の普段の言動からすと、たとえ殺されてもは、中国の核ミサイルが日本に打ち込まれた時を指しているのかもしれません。
多くの国民が、この舞台裏に疑問を感じず、News23を受動的に見ていると思うと戦慄を覚えます。筑紫哲也氏とTBSは、反日活動家としは一蓮托生です。一人でも多くの国民がこの実態に気付いてほしいと思います。

筑紫哲也の妄言。, 2006/4/10
レビュアー: むらさめ
この地球上には「謝罪と賠償」という名のユスリ・タカリを国ぐるみで行う国があります。
そうした国の1つが中国であり韓国です。
そして本書は教えてくれます。恥ずかしながら、
我が国にも中国や韓国に取り入り、未来永劫「謝罪と賠償」をすべきと主張する「反日」日本人がいることを。
それが筑紫哲也です。
靖国神社を軽んじ、自主憲法制定を阻み、扶桑社の新しい教科書を非難し、女性天皇を待望するなどと妄言を吐き、阪神大震災の際、ノコノコ現地に赴き、煙に巻かれる被災地を見て、「やあ、まるで温泉地のようですね」と抜かした最低恥さらしの日本人、それが筑紫哲也です。
忘れたとは言わせません。
筑紫哲也の厚顔無恥ぶりを忘れないために本書を読んで研鑽しましょう。

TBSは変わり得るのか, 2005/10/11
レビュアー: nimoscomos
中国・北朝鮮へのシンパシーや、沖縄に対する過度な思い入れなど、筑紫哲也や朝日新聞の偏向報道には今更驚きませんが、民主主義国家でどのようなイデオロギーを持とうと、それ自体は一向に構いません。問題なのは公共の電波をハイジャックしている上に、報道姿勢に尽くモラル・倫理面での違反が見られることです。上申書を書き与えた辻元清美を番組中で弁護したり、テレゴングや棒グラフの操作による世論操作を計ったり、憲法9条の記述を書き換えたり、選挙で民主党に露骨に肩入れしたり、過激な反グローバル思想を掲げる現役のテロリストをあたかも一般市民のごとく報道したりと、その暴走振りは留まるところを知りません。目的のために手段を選ばないのは、朝日系メディアの戦後一貫した体質ですが、共産主義崩壊後の知的・倫理的退廃振りは目に余るものがあります。
本書で最も強烈だったのは、「終戦スペシャル“殺すな”」に関する描写。サブリミカル手法や寸劇を導入し、緻密に張り巡らされたプロパガンダには、背筋が寒くなり、心の底から恐怖を覚えました。カルト教団の洗脳ビデオも顔負けです。
朝日新聞といい、筑紫哲也といい、本来報道機関が為すべき役割を放置してまで、なぜ特定の方向に視聴者を煽動するのでしょうか。筑紫氏が権威主義的に社内に居座るがために、今やスタッフの数が激減し、現場記者と編集局の間に深刻な対立が生じていますが、TBSの行く末はどうなるのでしょう。筑紫氏の退陣により本来あるべき報道機関に戻るか、筑紫氏とともに心中するか。現状では、前者は到底起こりそうにありません。
とは言え、今後もこの報道姿勢を続けてもらった方が良いかもしれません。TBSを反面教師とすれば、本来のメディアの在り方について、深く考えることができます。メディアによる情報操作の手口を学ぶ上でも、TBSは格好のケーススタディになると思います。

筑紫哲也から日本を守ろう, 2005/2/13
レビュアー: Harvard (米国ボストン)
以前、朱鎔基前首相を招いた「News 23」で、朱鎔基が日本は中国に謝罪をした事がないと嘘を言った時それを正そうとせず、逆に「それに合わせて準備していました」とばかりに、日本が悪いという論調を展開した筑紫哲也には悪意さえ感じましたが、最近ではイラクでの日本人拉致で被害者の家族をスタジオに呼び自衛隊撤退に利用する態度にはあきれ果てる以外にありませんでしたし、「今世界中で絶対に安全という場所は無く、子供をハワイに行かせるにしろ、渋谷に行かせるにしろ、危険は付いてまわるので、子供をイラクに行かせたことをそんなに非難してはいけない」というコメントも全く支離滅裂なものでした。
さらに最近では、「今の憲法を蔑ろにしている者が新しい憲法を作った時にきちんとコレを守るという保証が何処にあるのか」とあたかも安倍氏が憲法21条に抵触し表現の自由を侵したと決めつけコメントを吐いたのには憤りを通り越して笑うしかありません。

どうしてこんな不誠実な事を続けるのか。新聞が主なメディアであった時代は、テレビ局や新聞社が思想を捏造して国民を欺く事ができましたが、最近はインターネットの発達により、いかにテレビ局や新聞社が特定の思想で国民を欺こうとしても、たちまち真実が追究できるようになっています。おかげで筑紫哲也の偏向性を白日の下に晒さらす事ができているわけですが、どうして筑紫哲也は偏向報道をするのか、どうしてTBSはいまだにそのようなキャスターを起用し続けるのかが本書を読んで理解できました。

「筑紫哲也の報道操作・偏向報道」を国民の誰もが認識し始めた今日ですが、本書のような存在もまた重要だと思います。一人でも多くの方が本書を読み日本を「偏向報道」から守らなければならないと痛感しました。

メディアの報道のあり方を知る上でも一読の価値あり, 2005/1/8
レビュアー: yasuhiko terada
長年、アメリカで様々なニュース番組を見た経験から、[News23]の報道のあり方に深い疑問を抱いてきたが、本書を読んでその理由が納得できた。
[News23]は、公正に伝える努力と姿勢に欠け、本来やるべきことをやっていないために、イメージでなんとなく視聴者にわかったようにさせる印象操作の手法が多く、筑紫氏が事実を色眼鏡で偏って色づけしてきた背景が理解できる。
 筑紫氏は、自分のオピニオンを評論家のように視聴者に主張しなければ気がすまず「報道に徹し公正に情報を視聴者に伝える」というプロフェッショナリズムに徹することができない。 未熟な人間ほど、複雑な問題を視聴者や読者に伝える資質に欠けるために、印象操作的な手法を取りがちだが、報道に接するものは、可能な限りこの誘惑を廃して、複雑な情報の中に隠れる本質を見抜く能力を若い時期に徹底的にたたき
込まれなければならないが、筑紫氏は、朝日新聞記者時代、教育を受ける以前に世間にもてはやされたために、このような未熟なキャスターになってしまったのではないだろうか。
本書は、筑紫氏の報道姿勢と共に、このようなキャスターを大手の放送局が未だに使い続ける背景の問題も剔抉しながら、筑紫氏を生み出したのは、実はTBSの事なかれ主義と官僚的体質であり、メディアとしての未成熟で不健康な体質であることも示唆している。
筑紫哲也「妄言」の研究―『News23』、その印象操作&偏向報道の作られ方
4796638482
宝島社 2004-01
売り上げランキング : 203653

おすすめ平均star
star一人でも多くの国民が筑紫哲也氏とTBS・News23には騙されないために
star筑紫哲也の妄言。
starTBSは変わり得るのか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 



この記事へトラバ
TBSといえば言わずと知れた「(偏向)報道のTBS」である。TBSがおわび、安倍長官と旧731部隊一緒に放映 TBSは26日、同社の報道番組「イブニングニュース」が21日の放送で旧日本軍731部隊の映像を扱った特集の一部??
報道のTBS…( ´,_ゝ`)プッ【市川電蔵事務所(移転)】at 2006年07月27日 01:38
あら、削除されてるじゃーないですか。では、こちらで確認どぞ。http://monoganac.sakura.ne.jp/7m/src/milktea74862.mpg当ブログ関連http://pg1.seesaa.net/article/21473585.htmlhttp://pg1.seesaa.net/article/21422446.html
[TBS印象操作動画]youtubeの動画が削除されたようです。こちらで動画確認です。【ネット的記憶装置】at 2006年07月27日 12:00
TBS“偏向映像”放映 今度は安倍を狙い撃ち 無関係なのに3秒間顔写真 TBSのニュース番組「イブニング・ファイブ」が今月21日に放映した旧日本軍731部隊に関する特集コーナーの冒頭、ニュース内容とはまったく無門
またやった!TBS“偏向映像”【DANGER】at 2006年07月27日 21:49
 若干今更感が漂ってるネタだなあと思ってたら・・・うおうまたやってやがる(笑) ...
TBSの偏向報道ねえ・・・【ノースリーコム】at 2006年07月28日 02:45





  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。