2006年01月02日

新春ウリナラマンセー企画第二弾!欧州ではソニーやパナソニックよりサムスンの方が人気!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

スロバキアでは、ソニーやパナソニックよりサムスンの方が人気だそうです。
そいつは素晴らしい!
証言者は、あのカタリーナ・ホレチョバさん。
つまり、スロバキアの客観的且つ代表的な世論ですね。
サムスンって素敵ですね。

どう見ても、サムスンはソニーやパナソニックより格上です。
本当にありがとうございました。





























何かリアクションした方がいいとですか?
それじゃ釣られましょう。

こういう記事を日本語の朝鮮日報に掲載した目的は何?
ソニーや松下を卑下するスロバキアは怪しからん。
スロバキアに経済制裁だ!謝罪だ賠償だ!
ってのを期待しているのでしょうか?

残念ですが、普通の日本人だったら、
スロバキア?チェコの事?
サムスン?高齢者介護の会社だろ。ハローサムスン!
ソニー?あぁ、あれだろ、
持っているのが恥ずかしいブランド「SONY」
パナソニック?
殺人ファンヒーターのマネシタか!?
ってのがデフォです。

朝日新聞に書かせたら、いい燃料投下になると思うよ。
これに懲りずに頑張って!
心配しなくても、サムスンが世界ナンバーワンブランドの家電メーカーだから。
日本の電気店はサムスンの商品で満載ですよ。
日本人の3人に1人がサムスン信仰者だって、日経MJに書いていましたよ。
世界レベルでも
サムスン>>>>>>>>>>>>>>>>>>>GE>>フィリップス∞松下だよ。

「ソニーやパナソニックよりサムスンの方が人気」
サムスン電子スロバキア工場のカタリーナ・ホレチョバさん
「かつてスロバキアでは、ソニーやパナソニックが人気がありましたが、今ではサムスンの方が人気があります。サムスンの工場の近くにソニーの工場もありますが、ここの人たちはみなサムスンで働きたがっています」

 スロバキアのガランタにあるサムスン電子工場で、財務管理を担当しているカタリーナ・ホレチョバさん(24)は、名門ニトラ農業大学で経済学を専攻し、「サムスンがソニーより先端だ」と思い、1年半前サムスンに入社した。

 「ソニーは主にブラウン管テレビを主に生産していたけど、2006年になってからようやくLCD−TVを生産するそうです。サムスンに大きく遅れをとっているようです。サムスンはPDP−TVは勿論、LCD−TVも46インチの大型を生産するレベルに来てます」

 彼は「伝統的な農業国家であるスロバキアが、積極的な外資誘致活動で国民1人当たり車1台を生産する、世界1位の自動車生産国となり、電子分野においても先端生産基地となった」と語った。

 カタリーナ氏は、2004年8月末にサムスングループ李健熙(イ・ゴンヒ)会長が工場を訪問した際、ハンガリーの民族衣装を着て李会長を案内し、社内ではスターになったという。

 カタリーナ氏によると、「スロバキアのミクラーシュ・ズリンダ首相も工場を3回も訪問し、“希望がない地域に希望を与えてくれてありがとう”というメッセージを残した」という。また「経済部長官や財務部長官も1年に2~3回訪問し、希望事項を聞くてくれる」とのことだ。
朝鮮日報

この人、オトコなの?
韓国大好きオカマさんですか。

【拙ブログ関連記事】
世界の人々も「独島は韓国領土」


【チャラリ〜ン鼻から牛乳♪ 恐るべし!宗教書籍wwwwwwwwwwwwww】
世界最強企業サムスン恐るべし!―なぜ、日本企業はサムスンに勝てないのか!?
世界最強企業サムスン恐るべし!―なぜ、日本企業はサムスンに勝てないのか!?
北岡 俊明 ディベート大学

関連商品
韓国企業モノづくりの衝撃 ヒュンダイ、サムソン、LG、SKテレコムの現場から
三星(サムスン)の技術能力構築戦略―グローバル企業への技術学習プロセス
サムスンCEO
サムスン電子―躍進する高収益企業の秘密
ヒュンダイ・システムの研究―韓国自動車産業のグローバル化
by G-Tools


【新春ウリナラマンセー企画】
新春ウリナラマンセー企画第一弾!日本全国の多くの神社は、相変らず韓国(ウリ)の神さまを祀っている
新春ウリナラマンセー企画第二弾!欧州ではソニーやパナソニックよりサムスンの方が人気!
新春ウリナラマンセー企画第三弾! ダイハツのコンパクトカー「ESSE」は韓国タバコのパクリ


Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)韓国 | 欧州
Edit








  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。