2005年10月04日

東トルキスタンはテロ脅威 中国公安省高官が懸念

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

全体主義に従わない者はテロリストか。
民族浄化策や言論封鎖に従わないものはテロリストか。
トラック一周遅れの選民主義国家。

少数民族を弾圧するお前の存在こそがテロなんだよ。

中国公安省高官、東トルキスタンを中国の主要テロ脅威と指摘 CRI
中国公安省テロ取締局の趙長叙ァ副局長は5日北京で開かれた世界法律大会で、「当面と今後しばらくの間、東トルキスタンテロリズム勢力は依然として中国が直面する主要なテロリズムの脅威である」と指摘しました。
中国公安省のデーターによりますと、ここ十数年来、中国西北部の新疆ウィグル地区のテロリズム、分裂主義、極端主義の勢力が中国国内外で260件あまりのテロ事件を起こし、ウィグル族を含む無辜の群衆や基幹組織の幹部、宗教信者など160人余りが死亡し、440人余りが負傷したとのことです。

中国高官、「東トルキスタンは中国の主なテロ脅威だ」 CRI
中国公安省反テロ局の趙永チン局長は5日、北京で行われた世界法律大会の席上、「当面とこれからの一時期、東トルキスタンは中国にとって、依然として主要なテロ脅威だ」と述べました。
趙永チン局長はまた、「ここ10年来の状況から見れば、中国が直面しているテロ脅威は国内外からの東トルキスタンのテロ勢力と國際テロ組織及びテロリストのテロ活動だ」と語りました。
中国公安省の統計によりますと、ここ10数年来、中国西北部の新疆にあるテロリズム、分裂主義、過激主義のテロ勢力は中国の国内外で260回余りにわたるテロ事件を起しました。これで、ウイグル族を含む一般の民衆、末端組織の幹部及び宗教者、合せて160人余りが死亡し、440人余りが負傷しました。


関連記事
ウイグル独立派、中国に「宣戦布告」か 産経新聞

【拙ブログ過去記事】
東トルキスタン亡命政府声明 中国は日本の教科書批判の資格なし





この記事へトラバ
 現在中国のウイグル地方(本来は東トルキスタン)は中国共産党に虐殺され、圧政に苦しんでいます。東トルキスタンの人々は独立を求め抵抗していますが、中国共産党は一方的にトルキスタンの人々をテロリストとして処刑しています。東トルキスタンの人々は現在も苦しんで...
東トルキスタンの人々に平和と自由を【服とか・・・】at 2005年10月08日 00:59





  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。